谷田川惣氏、「監修に助力したけど監修者じゃない」とトンデモ理論を披見【日本国紀】

監修者問題

百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)では、巻末の謝辞で監修者として久野潤氏、江崎道朗氏、上島嘉郎氏、谷田川惣氏の四名がクレジットされています。しかしそのうちの谷田川氏が、突然ツイッター上で、監修などしていなかったことを告白しました。

常識的に考えて、監修していないのに「監修者」としてクレジットされていることは、「名義貸し」や「ギフトオーサーシップ」に該当する恐れがあるため、本ブログではこの問題をこれまで厳しく追及してきました。しかし今のところ、谷田川氏から明確な回答はない状態でした。

【悲報】『日本国紀』の監修者・谷田川惣氏、百田が自分に感謝して「監修者」とクレジットしたが、協力だけで実際には監修していない。責任はあるかもしれないが、責任を取れ云々と言ってくる奴は相当レベルが低くてロクでもないクズ。自分は日本人として堂々とカッコよく生きたい、などと主張。

2018.11.16

『日本国紀』「名義貸し疑惑」を、空気も読まず当人に問い合わせた結果【まとめ】

2018.11.15

監修の助力はしたけど監修者ではない理論

監修者としてクレジットされている以上、その監修者は本書の内容について一定の責任を負うことは言を俟ちません。しかも本書は、内容錯誤のみならずWikipediaコピペ問題まで騒がれており、本書を監修したのにそれを見逃したとあっては専門家としての評判の落としかません。

騒動が大きくなるのを気にしてか、同じく監修者としてクレジットされていた上島嘉郎氏は、「虎ノ門ニュース」のなかで「百田史観」「百田尚樹の責任の下」などと発言を繰り返し、『日本国紀』の内容について自身に責任がないことをしきりに強調していました(参考リンク)。

この流れを受けてか谷田川氏も「監修への助力は、監修者ではない」という旨の超絶理論を展開します。次のよう主張しています。

つまり、謝辞において「監修していただいた」と述べられているのではなく、「監修にあたっては、○○氏に多大なご助力をいただきました」とあるから自分は監修者ではないというのです。さらに氏の理解によれば、監修者は久野潤氏のみで、残り三名(江崎道朗氏、上島嘉郎氏、谷田川惣氏)は「監修の助力」なのであって「監修者」としての責任はないというのです。

不可解な解釈

しかしこのような谷田川氏の理論は、自らの保身と、百田氏への人間関係を前提とした一種の善意解釈であって、まったく説得力はありません。肝心の謝辞には次のようにあります(太字は筆者による加筆)。

本書の監修にあたっては、久野潤氏(大阪観光大学講師)、江崎道朗氏、上島嘉郎氏(元「正論」編集長・ジャーナリスト)、谷田川惣氏(評論家)に多大なご助力をいただきました。

 百田尚樹『日本国紀』幻冬舎, 2018, p. 508

少なくとも私にはここで言及されている四名が、等しく「監修者」として言及されているように読めます。また、仮に谷田川氏の主張が正しいのであれば、本来この謝辞は「本書の監修にあたっては、久野潤氏にご尽力いただきました。また、この監修にあたり、江崎道朗氏、上島嘉郎氏、谷田川惣氏のご助力も頂きました」などと記されてあって然るべきです。

しかし実際の謝辞には、あくまで四名の名前が「監修」の名のもとに併記されているという事実は揺らぎようがありません。したがってこの文章だけから、久野氏だけが監修者で、他三名は監修者ではないと読み取れというのは些か乱暴であり、説得力があるとは言い難いでしょう。

百田氏自身が上島嘉郎氏について「監修していただきました」と発言

なお谷田川氏は、『日本国紀』の謝辞において「監修していただいた」とは書かれていないことを根拠に、江崎道朗・上島嘉郎・谷田川惣の三氏が「監修者」ではないという理論を展開しています。

しかしこのような理論は、少し調べれば即座に崩壊します。「虎ノ門ニュース」において百田氏が、『日本国紀』における上島嘉郎氏の役割について「監修していただきました」と明言しています。

上島さんにね、……大正あたりからしっかり監修していただきました

4:30

つまり『日本国紀』謝辞における「監修にあたり…ご助力いただきました」という言説は、結局「監修していただきました」と同義でしかないことは明白です。

まとめ

以上の考察からも明らかなように、谷田川氏の言説は全くを以って非論理的であるとしか言いようがありません。

結局、谷田川氏の「監修に助力しただけだから監修者ではない」という主張は、監修者としての責任を放棄しながらも、百田氏との人間関係を保とうとした結果生じた「言い訳」であると評価できるのではないでしょうか。

なお、谷田川氏の言説をそのまま信じるのであれば、この謝辞において監修者が誰一人言及されていないという矛盾に陥ります。谷田川氏にはより説得的な一貫性のある説明を期待したいと考えております。

【追記】なおこの後すぐさま別の理論を谷田川氏が鄙見されましたので、そちらも論破しました。

【まとめ】百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)の関連記事まとめ

2018.11.17

【日本コピペ紀】Wikipediaやウェブサイトなどとの類似表現報告まとめ【日の丸すら】

2018.11.16

2 件のコメント

  • TwitterやFacebookにある断片的な情報を総合すると、
    どうやら、監修者の意見や指摘を受け入れるか従うか
    拒否するか無視するかは全部百田さんが決めることの
    ようなので、監修者だからと責めるのはちょっと
    かわいそうな気がします。

  • コメントを残す