海外首脳「秋篠宮って誰?」 賓客ほぼゼロの「おままごと国際親善」に大ブーイング!

問題後回しで海外旅行の秋篠宮家

結婚問題に揺れ、世論の風当たりが増すばかりの秋篠宮家。8月のブータンへの私的旅行に関しても「解決の糸口も見せられないのに海外旅行かよ」と冷ややかな声ばかり聞こえてきます。

そんな、すぐに海外に飛び出してしまう秋篠宮家ですが、今回宮内庁HPから平成26年〜平成30年までの秋篠宮家の国際親善の数を集計してみました。

そこから見えてきたものとは…。

海外紙が「紀子さまは“恥ずかしい女”」「家具選び外交」と嘲笑 まさに「日本の恥」

2019年7月12日

海外からの賓客がほぼゼロ

さて、秋篠宮家が「国際親善」という名の海外旅行に度々出かけられることはご周知の通り。

しかし、逆に海外から秋篠宮家を訪ねてくる賓客は明らかに少ないのです。

●平成26年2月11日

カンボジア王女ノロドム・アルンラスミー殿下,同夫君及び王女ノロドム・レアッスマイポニター殿下とお会い(宮邸)

● 平成26年2月26日

カンボジア王子ノロドム・シリヴット殿下とお会い(宮邸)

●平成26年3月17日

ベトナム主席閣下及び同令夫人宮中晩餐(宮殿)

●平成26年9月10日

ベルギー王女マリア=ローラ殿下とお会い(宮邸)

宮内庁HPより

平成26年に海外要人が秋篠宮邸を訪問した回数は計4回でした。

ちなみに当時の東宮家の結果を見てみましょう。

●平成26年2月24日

ご接見(サウジアラビア皇太子殿下)(東宮御所)

●同日

ご接見(国際連合児童基金(UNICEF))事務局長(東宮御所)

●平成26年4月8日

ご接見(ヨルダン王弟殿下)(東宮御所)

●平成26年4月9日

ご接見(経済協力開発機構(OECD)事務総長)(東宮御所)

●平成26年4月14日

ご接見(コソボ首相)(東宮御所)

●平成26年5月26日

ご接見(ブルガリア副大統領)(東宮御所)

●平成26年5月28日

ご接見(マンスフィールド研究員)(東宮御所)

●平成26年6月3日

ご接見(スペイン・ガリシア州知事)(東宮御所)

●平成26年6月30日

ご接見(マケドニア旧ユーゴスラビア共和国首相)(東宮御所)

●平成26年7月1日

ご接見(ブータン首相夫妻)(東宮御所)

●平成26年7月3日

ご接見(ウガンダ、アイスランド、イスラエル、ナミビア)(東宮御所)

●平成26年9月17日

ご接見(ドイツ前大統領)

●同日

ご接見(ベルギー王女マリア=ローラ殿下)(東宮御所)

●平成26年10月1日

ご接見(オマーン遺産・文化大臣)(東宮御所)

●平成26年10月9日

ご接見(ルクセンブルク皇太子同妃両殿下)(東宮御所)

宮内庁HPより

結果は計15回

以下同様の集計方法で

●平成27年 ・天皇家(当時東宮) 計12回  ・秋篠宮家 計1回

●平成28年 ・天皇家(当時東宮) 計8回   ・秋篠宮家 計1回

●平成29年 ・天皇家(当時東宮) 計16回  ・秋篠宮家 計2回

●平成30年 ・天皇家(当時東宮) 計8回   ・秋篠宮家 計2回

…差は歴然です。秋篠宮家は海外の賓客からも「別に会わなくていーか」と軽視されているのです(苦笑)

海外訪問の回数は

さらに両家の平成26年〜30年の海外訪問の回数も集計してみました。

その結果、天皇家は計8回、秋篠宮家は計14回でした。

秋篠宮家、求められていないのに海外に行きすぎではないでしょうか…。それなんか意味ある?と言いたくなります。

国際親善にかこつけてただ旅行しているだけ、という指摘は間違いではなさそうです。

海外で奇行ばかりなさる紀子さま

そんな秋篠宮家ですが、中でも紀子さまの暴走は目に余ります。

ポーランド大統領の前を横切ろうとしてSPに制止される、仮面夫婦状態を世界中に悟られる、民間機で大遅刻して相手国に呆然とされるなどが記憶に新しいところでしょうか…。たった一回の訪問でどれだけやらかすというのか。海外からの賓客が毎年ほぼゼロなのも、そういった奇行が認知されているからなのでは…?

しかも、過去には、関税法違反の疑いで大騒ぎを起こしたこともありました。

【秋篠宮家の特権濫用ぶりは今に始まったことではないこと】 

あの紀子の成田空港密輸事件は、第一に関税法違反だった 

自分の物であれ、正規の輸出手続をとらずに、搭乗さえもしていない、 

他社便であるキャセイ航空の社内便として、香港に向け、密輸を強要した行為で 

皇族特権でも外交官特権でも許容されない、まさに言い逃れのできない違法行為 

事件が発生したのは宮内庁HPの予定ではこのタイミング 

>平成26年6月27日(金) 

文仁親王同妃両殿下 成田国際空港御発 香港御着(中華人民共和国お乗り換え) 

文仁親王同妃両殿下 香港御発< 

しかも密輸行為のせいで、無関係のキャセイ便を90分も待機させ、遅延もさせている 

だから、サンデー毎日に出るとわかった皇太子さまが緊急参内し 

直後から全宮家が広島北部水害を口実に謹慎に入って 

美智子も大好きな軽井沢避暑を断念したが、真の謹慎理由は伏せたままだった 

同程度の水害では全皇族が謹慎した例はなく、いまだに不可解 

秋篠宮家もアフリカ訪問のあと、既に予定にあった外遊グアテマラ及びメキシコ訪問はしたものの 

その後は事実上密輸行為への制裁として長期間海外訪問ができなくなったとみられる 

(次は一年後のブラジル訪問まで海外旅行はなし) 

鍵であろうと何であろうと、本人が同時に携帯する荷物でないかぎり 

別送りする場合は、正規の輸出入手続きが必須ですよ 

それをしないままに、紀子がやらせたことといえば 

自分が宮邸に置き忘れたスペアキーがないと 

到着国で全部のスーツケースが開けられなくなるので壊すしかなくなるので 

キャセイ航空の社内便に偽装させて、税関を航空会社職員に私物みたいに持たさせて 

フリーパスでくぐり抜けさせたので、明白なる密輸行為の教唆、強要になってしまったわけです

ちゃんねる 既婚女性板より

雅子さまに嫉妬しすぎて、常に頭の中が沸騰状態なのでしょうか。まともな判断ができている状態とは到底思えません。

そんな状態で海外にズカズカ押しかけても国益を損なうだけなので、おとなしく国内にいて欲しいものです。

おままごと国際親善の前に娘の問題解決をするべき

とにかく、秋篠宮家は本当に解決しなければならない問題に目を背け続け、現実逃避の海外旅行をすることを即刻お控えになるべきではないでしょうか。

天皇皇后両陛下、とりわけ雅子さまの皇室外交が素晴らしく、世界中が雅子さまにラブコールを送っている今、こんなやらかし放題の秋篠宮家は百害あって一利なし。諸外国にとってもお呼びでないのです。

雅子さまに全く勝ち目などないことが明らかなのですから、紀子さまにはくれぐれも女の醜い嫉妬を軸に動かれることをやめていただき、皇族としてのお振る舞いを今一度お考えになっていただきたい。

例えば、語学力も必要ない国内公務を担い、雅子さまのご負担を軽減するなどの計らいがあってしかるべきです。

でもそれよりも何よりも、眞子さまのご結婚問題についてご夫妻がしっかりと舵を取って解決に向かわせることが最優先ではないでしょうか。残念ながらかなり難しいことは承知ですが…(呆)

海外紙が「紀子さまは“恥ずかしい女”」「家具選び外交」と嘲笑 まさに「日本の恥」

2019年7月12日

国民の声~アンケート~

秋篠宮家の「おままごと親善」はするべき?やめるべき?(回答追加・複数選択可能)
  • あなたの回答を追加する
小室圭

眞子さま、小室圭と「すでに密会中」の報道 “駆け落ち計画”の極秘準備で、母・佳代さん高笑い

2019年7月11日


56 件のコメント

      • dailymailに「bemused wife (恥ずかしい妻・愚かな妻)」と書かれていましたね。

        >彼の恥ずかしい妻はスタイリッシュにコーディネートされたツイードのスカートとジャケットを着て、(夫が椅子に試し座りしている様子を)見てました。
        >彼女は黒いハンドバッグを持ち、それに合わせた黒いパンプスを履き、最低限のジュエリー、古風な真珠のネックレスとイヤリングと指輪を付けていました。

        要はダサい恰好をしている妻ということなんでしょうか。

        海外で笑いものになっているのなら、国内にずっといてください。

  • 皇后陛下が皇太子妃殿下でいらっしゃったご療養中に
    各国の王室などの方々がお見舞いにご訪問なされてます。

    中でもオランダ皇太子ご夫妻と英国王子ヨーク公アンドリュー殿下は
    美智子さまらにはお会いしてないとか。

    上皇ご夫妻が嫉妬のあまり、翌年の皇太子ご一家のオランダ王室のご招待を
    「私的な海外訪問」などと批判するわけですw。

    平成17年4月4日(月)ご夫妻で午餐(ドイツ大統領夫妻) 東宮御所
    平成17年4月7日(木)ご夫妻で晩餐(スウェーデン皇太子殿下)(東宮御所)
    平成17年4月12日(火)ご夫妻でご接見(ノルウェー皇太子殿下)
    平成17年4月18日(月)ご夫妻でご接見(デンマーク皇太子同妃両殿下)(東宮御所)
               皇太子同妃両殿下 午餐(オランダ皇太子同妃両殿下)(東宮御所)
    平成17年4月20日(水)ご夫妻でご接見(英国王子ヨーク公アンドリュー殿下)(東宮御所)
    平成17年6月5日(日)ご夫妻で晩餐(スペイン皇太子同妃両殿下)(東宮御所)
    平成17年6月9日(木)ご夫妻でご接見(カタール首長同妃両殿下)
    平成17年6月17日(金)ご夫妻で午餐(ベルギー皇太子殿下)(東宮御所)

    • >上皇ご夫妻が嫉妬のあまり、翌年の皇太子ご一家のオランダ王室のご招待を
      「私的な海外訪問」などと批判するわけです

      大人げないことしますよね。
      こんなことしてた方達が、平成の天皇皇后だったなんて
      恥だと思いました。

      上皇は自分の意見が曲げられたからと当て付けに、安部首相との食事をドタキャンしたそうですね。
      そんな自己中さに、なにが国民に寄り添っていたんだか、腹立たしくなります。

  • 眞子様、投げキッスをあそばされたそう。
    ほんと、まとめてどこかに閉じ込めておいてくれないかなあ。
    放り出してくれるのが一番だけど。

    • 駆け寄って握手とか投げキッスとか、本来なら皇族の立場なのに眞子さま気さくで優しくて可愛い羨ましい!なんて言われていたんでしょうけど、、、残念ですね。。いま、そう思える人っていらっしゃるのでしょうか?
      わたしは小室のせいで、気持ち悪いとしか思えませんでした。

  • 眞子の着物、あれ初めてのもの?
    あの家の着物は全部似ててわからない。
    一応結婚決まってるのに振り袖新しく作るかね。
    日系のお年寄りは「皇族」っていうだけでありがたがってくれるもんね。

    • 初めてか使い回しかは分からないけれど、あの着物は何なんだ?
      着物の下着はああいう色調が多いから、妙な連想ばかりしてしまう。

  • 秋篠宮信者が「投げキッスされたから返しただけ」とか必死に擁護してるけど、いや、それもおかしいだろうって話なんだけどね。
    そのうち偽物認定しそう。

  • あでやかな振り袖の眞子さん、小室のことはあっても
    堂々として、日本のイメージアップに貢献してくれてます。
    ところで、愛子さん あなたできますか?!

  • あの振り袖は「艶やか」じゃないよね。
    あの家の着物はいつもそうだけど。
    ボケーといつも似たようなもん。
    浴衣に兵児帯締めたらよくお似合いだっただろうに。

  • 来ないなら
    行くしかない
    海外親善。

    天皇陛下、雅子さまとは真逆。
    世界から(日本も含め)信頼ない宮家。
    たぶん、品性と教養、社交性に欠けているのが原因。

  • 12:11PM
    品性、教養、社交性、美しさ、すべてに欠けているのが
    まさに天皇一家ですね。
    誰の目にも明らかです。

  • 結婚したら、
    あの着物も嫁入り道具として持っていき、
    いつか生活の足しに売られるんだろうな、
    って思っちゃった

    • 公務で仕立てた衣装は国の所有とか大嘘言ってた人がいたな。
      国の所有物なら持っていかれないはずだよね。
      勿論ヤフオクにも出品できないね。

    • 秋篠宮が可愛い娘にそんな不自由な思いさせるわけない。
      裏から、高年俸の仕事や総裁職を斡旋しますって。

  • 秋篠宮家御用達の朝日新聞が瓢箪公務の上げ記事書いてまーす。
    書いたのは、結婚前から川嶋家に密着してた女記者でーす。

  • 両親が誰かわからない、可愛い顔の方のニセ愛子なら
    海外公務はできるでしようが。
    本物のぼーっとした愛子様には無理だな、こりゃ。

  • え、偽物大好きな頭のおかしい信者さん的には、今コームしてるのは偽物なんじゃないの?
    ドブスだよ。

  • 12:45PM
    ホント、あのガチャ歯で歪み口のひきった偽善的な笑顔
    見ていたら、キムチ悪くなってきます。

  • (1)東宮は秋篠宮は上下関係にあるので、相手の格に合わせて日本側も対応する人を変えるのが当たり前であって、秋篠宮様の面会相手を見て「格が低い」「仕事してない」と評論するのは、筆者は世間知らずの度が過ぎているし、訪問者に対しても失礼。首相は首相と会い、外相は外相と会う。外相が来日して首相に会うときは、何が事情があるし、そのとき外相はかなりかしこまらなければならない。なぜならば上下関係があるから。
    (2)むしろ同時期の東宮については、本来ならば高齢の天皇皇后(当時)ではなく東宮が外遊すべきなのに、雅子が動かないために(1人では)訪問できないと批判の渦だったのに、そうした事実を無視している。
    (3)たとえば以下の東宮の記録から「ご会釈」と探してみなさい。
    http://www.kunaicho.go.jp/page/gonittei/show/2?quarter=201101
    その前後数年も見てみるとよい。驚くほど「ご会釈」が多い。
    今度は同時期の秋篠宮の予定を見なさい。仕事で埋まっているから。
    雅子が全く仕事していない事だけでも批判の対象なのに、東宮自身が仕事をしていないのです。

    • >(2)むしろ同時期の東宮については、本来ならば高齢の天皇皇后(当時)ではなく東宮が外遊すべきなのに、雅子が動かないために(1人では)訪問できないと批判の渦だったのに、そうした事実を無視している。

      出させてもらえなかったことは、ご存じですか?
      また、皇太子と一宮家の公務は違いますよ。
      その真実も無視していますよ。

      • 海外からのご招待を勝手に東宮家以外に回したり、どうしてもそれがかなわないときは雅子さまだけを行かせなかったりね。
        いつまで同じことばかり書き続けているのでしょうね、マケシンみみは。

  • 令和になって天皇皇后両陛下のご活躍、とても輝いていて素敵です。これからもずっと応援いたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください