【祝2%超え】Wikipediaなどからのコピペ量を計算してみた【日本コピペ紀】

百田直樹氏のコピペ自白顛末

昨日(2018.11.20)の朝、虎ノ門ニュースで突然、Wikipedia無断引用を告白された百田尚樹氏が、本日になってツイッター上で、つぎのように【拡散希望】しています。

分量が少ないからセーフだろう論を展開しています。自らの誤りを認めたのにもかかわらず、その誤りを矮小化する行いはあまり道徳的とは言えないでしょう。

ところでこのツイートでは500頁中の1頁だと言っています。計算しましたが、『日本国紀』は1頁あたり42文字×17行=714文字となります。果たして百田氏の申告どおり1頁内にコピペはおさまるのでしょうか? そこで、これまで明らかになっているコピペ量を計算してみました。

Wikipediaからの転載改変量

これまで検討してきた個別例(リンク)を総括し、『日本国紀』においてWikipediaから転載し改変したと疑われる箇所がどれほどあるかまとめると次のようになります。

Wikipediaとの一致箇所分量
徳川家茂169文字
岩倉具視104文字
朝鮮出兵93文字
柴五郎258文字
琉球104文字
わび・さび222文字
南京事件107文字
北条早雲92文字
日の丸220文字
徳川家綱255文字
徳川綱吉206文字
徳川家重135文字
荻原重秀188文字
楠木正成
182文字
古市公威191文字
中独合作118文字
ジョン万次郎1540文字
ファン・カッテンディーケ65文字
鍋島直正151文字
紫式部65文字
長岡京
132文字
対華二十一カ条要求82文字
第一次歴史教科書問題863文字
江戸の火事228文字
農地改革146文字
合計5916文字

よって、指摘されている箇所を合算すると9頁分以上はWikipediaからコピペ改変していたことになります。またWikipediaのみならず新聞記事やその他書籍との一致も明らかとなっています。それらの分量も相当なものです。

Wikipedia以外の媒体との一致分量
仁徳天皇489文字
織田信長・明智光秀256文字
豊臣秀吉212文字
万延元年遣米使節841文字
ジョン万次郎62文字
プラモート氏発言
230文字
イザベラ・バード234文字
靖国神社137文字
合計2461文字

この他の細かい一致なども合算すれば、現時点で判明している限りでは『日本国紀』500頁のうち、およそ12頁(2.4%)がコピペ改変であると推測されます。これは字数のみの単純計算で、改行などを考慮すればこの数は容易に増えます。また、今後も新たな一致箇所が発見されれば、この数はさらに増えることになります。

【日本コピペ紀】Wikipediaやウェブサイトなどとの類似表現報告まとめ【日の丸すら】

2018.11.16

自分でもどれだけコピペしたのか解っていない状況?

ところでWikipediaだけでも少なくとも4頁以上の無断転載・改変が指摘されているにもかかわらず、百田氏が当初は「ウィキから引用したものは、全体(500頁)の中の1頁分にも満たない」と公言し、すぐさま「全体の1%にも満たないwikiからの引用」と再定義していることは驚きです。

つまり、恐らく百田氏は自分でもどれくらいコピペしたのか解らない状態なのだと推測されます。

なお、無断転載などが確認され場合、回収・絶版とされる場合が多いようです。

【日本国紀】幻冬舎への公開質問状【百田尚樹】

2018.11.21

【まとめ】百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)の関連記事まとめ

2018.11.17

21 件のコメント

  • そもそも本の中に参考文献として表記してない時点で違法だし、
    ましてや誰でも編集できるWikipediaを「正規の資料」と認識してる時点で、
    百田尚樹のオツムのレベルが知れてるんだよな。

  • ありえない。ツイッターで見ただけだが、ボクシングの小説でもWikipediaからコピペしていたらしい。しかも間違った情報。他にも余罪あるかもね。

  • きめ細かな検証ありがとうございます。ネット時代だからできる素晴らしい成果です。
    今後も期待しています。
    ぜひ廃刊まで頑張って下さい。
    廃刊までいっても本人は反省できる人格など持ち合わせていないけど、社会は理解します。

  • 自分で「ウィキから引用」と書いてますね。だとしたら、出典を明記しないのは、完全なルール違反です。また、引用の場合、テキストを変更してはいけないし、引用箇所を「」で囲うなど、引用とわかるようにするのがルール。作家と自称しながら、著作権のことがわかってないですね……。

  • 百田さんや谷田川さんは、何か巨悪な組織により、自分たち(谷田川さんは入れられたくない?)が叫ぶ真実がもみ消されようとしているという映画にありがちなストーリーに仕立てあげたいようですね。
    でもこれってもっと単純な話です。おでんツンツン男とかにみんな怒ってたじゃないですか。ルール違反して、なお開き直ってるから叩かれる。難しい話じゃないし、小中学生でも「それはだめだ」って言えること。
    子供に指摘されても右か!左か!なんて話に展開するのでしょうか?

  • どっかの素人がホームページ作る時に無断転載しちゃったとかなら「重箱のすみ」的な反論はわからなくもないよ?何にも知らない人がやっちゃったんだからあんまり叩かないであげようよって同情的な意見もわからなくはない。
    でも、百田さん有本さん谷田川さんってプロじゃないの?本業なんじゃないの?プロとは思えないあまりに見苦しい言い訳ばかりで本当にがっかり。プロだからこそ著作権など権利絡みについては特に高い意識を持ってるものだと思い込んでた。もしかして日本の出版業界全体がこんな一般人にも劣る倫理観なのかと心配になる。

  • たった2%ですか。しかも、内容に誤りが多いわけでは無いのですね。本の面白さからして問題にならないレベルと私は思います。検証おつかれさまです。特に、無償で校正されている事には、頭が下がります。

    • >2018年12月5日 1:34 PM の匿名さんへ

      「面白ければルール違反しててもイイじゃん、」という貴方のスタンスは全く感心できませんね。『日本国紀』で紹介されている、善良で・盗みを憎み・何よりも名誉を重んじた――という16世紀の日本人像ともかけ離れていますね。

      それはさて置き、コピペ問題に隠れがちですが「内容」についても誤りが大変多い本だと思いますよ。コピペ箇所のようにパーセンテージで示すことは私にはできませんが、日付や場所の間違い・人物の取り違え・存在しない物や誤った知識の紹介…等、このブログはもちろん検証に参加してる方々のSNSやまとめサイトなどを追えば沢山出てるじゃないですか。

      最新版(5刷)では訂正された…つまりは著者も認めた代表的な例を挙げると、「フランシスコ・ザビエル」の書いた手紙を当初は「ルイス・フロイス」のものとしていたり、イスラエル建国の功労者としてゴールデンブックという「記念碑」に杉原千畝の名が刻まれていると紹介したり。(実際のゴールデンブックは「碑」でなく文字通り「Book(名簿)」で、杉原千畝は載ってないそうです。)まともな資料を調べていたらあり得ないレベルの間違いが多々あるようです。

      さて、擁護派としては如何なさいますか? 「面白ければ内容がデタラメでもイイ !」にまで防衛ラインを引き下げられませんよう願うばかりです。

  • コメントを残す