報道虐待にもめげない愛子さま 天皇家の“親子愛”に涙が止まらない

かつての愛子さまの不登校報道

文/安倍ミカ

2010年3月、まだ当時学習院初等科の2年生だった愛子さまが、“不登校状態”であると週刊誌が大々的に報じました。

蓋を開けてみれば、病欠の3日間を除く欠席は5日ほど。この当時愛子さまは乱暴な男児から執拗な嫌がらせを受けて精神的にお疲れだったところで、たまたま風邪をこじらせただけのこと。

普通の8歳児なら、粗暴な行いを目の当たりにして、その程度の情緒の揺れは当たり前です。むしろ健全な反応と言えます。

そもそも欠席の日数自体が不登校の定義には全く当てはまりません。

文部科学省の調査では、「不登校児童生徒」とは「何らかの 心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、 登校しないあるいはしたくともできない状況にあるために年間 30日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由による者を 除いたもの」と定義しています。

文部科学省

しかし愛子さま不登校のニュースは各メディアに伝播し、一部の国民はこれを信じました。

「雅子さまに続き愛子さまもか」と誘導する報道は一定の成功を収めたのです。

紀子さま「DVで前歯が欠ける」が話題 犯人はあの人

2019年7月14日

バッシングに負けない愛子さま

しかしその後、悪意まみれのデマが度々報じられても全く動じなかった愛子さま。

激やせ、不登校、発達障害、自閉症…。どれも愛子さまの“精神面がおかしい”という論調に持って行きたいがためのデマが主で、明らかに雅子さまの適応障害と関連付けて東宮を貶める意図に満ちた報道ばかりだったのですが…。

それに全く動じていないかのように、全く意に介さずといった感じで愛子さまは多才ぶりを発揮し続けます。勉学、スポーツ、管弦楽、さらに手芸や調理まで多彩でありながら、全て完璧にこなす愛子さまは、報道とは全く異なり、学友の憧れの的でした。

「昨年秋に雅子さまが登校のお付き添いをやめられてから1年以上になりますが、あの不登校の時代がウソのように、愛子さまは学校生活を活発にお過ごしになっています。”愛子さま効果”だといわれていますが、今年は管弦楽部にも、入部希望者が殺到しました。愛子さまは年下の子たちの面倒見もいいのです。お友達の妹さんで人見知りをする子がいるのですが、その子もすごく愛子さまに懐いています」

2012/12/09 女性自身

きっと天皇陛下と雅子さまがどんなときも愛子さまに深い愛情を注がれ、苦境にあってもご家族で乗り越えられたのでしょう。

愛子さま初等科高学年の運動会での雅子さまのこの表情。

こちらまで泣けてきます…。

中等科でも悪質なデマ

しかし、愛子さまには中等科に進学されてもデマ報道がつきまといました。

「今、生徒たちの間では、“今日は2時だね”とか“ちょっと今頃登校してるわよ”、“あっ、今日はお早い登校で…”などと愛子さまの登校時間について話題にする機会が増えているようなんです。

なぜなら愛子さまが登校される場合、警備と一緒に物々しい雰囲気で校舎へ入られるんですが、その愛子さまのお姿が、教室の窓から見えるため、多くの生徒が愛子さまの登校時間を知ることになるからなんです。通常の始業前に登校されれば、警備がいても全然目立たないんですけどね…」(学習院関係者)

女性セブン2014年12月18日号

この報道は完全なガセネタとして有名です。学習院の教室配置的に、中等科・高等科からは通学門も昇降口も見えないのです。

つまり、この報道は愛子さまを貶めたい何者かの悪質な意図による妄想記事だったということです。

なぜこのような悪質なデマが長年続いたのか…?

同時期のニュース「佳子さまの学習院中退」

不可解なことに、前述の愛子さまバッシングとほぼ同時期に話題となった皇室ニュースといえば、佳子さまの学習院中退報道

宮内庁は11日、秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さまが、昨年4月に入学した学習院大文学部を、今年8月31日付で中退されたと明らかにした。他大学を来春入学を目指して受験するため、ご夫妻と相談して決められたという。

関係者によると、長女の眞子さまが卒業された国際基督教大(ICU)も検討されているという。同庁によると、佳子さまは幼稚園から通った学習院の女子高等科在学時にも、新たな学びの場を持ちたいとして学習院大以外を受験されていた。

2014.9.11 産経ニュース

学友から漏れ伝わる声といえば、佳子さまはそもそも中等科から素行がよろしくなく、全く勉学に興味がないお方。大学入試では他大学を受験するも全滅、“ロイヤルパス”発動で学習院へのお情け入学を果たしたのに、ほとんど通学もせず、これには学校側も扱いに困り果てていたとのこと。

もうこの頃すでに秋篠宮家の教育は失敗だと明らかになっていました。

にも関わらず、報道としてはほとんど佳子さまを叩くようなことはなく、むしろICUへの転学を賞賛するような節もありました。

かたや病欠ごときで国辱とばかりに叩かれ、かたや訳のわからない中退でもお咎めなし。今となっては理解できませんが、当時はこの“ダメな東宮”を煽るような報道が当たり前になっていたのです。

しかし、この佳子さま中退騒動で全く庇える部分が佳子さまになかったので、同時期にたまたま一時的に体調を崩されただけの愛子さまが、不登校のデマ報道を受けたにすぎません。佳子さまの不祥事のスケープゴートに使われたというのが、愛子さま中等科での不登校事件の真相と言われています。

何度も繰り返された東宮叩き

このように、秋篠宮家の教育失敗問題が露呈すると、天皇家が言われの無いバッシングで叩かれてきたことは、佳子さま中退騒動に限らずこれまで何度も繰り返されてきました。

流石に悠仁さまのご発育問題や佳子さまの中退、眞子さまの小室氏問題と重なり“秋篠宮家は全面的に子育てに失敗した”という正しい認識が広まっているので、今はそういった偏向報道は鳴りを潜めています。

しかし何度も謂れのないバッシングを受けても、実力で見せつけるのが天皇家の敬愛すべき所以。

雅子さまにしても、愛子さまにしても、勝手に謎の勢力に精神疾患を仕立て上げられても、その凛としたお姿で必ず見返す逞しさがあるのです。

ますます令和天皇家の快進撃に期待が膨らむばかりです。

眞子さま「ニトリのカーテン」を体に巻いたお姿が話題 お値段以上で海外公務!?

2019年7月13日

国民の声~アンケート~

人格否定発言、愛子さま登校拒否など様々な艱難辛苦を乗り越えた、「天皇家の家族愛」は素晴らしいと思いますか?(回答追加・複数選択可能)
  • あなたの回答を追加する

紀子さま「DVで前歯が欠ける」が話題 犯人はあの人

2019年7月14日


107 件のコメント

  • 後になって佳子さまが上級生からスカート丈で注意を受けていたことが報道され、愛子さまの見えもしない通学状況に上級生が抗議したというこの女性セブンの報道は、そのスライドではないかと言われていましたね。

      • 教育係はいません。幼少期には優秀なスタッフが揃えられていましたが、即解散してます。また悠仁くんには必要ないと取れる発言を秋篠宮が過去にされた報道もあります。何よりプライベートを隠したいご一家ですし、雇ってもみなさん即辞められるので、秋篠宮家はご難場と昔から言われています。

      • そもそも帝王学って何?
        浜尾さん的な人ならいるよ。
        宮家の子のくせに公費でお付きつけてもらってるし。
        時々浜尾さんのこと勘違いしてる人がいるけど、あの人侍従さんだからね。

        • 浜尾さん侍従だけど 幼い頃の皇太子様 秋篠宮の教育係り 幼少の頃から皇太子様わ 将来天皇になるとご自身も 理解してたとか 片や秋篠宮 自由奔放 天皇学教えても 駄目だったらしい 皇太子様は、浜尾さんの教えを真面目に 勉強だけでなく 良識な事も 秋篠宮に関しては 意地悪美智子も自由奔放にさせて見たい 幼少時代の基礎を 浜尾さんが教えてきたから 勿論浜尾さんと浜尾さんの周りの方達で皇太子様を見守ってきたのかも 今現在の天皇陛下が素晴らしいのかも 3つ児の魂百才までと言う ことわざがありますが 皇太子様そうかも 現天皇陛下が 最高級なら 秋篠宮 粗悪品 その位 雲泥の差 因みに 夫婦って 同レベルを選ぶらしいですよ だから秋篠宮 腹黒紀子其の点 同レベル お似合いでは

            • ヒサヒトがああなのは教育係がいないせいだー!って必死すぎだよね。
              浜尾さんがいたのに、なんで明仁はああなのよ。
              誰がいたって結局は本人の心持ちよ。

            • 浜尾実氏は侍従ですが、教育係として今上天皇を厳しく躾、教育されてきました。元は東宮傳育官として上皇陛下に仕えており、昭和天皇からも分厚い信頼を得ています。
              浜尾侍従の様に、ご両親とも信頼関係があり、時にはご両親にも厳しい意見が言える立場の人でないと、教育係は務まりません。なによりも秋篠宮夫妻が独自路線を貫かれているので、そのようなご家庭に入り教育したいと挙手するような方はどこにも居りません。

              • ★『週刊朝日』1980年10月24日号

                昭和45年(1970年)4月、浩宮と礼宮兄弟二人だけで大阪万博を見学することに。浩宮はこの大阪万博で「一回だけ」の約束だったアトラクションに「もう一度乗りたい」と言い張り、同行した養育係の浜尾実侍従がそれを許してしまう事件が発生。兄弟が行く先々は当然警備で閉切り、待たされたり利用を制限された一般人もいた。浜尾実氏が後年TVインタビュー(1972年4月放映「ぼくら一年生」)で笑いながらそのエピソードを披露するが、当時そのあおりを食らって待たされた人々はたまったものではない。

                ★『女性自身別冊』1971年4月皇室特集号

                浩宮「浜尾さんの家は地震になったらつぶれるネ。ぼくの所は鉄筋だから大丈夫だよネ」

                • ★『サンデー毎日』1993年6月13日号

                  皇太子と雅子さまの婚約会見を見ての、浜尾実語録

                  (雅子さんが、皇太子さまについて語った言葉について)
                  「人間ができているというのは、親が子供に言ったり、先生か生徒に言うならわかりますが、皇太子さまに対しては、随分、失礼な言い方ですよ。「私がもし殿下のお力になれるのであれば、謹んでお受けしたいと存じます」というのも、皇太子さまとの関係をもう少しお考えになれば、別の表現になったはずです。」

                  「ちょっと生意気な女だなって感じはしますよね。とにかく、しゃべりすぎですね。聞かないことまで、話している。」

                  「東宮仮御所におふたりでいらっしゃって、車を降りたところで、カメラに向かって会釈なさった。そこまではいいんですが、それが終わって玄関に入られる時、雅子さんのほうが先を歩いて、さっさといってしまった。これは、やはり殿下の後ろを歩かなきゃいけないでしょ。」

                  「宮中では、慎み深すぎるぐらいでちょうどいいんです。ただでさえ、目立つ存在ですからね,なるぺく皇太子さまをお立てすること。皇太子さまの前を歩いてはいけないとか、記者会見では、皇太子さまが三言おっしゃったら、雅子さんは一言ぐらいと。控えめ、控えめにやってほしいですね。」

                  「東宮大夫とか、東宮侍従長とかが、時には嫌な顔をされても苦言、忠言を申し上げないといけない。でも、みんな自分がいい子になりたいですからね。そういう人がいないと、結局、雅子さんがご不幸なんですがね。」

                  • 美智子はいつも明仁より目立とうとしていた。
                    本の表紙ではピンぼけ明仁とピントのあった美智子。誰の指示だろうあの表紙。
                    今も自分だけ報道させている美智子。

                    • 美智子フィーバーを巻き起こした世紀の大スターだったからな。
                      そういった時代の風雲児だったこともまた事実である。

                  • 「ご高齢」の浜尾さんに押しかけての発言。
                    ご高齢の方の中にはたまにしか人と話さないため、話す機会に多弁になる傾向がある方がいらっしゃるところの発言だ、という内容の記事を読みました。
                    普通、記者会見は緊張します。緊張してうっかり先を歩いてしまいます。いつも先を歩いているわけでなく、今は後ろを歩いています。

                  • ★『週刊現代』2006年11月18日号

                    (浜尾氏は2006年10月26日逝去)
                    10月30日には、カトリック信者だった浜尾氏の追悼ミサが、東京都千代田区麹町にある「聖イグナチオ教会」で行われた。約400人が故人を偲ぶなか、パイプオルガンの音色が静かに流れ、祭壇には、天皇皇后両陛下と皇太子から送られた白菊の花カゴが飾られていた。

                    徳仁は葬儀に顔も出さず白菊の花籠を贈っただけと、『週刊現代』2006年11月18日号記事に書かれている。
                    なお、別の元東宮侍従葬儀やローマ法王ヨハネ・パウロ2世追悼ミサに徳仁が出席していることから、葬儀出席慣例が無いとか宗教が違うからといったものでは欠席理由がつかないことは明らかである。
                    さらに、葬儀に贈られた白菊花籠が皇太子ご夫妻ではなく、徳仁単独名義だったことから憶測を呼ぶ。

                    • 2019年7月13日 4:06 PM

                      天皇陛下だけではなく上皇夫妻も葬儀にご出席されてません。
                      警備員や交通規制がかかるため迷惑をかけるとして、ご出席できなかったのです。

                      また献花においては天皇皇后両陛下と皇太子同妃殿下の連名でされてます。むしろ秋篠宮夫妻は、献花すらしていません。

  • 初等科のときに「不登校」と最初に報道したのは秋篠宮家懇意の「AERA」
    愛子さまをいじめていたとされるのは川島家の懇意な家の子。
    まあ、お察し。

  • そして女性セブンは美智子様の意思を書く美智子様ご用達週刊誌。
    紀子様、川島パパ、美智子様のチームプレーだったのですね。

  • 佳子はICUに入り直した後になって、高校時代は嫌いな英語の授業からふら~っといなくなったとかも書かれていた。

        • 大学生の授業なんてそういうことはザラにあるんだよ、中卒よ。

          それに佳子さまは普通の大学生と違って、公務の準備に追われることもある。

            • また、おまえはいい加減な事を言う

              秋篠宮家は早くから眞子さま、佳子さまを公務に連れてご一緒に参加されていたよ。

              たとえば、佳子さまの学習院大学在学中の公務の一部

              2008年8月「学童疎開船メモリアルウィーク企画展」東京・新宿区 中学2年(13歳)
              2008年10月「皇后さまとこどもたち写真展」東京・中央区 中学2年(13歳)
              2012年1月「日本列島いきものたちの物語試写会」東京・千代田区 高校2年(17歳)
              2013年3月「せんぐう館視察」三重県・伊勢市 高校3年(18歳)
              2013年12月「」←何かの舞台で紀子さま、眞子さまと 東京・ 学習院大学1年(18歳)
              2014年2月「ビオトープ教育全国コンクール」東京・渋谷区 学習院大学1年(19歳)
              2014年3月「窓花-中国の切り紙 黄土高原・暮らしのフィールドワーク展」東京・世田谷 学習院大学1年(19歳)
              2014年7月「天皇陛下傘寿奉祝行事(皇后陛下ご主催)(日本の民俗芸能ご覧)(桃華楽堂)」 学習院大学2年(19歳)
              2014年7月「ブラジル日本語センター第5回「ふれあい日本の旅」一行ご引見(宮邸)」 学習院大学2年(19歳)
              2014年7月「日ペルー外交関係樹立140周年記念事業「ルーチョ・ケケサーナ及びクントゥール日本公演」ご鑑賞」東京・中央区 学習院大学2年(19歳)
              2014年7月「第38回全国高等学校総合文化祭(いばらき総文2014)」ご臨席及び地方事情ご視察 茨城県・ひたちなか市およびつくば市 学習院大学2年(19歳)
              2014年8月「対馬丸殉難70年・鎮魂と平和への祈り」展示及び発表ご覧 東京・新宿区 学習院大学2年(19歳)
              2014年9月「ベルギー王女マリア=ローラ殿下とお会い」(宮邸) 学習院大学2年(19歳)
              2016年9月「愛知県お成り(「子ども虐待防止世界会議名古屋2014」ご臨席)」愛知県・名古屋市 学習院大学2年(19歳)
              2014年11月「第36回少年の主張全国大会」東京・渋谷区 学習院大学退学後(19歳)

              把握できるものだけな。

              • 「皇后さまとこどもたち写真展」を見に行くのがコームとか言うなら、愛子さまは小1で行かれてることになるじゃないか。
                藤城清治の影絵展を見に行かれたことも公務にしちゃう?
                だったら0歳だけど。

  • 2001年12月 東宮家に敬宮愛子様御誕生

    2004年 秋篠宮家付き皇宮警察本部
    侍衛官58歳 自死

    2005年 秋篠宮家付き皇宮警察護衛部
    側衛官47歳 自死

    2006年9月 秋篠宮家に悠仁様御誕生

    2006年 9月下旬 秋篠宮家付き19歳の
    皇宮警察官は、メッセージとして
    東宮正門を警備中の昼頃
    化粧室で 自らの銃で自死
    (銃で自死したのは19歳の皇宮警察官のみ)

    2010年 学習院の同級生、
    川島家知人のご子息による
    愛子様へイジメと暴力が始まった。

    (週刊誌とコメントまとめ)

  • 本物愛子さまのごコーム、まだぁ?

    本物愛子は海外公務には出さない。
    目もあてられないぶざまな結果に終わるから。

    • 海外の要人が皇太子(今上天皇)に謁見されるとき、挨拶に出られていることがあります。幼少の頃から。中学時代には今上天皇より英語が流暢に。今上天皇が自ら誉めていらっしゃいましたよね。公務としてされてはいませんが、見えないところで研鑽されていますね。
      また愛子さま、今上天皇の考えかもしれませんが、ある程度歴史背景がわかる年頃になって、神社や古都、戦争に関係する場所を訪れていますね。広島もご学友と修学旅行で訪れました。事前にご自身で学んで行かれたことが、作文からも伝わります。

    • 愛子さまは成年皇族ではないので公務をする必要がありません。何より御立場が宮家皇族とは一切違うので、もし某宮家と比較してるのであれば御門違いです。さっさとマケシンの巣にお帰りください。

    • 早く病院に行きなよ。
      皇族の公務は成人してからだよ。
      秋篠宮家の2人だって海外コームへは卒業するまで出さなかっただろうが。
      園遊会に出るようになったのも卒業してからだよ(だから佳子はまだ出てない)

  • 愛子様が脅威なので潰しにかかったんだろうね。
    流産祈願~狂人祈願~G院イジメ。。
    おぞましいマケシンらと教祖。

  • 愛子さまは遠泳で3kmも泳ぐ根性の持ち主です。

    しかし、眞子さま佳子さまは遠泳参加したとの報道もなし。
    やっぱり根性無しのご一家なのですね・・・

    • 愛子さま
      フィギュアスケートを習い始めたのは2006年。(幼稚園年少)
      その後、2008年(小学1年)まで神宮外苑スケート場所属、2010年(小学3年)は江戸川スケート場に転籍。
      その後、スケートの報道がないので、およそ5年間フィギュアスケートをされていたと考えられる。
      大会等、記録なし。

      『東宮御所と秋篠宮邸は歩いて五、六分の距離であり、ご家族同士での行き来や散策の途中に立ち寄られることもある。今年の正月には秋篠宮ご一家が東宮を訪れ、凧揚げをして楽しいひと時を過ごされたという。
      2006年2月には、明治神宮外苑にご一緒に出かけられ、愛子内親王と佳子内親王が一緒にスケートを楽しまれた。佳子さまはフィギュアスケートの大会に出場される腕前で、このときも小さな愛子内親王をやさしく気づかいながら教えるお姿があったという。』文藝春秋2006年4月号

      『佳子内親王は、小学2年生のときにフィギュアスケートを始め、「2005年スプリングトロフィー・フィギュアスケート競技大会」の小学4年生以上の部で優勝経験もある実力派だ。二人の内親王は週3回、明治神宮外苑アイススケート場のリンクをオープンする前に貸し切りで練習をしている。愛子内親王は始めてから数ヵ月にもかかわらず、一人でリンクに立ち、滑るまでに上達したという。』2006年4月1日号

      『愛子さまがスケートに興味を持たれたのは、学習院幼稚園に通われていた4才のころ。
      きっかけは、愛子さまにとって従姉にあたる秋篠宮家の次女・佳子さまがフィギュアスケートの大会で活躍されているのをご覧になり、「私も佳子さまみたいになりたい」と、憧れの気持ちを抱かれるようになったからだ。
      「その憧れはさらに強くなられているのではないでしょうか。
      夏季休業で、ここのリンクが使えない間も、愛子さまは神宮外苑のスケート場で練習されていたそうです。ですから昨シーズンに比べて格段の上達をされたそうです」(皇室関係者)』女性セブン2010年11月11日号

      ソース:
      『女性セブン』2006年2月16日号<愛子さまピンクのウエアでスケートデビュー>
      『週刊現代』2006年4月1日号<雅子妃が愛子内親王に施す「マル秘英才教育」英語、リトミック…フィギュアスケートまで>
      『文藝春秋』2006年4月号
      『MSN産経ニュース』2008年3月29日【皇室ウイークリー】(21)愛子さまがスケート練習 模範演技のスピンにビックリ?
      『女性セブン』2010年11月11日号<愛子さま・雅子さま-スケート貸切レッスン、起死回生の有名コーチ>

      佳子さま
      2005年スプリングトロフィー・フィギュアスケート競技大会1級女子小学4年以上の部・優勝
      2007年スプリングトロフィー・フィギュアスケート競技大会ノービスB女子小学6年以上の部・優勝

      眞子さま
      2011年第18回よませ全国学生スキーチャンピオンシップ新人戦・5位

      • よりによって2011年のよませを出すか。
        震災が起きたときのだよね。
        震災時本当は眞子はどこにいたでしょって言われてる。
        よませの後は岩岳に行くはずだったから。

        • よませの大会は3月9日。震災直前だった。

          学生にとって本当の大きな大会はその後に開催される岩岳だが、
          東日本大震災の影響で中止になったか不明だが、眞子さまはエントリーされて期待されていたが参加されなかった。

          • 10日までは確実によませにいたの。
            普通ならそのまま岩岳に移動だろうけど、え?一旦東京に帰ったの?変なの、って言われてる。

        • 2005年12月 秋篠宮ご夫妻は、
          「コウノトリの歌」を詠んで
          国民を驚愕させた。

          2006年2月 NHKが秋篠宮紀子様の
          「妊娠6週」を速報しました。
          愛子様の皇位継承を可能にする
          皇室典範改正案は、国会審議中に
          小泉首相に速報が届き頓挫しました。

          性別不明の「妊娠6週」の段階で
          国会審議を堂々と頓挫させた事。
          それは、そのご懐妊が、男子受精卵の
          着床前性別選択によるもので
          あった事を示しています。
          (それは生命倫理に反するとして
          日本では許されていません)

          • 今頃になって文春が「NHKが勝手にやった」「秋篠宮は今も許していない」とか書いてましたね。
            文春、前の天皇が退位の意向っていうスクープをNHKが出したときに「仲介したのは秋篠宮さま」って書いてた気がするんだけど。

          • 天皇そして皇族の方々は、
            日本国民の総意に基づいて
            日本国民統合の象徴として
            存在されています。

            日本国で許可されていない事を
            日本国内で皇族の方々が実行された。
            そして そのことにより、
            しかも「妊娠6週」と性別未確定の
            段階で、国会の審議決定を阻止した。

            その事は、皇族の方々による
            「国政介入」と言わざるを得ません。
            日本国で許可されていない事を
            された時点で、日本国民の象徴と
            仰ぎ敬う事は、出来ません。。

    • 初等科卒業のときに愛子さまが作文で500m泳いだことを書かれたら、「佳子さまは1kmだった」とどこかの週刊誌が書いていましたよ。
      あの遠泳にOB・OGボランティアとして参加されていたのが絢子さま。

        • アエラなど秋篠宮姉妹や紀子さまのアゲが凄かったけど

          学習院関係者曰く、報道と真逆で、酷く評判悪い一家だったからねえ。

        • 愛子さまに負けじとホラ吹くのが秋篠宮家ですからね。

          佳子さまが1km泳げたら、その時に報道したでしょうにね。

    • 黒田夫人だって参加したのにね。
      そう言えばあの姉妹は組体操もなかったね。
      チームワーク以前に何か事情があったのかもね。
      〈私を誰だと思ってるの〉系の問題とか。

      • 学習院のイートン校サマースクールも馬鹿子姉妹は参加しませんでしたよね。英語の成績や日頃の素行が悪すぎたんでしょうね。

  • 愛子さまが万能過ぎて嫉妬しちゃうのはわからないでもないけど、大人がよってたかって嫌がらせするのは理解出来ない。
    記事にはないけど中等部の時の小説のレベルが高く仰天した

  • 1枚目の傘もった可愛い子、ニセモノだしー。
    恐るべし!
    アキシン、マケシンなどと吠えるのは反日勢力だね。
    日本人はあまり、そんな言葉使わない。

    • 愛子さまは痩せたら
      一般受けする可愛いお嬢さんってことなんですよ。

      雅子さまの大学時代の写真、大変ぷくぷくしていて
      美しいというよりも健康的な田舎っぽいお嬢さんでした。

      しかし、お妃候補報道の頃は痩せて大変お美しくなられていましたから
      愛子さまも成人後はお母さまのように美しくなると思いますよ。

  • 愛子雅子持ち上げる人は狂信的だ。異常だ。
    こういうのをマタコ信者という。略してマタシン、在日マタシン

  • >アキシン、マケシンなどと吠えるのは反日勢力だね。
    >日本人はあまり、そんな言葉使わない。

    そうでもないけどなあ
    ちなみに代表サッカースレでは
    本田のファンをホンシン
    香川のファンをカガシン 
    とののしりあって、トップ下争いをしていたのは懐かしい思い出。

  • いくら愛子さまのデマを報道したところで、学習院で共に過ごしているご学友の皆様が真実をご存知ですから。裏で大金を使って買収して、嘘を書かせても無駄です。
    天皇皇后両陛下や皇后陛下のご家族も同様です。
    真実を知る方々は大勢いらっしゃることでしょう。

  • 3:16PM
    言われたことをそのまま返すしかないの?
    他に言うことないの?
    やっぱりねー。創造力欠如したマタシンたち。

  • つまりもうアキシンジャーは少数絶滅危惧種なんです。←あるツイート

    でも保護せんでもいいよな?ww

    • あー「笑わない」とか「手を振らない」の嘘も定番だったねえ。
      悠仁が全く手を振らないので「子供のくせに手を振るのはおかしい」って言い出したけど。

  • 愛子さまへの誹謗中傷報道は秋家の子供らに問題が起きたときによく出たもんだ。
    2014年は「悠仁君お茶小でボッチ、キコサマ『これはいじめジャー』と保護者会で吠える」事件も起きた。

  • 愛子様は恥ずかしがり屋さんですが無愛想とは思いません。
    顔立ちも一つ一つが整っているから成人される頃は自然に細くなって、見事に綺麗になられます。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください