眞子さま、小室圭と「すでに密会中」の報道 “駆け落ち計画”の極秘準備で、母・佳代さん高笑い

小室圭

運命の南米訪問

文/安倍ミカ

秋篠宮ご夫妻の欧州訪問と入れ替わりに、7月9日より22日まで眞子さまが南米に単独訪問されました。

既に週刊誌などでは、「帰路の7月20日にロサンゼルスでトランジットする際に、小室圭さんと密会されるのでは?」と盛んに報道されていました。

しかし今週の『女性セブン』によれば、なんと往路の段階で既に密会していたとの分析。

「アメリカ・ヒューストンに全日空便で到着されたのは9時30分。そこからペルー・リマへ発たれたのは16時30分です。その間はおよそ7時間ありました。

眞子さまはヒューストン空港に近い高級ホテルで休憩をされてから、ペルーへと向かわれました。そのホテルの一室が、おふたりの“1年ぶりの再開”の現場だったのかもしれません」(宮内庁関係者)

『女性セブン』2019年7月25日号(以下、注記がない限り同出典)

7時間の密会で、ナニをしたのか? 

一つ疑惑があれば、そこから無数の疑惑が生まれます。このままおめでた報道にならなければよいのですが…。

紀子さま

紀子さま「公務はビジネス!“打出の小槌”でヤメラレナイ」 闇営業で“ぼろ儲け”の実態

2019年7月12日

南米でさらに密会を重ねるとの分析も

また、小室圭さんは現在夏休み中でかつ消息不明状態です。ゆえに時間とゆとりがあることから、圭さん自身が南米に赴いて眞子さまと密会するとの分析までも。

「小室さんは5月半ばから3か月間、長い夏休みを過ごしています。2週間にわたる、ペルーやボリビア滞在中、ホテルまで会いに行く時間はたっぷりあるんです」(皇室記者)

同上

実はこれは妙案です。

南米には移住した日系人が多く、眞子さまもペルーの首都リマで日本人移住120周年記念式典に出席する予定です。ゆえに小室圭さんが少し変装すれば「ペルー日系人」として目立つことなく眞子さまと密会することができます。

また、渡航先の国から第三国にフライトする場合、日本政府(および宮内庁)はその情報を手にすることができません。つまり日本政府が管理する渡航記録には日本国からの出入国だけが載るため、「小室圭はアメリカから南米に移動した」という情報を宮内庁は前もって入手し用心することができません(渡航記録のルールについては、本サイト主筆にお願いして外務省関係の方に確認を取ってもらいました)。

よって週刊誌や我々の裏をかいて、既に密会済み、そして南米でも肌を重ね続けるという『女性セブン』の分析は、まさに迫真性があります。

ピロートークでは何が語られるのか?

盲目的に愛する相手と1年ぶりの再会。

思う存分、肌を重ね、女であることに満たされた後に、二人はピロートークで何を語るのか?

なんとそれはアメリカに移住して暮らす「駆け落ち計画」ではないかというのです。皇室ジャーナリストは、加熱するバッシングを考慮すると、もしお二人が結婚するならばアメリカで暮らす以外に選択肢はなく、その準備を続けていると証言。

現実的に考えると、結婚するならば小室さんがニューヨーク州の弁護士資格を取得した上で、アメリカで暮らすしか選択肢はないと思います。この長期休暇の間、現地でその準備を進めているのでしょう」(皇室ジャーナリスト)

もちろん、このような打算を巡らせる首謀は小室圭さんでしょう。皇室特権で甘い汁を吸いつつ、批判は受けたくない――。それにはアメリカで暮らすのが一番と考えているいるようです。

「小室さんは、年間約700万円とされる授業料を免除されるなど、“日本のロイヤルファミリー”として、この上ない厚遇を受けています。

しかし、日本に帰ってくれば、普通の生活が待っている。アメリカにとどまっている方が居心地がいいのかもしれません」(宮内庁関係者)

そして眞子さま自身も「皇族なんてヤダ。一般人になり自由の身のまま甘い汁を吸いたい」と思っているようです。

「ご準備として、アメリカで暮らすことはまずもって第一の選択肢です。結婚されて、皇籍を離脱されても、元内親王であることは変わりません。頻繁に皇室の行事に出席されることになりますが、そのたびに、小室さんとのご結婚を巡るトラブルが思い起こされるなら、将来の悠仁さまへの影響も懸念されます。

今後、小室さんがアメリカで暮らし続けるしかないのと同じように、眞子さまも海外で暮らされた方が、ご自身が臨まれる自由な生活を送れるはずです」(前出・皇室ジャーナリスト)

眞子さまは洗脳状態

こんな異様な状況で結婚しようと思うこと自体が普通ではありません。しかし「真相」が暴かれ続けた小室母子が、今後日本で暮らすことは難しいものがあります。ゆえに小室圭さんは甘い言葉をかけ続け、眞子さまを洗脳状態においているようです。

「小室さんは、結婚についての雑音が聞こえてきても、“世間を敵に回しても眞子さまをお守りする”といった言葉を眞子さまに伝えているそうです。

眞子さまも、そんな小室さんの姿を見て、どのような報道があっても、“小室さんを信じたい”と、同調されているのではないでしょうか」(前出・皇室関係者)

もちろん眞子さまご自身、既に「傷物中古品」ですから、新たなお相手を探すのは困難であることが予想されます。

ゆえに小室圭さんの甘い言葉を聞いて、眞子さまは自ら進んで洗脳されてしまっているのではないでしょうか?

佳代さん高笑い

そして小室圭さんと眞子さまがアメリカで暮らすとなれば、圭さんの母・佳代さんも一緒についてくるとのこと。

小室家を知る関係者が次のように。

「日本で窮屈に暮らす母親を、圭さんがアメリカに招かないわけがありません。佳代さんは、圭さんを溺愛し、圭さんと離れることを何よりも嫌っているのです。

結婚したら圭さんは、眞子さまと佳代さんと3人一緒にアメリカで暮らそうと考えているでしょう」(小室家を知る関係者)

確かに当サイト取材班の聞き込みなどでも、小室母子の強い絆は普通ではないようです。圭さんにとってみれば、眞子さまよりも母親のほうが大切でしょう。そういう異常な母子愛です。

また『女性セブン』の取材に答えた皇室ジャーナリストによれば、アメリカは喜んでこの三人を迎えるだろうとのことです。

建国の歴史が浅く、王室が存在しないアメリカは、ロイヤルファミリーへの憧憬の念が強い。勇み足ですが、小室さんを厚遇しているところからも、それはうかがえます。もし天皇陛下の姪である眞子さまが暮らされるとなれば、アメリカは歓迎するはずです」(前出・皇室ジャーナリスト)

このまま小室母子の計画通りにコトは進んでしまうでしょうか?

紀子さま「マナー違反」は、「お妃教育の失敗」が原因か “能面”笑顔に辟易する国民多数

2019年7月11日

国民の声~アンケート~

小室圭さんが愛しているのは、母・佳代さん?眞子さま?(回答追加・複数選択可能)
  • あなたの回答を追加する
紀子さま

紀子さま「公務はビジネス!“打出の小槌”でヤメラレナイ」 闇営業で“ぼろ儲け”の実態

2019年7月12日


30 件のコメント

  • 小室親子にとって、眞子さまは打ち出の小槌ですからね
    親子で眞子さまを女神様とあがめて大事にしますって。

    小室母「眞子さまは天使のような方」

  • 眞子さま、ペルーで「投げキッス」

    小室氏にトランジットで会って、
    別れ際に投げキッスを交わしたのか、とつい邪推をしてしまった。

    • ヒューストンで既に子種を仕込んでるのだとしたら、余裕のノリノリな投げキッスだったことでしょう。
      婚前前の子種の仕込みでデキ婚狙いなんて、品位ある皇族のすることではないですね。
      デキ婚になっても、祝福する気持ちは全くありません。
      女性宮家だけはやめてください。
      アメリカでも、アフリカでも、姿が見えない場所で、好きに生活してください。

      • 2019年7月11日 3:03 PM  さん
        2019年7月11日 4:52 PM  さん
        おっしゃる通りです。
        海外親善は大事な公務、私的な男女交際を入れるのは論外。
        国民の血税を使い、上流階級以外の国民のほとんどは節約生活です。
        とにかくお相手がよろしくない、一般家庭の親でも賛成できませんね。
        お二人の意見は間違っていないと思う。汚いと思う人の心が汚れている。

      • 不愉快な人ですネェ、汚い言い方でぅねぇ、

        #ーーーー祝福する気持ちは全くありません

        彼らだって貴方に祝福してもらいたくないでしょう。

        • 政治家が段取り無視した私腹を肥やすような税金の使い方したら腹立つやろ?二度とそいつに投票もせんし、罷免されろ、次回は落選しろって思うやろ?税金を原資として活動する物はそういうキチッとした物差しで測られるんや。ほならここにおる方々が段取り無視して妊娠で既成事実を作ろうものなら祝福できへん言うてはるのはごく当たり前の感情やないか?それともやんごとなき皇族に関しては一般庶民でも眉をひそめられる非常識な事をしても無心で祝わなあかんと言わはるんですか?それこそ身分社会を復活させようとする時代に逆行する思想やないか?

        • どこが汚い言い方ですか?

          秋篠宮殿下もおっしゃりました。
          多くの人に祝福されなければ納采の儀は行えないと。
          祝福する、しないは個人の自由でしょ。

          • 2019年7月11日 3:03 PM  さん
            2019年7月11日 4:52 PM  さん

            おっしゃる通りですね。
            海外親善は大事な公務、私的な男女交際を入れるのは論外。
            国民の血税を使い、上流階級以外の国民のほとんどは節約生活です。
            とにかくお相手がよろしくない、一般家庭の親でも賛成できませんね。
            お二人の意見は間違っていないと思う。
            汚いと思う人の心が汚れている。

  • 小室が愛してるのは眞子の背後にあるお金と肩書き。女から男に会いに行くなんて、本当に都合の良い女です。ホテル代も、眞子持ちでしょう。男は本気で愛していれば、どんな手段を取っても自分から会い行くものだと思います。
    小室は借金だらけの学生のくせに、すぐにでも結婚しようとしてる。眞子に真剣ならそんな無責任な事しないですよ。二人して消息をたって欲しい。

    • そうかな?
      金と名よかな?
      金と名誉のために逃げ隠れの人生、
      最愛の母親も日の出を見ない日々、

      もっと複雑な問題があると思う。
      ここでマコを捨てたら、マコは一生独り身、
      責任感がある可能性もありです。

      小室のお下がりを貰おうなどの男性はよっぽど天然君か
      小室以上の名誉欲願望の人格障害ナルシストでしょう。

    • 早く結婚をしたいのなら、まず自身の身辺を綺麗にすることが大事ですね。
      それをする努力もせず、結婚はしたいとは虫が良すぎです。
      楽をして特を得る…この男は本当にクズだと思います。

      • 皇室を手玉に取り!

        あなた様に生き甲斐を与えているでしょう!

        有り難く思いなさいよ。

        小室問題が無かったら
        ここで皇室を貶しストレス解消できないでしょう❓

      • 結婚前には身の回りはきちんと整理しておく。最下層のDQN家庭ならいざ知らず、常識ある一般家庭ではごく当たり前の所作ですね。
        あ、小室家は暴力団と交際し、遺族年金不正受給もしくは贈与税の脱税の疑いが取り沙汰されているDQN家庭でしたね。

  • 眞子さまが平民でも小室圭は愛するのかな?眞子さまが貧民でも佳代は天使のような方と思うのかな?

  • 誰も指摘しないけど、もう一つシナリオがあります。

    「眞子と圭が結婚し、圭が先に死ぬ。すると眞子と佳代が残る。」

    佳代と圭が年の順に死ぬと決まっているわけではない。圭亡きあとの眞子が、姑圧力に耐えられるか、カネを無心してくる佳代をどうやって追い払うのか、佳代の介護をどうするのか。眞子の前に立ちはだかる難題は多いのです。

  • 【 眞子さまはヒューストン空港に近い高級ホテルで休憩をされてから、ペルーへと向かわれました。そのホテルの一室が、おふたりの“1年ぶりの再開”の現場だったのかもしれません」(宮内庁関係者)
    『女性セブン』2019年7月25日号(以下、注記がない限り同出典) 】

    ・上記の件、宮内庁に電話で確認したところ、
    「そのような予定は一切ございません。」
    ・往路も復路も絶対ありませんね?
    「そのようなことはございません。」
    ・宮内庁関係者とありますが、週刊誌のデマですね?
    「はい。」
    との回答がありましたのでお知らせしておきます。

    みみは宮内庁に質問や報告していると言って、読者の方々がそれをまとめてほしいと書き込みしても一向に報告する様子がありません。

    たった、5分で済むことなのにそれをやらない理由を説明してください!

  • 7月11日 7:56 PM
    貴方様の書き方を披露しなさいよ!
    読みたいものです、
    ガッカリさせないでくださいよ、
    期待していますよ。

  • 人は無い物ねだり。紀子さまはアパート暮らしでブルジョアではなかったから皇室という世界は憧れでもあったろうし、紀子さまの幸せが親としても安堵できるものであったろう。しかし、眞子さまは
    貧しさの実態がどんなものか全くわからない。
    おとぎ話の世界で生き、人間関係の難しささえ、せいぜい親子間、小室母の醜態など想像できない。世間は、皇室が理想像であり、人々の夢であるから干渉もするし、皇室を大切に考える人も多い。
     眞子さまは、被害者でもある。親の平素からの教えが劣っていたことが、まず大問題。また、眞子さまも一生、独身を貫く覚悟で圭と別れる覚悟がない限り駆け落ちでもするだろう。
    多くの見解が地獄を見ることになる将来だが、眞子さまは世間知らずだから仕方がない。
    小室母は、残酷なことは何でもできそうなタイプだから、周囲でこれから守るにはお金をせっせと小室家に貢ぐしかない。 秋篠宮が担い、その内、破局に向かう。

  • 天皇家をここまで翻弄して…バチも当たらず栄えられると思っているのだろうか?神をも恐れないこの行為。恐ろしいと思わないのですね。

  • 昨日の昼のワイドショーで眞子丼の事やってだけど、顔も体つきもスッキリして、恋する女の顔になってたから、小室と会う約束でワクワクしてんのかと思ってたら、もう合体済みなんだろうな。この記事を見て納得!!日本に居る頃と違って本当にスッキリした顔してたから。恋する乙女なんだねえ。でも見る目なさすぎ。どうしてもこの結婚は賛成できんよ。あんなヤバい親子に税金使われるんだからさ。

  • 小室圭には、現実をみてから物を言って貰いたい。
    余りにも、己の恥ばかりが目立ちすぎてる。
    いい加減にして欲しい。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください