「幼少期」から品の良い雅子さま、虐待家庭でヨレヨレシャツを着せられる紀子さま

雅子さまの品の良さは「幼少期」から

文/三神由佳 Twitter @yukamikamironda

現在、その優れた知性やユーモア、そして美しさと品格によって各国メディアから絶賛されている雅子さまですが、ネット上では、子供の時から品が良かったとして話題になっているようです。

22395. 匿名 2019/07/02(火) 02:41:47 

雅子皇后。可愛らしい。お洋服もお洒落。

お母様に小さい頃からセンスが培われていると思います。

22410. 匿名 2019/07/02(火) 04:33:50

>>22395

幼少期の頃から既に華がありますね🌸

22412. 匿名 2019/07/02(火) 04:42:42

本当に可愛らしい(⋈◍>◡<◍)。✧♡

こんな子が横を通ったらメロメロになっちゃいそう

22416. 匿名 2019/07/02(火) 05:50:06 

おはようございます✨

22419. 匿名 2019/07/02(火) 06:01:02

おはようございます。

美しすぎるプリンセス👸ですね。

22421. 匿名 2019/07/02(火) 06:11:17

幼少期の雅子さまに品格がプラスされた感じ

本当に麗しい✨

(「雅子さま、品の良さは「幼少期」から」『不思議な色の玉手箱』)

現在、その品格と所作の一つ一つの素晴らしさが非常に高く評価されている雅子さまですが、このような品格は一朝一夕に身に付くものではありません。幼少期からの教育や家庭環境、さらには当人の凄まじい努力や向上心の賜物であることは間違いないでしょう。

このような素晴らしい家庭環境で育った雅子さまだからこそ、愛子さまに対して深い愛情をもって接っし、また、愛子さまも様々な困難に負けることなく健やかに育っていくことが出来たのかもしれません。

雅子さま、「世界の王族美女ランキング10位」にランクイン! 世界が認める美貌と知性

2019年7月3日

一方、紀子さまは……

一方、紀子さまは如何にも庶民的なイメージがつきまといます。

21882. 匿名 2019/07/01(月) 14:45:52

>>21877

生後11か月の紀子さん。

親戚の家で。

ヨレヨレぶかぶかの肌着を着せられて。

オムツだかパンツだかが見えてる。

これも紀子さん紹介の雑誌に載った物。

一般人でもこのような写真を出すのは恥ずかしいのに、良く出そうと思ったよね。

21885. 匿名 2019/07/01(月) 14:50:39 

 >>21882

上にも貼られてるけど、おまるに座ってる写真。

これも紀子さん紹介の雑誌に載った物。

普通、こんなの出さないし、他の皇族の人でこんな写真を出す人は居ないよ。

よくこんなのを皇室に入れたな!美智子とアホのアーヤ!

海外首脳「秋篠宮って誰?」 賓客ほぼゼロの「おままごと国際親善」に大ブーイング!

2019年7月11日


35 件のコメント

  • >一方、紀子さまは……

    またミミヒやマケシンがヒスを起こしそう~
    みみホイホイ、マケシンホイホイに()

  • キコヒさん、えらい貧困家庭でお育ちだったんですね~。
    あか抜けないわけ、わかったような気がする。

  • 川島家の実態解明はょー
    パチンコ屋と一緒に旅行したりホルモン屋経営と朝鮮総連の結び付きを早く解明してください

  • 雅子さまは連合艦隊司令長官の山屋他人海軍大将の曾孫ですから。

    山屋他人海軍大将の娘山屋寿々子さんと
    佐賀藩士の子孫である江頭安太郎海軍中将の息子江頭豊(雅子さまの祖父)の結婚式の媒酌人は
    同じ佐賀藩出身で、侍従長でもあった百武三郎海軍大将ですからね。

    本当にご立派なお家です。

    • 裏口入学ご一家

      ★ハーバード大学
      雅子さま
      1981年9月 ハーバード大学入学

      お父さま
      在アメリカ合衆国日本国大使館公使(ハーバード大学客員教授1979-1981)

      ※米国の大学は教職員子弟枠が充実しており、教授の子はほぼ間違いなく入学できる。

      ★東京大学
      雅子さま
      1986年4月 東京大学法学部学士入学

      お父さま
      外務省勤務(東京大学法学部非常勤講師1963-1988…在外勤務期間を除く)

      ※高卒の一般入試と異なり、学士入試にはバロメーターがなく、面接等による教授の一存である。

      ★外務省
      雅子さま
      1986年10月 外交官試験合格

      お父さま
      外務省勤務・条約局長(1984-1986)外務省6千人職員の中のランク・トップ10である。

      ※かつて1999年までは、外務省はキャリア外交官の採用に当たって独自の試験を行っていた。
      すなわち、堂々と縁故採用が中心を成していた。古くからの特権の名残りで貴族・公族が多い。
      新世紀を迎え、2000年からはほかの中央官庁と同様に、国家公務員総合職試験の合格者から選抜している。

      ★英国・フランス滞在
      雅子さま
      1988年9月 在英国日本大使館付き・パリOECD担当(オックスフォード大学留学しつつパリ在住)

      お父さま
      1988年 OECD特命全権大使(パリOECD大使公邸在住)
      1991年 雅子さまと皇太子との縁談が進み、外務省トップの事務次官に2ステップ昇進。

      ★結婚・皇太子妃
      雅子さま
      1993年6月 皇太子徳仁親王と結婚の儀

      お父さま 
      1994年 外務省を退官し、国連特命全権大使に就任。

      妹・礼子さん
      1994年 国際公務員として国連官僚に就職。

      あんれ、まあ、、

    • 本当にご立派です。
      ご曾祖父の山家他人海軍大将は、大正天皇が皇太子時代、御用掛や軍務のご進講も務め、葬列への参加しています。また山屋夫妻のご親戚には、大正初頭に宮内省侍医を務めた医学博士もいらっしゃいます。さらに、世界各国から非常に多くの勲章を授与された方。スペイン、オランダ、オーストリア、ポルトガル、中国、英国(バース勲章)、フランス、米国、イタリア等々。
      昭和天皇の大礼(即位の礼)の際も、「大禮に参列の海軍将星」と題された記念写真では最前列に、明治・大正以来の歴代大将として並んでいます(写真が残っています)。昭和天皇の結婚の儀への列席も。

      こうした事実を伏せざるを得ないのは、どこかの「差別だ」との主張のため。日本の血に誇りを持てる皇后陛下であるのに。

      • そうっすか~?

        紀子さまの華麗なる学者一族の出自。

        ★父方の川嶋家
        父君の川嶋辰彦氏は東大経済学部、ペンシルベニア大学院卒業の経済学博士。
        祖父の川嶋孝彦氏は東大法学部卒、内務省官僚で内閣統計局長のエリート官僚。
        祖母の川嶋紀子(いと子と読む)は大阪市長・池上四郎氏(会津藩士)の娘。
        曽祖父の川嶋庄一郎氏は現在の筑波大学卒、学習院大学教授、学習院初等科長(校長)。
        曾祖母の川嶋志ま氏は和歌山市府中に川嶋山と呼ばれるほどの大地主の娘。
        曽祖父の池上四郎氏は会津藩士出身で、大阪市長(大阪建設の祖父との異名)。

        ★母方の杉本家
        母君の杉本和代氏は静岡英和女学院中高卒、昭和女子大短期大学卒。
        祖父の杉本嘉助氏は現在の横浜国立大学卒、南満州鉄道総局副参事、整体治療院経営(脊椎矯正器具の特許取得)。
        祖母の杉本栄子氏は静岡精華女学校卒(バスケットボール選手)。
        曽祖父の杉本吉太郎氏は家具製造業経営(従業員20人)。
        曽祖父の服部俊太郎氏は満鉄公主嶺機関庫助役(平野平左衛門の二男)。
        高祖父の平野平左衛門氏は日本人初の鉄道機関士。(日本の鉄道百科事典に必ず掲載される人物)

        ほか、裁判所判事、検事、レリアン取締役、大学教授5人など錚々たるエリート一家。

        東大入学は努力ではなく遺伝だと、かの大手予備校の創設者が放った言葉だ。

        みなさん?
        御自分の御先祖とよ~く、比べてみましょうね。

        • 辰彦の父方は庄屋の家に貧農から養子に入ったもともとは得体のしれない血筋だよ。何がご立派なんだか。和代の昭和女子短大とかレベル低いじゃん。東大入学が遺伝子ならなんで舟は東京農大だったの?

        • いくら家系がそうだとしても、オマルに股がってる写真を公開してるはどうかと思う。
          妃殿下の幼少の頃の写真ならなおさら公開しない方が良いのに。

        • 何でハーバードがないの?
          東大、横浜国大、いつの時代?
          ロンダリングは大得意。
          詮索好きな人の餌食にならなきゃいいけど。
          過去帳抹殺しただけでは足りないよ。

  • 紀子さん、結婚の頃から苦手だったけど、こういう記事はとても下品に感じる。
    こんな可愛い赤ちゃんの写真を出して、洋服がヨレヨレだのなんだの、気持ちの良いものじゃない。誰も赤ちゃんだったし、オムツもしてたし(笑)雅子様の写真はお姉さんになって、きちんとしたお洋服を着ているじゃないですか。そんなの比べてあーだこーだ言ってるのはバカげてる。ストレスの発散でしているようですよね。

    • 本当にそうですね。
      私も全く同意見です。
      貴方のコメント見たとき、私 書いたっけ?と思ってしまいました。
      紀子さんは結婚当初から好ましくありませんでした。偽善的でぶりっこ丸出しで。でも可愛い赤ちゃんの写真までこき下ろしているのは下品だし気分のよいものではありませんね。

    • 紀子さまって昭和40年代の生まれなのに
      戦後間もないころの貧乏な時代のような恰好。
      カメラに写すのに、綺麗なベビー服を持ってなかったのですね。

      いやあ、本当に貧しいお生まれだったんですね。

      • 川嶋辰彦さん、和代さん夫妻は学生結婚をされたご夫婦だったからね。

        紀子さまが誕生された1966年は辰彦さんはまだ現役の東大大学院の学生だった。

        新婚当時の家計のやりくりは不明だが、かぐや姫の神田川がヒットする(1973年)より前の時代だ。
        狭いアパートに住み、風呂屋に通う若い夫婦が当たり前の時代だろ、1960年代なんて。

        御夫妻は紀子さまが6歳になるまでペンシルベニア大学院で学生結婚を継続された。
        辰彦さんの父親が霞が関の内務官僚をされていたし、和代さんの父親は特許を持つ整体院を経営していたので、
        両家からの援助でなんとか生活していたのであろう。

        日本帰国後は学習院大学の助教授として立派な生業をされていたので、なんら問題はない。

        言っとくが、小和田恒さんだって、官僚の給料なんて若いときは安いんだぞ。
        母親の優美子さんがチッソ江頭家の令嬢だったから、実家からの援助は大きかったろうが。

        • まぁそうだけど、少なくともオマルの写真だけでも公開しない方がよかった。
          私は昔から天皇陛下や皇族の写真を沢山見てきましたが、皇族のしかも妃殿下のオマル姿の写真はおそらくこれが初めてだと思う。
          公開する方もそうだけど提供する方もどうかしてる。

        • まぁそうだけど、少なくともオマルの写真だけでも公開しない方がよかった。
          芸人やタレントの幼少写真では無いのだから。

        • でき婚で焦って結婚したのは知ってます。
          親子揃って結婚前に妊娠なんですね。生むか生まないかの違いってなんでしょうね。
          ひょっとすると孫も間もなく(以下略)。
          三代続けてなら遺伝の可能性もあるのかな。

    • 紀子さんは目が小さい地味なお顔だから
      おめめがパッチリで可愛い写真を探したら
      赤ちゃんの時代のこれしかなかったんでしょう。

      我が家にもおまるに座った赤ん坊の写真残っています
      が、いくら可愛く写っていてもこれは公開しませんよ。

    • 普段の行いがよければこんなにも言われないのにね~

      KKの七五三の写真と”顔つき”がなんか似てるような気が、、気のせいかな?

  • 紀子さんの写真は驚きました。。。幾ら何でもおまるの写真は本人も恥ずかしいと思いますが。
    本人はご存知だったのか。誰がどうしてこんな写真を公開されたのでしょうか。

  • この原稿を書いたのが、女性とは驚いた。小和田家の回し者かと思う。
    経済援助のある無いで、その時の生活も変わるし、あら探しもほどほどにして欲しい。
    雅子さまが、皇后になった途端に、公務に片っ端から出てきて、国民はバカでないですょ。
    ゆっくり寝ている間に頑張っていたのは、他ならぬ紀子さまです。

    なのに、手のひらを返したように、秋篠宮家、特に紀子さま叩きはひどい。
    これもコネの力か?

    雅子さまが公務をサボっていても、病気の一言で、腫れ物にさわるようにして、バッシングも箝口令引かれていたのが、頑張っていた紀子さまに乗り換えたマスゴミも首をかしげる。

    宮内庁も、雅子さまの適応障害はどこにいったのですか?
    今まで体力を温存していたのでしょうね。
    何とも下品なライターだと思う。

    • >バッシングも箝口令引かれていたのが、

      えええええ、マスコミ物凄い叩きっぷりでしたよ?

      >ゆっくり寝ている間に頑張っていたのは、他ならぬ紀子さまです。

      宮妃たちの持ち回りの赤十字の地方公務を
      雅子さまの代わりに紀子様がお勤めした、なんて書く朝日新聞に騙された方ですかあw

      療養中の雅子さまの代わりに頑張られたのは「皇太子殿下」です。
      宮妃は皇太子妃の代わりなんかできません。

      それから、雅子さまのご病気は良くなってきていて、ご公務もずっとされていたのですよ。
      しかし、美智子さまがトップだったときは、美智子さまに、お茶会や園遊会の出席を止められたら
      雅子さまはどうしようもなかっただけです。

      美智子さまが引退された今、雅子さまはやっと本領発揮できるようになったのですよ。

      >経済援助のある無いで、その時の生活も変わるし、あら探しもほどほどにして欲しい。

      そうはおもいませんよ。
      きちんと資産のある上流階級出身で、立派な教育を受けた方が皇室に入るべきですよ。

      でないと久子さまのように立派な縁組を、娘に紹介できませんから。

      紀子さまが上流階級出身なら、小室のような男は寄せ付けず
      守屋さんのような男性を眞子さまに紹介できたのにね。

  • 川嶋家は豊かではない。だから小室家も大丈夫だと勘違いしたと思う。一般人の皇室入りは、上流階級の方でないと違和感が何年経っても消えない。「お育ち」は人の基本をつくってしまうのね。ちょっと悲しいけど。

  • 何故そんな嫌味な記事を書く?
    私から見たら「だからどーしたの?」って内容。
    それよりこの記事を書いた記者の神経を疑う。

    • びろんさんへ

      すぐ上の徳さんが書かれていることに似ていますが
      秋篠宮家がなぜ小室家との縁組を決めたのか、ずっと不思議でした。

      この写真から判る川嶋家の貧しさ、
      おまるの写真を平気で公開する「お育ち」の悪さのせいで
      秋篠宮一家が小室家に違和感を感じなかったのだと判る記事だと思いますよ。

  • 帯状疱疹や、適応障害は長年患うことは無いと聞きました

    だから過去にその病気になったかも知れないけれど
    とっくにすっかり完治していたのでは?と今となっては思います

    ご病気で公務欠席や途中退席などは美智子さんが命令していたのでは無いのかと思わすにいられないほどの

    雅子皇后の復活です

    徳仁天皇の雅子さんを全力で守ります宣言の実行
    小和田雅子さんをロックオンした理由

    素晴らしい新しい天皇だと思います
    昭和天皇の隔世遺伝かな

    • まあやさん

      >だから過去にその病気になったかも知れないけれど
      >とっくにすっかり完治していたのでは?と今となっては思います

      今月発売の文藝春秋を読みましたが
      雅子さまの適応障害はまだ完治してないそうです。
      (ご病気の初期治療が遅れたのが原因だと言われています。)

      だから、今後お休みされることがあるとしても
      雅子さまのペースでご公務をされたらいいと
      国民は理解し見守っていくべきでしょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください