【速報】朝日新聞社を罵倒した『日本国紀』、よりにもよってその朝日から無断転載

靖国神社箇所すらコピペ

無断転載・改変箇所が毎日のように報じられている百田尚樹『日本国紀』。昨日、事務課リー氏によって、「靖国神社」の箇所で引用されるブルーノ・ビッテル神父の言葉がWikipediaと酷似していることが報告されました。

この発言を受け、当ブログがこの箇所を検証したところ、実は朝日新聞社系列の出版社から刊行された、朝日ソノラマ編集部(編集)『マッカーサーの涙:ブルノー・ビッテル神父にきく』(朝日ソノラマ, 1973)からの無断転載・改変であることが明らかになりました。

実際の比較画像

論より証拠、実際の比較画像を見ていただきましょう。左が『日本国紀』第5刷の416~417頁、右が『マッカーサーの涙』の118頁となります。赤マーカーは逐語的一致箇所、黄マーカーは言い換えられているところです。

僅かに字句や句読点を改変した上で無断で引用していることは確実です。参照元を示さず、さらに字句まで改竄して引用することは問題的であると言わざるを得ません。

また、参照元(一次資料)を見れば明快ですが、これはマッカーサーに進言するにあたって開催された会議での結論を要約的に述べた箇所ですから、『日本国紀』のように「 」で括り、まるでビッテル神父がマッカーサーに伝えた言葉そのものであるかのように引用することは間違いです。

ところで、本書を編集した朝日ソノラマ社は、現在、朝日新聞社に吸収合併され、その既存の出版物の諸権利等も朝日新聞社にあります。『日本国紀』は散々朝日新聞社の不実を罵倒していますが、まさかその朝日新聞社から著作権侵害で訴えられることが無いことを祈ります。

なにより著作権侵害問題について幻冬舎に問い合わせても、その疑惑を否定せず「回答を差し控えさせていただく」とだけ述べており、一読者として心配でなりません。

【追記】安倍首相もこれと同箇所を無断転載していることが明らかになりました。同じ穴の狢とはこのことでしょうか?(笑)

【2.5%超え】Wikipediaなどからのコピペ量を計算してみた【日本コピペ紀】

2018.11.21

【まとめ】百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)の関連記事まとめ

2018.11.17

【日本コピペ紀】Wikipediaやウェブサイトなどとの類似表現報告まとめ【日の丸すら】

2018.11.16

6 件のコメント

  • 「朝日(系)から」ってのが何と言うか……(笑) 一次資料の探索・検証お疲れ様でした。 調査力ハンパねー!(「大迫半端ないって」風に)

  • 一連の問題、きちんと引用・参考文献を整理して巻末に記載しておけば、ここまで大きな騒ぎにならなかったんでしょうにね・・・。「様々な文献を参考、引用しながら私なりに考えた歴史物語です」ってところを最初に認めちゃえば、ここまで延々突っ込まれる事もなかったでしょう。

    「書かれている事は全て真実、ベストセラー作家が渾身の筆を振るった通史の決定版」という謳い文句を否定したくないばかりに、その場その場で言い訳を重ねてそれが更に突っ込まれる。安倍総理も森友の答弁で同じ事やってましたけど、計画立案の際の前提条件の誤りや、実施段階での初動の失敗を認められない為に、自身や組織の破滅まで立ち止まれない、近代以降の日本人の病理がそのまんま現れているような気がします。

    今は武士の世の中じゃないんだから、失敗を認めたって自身が腹を切ったり一族郎党連座で獄門にされる訳じゃないんだけどね。あ、筆を折れって言う人は少なくないか・・・。

  • その内容が、本当にビッテル神父の言なのか朝日新聞の捏造なのか不明ですね。捏造であれば百田氏や安倍総理意を騙せたことに成るので朝日新聞の本望でしょう。

  • コメントを残す