右翼系新聞による『日本国紀』書評

右翼団体からの書評

古き良き(?)街宣右翼団体の系譜を受け継ぐ「やまと新聞」が、百田尚樹『日本国紀』への書評を出していたので紹介します。

このように、『日本国紀』の内容について右側からの批判が明示されたことは重要ではないかと思われます。

批判が多い書評内容

この書評を一読すれば解るように、「同書が、多くの人が我が国の歴史に興味と関心を持ち、理解を深めるきっかけとなることを期待したい」などと非常に言葉を選んで評しており、決して『日本国紀』の内容を高く評価していません。

さらに、保守層から『日本国紀』が批判されることに最も紙面を割いています。その批判の要点をまとめれば以下の通り。

  • 神話からではなく縄文時代から記述が始まる
  • 古事記・日本書紀ではなく中国の史書を重視して記述している箇所が複数ある
  • 仲哀天皇と応神天皇で王朝が入れ替わった、現皇室は継体天皇から始まったと王朝交代説を支持している
  • 戦前は忠臣とされた楠木正成を「悪党」とする
  • 長州藩の扱いと比べて幕末期の幕臣や会津藩を高く評価している 

これらの論点は本ブログやツイッター上でも盛んに論じられたように、本来の保守的歴史観とは相容れないものです。

たとえば、渡部昇一、西尾幹二、竹田恒泰といった近年の保守論客の歴史観とも全く合致しません。

『日本国紀』、「つくる会」元会長・西尾幹二にすら「戦後後遺症を今なお癒せないこの国の知性の歪み」と粉砕される。

2018年11月13日

知の巨人・渡部昇一氏、百田尚樹『日本国紀』の傲慢を一喝。

2018年11月13日

【悲報】竹田恒泰氏、『日本国紀』に鎮魂歌を捧げる【反日リベラル本】

2018年11月12日

【関連記事】

【3%超え】Wikipediaなどからのコピペ量を計算してみた【日本コピペ紀】

2018年11月21日

【まとめ】百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)の関連記事まとめ

2018年11月17日

【日本コピペ紀】Wikipediaやウェブサイトなどとの類似表現報告まとめ【日の丸すら】

2018年11月16日


コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)