【谷田川先生への提案】谷田川惣氏をめぐる監修者問題の論点【日本国紀】

不可解な謝辞

これまで本ブログでは、何度も取り上げて来た谷田川氏の監修者問題、その話が二転三転しているのでまずそれを整理したいと思います。まず『日本国紀』の謝辞には次のようにあります。

本書の監修にあたっては、久野潤氏(大阪観光大学講師)、江崎道朗氏、上島嘉郎氏(元「正論」編集長・ジャーナリスト)、谷田川惣氏(評論家)に多大なご助力をいただきました。 

百田尚樹『日本国紀』幻冬舎, 2018, p. 508

これを読めば、普通、谷田川氏が『日本国紀』の監修にあたられたと理解するはずです。事実、その様に勘違いして読解して谷田川氏にリプライを送った方がいます。しかしそれに対する谷田川氏の回答は驚くべきものです。

つまり「監修」されていないのに「監修者」として謝辞にクレジットされていると告白されたのです。どのような経緯でこのようになったのか、この段階では解りませんでした。しかしご本人がそう告白されている以上、『日本国紀』には「読者に勘違いさてしまう記述」が含まれていることは疑いなく、さらにこれは「名義貸し」や「ギフトオーサーシップ」に抵触する恐れもあるため、本ブログではこれを厳しく追及してきました(関連記事一覧)。

百田氏が感謝の意をこめて「監修」という表現を使った

この疑惑を率直にぶつけてみた所、次のように逆切れ回答をしました。

百田さんは…ありがとうとただ感謝の気持ちを最後に述べて下さったわけ。それを監修という表現を使った」と告白されており、実際には監修していないけれども、お手伝いしてくれたことの感謝の気持ちから、百田氏が「監修者」として谷田川氏を謝辞にクレジットした。そして谷田川氏はその百田氏に感謝している、というのです。

これが事実なら、谷田川氏は、自らのあずかり知らぬところで、勝手に「監修者」として祭り上げられてしまった被害者ということになります。実際に監修していないもかかわらず「監修者」と世間に触れ込まれてしまうことは大変不名誉なことであるはずです。ですから、本来ならば、百田氏に抗議して然りのはずです。しかし、なぜか谷田川氏は「監修者」としてクレジットしてくれた百田氏の感謝だけは受け取って、その責任を追及する人を「クズ」呼ばわりするという暴挙に出てしまったことが誠に残念でなりません。

当然こんな暴論が通用するはずもなくコメント欄は炎上。例えば次のように正論をかまされます。

全くその通りです。監修してもないのに監修者かのようにクレジットされていることは谷田川氏にとって本来ならば迷惑なはずです。しかし、どうしてか谷田川氏は誤解を生んだ元凶である百田氏には苦情の一つも言わず、謝辞を素直に読んで「監修者としての責任はどうなのか?」と問う読者に対して暴言を吐き続けます。

謝辞を真摯に読み、谷田川氏の監修者としての態度の問題点を問うた一般アカウントに対し、「クズ」だの「くだらない人間」だのと呼び付けるとは驚きです。

理論の特徴

以上から明らかなように、谷田川氏が主張する監修問題の弁明には次のような特徴が確認されます。

  1. 谷田川氏は『日本国紀』の「監修」をしておらず、「協力」程度のものと認識している。
  2. にもかかわらず、百田氏が感謝の気持ちから「監修」という表現を用いて谷田川氏を謝辞にクレジットした。そのような表現を用いた百田氏に感謝している。
  3. よって、谷田川氏に「監修者」としての責任を問う者は「クズ」であり「くだらない人間」である。

つまり要約すれば「監修していないのに監修者にクレジットしてくれた百田氏には感謝するけど、(当然、監修などしていないのだから)監修者としての責任は負わない。その責任を追及してくる奴はクズ」という理論が確認されます。

谷田川氏が「被害者」であるならば

この様な谷田川氏の言動で不可解なのは、監修者としてクレジットした謝辞を著した百田氏に対しては一切批判しないのに、謝辞を素直に読んで谷田川氏の責任問題を指摘した読者たちに暴言を吐くことです。次のびび氏の言葉はまさに正論です。

谷田川氏に「名義貸し」「ギフトオーサーシップ」の疑義が生じた元凶は、『日本国紀』の謝辞であって、それを読んだ読者(当ブログも含む)ではありません。仮に谷田川氏があずかり知らぬところで「監修者」として読まれてしまうように記述されてしまったことは、谷田川氏こそが「名義貸し」「ギフトオーサーシップ」の被害者となる可能性もあります。それならば、谷田香川氏が監修者問題の疑義を晴らすためには、謝辞を書いた百田氏にこそ、その怒りの矛先を向けるべきではないのでしょうか?

なぜ、谷田川氏は百田尚樹氏に一言も苦情を言えないのか。ビジネス保守の限界がそこにあるように思えます。

谷田川氏への提案

私は、谷田川氏に降りかかった疑義を晴らし、名誉回復のために助力したいと考えています。

そこで私は、『日本国紀』の謝辞の問題的記述を訂正していただくよう「当ブログと谷田川氏が共同して百田尚樹氏に抗議する」ことを谷田川氏に提案します。谷田川先生いかがでしょうか?

【まとめ】百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)の関連記事まとめ

2018.11.17

【日本コピペ紀】Wikipediaやウェブサイトなどとの類似表現報告まとめ【日の丸すら】

2018.11.16

コメントを残す