愛子さまが天理教の教祖と結婚したらどうなるか? 関係者インタビュー

愛子さまが天理教に改宗!?

 文/宮本タケロウ Twitter

 令和になって加速した女性・女系天皇の議論ですが、女性・女系の賛成派が国民の多数を占めているのは本サイトでもお伝えしてきたとおりです。

 今回は、女系容認されたのち、愛子さまが天皇に即位したと仮定して、その配偶者が新興宗教の教祖だったらどうなるか、を大胆に考えてみたいと思います。(え、「なんでそんなことするのか」って? ヒマだからですよ。)

 日本最大の新宗教は創価学会ですが、今回は独自の神話を持ち、世襲継承を行っている天理教を例にしてみました。 (注:天理教では創始者しか教祖と呼ばないが、便宜上、本文では教祖と記述する)

天理教ってなあに?

天理教とは:

幕末の1838年、教祖・中山みきが神の啓示を受けて始まった新宗教。本部は奈良県の天理市にあり、人間の命の発祥地「おぢば」として位置づけられている。信仰対象は創造神の天理王命(てんりおうのみこと)。天理王命は水の神や火の神、イザナギやイザナミなど、その機能により10の神の名前が付けられている。現在の代表(「真柱」という)は中山善司。後継者は中山大亮。

Wikipedia等より編集

 天理教では皇室のように特に「男系」という括りや皇位継承順位なるものはなく、後継者の中山大亮氏は先代の甥です。天理教事典にはこうあります。

天理教を統べ理める者は、真柱である。真柱は、中山氏を名乗る。真柱の継承者は教祖の血統者の系譜に基づき、本部員会議において推戴する。

『天理教事典』1977年、257頁

天理教の継承は準男系継承

 天理教の後継者になれるのは教祖(創始者)の血統を継いでいる中山家の人間から選ばれるとしか決まっていません。天理教では、「おさづけの理をよふぼくに拝戴するのは教祖の血脈のみ」である…要するに霊的なパワーを信者に与えるのは教祖の子孫しかできないとされていますので、当然といえば当然です。

 では、天理教の教祖中山みきからどのように現在まで継承されてきたのでしょうか。

(最初が女系継承でその次から男系継承、皇統も似ている)

 天理教は創始者の中山みきが女性で、その次から現在まで男性で継いできています。中山みき(創始者)→眞之亮(初代)が少々トリッキーな継承の仕方をしていますが、そこからは基本的に男性が継いでいますね。(勉強になりますねえ。ま、なんの参考にもなりませんが...)

 さて、天理教の教祖と愛子天皇が結婚したらどうなるか。具体的に見ていきましょう。

①皇室の祭祀が天理教になる

天皇と天理教の教祖が結婚するわけですから、そのお子様(皇太子)は宮中祭祀と天理教の祭祀の両方をすることになります。天理教の神様は先ほど述べた「天理王命」で、10の神に分かれる唯一神です。天照大神はただの太陽神ですから、造物主の唯一神を祀る天理教の方がどう考えても強いです。

天理教の祭祀では毎月「かぐらづとめ」という歌いながら神楽を舞う儀式が図の要領で行われますが、この「をもたりのみこと」か「たいしゃく天のみこと」に天照大神が吸収されることになる可能性があります。

以上は天照大神が天理教に吸収される場合に予想されることですが、もし平等な形式での合体でしたら、天照大神+天理王命=天照天理王大神(あまてらすてんりおうのおおかみ)という合体神が新たに創設され、天理市の「おぢば」と皇居の宮中三殿に合祀されることになります。

②奈良県へ遷都

天理教にとっては奈良県天理市が生命の中心ですし、上記の「かぐらづとめ」は「おぢば」でしかできないものとされています。宮中祭祀は宮中三殿を移設すればどこでもできますが、「おぢば」は場所が固定してしまっています。

とすると天皇が頻繁に東京と奈良を往復する不都合が出てきますので、最終的には皇居や宮中三殿も奈良に遷宮し、三種の神器も天理教の総本部「おぢば」にまとめて安置されることになると予想されます。

皇居が奈良県に移ったら政府機関もまとめて奈良に行かなければいけませんね。平城京以来1200年ぶりに奈良県が首都になります。

皇居と国会と内閣は奈良に移るでしょうが、最高裁などは東京のままで良いかもしれません。一極集中が問題になっている昨今ですので、首都機能の分散は良いことですね。

③愛子さまが天理教婦人会の代表に就任

 愛子さまが天理教の教祖の奥様になると、天理教の婦人会の代表にも同時に就任する可能性が高いです。天皇としての国事行為や公的行為に加えて、天理教の女性信者をまとめる婦人会の仕事もしなくてはなりません。かなりの激務ですね。

 天理教の施設などでの講話も天理教の教えに沿ってする必要がありますので、天皇としての帝王学に加えて天理教の修養科で集中的に勉強することが必要です。

④天理教が日本の宗教になる

 天理教は明治中期~敗戦に国家神道に迎合した時代があり、その時代を、国家神道への迎合をタテマエとし、それとは別に信仰次元で本来の立場があったのだという「二重構造論」として教義整理していますが、女性天皇と天理教教祖との結婚によって国家神道と天理教が一体化するとなると、新たな整理が必要となってきます

 また天理教は現在自らを「神道」としては定義していませんので、天照大神を祀る皇室との合一となると、なかなか難しい理屈付けが必要です。

まあ、これは天理教の内統領(教理関係の部署)や神社本庁がうまく理屈をひねり出してくれるでしょうから庶民が心配することではないと思います。

正当性の根拠は神、独裁者、時間

 いかがでしょうか。素晴らしい神道のダイナミズムだとは思いませんか?

 皇室の歴史は2700年ですが、天理教の歴史は180年です。世界一長い王朝と幕末に生まれた一新宗教を比べることはバカげたことだと言い切れるでしょうか。

 思想家の谷田川惣氏によれば、物事の正当性の根拠は、①唯一絶対の神、②独裁者、③時間のどれかであり、皇室が現代の我々にとって正当である根拠は約2700年続いてきたという③時間です

皇室が天理教に改宗してもぜんぜん問題ない!

 ですので、仮に皇室が天理教に吸収されても、時間が解決すると思われます。天皇が天理教に改宗し、皇室の祭祀が天理教の祭祀と合体しても、そこから2700年以上続いたら、それが新しい正統な伝統になるでしょう。

 となると、記紀に描かれる日本の神話も、天理教の「おふでさき」も、いわば皇室と天理教の合体の前振りとして、後代の歴史家や神道家から解釈されることとなります。旧約聖書の時代に『新約聖書』が編まれると誰が予想したでしょうか。 

 そう。我々は、今もなお、神話を生きているのです。

 天理教の皆さま、どう思いますか?コメントを残していってくだされば幸いです。

(謝辞)本記事を書く上で、天理教を研究する若手研究者M氏の御助力をいただきました。「愛子さまが真柱と結婚すると、素直に喜ぶ天理教の人も多いかもしれませんが、教義上のバグが生じます…」と苦笑いをしながらも丁寧に説明してくださったMさん、どうもありがとうございました。

国民の声~アンケート~

愛子さまのお相手の宗教は?(回答追加・複数選択可能)
  • あなたの回答を追加する


45 件のコメント

  • 秋篠宮家を中傷する阿部ミカと同一人物ですか?
    天理教のせいにしてるんだねー…。
    それとも同じ変な新興宗教の人が
    天理教からお金でも受けとろうとしてるのかな?
    兎に角もうこんな変なサイト閉めなさい!

    • かつて極東の全体主義国家で現人神として
      個人崇拝の対象になってて、ヒトラーやムッソリーニと同盟を組んで侵略戦争を起こした国家指導者一族。
      ww2敗戦後、申し訳程度の政教分離をなされたが
      “象徴”としてやっぱり指導者崇拝の対象になってる一族。

  • 仮に愛子内親王殿下が皇位継承して、天理教の教祖と結婚したら、当然教祖のほうが改宗するんだよ。バカかよ。

  • 高須クリニックの高須克弥医師が江戸時代初期から続く医師の家柄ですが
    高須医師は高須家100年目にして生まれた男児だそうで
    明治以降、祖母と母が女医となり病院経営をしながら女系で家を守ってきたそうです。

    世間一般は直系に男子がいなかったら、女性がその家業を継ぎ
    家を守ってきているのです。

    愛子さまは男系ですので、女性天皇ですが
    そのお子が天皇になる、女系天皇でも
    世間では何の問題もないと思っていますよ。

    • 愛子さまが天皇になっても
      誰と結婚しても
      天皇家の伝統も血筋も守られます。

      記者のいう天理教の教祖ともし結婚しても
      愛子さまは天皇なのですから
      天理教の教祖が改宗するのですよ。

        • もし、相手が天皇家の宗教の改宗しないのなら
          最初から結婚なんて論外でしょう。

          でも美智子さまという例外があったね。
          結婚後も聖書を持ち込んで、義宮と勉強会したとかで
          昭和天皇に激怒されたとか。

          美智子さまの影響でしょうか、眞子さま佳子さまはICUなんて進学するし。

          ホント、結婚相手は精査しないといけませんね。

      • 国民のアンケートで女性天皇と女系天皇は違うと
        保守系の人がよく主張していますけど
        国民の大多数はそんなことは気にしません、という話です。

        天皇は国民の象徴なのですから
        国民の考えを大事にして欲しいですね。

        • それが本当に国民の「考え」なら尊重することもあるかもしんないけど、お前らは考えてないじゃん。考え無しに感想とか願望とか言ってるだけだろ。
          政治にしてもそうだけどさ、ぼんやりとした感想に民意とか考えとかの偽りのレッテル貼るのやめろよ。

        • >国民のアンケートで女性天皇と女系天皇は違うと
          保守系の人がよく主張していますけど

          別物だから。

        • 女系にオッケー出す層は女性天皇だろうとオッケー出すだろうし逆も然りでしょうな
          そう言う層は特段思想がある訳じゃなく、普段皇室に関心がないが単に聞かれたから生返事返してる様なもんだから

          • 天皇制支持者は男系男子のみしか認めないとか?
            そうとは限らないでしょう。
            天皇制を認めていても、女性天皇も女系天皇もOKという人も多いと思います。

            何故なら、世間一般は、男系よりも女系のほうが間違いなく
            血統が続いていくことを知っているからですよ。

            愛子さまみたいに香淳皇后や今上陛下にそっくりなら
            血統は続いていると判るけど、ね。

            • >何故なら、世間一般は、男系よりも女系のほうが間違いなく
              血統が続いていくことを知っているからですよ

              皇室は世間と価値が違いますよ。
              神話の時代から約2700年万世一系、男系、日本は王朝が一度も滅びず続く世界最古の国です。GHQはこれを崩壊させたかった、戦後100年かけて国民の創意で崩壊させるという思惑通りに、女系になったら今の血統は終わる。「婿」として皇統の乗っ取りとなります。後世で系図で振り返ると、王朝が終わったと歴史上なります。

              • 海外の王室がすでに長子継承にどんどん法律改正している現在
                男系男子に固執することは、男尊女卑の国とバカにされるだけです。

                それから、男系が2700年続いているとは誰も思っていませんよ。
                天皇は側室の子のほうが遥かに多かったのに
                日本には宦官制度は無かったのですから。

                • 海外に(西洋に)合わせる必要はないと思いますが。

                  「神話の時代から」は、嘘とか真実でないとかの問題ではありません。ずっと日本に伝わってきたもの、紡がれた尊さです。

                  ここのコメントは、日本を破壊への思想が多いですね。

                  • >海外に(西洋に)合わせる必要はないと思いますが。

                    いいことはどんどん取り入れるべきです。

                    もし取り入れてなかったら、日本は今だ民主主義からほど遠い、戦前の
                    「天皇主権」の日本帝国憲法を遵守している国ですよ。

                    そして、男尊女卑の今の皇室典範を改正すべきです。

                    • >>海外に(西洋に)合わせる必要はないと思いますが。
                      >>>いいことはどんどん取り入れるべきです。
                      皇室に関しては、また神官の天皇は、西洋の王室とは一緒になりません。

                      >>>そして、男尊女卑の今の皇室典範を改正すべきです。
                      女性天皇は男系だからよいと思いますが、女系天皇は別王朝になるので反対です。男尊女卑の次元ではありません。あっちの民族の方はすぐ差別と言い黙らせようとしますね。あっちの国だから日本を壊したいから。

  • 何で天理教? 眞子圭の次に 宗教?其の次の話題は? 何でも良いからって 宗教と愛子様を結びつけるって 馬~カ何でも結びつけるなら 佳子眞子 悠仁 腹黒紀子 秋篠宮 意地悪美智子にして

  • 天〇は、『血』を受け継ぐ『相応しい』おかたがやればよい。(「皿」じゃないよw)
    つまり、贅沢や不正をしない高潔なおかたこそ相応しい。

      • 父方母方どちらも日本で明治前まで遡れたら、の日本人。
        その日本人の血という意味であり、差別ではありません。
        天皇は王様とは違います。天皇は象徴としてだけでなく、日本の国と国民の安寧と五穀豊穣を祈る、日本最高の「神官」です。一般人ではなく、古来からの日本の伝統を残す存在です。だから純粋な日本人の血であるよう願います。個人的には、旧宮家の男系男子の子孫の皇族復帰(養子などでも)を希望します。外国勢力の自由に崩壊させてはいけないと、わざわざ利用される状況になるものにする必要はないと思います。日本の皇室は血は問題になります、実際今。
        アメリカなど政治家でも3代前まで明らかにしていると聞きます。日本はなぜか、しない。差別と騒がれる…そんな国。

  • そもそも、美智子が「カトリックを捨てた証拠」はなく、「神道に改宗した証拠」もなく、この点は曖昧にぼかされたまま。だから、その子3人の宗教が何であるか、実は国民は何も知らされていないのです。

    • 天皇陛下は昭和天皇に学ばれ、祭祀もされていますから神道でしょうね。
      様々な宗教を学ばれてはいると思いますが。清子さまも伊勢神宮の斎主ですから神道と思いたいです。

  • どちらかというと仏教が一番日本人には合う気がします。他の宗教がダメとは思わないですが先祖代々の方がご先祖様も喜びますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください