皇室

歴史認識

【靖国神社】「今上陛下は靖国を潰そうとしている」発言の真意——小堀邦夫前宮司手記「靖国神社は危機にある【文藝春秋, 2018.12】

満身創痍の靖国神社 ナショナリズムの牙城として、ひたすらガラパゴス化の道を歩む靖国神社。 A級戦犯を合祀してしまったどころか、日本会議やら怪しげな保守系団体やら、ヘイト丸出しの保守論客と「お付き合い」してしまい、良識ある…

皇室

【小室圭問題】「女性皇族はエリートサラリーマンか各家名士と結婚すべき」という保守論壇の声【根強い職業差別、門地差別】

小室圭さん問題 眞子様との婚約延期が続いている小室圭さん。週刊誌などでは、延期の主原因は母親(小室佳代)の借金問題であると言われています。 秋篠宮殿下も先の会見で、「小室家としてきちんと説明し、多くの人が納得し、喜んでく…

皇室

【靖国神社】御親拝を希う保守論壇の怠慢を駁する——なぜ「卜部亮吾侍従日記」を等閑に付すのか(別冊正論33『靖國神社創立150年―英霊と天皇御親拝』2018)

天皇陛下の靖国不参拝 昭和天皇は1975年を最後に靖国神社へ行幸しなくなりました。 この原因には大きく分けて次の二説があります。 【私人・公人】1975年の三木武夫首相参拝時に公人か私人かの問題が取り上げられた。天皇行幸…