【トンデモ】肉を食べたら死ぬってほんと?! 飛び出た名台詞「いつ死ぬ予定なの?」(『肉はも~いらない!!』美健ガイド社)

美健ガイド社のトンデモシリーズ

「美健ガイド社」の出している漫画シリーズは、「古き良き日本」の生活様式を取り戻そうとする保守運動の一つの有り方を示しています。

現代的なもの、非自然・天然的要素、欧米的要素は滅多打ち!でおなじみの美健ガイド社トンデモシリーズ。今回もしっかりチェックしないと!

毎回「戦前の暮らし、自然・天然、日本って言葉が大好き!」と言う気持ちが存分に込められているので、その辺り、必見です。

今回取り上げるのは『肉はも~いらない!!』(美健ガイド社, 2013)です。

肉、憎い。

美健ガイド社は肉を憎みます。

どうしてなんだ、なぜそこまでの憎しみを抱いているんだ。何か壮絶な過去でもあるのか。

今回も楽しく読み込んでいきたいと思います。

主人公はこの、ちょっと可愛らしい髪型の女の子。

「食卓にお肉がない」のがご不満な様子です。

そう、このご不満な様子はこの後の為の「フリ」なのです!

美健ガイド社のパターンですね。これは。

さて、どうやらこのご家庭は、美健ガイド社的「正しい食生活」を実践しているようです。

ところでこのセリフ

お野菜がお高いというこのご時世に、「野菜ばっかりなのは、貧乏でお肉が買えないから」って思うのスゴイですね。まあ、多分このセリフに意味なんかないんでしょうけど。

早く肉を叩きたいあまり、フリが少々雑なのもまた魅力です。

お肉は食べたいですよね…。というか、子供にまったく肉料理を食べさせないほうが健康に悪いような気もするのですが……

肉は身体に悪い!!

美健ガイド社の常識、そう、これです。

「肉」そのものが体に悪い!!『肉食絶対悪説』

「街のいたるところに肉を食べるお店がある、だから肉を食べても安全なんだろう」と思うかもしれない。

でも、そうじゃない!美健ガイド社はそうじゃないんです!

そんな悪いものを食べさせてて なんで警察が捕まえないのよ⁉」という言葉にそこはかとない凄味を感じますね。

おそらく美健ガイド社の理想に基づけば、「肉=毒」という絶対的関係は些かも揺らがず、それを喰わせる飲食店など警察が捕まえて然りなのでしょう。

身体に害のある「毒」を食べさせるわけですからね、町中が犯罪者ですよ。こわいですね。

なんで身体に悪いの!?〜肥満になる説〜

こんなふうに肉食絶対悪説が吹聴されるのですが、具体的な身体への悪影響については次のように。

肉(タンパク質)よりも、炭水化物のほうが太る現認になるような気がしますが、そんなこと気にしていたらこの漫画を読み進められません。

ぐっとこらえて読んでいくしかないんです。

そして「太るとなぜいけないの?」の問いには

ユーモアを交えてきたのか?

美健ガイド社は「ボケ」ができるのか?

いや、全体的に「ボケ」っぱなしな気もするけど。

太ると成人病になるリスクが高まるとかなら解りますが、交通事故が増えるとは全くの予想もしない変化球。

渾身のボケなのに、他の部分のボケが濃過ぎて残念な感じになってる気がします。

……あれ、まさか、これ「ボケ」じゃない……?

ガチで言ってた!!!!

こんな特殊な例を出されて、肉食は太るからダメと言われても…。流石にこの魔球は予想できませんでした。見逃し三振でノックアウトです。

なんで身体に悪いの!?〜ガンになる説〜

さらに肉への容赦ない攻撃。ずっと美健ガイド社のターン!

ステーキ1㎏には600本分のタバコと同じだけの発癌性物質が入っている

なんだって!??!??!??

ということはレストランで200gのステーキ食べたら120本のタバコと同じなのですか(;゚Д゚)ゴクリ……

これはもうさすがにステーキ分煙した方がいいレベル。焼いた時の副流煙で周りの人にも迷惑!

肉が発癌性を持つことは知られていますが、これはいくらなんでもやり過ぎです。

そしてお得意の必殺技「日本人には肉食が向かない」と力説します。

人種によって腸の長さが違うので、それに見合った食事を」説はときどき見かけるのですが、何れも根拠が明示されておらず都市伝説の様なもののようです。

ちょっと調べたら大腸の長さは人種間で差がないという論文もありました(リンク)。思い込みだけで書いちゃうってのはちょっと問題アリですよね。

もちろん日本人の長い腸の中で肉が腐り、有害物質がいっぱい出ると、おどろおどろしいコマで大紹介。

なぜそこまでして、肉を食べることを悪魔の所業のように描くのか。

数千年後、もしこの本が遺跡から発掘された時、それを読んだ未来人が

「肉を悪魔だと思っていたようですね」歴史の教科書に書いてしまったらどうするんだ。

聞き返し必須!!「いつ死ぬ予定なの?」

そうして「肉恐ろしい」と家の大人によってたかって言われまくってしまった女の子。

すっかり「おにくこわいよ〜!」状態になってしまった様子です。

そして、翌日の幼稚園

霜降り肉を食べたと喜ぶおともだち。うう、私は普通に羨ましいですね。

さあ、ここからが「肉=悪」の反撃です!!

セリフひとつひとつがヘビー!

中でも

じゃ 癌になって死ぬんだね

が、クールな決め台詞のように、心に響き渡ります。

昨晩の出来事で、すっかり心に闇を抱えたようにしか見えない顔つきと台詞回し。

一方おともだちの「野菜なんてよく食べられるわね」「今時珍しいよね」と言うのも、少なくとも私が知っている世界とは違う世界の物語のようです。

さらに、今回のハイライト!!

いつ死ぬ予定なの?

「いつしぬよていなの?」

「 い つ し ぬ よ て い な の ? 」

これ家庭訪問とか、どこかに相談とかした方がいいよ、せ、先生〜

幼稚園の先生、来る!

肉を食べている友達に「いつ死ぬ予定なの?」などと不穏発言をしてしまった女の子。

心配した幼稚園の先生が家庭訪問。

お母さんのこの、微妙に迷惑そうな顔がなんとも言えない。

しかしこの先生返り討ちにあっているようです。

「肉は恐ろしい」と力説し、まるで地獄のような描写とともに女の子を「肉食恐怖症」へ突き落としたおじいちゃん。

そのおじいちゃんから脅かされています。これはもう助からない気がします。

さすがに肉食絶対悪説を信じられない先生、反撃。

テレビ、新聞では言ってない……そう、テレビ、新聞では報じない……

これは……この香りは…!!!!

トンデモ界の登竜門!!!

陰謀だ!!!!!

畳み掛けるおじいちゃん!

「スポンサーからの広告収入を心配するテレビと新聞」「業界と癒着している政府」こう言う雛形がどこかで無料配布されているんですか?

でもこれは宇宙人の陰謀と同じなんですよね。

黒幕が出て来て白状しない限り嘘だと証明できないので最強です。

実際に宇宙人も黒幕も存在しないわけですから、出て来て白状が出来ない。つまり反証不能。

そして、私の記憶が確かならば…総理がカツカレーを食べていたニュースを見た事があるんですけど……気のせいだったのか……?もしかして、それも陰謀なのでしょうか……

常識的なリテラシー能力があれば、ここで陰謀論を鵜呑みにはしないと思うのですが、そこは我らが美健ガイド社!

先生はコロッと信じて、このおじいちゃんに園内で講演してもらえるように園長先生と相談してしまいます。

それはそれとして、どうであれ、おともだちに「いつ死ぬ予定なの」と聞いてしまった部分はしっかり話し合った方がいいぞ。

さて今回の美健ガイド社漫画シリーズも、なかなかの読み応えでした。確かに野菜不足はよく言われていますし、私も気を付けています。

近頃はベジタリアンや、ヴィーガンなどの生活スタイルもあるので、否定はしません。ただそれは、個人個人で選択し、取り入れ、実践するものだと思います。

他人に、まして、選択権の与えられないに等しい小さな子供に対し、「恐怖」と言う感情を必要以上に煽り、巻き込むと言うのは、不幸な出来事ではないか。と思います。

じっくり1ページ1ページ、丁寧にツッコんでいきたい。美健ガイド社の漫画シリーズです。

【トンデモ】腎臓病は電磁波のせい!?解決策は「古き良き日本の生活」(『肝臓をいじめないで!!』美健ガイド社)

2018.12.18

【トンデモ】シャンプーで不妊や奇形児に!?嫌なら米のとぎ汁で髪を洗え!!(『経皮毒:シャンプー・リンス篇』美健ガイド社)

2018.12.16

【トンデモ】米と魚さえ喰わせればイジメ・非行・暴力が無くなる(『奇跡の食育:給食を変えたらイジメ・非行・暴力が無くなった』美健ガイド社, 2014)

2018.11.09

6 件のコメント

  • 人種によって食生活が合う合わないはむしろ遺伝子に関連するとは言われてますね
    自然淘汰の過程でそういうのに強いのが残ったという
    しかし獲得したものは遺伝しないという説もあるためどっちとも言えるという
    てか私生命や人体系専攻してましたが腸の長さの違いで云々は初めて聞きました
    あと最近は記述の通り米やパンの問題性も指摘されてますので常にアンテナを張るべきですね
    理系は朝起きたら定説が覆る学問ですから

  • ↑私もそれが一番驚きました(あの釣りバカ大将の!)。こんなのに加担するようになってしまったのか…。

  • コメントを残す