海外紙が「紀子さまは“恥ずかしい女”」「家具選び外交」と嘲笑 まさに「日本の恥」

秋篠宮殿下のフィンランド国際親善

文/編集部

秋篠宮ご夫妻は、6月27日から7月6日までの日程で、フィンランドとポーランドへ国際親善に赴かれていました。

当サイトでも紹介しているように、遅刻など色々やらかしてしまい、現地の方々に多大な迷惑をかけたことが国内では報道されています。どうやら「やらかしてしまった」ことは国内のみならず海外でも散々の評判だったようです。

デイリーメールなどの海外タブロイド紙や王室ブログによれば、当初の予定になかったフィンランドでの「家具工房見学」は、殿下の想い付きで急遽入ったものであり、その目的は「眞子さまと小室圭さんの新居用か、 33億円かかる新居用の家具選び」だろうと嘲笑の的のようです。

このように言われてしまうと飛行機から降りるご夫妻のお姿すらも、「いち早く家具を見に行きたい!」と言っているようにしか見えなくなるので不思議なものです。

フィンランド到着時の秋篠宮さま、早く家具が見たくてソワソワしています。

紀子さま「DVで前歯が欠ける」が話題 犯人はあの人

2019年7月14日

海外からバカにされて、まさに日本の恥!

そんな嘲笑されまくりの「家具工房視察」ですが、イギリス紙デイリーメールではなんと紀子さまを「bemused wife (恥ずかしい妻・愚かな妻・錯乱した妻)」と表現。

その間、彼(秋篠宮殿下)の愚かな妻(紀子さま)はスタイリッシュにコーディネートされたツイードの白いスカートとクロップドジャケットを着ていました。(Meanwhile, his bemused wife watched on wearing a stylish coordinated tweed white skirt and cropped jacket. )

Take a seat! Japanese Crown Prince Akishino and his wife are all smiles as they visit a furniture workshop during their four-day tour of Finland (Daily Mail)

服装を誉めていますが、実際には二人がいかにダサい格好をしていたかを皮肉る記事です。つまり、世界中の人達に「日本の皇族の秋篠宮さまと紀子さま は、ダサい格好で家具選びをするために、わざわざフィンランドに来たんです。しかも家具を使うその人物は、脱税魔の子・小室圭!」と報道したのです。もちろん家具は、33億円かかる自宅用かもしれませんね。いずれにせよ税金一括払いでしょうが(苦笑)

そもそも記事のタイトルが「秋篠宮!座りなさい!」の意味なのですが、よっぽど落ち着きなく家具を選んでいたのでしょうね…。

頼むから秋篠宮家は、日本の恥を世界に広めないでくれ…。

早く家具を選びたくてソワソワしているご様子の秋篠宮さま
左:はしゃいで椅子に座る秋篠宮さま、困惑の不敵な笑みを浮かべる紀子さま
右:楽しくてたまらない秋篠宮さま

紀子さま「DVで前歯が欠ける」が話題 犯人はあの人

2019年7月14日

国民の声~アンケート~

紀子さまは日本の恥?(回答追加・複数選択可能)
  • あなたの回答を追加する

Reference:

Take a seat! Japanese Crown Prince Akishino and his wife are all smiles as they visit a furniture workshop during their four-day tour of Finland (Daily Mail)

Royal visit burnishes Finland’s business and culture profile in Japan (News Now)



73 件のコメント

  • 家具選びは小室と眞子のためというより、
    33億の新居に見合う家のためって感じに思います。

    まぁ、10億の仮住まいを小室と佳代と眞子のために
    しようとしてたのではないかという意見もありますが。

    • 奥速で皇室を批判してはいけないと思います。
      日本人としてメディアの報道に便乗して如何なものかとおもいます。一方的に批判されても何のメリットも無いですよ。
      寛大な気持ちで見守ってあげましょう。

    • もう 外に出さないでほしい。 宮内庁は他に皇族がたくさんいるでしょう。秋篠宮以外で。しっかり考えてください。あ〜〜。呆れた。後継者が 秋篠宮だったら 令和以降の元号は不要です。皇室廃止で良いです。

  • また論壇が嘘を書いている。単語レベルの翻訳も、記事全体の解釈も真逆。記事のどこを探しても悪口など書かれていません。テストならば0点。論壇記事を肯定的に解釈できる箇所が1ヶ所もない。だから0点。

    もはや「妄想サイト」ですね。重度精神疾患の領域です。。

    原文
    https://www.dailymail.co.uk/femail/article-7214531/Japanese-Crown-Prince-Akishino-wife-visit-furniture-workshop-Finland-tour.html

    • 事実を認めたくないアキシンジャーこそ精神異常。
      bemusedは良い意味では用いられない。紀子を馬鹿にした海外記事であることは間違いない。
      また「眞子さまと小室圭さんの新居用か、 33億円かかる新居用の家具選び」のソースは、この記事ではデイリーメールに限定していない。このような見解は、ツイッターなど探せばいくらでもある。
      アキシンジャー哀れ!

    • URLひらいて、画面上の右上の翻訳クリックしました。(PC使用)
      原文翻訳後↓

      「その間、彼の愚かな妻はスタイリッシュなコーディネートされたツイードの白いスカートとクロップドジャケットを着ているのを見ました。」

      酷いよね、、ここまで書かなくてもと思った^^;

      •  愚かな妻とは書かれているが、私邸で使う家具を選びに来たとは書かれていない。
         これが正解。

      • 確かにそうですよね、
        要約すると;
        秋宮が笑いながら建具を点検している姿を紀子さんが可笑しそうに見ていた

        s new Emperor was all smiles as he examined the handy work of the furniture giant.

        Meanwhile, his bemused wife watched on wearing a stylish coordinated tweed white skirt and cropped jacket.

          • 肝腎なところは要約したところ、
            この記事に深い意味はない、
            秋宮夫婦の「家具工房視察」の模様を英紙が報道しただけ。

            • ドタ出ってやつ。よく時間がとれるよね。
              皇太子時代の天皇陛下は過密スケジュールだったから絶対無理。
              そう言えばオランダでも運河巡りを暑いからと言って動物園見物に変更してたよね。

        • s new Emperor was all smiles as he examined the handy work of the furniture giant.


          (秋宮のその時のしぐさを表現)


          (それを見るキコサンの表情の表現)
          Meanwhile, his bemused wife watched on


          (その時のキコサンの服装)

          on wearing a stylish coordinated tweed white skirt and cropped jacket.

          して、要約すると;
          秋宮が笑いながら建具を点検している姿を紀子さんが可笑しそうに見ていたになる。

            • his bemused wife
               ↑
              つまり貴方が信じているような意味ではないからです
              単に(困惑した)って意味。

              恥ずかしめの意味ではありません、

              この写真から判断してもキコサンが困惑笑い❗

          • まさにこの記事の写真の通りです。

            秋宮が椅子の坐り心地を試している
            紀子さんがそれを見下ろしているその時のキコサンのbemused 顔って事。

            きこさんの服がどうのこうのはここでは重要では無い。

            • あなたのおっしゃるとおり。bemused自体に悪い意味はない。

              夫がした・していることの事情を妻が完全に把握していないときに、bemusedという形容をするというだけのこと。出勤したばかりの夫がすぐ家に戻ってきたら、his bemused wifeなどと表現する。

              Google Translateに入れると「恥ずかしい妻」と出てくるので、英語力のない人がそのまま取り上げて騒いでいるだけ。恥ずかしいのは騒いでいる人。

              記事のどの箇所も、紀子様を全く下げていない。

          • Google Translateには誤訳も沢山混じっているから、語学力のない人は何重にもチェックする必要がある。「恥ずかしい妻」は明らかな誤訳。

  • ボサッとした、とか呆けた、とか
    そういうニュアンスの様だ
    そこまでキツい表現ではないが
    いい意味で使われる言葉ではないと…

  • まけしんは認めたく無いのよ。何せ、英語で話したとかフォローしてたけど、トレンドにもなった通訳無しとは、ニュースでも伝えて無いのよ。

    • どうしてマケシンは真実から目を逸らそうとするのかねえ。。
      素直に認めたら気持ちも楽になるのに。。

  • だって「英語で交流されました」の後ろから通訳さん覗いてたし。
    ムーミン展のときも確かそうだった。

  • 恥ずかしい妻か・・・秋篠宮殿下が妻を置いてけぼりしたり
    手をつなぐのを拒否したりするから

    秋篠宮殿下の妻への気持ちをそのまま書いたんだよ、きっと。

  • そのうちフィンランドから空輸で大量の家具が届いたりして。
    さすがに海外からは献上させるのは無理だろうな。
    支払いは前払いにしないと踏み倒されるかもね、furみたいに。

  • 論壇netさんもどうせ秋篠宮家を叩くなら、宮内庁職員に対するパワハラ疑惑をもっと追及してほしい。
    そして小室圭国父殿下爆誕を阻止したいのであれば、女性宮家などもってのほか!
    旧宮家の男系男子の皇族復帰実現を!

    • >そして小室圭国父殿下爆誕を阻止したいのであれば、女性宮家などもってのほか!

      愛子さまも悠仁さまも無視して皇室会議も経てない小室を皇室に入れようと必死なのはあんたでしょっていう。

  • bemused
    adjective UK ​ /bɪˈmjuːzd/ US ​ /bɪˈmjuːzd/

    slightly confused:

    I was bemused at his sudden anger.
    Thesaurus: synonyms and related words

    Confusion, confusing and feeling confused

  • 公務より破談。ズルズルが酷くなるだけです。雅子様に言われてもまだズルズルしているから書かれてしまうのです。

    • 皇后さまは別に何もおっしゃってないでしょ。
      外国訪問の前に両陛下にご挨拶に行くのはただの慣例だよ。
      むしろ、慣例でもないのにじーさんばーさんのところに行ったほうが問題。
      しかも両陛下のところに行くより先に。

  • bemusedを英英辞典で調べるとconfused slightlyと書いてあった。例としては、cast bemused eyesなどの様に(ちょっと戸惑った : 戸惑った視線を投げ掛ける)全く悪い意味は含まれていません。雅子様の一方的なファンなのは理解するけど、紀子さまに対して誤訳してまで非難するのは許されないし、はっきり言って海外のメディアが日本の皇室に喧嘩売るほど関心は無いと思う。天皇ご夫妻ならいざしらす、ヨーロッパの王族にはゴシップに事欠かないメンバーが揃っているから全く大した記事ではないことが伺われるし、1930年代の朝香宮の家具のバク買いに比べたら大したことではないでしょう。むしろ微笑ましい。

    • バク買いはダメだけど、チョロ買いはいい。って事ですか?もし買ったとしたら私達の思うチョロ買いじゃないと思いますが…。凄いチョロ買い…

  • 秋篠宮ご夫妻が訪問した家具工房Nikariは、日本の同業他社に自社デザインを提供しているようです。
    秋篠宮様が座った椅子は、日本の公共施設でも数多く使用されているようです。
    ご夫妻がフィンランドで是非、とご訪問されたのにはふさわしい工房だと私は思います。
    一脚の値段は、ひっくり返るようなものでしたが。(イケアとちがう)

  • >1930年代の朝香宮の家具のバク買いに比べたら大したことではないでしょう。

    別に自分の金なら爆買いでも何でもすりゃいいんじゃないの。

  • 別に皇室は友達でもなんでもないから、叩かれようともどーもおもわないけど…。無理くり、小室問題まで書かれてないのに持ちだす、日本のこの記事が気持ち悪い。

    • 完全にボロクソ記事に洗脳されてしまいましたね、
      ボロクソ記事の鵜呑みより自分んで考える力をつけないとね。

      • 論壇どうこう以前に、借金踏み倒し紛争、暴力団を駆使し遺産問題を有利に進める、親族の連続不審死、遺族年金不正受給or贈与税脱税、内定者の分際での皇室特権濫用、お下劣裏ピースパリピなど呆れる程疑惑やいわく付きのニートに娘がたぶらかされて、それを諌めれない両親が皇族だなんだと海外に行って何ができる?恥を晒しに行ってるも同じだろうがよ。

  • 皇族の方がこういう見学をされる時はだいたいお土産をいただかれますよね。
    まあ、宣伝費用といえるのかも。
    別に秋篠宮両殿下に限ったことではないですが、邸宅の改築を予定されているし、かなり気に入ってらっしゃったからいくつか購入されたのかも。
    イス一脚でも庶民には手が出せない高級家具ですわ。

  • 誰がどこで家具を買おうがお前には何の関係もない。下手な直訳を使って意味を捻じ曲げて悪意を持ってフェイクニュースを仕立て上げる気持ち悪いストーカーは、左翼テロリストと同じ論理の愚かしさだ。何故こんな駄文がDiscoverにまで拡散しているのか?
    纏めサイトを中身を確かめずに拡散するのは表現の自由では決してない。
    皇族が何を言われても反論も提訴も出来ない状況で、卑劣なテロ攻撃を行う反日暴力組織は早く摘発しなければならない。

  • 紀子妃の“シビアな物言い”

     秋篠宮家のさる関係者が、こう漏らす。

    「宮内庁内では以前より、秋篠宮邸は仕事量の多いハードな職場として知られており、
    紀子妃殿下の口癖は今でも『人手がこんなに足りない』『使えるお金が少ない』の2つ。
    さらに、年末に陛下の退位日が決まってからは、ひときわナーバスになっておられる。
    宮邸で働く職員に対しても、これまで以上に“シビアな物言い”をなさっているのが目につきます」

     例えば、こんな具合だ。

    「周囲のスタッフに『ねえ、うちで働けて嬉しいでしょう』『ありがたく思わないとね』などと

    直截な表現で圧迫的なフレーズを口にされています。
    そんな時、我々は『雅子妃殿下が皇后となられる日が決まって面白くないのだろう』と囁き合っているのです」(同)
    デイリー新潮より

    • このような古い記事を毎日毎日持ち出してコメントとして書く方!
      お部屋のお掃除でもしたら?
      その辺を散歩してきなさいよ?
      特売品あさりにスーパーマーケットに行きましょう?

      脳みその洗浄になりますよ、
      シミついて離れない紀子妃のことなど気にならなくなりますよ、

      自由な自分を取り戻せますよ。

  • 記事と関係ないが秋篠宮の顔のシミが気になった
    まあ50代の歳相応の肌の劣化としてフツーなんだろうけど、メイクの手抜きで油断したとかではなく、日本でも本来は素顔なのに忖度で加工してくれていたのが、海外は本当に素顔そのままで撮られてしまった?

    • >日本でも本来は素顔なのに忖度で加工してくれていたのが、
      >海外は本当に素顔そのままで撮られてしまった?

      紀子さまがひまわりの花束持っている時の殿下の顔
      海外メディアの写真だとシミの凄さにびっくりしました。

  • ハンセン病始捏造記事 ばかりの 朝日新聞の記事を始め 左翼たち論壇ネットたちの 天皇制廃止運動一貫の記事

    惑わされている愚民達がかわいそう

    • 秋篠宮家の懇意の朝日新聞が何だって?
      記者の転勤先まで川嶋辰彦が追いかけていって情報を流していた朝日新聞がどうしたって?

    • それでお前様は右翼の時代遅れのおっちゃんか?
      拡声器背負って立つ右翼のおっちゃんか?

      朝日新聞記者の家の前でガーガーのおっちゃんか?

      • 朝日新聞社は平成天皇と秋篠宮家の熱烈な支持者なんて
        新聞や週刊誌を読んでいたらすぐに判るよ。

        5月2日の新聞も1面の今上陛下のバッグに秋篠宮がしっかり映り込んでいる写真を使った唯一の新聞社。

        • 朝日新聞は読まないであろう人が週刊誌からの朝日新聞批判を鵜呑みにしてもね。
          他の新聞も読まない人でしょう、自分で読解力の無い人でしょう、

          新聞とは?

          • ここでいう週刊誌というのは朝日新聞社が発行している
            「週刊朝日」と「アエラ」のことだよ。

            ちなみにいじめ問題、愛子さまをたった数日休んだだけで
            「不登校」との大見出しで世間に暴露したのがアエラ。

            雅子さまの妊娠をスクープして流産に追い込んだのが朝日新聞。

            そしてその直後、悲しみにくれる雅子さまを気遣って皇太子殿下が車の窓をカーテンで覆い
            顔を隠したことを、平成天皇夫妻が「皇族が国民から顔を隠すとはけしからん」と
            批判したコメントを載せたのも朝日新聞

            あ、川嶋家が婚約内定の4年も前から交際情報を流していた新聞屋も朝日新聞ね。
            川嶋紀子さんの手記が載ったのも朝日新聞

            最近では紀子さまのご友人が「週刊朝日」で反論を載せていたね。

          • 図書館にいけば主要な新聞は全部そろっているんだよ。
            それから子供の頃からずっと何十年も朝日新聞を取っていたから

            つまらなくなっていたから、数年前に日経に変えた。

            • 週刊誌などあまり読まないほうが良いよ。
              図書館に全~部そろっていますからと読まなきゃならないってもんじゃないですよ。
              散歩でもしたほうが体にも良いし脳みそにも良いですよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください