雅子さまの「文武両道」、その才能は愛子さまにも 抜群の知性と、佳子さまを超えるダンス

学生時代は強肩サード!運動神経も抜群だった雅子さま

文/三神由佳 Twitter @yukamikamironda

天皇の代替わりに伴い、新皇后となられた雅子さま。これまで健康面での不安がささやかれてきましたが、トランプ大統領夫妻との会見、初の地方公務等々様々な重要な公務をこなされて大活躍を見せています。

そんな新皇后の雅子さまに関して、注目されるのが過去の輝かしい経歴の数々です。ハーバード大学を卒業し、外交官の仕事もこなされ、まさにキャリアウーマンの象徴とでもいうべき存在です。

また、実は運動能力も非常に秀でており、学生時代にはソフトボール部で中心選手だったとか。

雅子さまは、中学生時代にはソフトボールに情熱を捧げられていた。

「中学校のソフトボール部では、雅子さまのポジションはサード、かつ重要な打順を任されていて、実力でチームを引っ張っておられました。ずば抜けて運動神経がよいお方だったことを覚えています。」

(「新皇后雅子さま、強肩のサード、夜は『プロ野球ニュース』部活に捧げた中学時代秘話」『週刊女性』2019年5月21・28日号)

小室圭さん父の「首つり現場」を訪れる 本当に「自殺」だったのか? なぜ暗闇の中で発見できたのか?

2019年6月15日

中学校時代には新たにソフトボール部の立ち上げも

中学校にソフトボール部がなかったため、雅子さまは高校の同好会の練習に参加していたそうですが、中学校でもソフトボール部を立ち上げたいと考え、友人たちと共に学校にかけあって新たに部活を創設しました。

もともとは、高校のソフトボール同好会の練習に交ぜてもらっていましたが、中学でも部を作りたいということになり、学校側にかけ合って発足しました。

同上

もともと運動神経抜群な上に、毎日欠かさず自主練を行い大変真面目に努力していたそうです。

才色兼備の新皇后として名高い雅子さまですが、運動神経も抜群な上に、大変真面目で誠実で、当時から周囲の友人やクラスメイトにも大変尊敬されていたようです。

3年生の時には、区大会で優勝。自分たちで一から立ち上げた部活を大会優勝まで導くには、もともとの運動能力もさることながら、それに加えて大変な努力や苦労が必要であったことでしょう。

留学時には、クラスメイトがお別れのオリジナルソングを作曲

勉強もスポーツも大変優秀だった雅子さまは、高校でもクラスメイトからも大変尊敬されていました。

1年生の時に、お父さまの転勤によってアメリカに転校することになるのですが、なんと合唱コンクールで、クラスメイト皆が雅子さまを送り出すためのオリジナルソングを作って披露してくれたのだとか。

「アメリカへ旅立たれる直前、学校内で合唱コンクールが開かれました。

 課題曲のほかに自由曲の枠があったため、雅子さまのために『TO FLY』というオリジナル曲をクラスメートで作詞作曲したのです。

 語学堪能で、とても優秀だったことから“世界に飛び立って活躍してほしい”という思いを込めた曲でしたが、みんなから慕われていたのも曲を作った理由だったと思いますね」

同上

いつまでも昔の友人を大切になさる雅子さま

雅子さまは、皇族になられてからも、2年に1回のペースで昔の同級生と同窓会を開催しているそうです。

昔の友人と再会することで、リラックスされるような場を作りたいという気持ちで2年に1回ほど開いています。

 そういったプライベートの場では、自分のお話をするというよりも、ほかの方のお話を聞かれています。いつも朗らかな雰囲気で、笑顔でいらっしゃることが多いです。

同上

“世界に飛び立って活躍してほしい”という思いを込めて雅子さまへの応援ソングを作った同級生の皆さんですが、現在世界各国から称賛される雅子さまの姿を大変誇らしい気持ちを持って眺めていることでしょう。

また、皇族となられてからも昔の友人を大切にし続けるエピソードから、雅子さまの国民から親しまれ大変に尊敬される、その人格の素晴らしさの一端を垣間見ることが出来るように思います。

アンケート

愛子さまの魅力は?(回答追加・複数選択可能)
  • あなたの回答を追加する

小室圭さん父の「首つり現場」を訪れる 本当に「自殺」だったのか? なぜ暗闇の中で発見できたのか?

2019年6月15日


53 件のコメント

  • 「妃殿下は聡明で機転の利く方ですから、お料理が大変上手でいらっしゃいます。生き物や子供が大好きで、魚をさばきながらでもウロコをコンタクトレンズにたとえて子供をあやしたり、葉っぱの上に見つけたカタツムリを子供と一緒に観察したり、ごく自然に子供の心をつかむことがおできになります」(土川純代さん)
    (『サンデー毎日緊急増刊号 新宮ご誕生。』)

    才色兼備なだけでなく、お料理も子育てもお上手な方なのですね。

    • 聡明な女性はお料理も難なくこなすものなのですね。
      お母様の優美子さんもきっとそうなのでしょう。

      • 完璧ですよね、母親としても。
        いじめっ子が川〇家関係者だったので、小学時代は退学にならずに、居座っていたので
        雅子さまは愛子さまをお守りするために一緒に登校され、校外活動にも付き添われた。
        朝日新聞社などのマスコミに猛烈のバッシングされたけど
        愛子さまを一貫して守り、そしてその姿を国民に示された。

        日本全国でいじめに苦しむ親子に、どれだけの勇気を与えたことでしょうか。

        • 学習院幼稚園、初等科なんて関係者の子弟で埋められてるんだから、
          教授をされてた川嶋氏と近い関係であるのは自然の摂理だろうよ。

          無理矢理つなげて卑下するのは卑怯者のすることだ。

          そもそも愛子さまが川嶋氏と一番近い御関係だろアホがよ。

  • 第6回日韓フォーラム
    1998年10月25日-28日
    1993年に行われた細川総理と金泳三大統領との日韓首脳会談に基づき設置された民間レベルの政策協議のためのフォーラムで、当センターが日本側事務局を務める。日米間の民間レベルの会議である「下田会議」をモデルとし、「未来志向」の新しい日韓関係の在り方を検討するために、両国のオピニオン・リーダーの参加を得て1993年以来毎年開催されている。
    [日本]
    小和田恒 日本側議長、外務省顧問、元外務事務次官
    浅海保 読売新聞社調査研究本部主任研究員、『This is 読売』副編集長
    近江巳記夫 衆議院議員(新党平和)
    岡田克也 衆議院議員(民主党)
    小此木政夫 慶應義塾大学法学部教授
    加藤紘一 衆議院議員(自由民主党)
    仮野忠男 毎日新聞社論説委員
    楠川徹 (株)富士総合研究所理事長
    佐藤ギン子 証券取引等監視委員会委員長
    鈴置高史 日本経済新聞社専任記者
    高島肇久 日本放送協会(NHK)放送総局特別主幹
    千野境子 産経新聞社編集委員兼論説委員
    西原正 防衛大学校社会科学教室教授
    深川由起子 青山学院大学経済学部助教授
    藤井宏昭 国際交流基金理事長
    藤村正哉 三菱マテリアル株式会社取締役会長、(社)日韓経済協会会長
    松田岩夫 参議院議員(無所属)
    山本正 (財)日本国際交流センター理事長、日韓フォーラム日本側運営委員会代表幹事
    若宮啓文 朝日新聞社政治部長

  • スポ-ツができて、数学もお得意だったんですよね。アメリカの高校でもお友達が沢山できて、楽しかったのではないでしょうか。私も留学の経験がありますので、想像できます。皇后さまは素晴らしいですね。

    • ソフトボール大会か。

      東京都には62市区町村がある。

      世田谷区で優勝はそれほどでもない。

      女子ソフトは競技人口が少ない。

      とはいえ、同世代と比べてあのガタイならパワーはありそうだな。

  • 佳子様は ダンスをやっては いけないと 叩かれていますよ。皇族は ダンスをやってはいけないのかも 知れません。ですから、愛子様、あなたも 即、ダンスをやめなければなりません。

    • 愛子様あなたもダンス辞めろ!!
      とここで叫んだところでどうなる事でもない、
      あなたにそんな力があるわけでもない、

      あなたの言い分を皇族の方々が重要視するわけでも無い。

    • 愛子さまはまだ17歳ですよ、学生時代はダンスを含め、いろんなことにチャレンジしたら良いと思います。

  • だから、悠仁様の罰則付き報道規制を解決しなきゃならない。プラス夏休みを利用しての海外旅行ってなに?私的だよね❗

    • 罰則付き報道規制などは存在しない。

      皇室報道は宮内記者会が担当している。

      あらゆる官公庁記者会には会内ルールが設けられている。

      そもそも、金儲けの為に皇室を利用しているメディアが異常。

      • 報道規制はあるよ。
        先日の事件後の連休明け、悠仁さまのお姿はまったく報道されなかった。
        姉や愛子さまは未成年の時代から報道あったのに、悠仁さまの報道の少なさは異常。
        運動会も数年に1度しか報道されておらず。

        かけっこで先生に手を引いてもらわないとゴールできない幼稚園時代が放送されたら
        たちまち障害児では?という噂が立ちそうだから報道規制は必須だったんだよ。

        • 2019年6月15日 1:01 AM

          あのような殺人を目的とする事件の後の学校であれば、どんな学校であっても報道規制はする。

          それとこれとを一色単にするのはノータリン。

            • だから、ああいう事件のあとはマスコミも殺到するから、
              登下校時の生徒が何人かカメラには収まるだろうよ。

              だが学校側は箝口令を敷くし、インタビューには答えないよう指導してるはずだ。

              • 他のお子さんは撮影するのに、肝心の親王はちらりとも映さない。
                本当に登校しているのかな。
                アキシンのブログのコメに、欠席よくするとの書き込みがあったけど、IPアドレスを学校に通報すると脅されて以降沈黙した保護者もいるし。

                当日も欠席していたから通報が遅れたという話もあるけど
                それを隠したくて、報道が二転三転したのなら納得。

                • 車で通学してるからな。
                  それにお茶はマスコミの取材に厳しいぞ。
                  本体が女子大、女子高だけにな。

  • アンケートの
    どうして「愛子さまの魅力は?」なのか。本文と関係ない。
    は私が作った。
    他人への好感も足す、上げ底アンケート。やはりこのサイトは嘘だらけだ。

    • 完璧過ぎて、言葉が出ないのでしょう。
      今後はもっと皇后陛下の経歴を活かす公務を無理なく増やしていただきたいです。

      • べつに公務なんて無理になさらなくてもいいのさ。

        令和は令和天皇のやり方でやっていいんだよ、もう。

        それに公務は自分のやりたい事を優先するようでは公平ではない。
        なので、やるからには仕事を選ばずやるものだ。

        • >それに公務は自分のやりたい事を優先するようでは公平ではない。
          >なので、やるからには仕事を選ばずやるものだ。

          お身体はひとつ、なのに殺到するお仕事全てを受けていたら、身体がいくらあっても足りませんし、皇后陛下だけでなく、天皇陛下までもが健康を害してしまいますよ。

          しっかりと優先順位をつけて、重要な依頼からお引き受けするのはとても大事なことですよ。

          • 雅子さまは大変お優しい方で
            以前から障碍者施設にも非公開でよく訪問されているそうですよ。
            カメラを嫌う障碍者を慮ってのことでしょう。

              • 雅子さまの祖父はチッソを流した人ではなく、銀行からやってきた社長さん
                チッソの会社が二度と公害を出さないように設備投資して経営を立て直したり
                患者との交渉に当たった人で、チッソに関しては何の責任もないよ。

            • SNSの時代、非公開は中身は非公開できても行き先は必ずバレる。
              嘘ついて仕事してますコスプレはやめとけって。

              これまでは病気療養中で公務はあまり出られなかったと堂々としてればいい。
              これからが大事なんだよ。

          • だから、謝礼金の根拠と証拠を示して具体的に説明しろよ。
            じゃないと、おまえは事実無根の名誉棄損で違法行為をしていることになる。
            自覚しろ、ボケが

            • 謝礼は髭の殿下関連書籍と週刊誌と森暢平氏の『天皇家の財布』にも書かれているよ。

              あと内廷皇族には金銭のやり取りは宮内庁がチェックするけど
              外廷皇族は宮内庁に金銭を受け取る際に届け出なければノーチェック。

              つまり、坊主まるもうけ、按摩つかみ取り、と同じだね、宮家も。

              • 寬仁さんは謝礼の話をしているがそれは古い話なんだよ。
                寬仁さんと高松宮さんがかかわっていた、競艇、競輪団体から両者が不法金品を受け取っていたから。
                問題となった時期は1970年から92年まで。
                それは国会でも問題視されて是正されている。

                森暢平氏の書籍にはお手元金の使い道や皇室財産について書かれている。
                皇室財政がひっ迫していることを世に知らしめる為に書かれた内容といってもいいものだ。

                長年、雑誌など読んでいると、皇室担当記者などが謝礼などの袖の下について反論することがほとんど。
                なぜなら、そのようなものは無いし、あってもごくわずかなものだと言うことしが出てこない。

                皇室叩きをする人達にとって、かつて高松宮が謝礼で蓄えた話をもって、現在の皇室叩きに利用しているだけ。
                事実無根のネタを書き続けることは違法行為だ。

                • 皇族費以外の所得にはすべて所得税、住民税がかかります。
                  皇族方も所得があればすべて申告をして支払っています。
                  皇族方が脱税行為をするわけがないでしょうよ。

                  • 前に皇族が毛皮を着るわけないといってましたが、美智子の毛皮姿沢山あるよ。
                    ケープだの襟巻きだのショールだの。
                    ~するわけないというのはあなたの憶測。
                    謝礼金の額は証明できません。
                    渡す側も渡される側も良心に基づいていれば問題はありません。
                    普段から疑わしい行為をしていたら、世間はどう見るのでしょう。
                    それは私にはわかりませんが。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください