悠仁さま「皇居コン」でお后探し! 安倍首相らが提言

悠仁さまへの期待

現在の皇室典範によれば男系男子にしか皇位継承権はなく、さらに愛子さま・眞子さま佳子さまは結婚されれば降嫁することになるため、事実上、次世代の皇位は悠仁さまお一人しかいなくなる可能性があります。皇室評論家(?)の八幡和郎氏も次のように現状を嘆いています。

神武天皇による建国から2000年以上も受け継がれている男系男子による継承が続けられるかは、たった一人の少年の肩にかかっているという状況だ。

『週刊新潮』(2019.5.23号)

しかしこれは正確ではありません。より正確に言えば悠仁さまお一人ではなく、「お后」となられる方にも重圧がかかっています。

雅子さまに「御世継ぎを」のプレッシャーがかかったように、悠仁さまのお后にも同様のことが起り得るでしょう。とりわけ、「出産」という営みは女性にしかできないことですから、その重圧は悠仁さまよりもお后となられる方に重くのしかかると予想されます。

皇室の結婚事情

ともあれ現在の皇室典範が改正されない限り、男子男系を紡いでいくためには悠仁さまにガンバってもらうしかないのは事実です。先の八幡氏も次のように。

できれば、悠仁さまが結婚され、子作り子育ても一段落されるまでは即位を避けたほうがよい。悠仁さまが男子を得られるかどうかは、皇室制度にとって特別な意味を持つからなおさらだ。

『週刊新潮』(2019.5.23号)

ゆえに、すぐに結婚して両陛下から帝王学を学ぶべきとの助言。

ならば、帝王学の伝授も結婚も子作りも早めがよい。それを円滑に進めるためには、悠仁さまの帝王教育についての両陛下と秋篠宮家の分担や、宮内庁の態勢整備に万全を期す必要がある。

『週刊新潮』(2019.5.23号)

正論であるものの、よその家のことをとやかく言う「余計なお世話ここに極まれり」ですね(笑)

しかしこれは仕方のない一面もあります。天皇は国民の総意に基づくと憲法に定められていますので。国民が皇室問題にとやかくいうことは当然の権利です。

頼りない皇室

またこのように八幡氏がお節介を焼く理由は、あまりに今の皇室の対応が頼りないからです。

「皇室や宮内庁で間違いない対応をしているから、下々がとやかく言う必要は無い」という世間の常識が間違っていることは、眞子さまと小室圭氏の泥沼婚約劇でも明らかになった。

『週刊新潮』(2019.5.23号)

これに関しては全く同感です。多くの国民も同じ思いではないでしょうか? 小室問題を解決できない宮内庁や秋篠宮家にモヤモヤされている方は多いはずです。

さらに次のようにも。

あの一連の出来事で、見切り発車での暴走を阻止できたのは、週刊誌やネット・メディアの勇気ある諌言の結果である。テレビも新聞もなんの役割も果たせなかった。

道鏡の皇位纂奪を阻止した現代の和気清麻日は、『週刊新潮』など週刊誌やネットのなかにしかいなかった。なにしろ、皇族方が正しい情報を得るための手段さえ、週刊誌やネット頼りというお粗末なありさまだ。

『週刊新潮』(2019.5.23号)

確かにあまりにも小室母子の「品性」が低すぎて、テレビや新聞では取り上げにくいという一面があります。父方の親族3人の自殺や、元暴力団関係者との交際は余りにも衝撃が強すぎてお茶の間に映像として流せないのかもしれません…。

しかし今の皇室に「小泉信三がいれば…」という記事はよく見かけますが、まさか結婚に反対するネット民が和気清麻日に比されようとは驚きです。皇室ウォッチャーは国体を護る国士なのです。

悠仁さまに出会いの場を!

この様に皇室の現状を憂い、八幡氏は悠仁さまに「出会いの場」を多く確保する必要を提言します。

ご成人以前からさまざまななかたちで異性との出会いの場を確保する必要があるが、誰も真剣に取り組んでいるとは思えない。

『正論』(2019.2号)

確かに皇族が女性と出会うことは、一般人のそれよりも困難であることは容易に想像がつきます。しかし「出会いの場」といっても、具体的にどのようなものなのか想像がつきません。

これについて八幡氏は具体的に次のように。

お妃探しについては、いわゆるお見合い的なものに限らず、ホームパーティー文化行事スポーツを通じての交流や旅行など、さまざまな機会に、無理なく女性と知り合うチャンスを広げなければと思う。

『週刊新潮』(2019.5.23号)

ホームパーティーって…。皇居とか赤坂御所で「合コン」をしろとでもいうのでしょうか!? しかしこうなると華族以内このご時世に、皇族のお相手を探すことが如何に困難なのかがよく解ります。言

安倍首相も「出会いの場を」

ところで、安倍晋三内閣総理大臣も、悠仁さまの「出会い」について苦慮されているそうです。

「首相は眞子さまと小室圭さんの問題に関して『早いうちから色んな恋愛を経験していた方がいい。(眞子さまが)可哀そうだ』と言っていた。

悠仁さまの将来についても『多くの女性と接してもらった方がいいのかも』と。内廷費問題をはじめ、首相には秋篠宮家への不信感が根底にあるようです」(前出・首相周辺)

『週刊文春』(2019.4.11号)「安倍政権vs.平成天皇 「令和」暗闘ドキュメント」

確かに悠仁さまにはある程度、恋愛慣れをしておいてもらわないと、小室圭の女性版みたいなのに篭絡されてしまう恐れが…。

そしてこれは悠仁さまのみならず、愛子さまや佳子さまの結婚事情についても言えるでしょう。ともかく眞子さまと小室圭さんのような「事故」が起きないように、万全の対策を取る必要があることは謂うまでもありません。

もはや「皇居コン」は首相案件なのかもしれません。しかし言うは易し、行うは難し。紀子さまみたいな「皇族になりたい!」というミーハーに来られても(笑)

アンケート

悠仁さまの「出会いの場」、何が最もふさわしいと思いますか?(回答追加・複数選択可能)
  • あなたの回答を追加する


62 件のコメント

  • ヒッキーは女子校で女の子に囲まれ、女の子特有の陰湿なイジメにひたすら耐え続ける学生生活となるでしょう
    生涯消えないトラウマとなり、将来はアッーな方向へと御開花あそばされます

    • こんなさ、周囲の醜い大人達が寄ってたかってレールを敷こうとしたり、勝手に相手を制限しようとしたり、
      プレッシャーかけ続けるんだからさ、まともな男でもチンポ立たなくなるよ。
      ようは常陸宮さんみたいになっちまうて~の。
      早く愛子さまの女性天皇容認して悠仁さまを楽にしてあげないとかわいそうだよ。

    • 頭のいい女子は、自分よりも偏差値20も下の男子なんて相手にしません。
      会話が成立しないからね。

      中学受験に失敗して泣き泣き進学してきた男児ばかりで、中には悪さをする男児生徒も多々いるとか。
      変な影響を受けて悪さをしなければいいのですが。

      • 国公立中は試験日統一されてるから公立受験する子はみんな第一志望なんだけど?

        あ、お茶より上の私立上位校がダメだった子の受け皿かなんかと勘違いしちゃってる?
        そういう子達の親って、また高校受験しなくちゃならないお茶中は最初から受験しないから。

    • 男子校へ行って、女の子に飢えていた方が良い!
      今のままだと、僕は女性に興味がない。
      男性に興味があるなんて言うでしょう!

    • まだ子供なのにどうでもいい!
      それよりも姉の眞子なんとかしろ!
      眞子は色ボケで猿以下の脳みそしかない!

    • CIA はこういう女をあてがうから気を付けた方がいいよ:

      雅子妃の学歴は一般のものとは異なり、但し書きが必要

      帰国子女だから古くさい皇室と合わない
      →小1から高1まで日本で教育を受けており、義務教育期間に外国で過ごすという厳密な意味での帰国子女にはあたらず。紀子さまの方が、幼少期に加え義務教育期間にも外国に住んでいた(小5~中1)ので本当の帰国子女。

      1981~1985年6月:ハーバード大学経済学部(17~21歳)
      →小和田父は1979年~1981年、ハーバード客員教授。教員子弟のコネ入学枠あり。また一学部生の卒業論文に普通関わらないような財界人(糠澤和夫・真野輝彦・榊原英資)が卒論作成の手助けをしている。

      1986年4月~1987年3月中退:東大法学部(22~23歳)
      →3年次編入のため、共通一次試験も通常の二次学科試験も受けていない。小和田恒は *東京大学の非常勤講師として25年間にわたり* 国際法、国際機構論を教える。(1963-1988年東大非常勤講師)

      1986年10月:外務公務員I種試験に合格(23歳)、87年4月入省(24歳)。
      →東大は中退。2000年度まで行われていた外務公務員I種試験は、通常の国家公務員I種試験と異なり、強力なコネ枠と言われる。向上心旺盛なキャリア志向の女性が、なぜ父親が重役職にある企業の縁故採用試験を?

      1988~1990年:オックスフォード大学に留学。(24~26歳)
      →外務省からの国費(税金)留学。同期留学者のうち一人だけ、修士号を取れずに帰国。週末ごとに洗濯物を抱えてパリに往復したという情報有り。小和田父は1988年~1990年:OECD(経済協力開発機構・事務局はパリ)日本政府常駐代表。

      雅子妃の高学歴キャリアウーマンとは程遠いお粗末な英会話の能力も指摘されている→マサグリッシュ

      ※本来、皇太子妃としての役割を果たしてくれれば過去の経歴はどうでもいい。当人及び擁護派が、役割を果たせない言い訳として華麗な過去を持ち出すので検証せざるを得ない。

      • 続き
        CIA はこういう女をあてがうから気を付けた方がいいよ 2

        それにしても雅子という女は凄い女です。気に入った相手とは手当たり次第という感じです
        白人か黒人かも噂に出ない人数を合わせれば男性経験は20人は超えていると思います。

        たまたま「雅子妃 男性遍歴」でググると多くの記事が出てきます。皇室を侮辱するようなすざましい記事なのですが、名誉毀損で消されることもなくネットで読むことができます。本当の話かどうかは私にはわかりませんが、このようなことはマスコミで報道されることはないようだ。

        最近では、眞子さまの相手の小室圭氏との話題がありましたが、小室氏にもいろいろと良からぬ噂話があるようで、成り行きが注目されます。皇太子と雅子妃が結婚されたのは1993年であり、インターネットは普及しておらず、情報はマスコミがほとんどコントロールしていた。だから雅子妃の男性遍歴が広まる事はなかったようだ。

        「株式日記」でも雅子妃のことは何度か書きましたが、外務省と創価学会関係に関してであり、男関係のことはまだ知らなかった。ネットでこのような事が書かれても名誉毀損で消されないのは、明らかな事実もあるからであり、越智隆雄現自民党衆議院議員との仲は公然の事実だったようだ。

        記事にもあるように、「その中で年の近い雅子と隆雄は次第に親しくなり、雅子が外務省に入ったころに結婚を視野に入れた真剣な交際を始めました。」という事ですが、しかし、「二人とも帰国後に、越智家の方から、プロポーズしたのですが、小和田家は断っています。」という事です。

        相手としては、今は国会議員をしている福田元総理の孫なのだから相手に不足はないはずだ。つまり小和田家としては最初から皇太子の嫁の座を狙っていたわけだ。そして、「ハーバート→東大→外務省という箔付けが完了した今、一度断られた皇太子妃に名乗りを上げる環境が出来上がっていたからです。」ということで小和田恒の野望はかなった。

        私は当時はテレビで報じる程度のことしか知らなかったが、ネット化社会になって雅子妃や小和田恒の良からぬ噂を「株式日記」で何度か書くようになった。気の毒なのは皇太子であり、20人もの男性遍歴のある雅子にしてみれば皇太子を手玉に取ることは簡単だっただろう。

        記事では、「残っていた候補も、ここが重要なところですが、創価学会が一人ずつスキャンダルを捏造し、辞退に追い込んでいました。」とありますが、スキャンダルの巣窟とも言える雅子が残り、多くの他の候補が創価学会にスキャンダルを捏造されたとありますが、本当なのだろうか。

        皇太子妃ともなれば、マスコミの注目の的となりますが、テレビでは一切このような事が報道されなかったのは、やはり創価学会の影響があるのだろうか。雅子妃は結婚後はひきこもり状態となり公務ができない状況ですが、やはり後ろめたい過去があるからだろうか。皇太子はこの事をどこまで知っているのだろうか。

        皇室に雅子妃が入ったことで、天皇家は亀裂が入って影が差しているような感じですが、皇太子が女を見る目がなかったことが原因なのだろう。「宮内庁は久邇(くに)さんを押していましたが、」とありますが、そのほうがよかったように思える。顔つきからして皇太子と合いそうの思える。

        一番悪いのは小和田恒であり、強引に雅子を皇室に送り込むことに成功した。それができたのも創価学会などのバックがあったからでしょうが、皇太子が天皇に即位した後の日本はどうなるのだろうか。雅子皇后が本性を表してくるかもしれない。

  • あんな家に大事な娘を嫁がせる親はいない。
    同様にあんな親に育てられた男子を選ぶ女性はいない。
    まともな思考の持ち主は絶対皇居コンに参加などしないであろう。

    • 佳子さんのお相手として富士急の社長令息が週刊誌に書かれ、その両親がまったく関係ない、佳子さまと会ったことないときっぱり否定して、息子を即海外転勤させてしまったそうだ。

      その後富士急は何故かいきなり査察を受ける羽目になった。
      なんとか潔白を証明できたけど、えらい災難にあったそうな。

      もし婚活パーティーに呼ばれて、のこのこ行ったあと、交際や結婚の申し込みを断ったりしたら、その女性の両親家族がどんな目にあわされるか・・・紀子さんや小室みたいに貧乏で成り上りたいと思っている人物以外、秋篠宮家に近づきたくないだろうね。

      • そんな嘘記事が出る前からシンガポールに勤務してたろ、堀内君はよ。

        あと、富士急は山梨県から1坪5円とかそういう不当に安い価格で広大な土地(富士急ハイランドを始め、近隣別荘地)を賃借してる歴史があって現在進行形だから、いつ県民の不満が爆発するか判らない。
        全然終わってない問題だ。県を代表する企業と県が癒着してるから水面下でじっとしてるだけだ。
        終わるわけがない。
        堀内家から国会議員を輩出し続ける理由もそれ。国家権力で抑え込んでるうちは県民をごまかせるからな。

        堀内君の母親がその堀内家を代表として自民党の参議院議員してるので、そもそも皇室とは縁遠い立場の人だし、縁遠い立場の家系だよ。
        週刊誌が飛ばし過ぎたネタ。

    • 淫乱ネーちゃんはケイくんの言いなりだからw
      股開けと言われればお股濡らして開くし、
      金ねンだわと言えば、実家から金持ち出すしさ
      どーにもならんよ

  • やはりどこもかしこも責任の押し付けあいで、小室母子の問題一つとっても解決できない?状況。
    雅子様の過去は、凄まじいものだけれど、黒幕は父親の小和田恒以外ありえない訳で、男児が誕生しなかったのは天の采配と思われて仕方ない❗  皇室はこの先どうなってしまうのでしょうや❓!

  • 子供は精神的にも体力的にも男女共に健康でなければ出来ません。家の旦那は心臓と目の手術が5回続いたので二人目を諦めました。今の天皇陛下も尿道の病気があったようですが必ずしも女性側が原因で子供が出来ないのではありません。女の子しか出来なくても授かった命を大切に育てれば良いと思います。

  • そういえば、川嶋紀子雲の絵美術館って、学会関係者が設立して、オーナーと館長も学会関係者なんですよ。
    キコは本気で馬鹿だから、学会関係者を悠仁くんに紹介しそう。おそろしい。

  • 今上陛下のお相手も、美智子上皇后陛下が早くから探しておられました。当時の東宮御所でさりげなく日常的な催ししたり、お茶会やホームコンサートなどで旧皇族・華族だけでなく著名な実業家の令嬢(といっても皇室につながる家系)を家族ぐるみで招いたり。「⚪︎⚪︎ちゃん」と親しく呼んでおられた、お気に入りの令嬢も何人かおられた。徳仁殿下はかなり面食い。

    そこへ突然、ご自分も外交官と見合いしたり(美智子上皇后も若い時外交官と見合いしてほぼ決まっていたとか)外務省に顔が広い高円宮久子妃殿下がスペイン王女歓迎パーティで小和田雅子さんを紹介してしまわれた。周りの令嬢たちと違い、帰国子女でオックスフォード留学を控え熱く外交問題を語る小和田嬢に一目惚れ、さっそく赤いバラを贈って意思表示、その時は雅子嬢もまんざらでもなかった。しかし例の「水俣病問題」で紛糾し、つむじを曲げた雅子嬢はオックスフォードへ。しかし徳仁殿下はずっと・・・・以下略・・・・。

    「高円宮久子妃も余計なことを!小和田嬢の性格では皇后は無理筋。今までのご両親殿下の苦労が。」というのが、多くの一般人の感想でした。しかし高円宮殿下は「小和田雅子さんを紹介できたのが良かった!」と胸を張っておられましたが・・・。

    このように、周りの思惑通りにいかないのが通常。今からいろいろ考えるても無駄なこと。
    皇室の「恋愛結婚神話(上皇夫妻も一種のお見合い、しかも親類縁者まで調べて「女系」でなく男兄弟があることも条件だった。)」ある限り無理な話だと思います。

  • 「首相には秋篠宮家への不信感」『週刊文春』(2019.4.11号)より。
    秋篠宮家への誹謗を来る日も来る日も繰り返し、安倍首相の言葉を嬉々として紹介する。このサイトは安倍政権の広報なんだな。日本会議の手先。

        • 右翼でも底辺はバカなんだよなあ、手におえないほどバカ。
          秋篠宮家がいなくなったら愛子様の女性宮家→女性天皇→女系天皇になるしかないのにな。
          俺はべつにそれでもいいけど。

          底辺連中というのは旧皇族なんちゃらが国民の理解を得て皇族に復帰するとか思っちゃってる、本気のバカども。
          悠仁さま次第で100年以内に日本から天皇制が消滅するわ。左翼の思惑通りに。

        • 右左関係なく、大抵の人たちはそう思っているよ。だって天皇家の手助けはしたくないと蹴飛ばした人だよ。そのくせ皇太子待遇とか理解できない。中身のない無駄なお出掛けばかりして国民からお金を採取し荒稼ぎして、楽して稼ぎたい人の悪いお見本だね。小室が入り込むだけある、隙だらけの一家だよ。

    • Mako様が冷静になり誠実で優しい男性と巡り会い幸せなご結婚をされることを願っています。
      こちらにはコメントしないことにいたします。

  • 眞子は毎日、潮吹いてるんだろう!?
    吹き過ぎて喉がカラッカラッか!?
    早く圭のが飲みた~いってか。
    クソみてーな奴なのに。
    眞子はクソ以下になっちまうぞ。 

    どこかの御曹司(とても上手な人)に頼んで、眞子を何とか説得して竿を入れさせてもらいなさい。
    その時に圭のお面でもかぶってれば良いだろう。

  • もうちょっと真面目な記事書いてください。
    悠仁さまの結婚はまだ先でしょう。
    それより眞子さんの事でしょう。

  • つまらないので姓名判断してみました。

    小室圭の診断結果
    小室圭(男性)の姓名判断診断結果
    天格(祖運)は12画で『凶』
    『意志薄弱 失敗 病弱』

    天格(祖運)とは、祖先から受け継いだ苗字ですので自分の力が及びません。家柄を象徴します。一般的に晩年になるほど影響力を強めるとされています。

    人格(主運)は15画で『大吉』
    『人徳 出世 順調』
    安らぎを人に与える人生
    多くの人に慕われます。目標や希望達成のためコツコツと努力を重ね人生を堅実に歩み、確実に成功をつかんでいくでしょう。
    穏和な性格で人の和を大切にするため、自然と発展していきます。責任感が強く、管理能力にも優れるためどんな仕事でも結果を出せます。経済観念もしっかりしています。家庭運、子供運とも良好です。無理なく冷静に物事に対処するので事業も成功します。人間関係を大切にすることで運はより上昇します。

    人格(主運)とは、人物の内面をあらわし、家庭・仕事・結婚運、中年期の運勢に影響を与えます。具体的には、人格が吉数であれば性格面で良い影響(物事を前向きに考える、積極的に活動できる、自信にあふれる等)が現れ、逆に凶数であれば悪い影響(物事を悪く捉える、自信を喪失しやすい、他人を妬みがち等)が現れます。

    地格(初運)は6画で『大吉』
    『信頼 誠実 努力』
    周囲を幸せに出来る人
    健康面・家庭環境に恵まれ、何不自由のない幼少期を送ります。恋人や友人と深い心の結びつきを得ます。生来の人柄の良さから、頼み事は断れず、苦労を背負い込むことも。
    人によく尽くす大人しい人柄ですが、内には夢や希望をハッキリ持っており、負けず嫌いで根性があり、若いうちから、何らかの分野で頭角を現すようになりそう。

    地格(初運)とは、一字名でもその人の性格をあらわします。幼少期の運勢を表し、その人の成長過程に強い影響を与えるため、「性格」、「才能」、「金運」、「適職」、「性的傾向」に関与します。吉数であれば、他人から良い目で見られ、社交性に富む。逆に凶数であれば、他人から良い印象を受けません。

    外格(助運)は9画で『凶』
    『薄幸 消極的 孤立』
    人生に悲観的な芸術家
    趣味・芸能・芸術・宗教関係など、特殊な分野での交際が広がるのですが、長続きせず、孤独の暗示もあり、人間関係の悩みはつきません。際立った能力も、なかなか認められにくいでしょう。
    些細な事にこだわったりしがちです。いつも緊張状態にさらされ、心が安まることがありません。他人の成功を祝福することも大事です。裁判沙汰・交通事故・精神的苦労が多く見られます。

    外格(助運)とは、家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢。 人生は人間関係によって決まるといっても過言ではありません。他の数が吉数でも外格が凶数であれば人間関係に恵まれず、人生の実りを大きく損ねる可能性があるので注意する必要があります。逆に吉数であればよき友人・よき配偶者・よき上司・よき先輩等に恵まれます。

    総格(総運)は18画で『吉』
    『信頼正 忍耐 成功』
    実行力で初志貫徹する人
    金銭的に困ることなく、悠々自適な生活をするなど晩年運は安泰なのですが、孤独の暗示があります。社会参加を積極的にしましょう。
    非常に強い意志を持っていますが、他人にも厳しすぎます。周囲に気を配れば大成功します。

    総格(総運)とは、人生を歩むにつれて色濃くでてくるといわれ、晩年期に大きく影響を及ぼします。

  • 姓名判断も少しは当たりますね。この人は他の画数が良くても周囲の人に恵まれない運命です。でも自分自身が悪い因果を引き寄せてしまっているのです。自分自身より他人を思いやる気持ちに欠けているのが原因です。人を踏み台にして登った結果落ちる運命の様な気がします。

  • 管理人さんへお願いがあります。

    いじめられたA君やA君の家族に取材をして欲しいです。
    小室家の知っている事を全て話して欲しいです。

    宜しくお願いします!

    • 類は友の呼ぶ
      川嶋家が小室家を呼び寄せた

      貧乏で納采の儀に相応しい場所も借りれず
      NHKの受信料を支払いたくなくてTVを押し入れに隠して
      手袋代金2000円までも宮内庁に請求して
      フェイクパールで皇室に嫁入りさせた川嶋家と

      婚約会見場へのタクシー代金も支払えず、宮内庁にハイヤーを手配してもらった小室家

      まさに類友ですよね。

      • それ等を土台に今はオフタカタトモ悠悠の生活を確保じゃありませんか、
        キコサン、お手振り業で数百マン、ご両親に思う存分貢げます、ご両親ホクホク?
        ケイクンもマコの懐に入り込んで悠悠の留学生活、これもマコのお手振り賃金数百マンがボカボカ流れ込む。
        多くの億万長者もこのように他人を利用して資産家の仲間入りをしたのでは無いですか?
        天皇家も歴史をたどれば奈良京都のゴロツキからの始まりでは?

  • 悠仁君がーー僕ゲイですーーーと宣言する可能性がありますよ。
    どの時は悠仁君の生き方を尊重しなくちゃね、。

  • 安倍が総理をしてる間は愛子様が継承するってことはないんだろうね。
    悠仁様に継承してもらうなら、嫁探しより教育でしょう。
    いつまでも紀子さんに任せてないで然るべき人を教育係としてお任せにならないと。
    将来の天皇になる人が国民の前に出てこないのはどうなのかな。

    • 40歳の高齢出産の子だからねぇ、、
      なにか、実に言いにくいんだけど、高齢出産特有の何かがあるような気がするんだ、、、
      例えば、こう、世間でよく言われるような、ダウン症とか、、何とかとか、、、
      お顔に特徴が出やすいらしいんだけど、その、、、

  • 高齢出産の全てが障害者ではありません。私の周囲では若いママさんの子供よりも障害が少なく感じます。障害者のママさんは酒、タバコが原因が多いです。悠仁様は今のところ大丈夫そうに思います。ストレスが原因で心の病にならない事を願います。

    • アスペルガー スペクトラムの傾向がある可能性が強いのでは、
      昆虫とかに集中的に興味を引くらしい?
      友人を必要としない?

      • 自分の興味のあることしか一方的に喋ることしかできないってやつですか。

        あの入学式の挨拶で、親の立ち位置を指示していましたが
        あ~あれだけの短い挨拶を必死に予行練習何回もやって、
        立ち位置が少しでも違っていたら違和感感じるんだな、と
        やっぱり病的なものを感じましたね。

    • 愛子さんは皇族のオリに入れておくには勿体ない、
      お手振りで一生を終わらせるにはもったいない人材、

  • 「神社」で、「出逢い・縁結びの場」を提供してもよいのではないか。相手は、御家柄、家系なども踏まえ、選ぶ必要がある。小室家のように、「元々は、まともなお家に見える」小室さん本人の、「実」家族3人を、『なぜか』婚籍の母親が「自殺」の体で「殺害??」し、「元??」暴力団関係者という名前で、「現役」暴力団関係者とつながっている??「家系・お家」「お家関係者」との結婚は、なるべく、避ける「必要」「義務」「責務」等がある。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください