【まとめ】百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)の関連記事まとめ

百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)に関連する記事が多くなってきたのでまとめます。各節では基本的に下に行くほど古い記事になっています(例外あり)。

トンデモ史観

【日本国紀】南京事件の誤謬を糺す

2019年1月27日

【日本国紀】同一段落内で既に矛盾が露呈【首相の靖国神社参拝問題】

2018年12月15日

【日本国紀】空襲で札幌が焦土に!⇒実際には死者1名【近現代史も事実錯誤だらけ】

2018年12月14日

【日本国紀】「ヒグチ・ルートでユダヤ人2万脱出説」の荒唐無稽さ【保守珍説大百科】

2018年12月13日

【日本国紀の間違い】日本政府や軍部は民族差別をしなかったのか?

2018年12月11日

【日本国紀】「マッカーサー神社」なる都市伝説を信じてしまう百田尚樹の妙

2018年12月10日

【日本国紀】靖国神社のコラムまで事実誤認【奉納したらしいけど大丈夫?】

2018年12月4日

『日本国紀』戦後昭和における事実錯誤・ミスリード箇所について【言論統制、コミソテルソ、靖国天皇不参拝、「一人の命は地球より重い」】

2018年12月4日

【日本国紀】ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)によって洗脳されているという虚構【トンデモ】

2018年11月11日

【日本国紀】もし日本が鎖国しなければ世界統一していたかも説【俺TUEEE】

2018年11月11日

【日本国紀】フィリピン兵16000人くらい虐殺しちゃったけど独立させてやったし侵略戦争じゃないよ論

2018年11月10日

【日本国紀】戦争を煽った新聞社だけを叩くトンデモ構造

2018年11月10日

【日本国紀】たかだか233人殺しただけだから朝鮮人大虐殺デマ説【トンデモ】

2018年11月10日

【トンデモ】『日本国紀』、日本が「友好国」に戦争を仕掛けてしまう。

2018年11月10日

【トンデモ】『日本国紀』が軍による強制売春を認めてしまう。

2018年11月9日

【トンデモ】『日本国紀』が大東亜戦争の侵略性を認めてしまう。

2018年11月9日

【トンデモ】南京大虐殺は無かった?(百田尚樹『日本国紀』幻冬舎, 2018)

2018年11月9日

読者・識者・信者・政治家による書評や感想、評価など読者・識者・信者・政治家による書評や感想、評価など

【日本国紀】竹田恒泰氏、王朝交替説を「極左でも否定するようなトンデモ説」と罵倒

2019年2月11日

【日本国紀】書評で絶賛していた西尾幹二氏、実はよく読んでいなかったし、本心ではク◯だと思っていると自供

2019年2月2日

【百田尚樹氏も推奨】佐賀新聞社長・中尾清一郎氏が『日本国紀』を絶賛

2019年1月24日

小川榮太郎氏、長々と『日本国紀』の八幡書評を絶賛する

2019年1月20日

【日本国紀】原田実氏(と学会)・長谷川亮一氏(近現代史家)、トンデモ本ですらないコピペ寄せ集めと一喝

2019年1月20日

保守論客・八幡和郎氏、『日本国紀』を「論理破綻」「トンデモ」「滅茶苦茶な反日史観」と酷評【保守なら当たり前】

2019年1月17日

アゴラ社長・池田信夫氏、『日本国紀』の死体蹴りを続ける。「読むのは時間の無駄」「韓国と似ている」

2019年1月17日

アゴラ社長・池田信夫氏、『日本国紀』を痛烈に面罵。「かなりお粗末」「おもしろくなかった」

2019年1月15日

【日本国紀】『本の雑誌』、「コピペ」「コッソリ改版」について版元の責任に言及

2019年1月14日

竹田恒泰氏、ブロックするやつは「アナルの小さい奴」と、百田尚樹氏を暗に揶揄する【日本国紀問題】

2019年1月11日

「週刊文春」が『日本国紀』のコピペ問題を取り上げる。なお版元の見城徹社長は弁護士と緊急協議したことを発表。

2019年1月11日

竹田恒泰氏、『日本国紀』に苦言を呈する。

2019年1月11日

秦郁彦氏、『日本国紀』の意義を評価する。

2019年1月10日

【日本国紀】呉座勇一「批判者に対して匿名だの罵詈雑言だのと難癖をつけるのは筋違い」【当ブログが引用される快挙】

2019年1月10日

【虎ノ門ニュース】櫻井よしこ「日本国憲法は全部コピペなんですよ」⇒百田尚樹「……」【日本国紀】

2019年1月8日

幻冬舎・見城徹社長が『日本国紀』に捧げたポエムの意味と、その価値

2019年1月8日

【失笑】『日本国紀』監修者・久野潤氏、自らの無能さを証明する書評を発表【iRONNA】

2019年1月7日

小林よしのり氏、『日本国紀』と「幻冬舎」を評す。

2019年1月5日

【朗報】『日本国紀』サイン本を持っているだけで「勝ち組」になれることが判明。その価値、「サイン本1冊>非サイン本10冊」とのこと【霊感壺効果】

2019年1月3日

【日本国紀】正月休み、「実家」でのあるある。

2019年1月2日

【順当】小西ひろゆき参議院議員(無所属)、安倍首相の『日本国紀』セレクトを非難。

2018年12月31日

【悲報】吉村洋文氏(大阪市長)も、『日本国紀』を熱烈PR。

2018年12月31日

【悲報】自民党・高木けい氏、安倍首相の『日本国紀』セレクトを称賛【趣味は歴史研究】

2018年12月31日

【日本国紀】安倍首相との「不思議」な結びつき【12/5に密会か】

2018年12月29日

【日本国紀】スゴすぎる大量購入列伝【信者ビジネス】

2018年12月29日

【日本国紀】ありもしない海外要人発言を「創造」してしまう。にもかかわらず、なぜか信者は「その話は現地人なら誰でも知っている」と主張。

2018年12月26日

【百田尚樹×ケント・ギルバート】日本人よ、歴史を取り戻せ(正論, 2019.2号)【これが「日本国紀」の原点だ】

2018年12月25日

【驚愕】松蔭大学教授・澤田利彦氏、『日本国紀』を計36冊購入し配布。加えて英語版を期待する。その正体は!?

2018年12月24日

Hanada(2019.2号)の読者欄に寄せられた『日本国紀』感想の分析

2018年12月23日

山本一郎氏の『日本国紀』書評を読んで——続々報じられるコピペ問題

2018年12月23日

【日本国紀】辻田真佐憲氏の論評に答える【社会の分断を超えていくような検証や批判とは何か】

2018年12月20日

【悲報】呉座勇一氏、『日本国紀』信者のツイートに謝罪【歴史戦決着か】

2018年12月18日

【日本国紀】長谷川豊氏、『日本国紀』を称賛するも、日本国“記”と痛恨のミスで信者確定か? ネットではコッソリ改版をまつ声も。【類は友を呼ぶ】

2018年12月17日

右翼系新聞による『日本国紀』書評

2018年12月16日

【朗報】櫻井よしこ氏、『日本国紀』を「私たちの国がいとおしくなります」と絶賛。

2018年12月13日

【悲報】選ばれし百田信者、「嘘でも信仰する」と豪語するのみならず、実は『日本国紀』を持っていなかった疑惑

2018年12月12日

【悲報】百田信者、第1刷しか持っていないのに擁護してしまう非国民だった。第5刷は買わないと宣言【不敬】

2018年12月12日

『週刊金曜日』の日本国紀特集の無能さを嘆き批判する

2018年12月8日

【論評】菅野完「恥を知れ、恥を」『週刊SPA!』2019.12.4号【日本国紀】

2018年11月27日

【続報】國學院大学、『日本国紀』の「不敬」指定を一旦解除するが、再び「不敬」認定する【反日】

2018年11月26日

【悲報】百田尚樹『日本国紀』、國學院大学から「不敬」認定される【反日】

2018年11月23日

【日本コピペ紀】トンデモ百田信者たちのコピペ擁護論②

2018年11月23日

【日本コピペ紀】トンデモ百田信者たちのコピペ擁護論①

2018年11月23日

【トンデモ】小川榮太郎氏、なんちゃって保守による歴史書を揶揄(笑)

2018年11月23日

【虎ノ門ニュース】『日本国紀』監修者・上島嘉郎氏の「責任回避」の理論【保守側からの批判を恐れる『日本国紀』関係者】

2018年11月22日

【保守分断】保守論客・水間政憲氏、「某通史」を揶揄

2018年11月21日

【朗報】保守論客・八幡和郎氏、『日本国紀』を「戦後史観的」と評価、保守分断化か

2018年11月19日

【トンデモはトンデモを呼ぶ】天界との通信によって『日本国紀』の間違いが見つかる。

2018年11月18日

筋の通った保守による『日本国紀』批判

2018年11月17日

『日本国紀』、「つくる会」元会長・西尾幹二にすら「戦後後遺症を今なお癒せないこの国の知性の歪み」と粉砕される。

2018年11月13日

知の巨人・渡部昇一氏、百田尚樹『日本国紀』の傲慢を一喝。

2018年11月13日

【悲報】竹田恒泰氏、『日本国紀』に鎮魂歌を捧げる【反日リベラル本】

2018年11月12日

【日本国紀】読書感想がもはや宗教【トンデモ】

2018年11月11日

「男系」の勘違い

百田尚樹氏、『日本国紀』の「男系」の記述ミスを公式に認めるが、大したミスではないと開き直り

2019年1月15日

【朗報】『日本国紀』、こっそり「男系」の誤りを認め修正

2018年11月30日

谷田川惣氏、『日本国紀』の「男系」記述箇所を「痛恨のミス」と認める

2018年11月25日

『日本国紀』「男系誤謬説」への誤解を糺す

2018年11月12日

【悲報】『日本国紀』、「男系」の意味すら間違える【ビックリ】

2018年11月12日

編集者・有本香氏問題

  1. 【朗報】Wikipediaコピペ容疑者の有本香氏、Wikipediaは信用できないと一蹴【日本コピペ紀】

    2019年1月1日

    【日本国紀】有本香氏「大手新聞社からの取材依頼も書評もない!」⇒え?毎日や朝日から取材依頼と書評が…。【Hanada, 2019.2】

    2019年1月1日

    【日本国紀】有本香氏にコピペ主導の疑い。本件を問い合わせたところ即ブロック【執筆のプロセスに関する考察】

    2019年1月1日

    【朗報】有本香氏、時事通信社のコピペ問題を非難していた【超特大ブーメラン】

    2018年12月26日

    【日本コピペ紀】有本香氏、池上彰氏のパクリ疑惑を非難していた【ブーメラン職人】

    2018年12月18日

    【日本コピペ紀】ブーメラン職人、有本香氏の発言集。

    2018年12月16日

    【速報】有本香氏、高い著作権意識の持ち主だったことが判明【日本コピペ紀】

    2018年12月15日

    【日本国紀】有本香氏、批判を抑止しようと狂言ツイートしてしまう【ネット上の反応も含めて】

    2018年11月29日

    【11/11】有本香氏とのツイートやりとり【まとめ】

    2018年11月12日

自称「かんしゅうしゃ」谷田川氏問題

保守論客とトンデモ科学者の近似性について——『日本国紀』監修者・谷田川惣氏を例にとって

2019年1月2日

【日本国紀】自称「かんしゅうしゃ」谷田川惣氏、やっぱり「監修者」だった【副読本】

2018年12月30日

【悲報】「かんしゅうしゃ」谷田川惣氏、「副読本」の献本すらしてもらえなかった。にもかかわらず賛美する自虐プレイを披見【仁義なき日本国紀】

2018年12月29日

【日本国紀】かんしゅうしゃ 谷田川惣氏、コピペ定義論争について今頃こっそり再ツイート

2018年12月10日

【谷田川惣vs津原泰水③】まさかの谷田川惣が、津原泰水に勝利宣言!【日本国紀論争番外編】

2018年11月27日

【谷田川惣vs津原泰水②】 谷田川氏、判例一つ示せず転進【日本国紀論争番外編】

2018年11月27日

【谷田川惣vs津原泰水①】断筆をかけて「男に二言はない」【日本国紀論争番外編】

2018年11月26日

【日本国紀】谷田川惣氏、監修していたけど、「監修者」ではないと主張。「かんしゅうしゃ」で決着か

2018年11月24日

【谷田川先生への提案】谷田川惣氏をめぐる監修者問題の論点【日本国紀】

2018年11月24日

当ブログに論破された谷田川惣氏、新たな理論を捏ねて奔走中【日本国紀】

2018年11月24日

谷田川惣氏、「監修に助力したけど監修者じゃない」とトンデモ理論を披見【日本国紀】

2018年11月23日

【悲報】『日本国紀』の監修者・谷田川惣氏、百田が自分に感謝して「監修者」とクレジットしたが、協力だけで実際には監修していない。責任はあるかもしれないが、責任を取れ云々と言ってくる奴は相当レベルが低くてロクでもないクズ。自分は日本人として堂々とカッコよく生きたい、などと主張。

2018年11月16日

【悲報】『日本国紀』監修者、「名義貸し疑惑」について百田尚樹氏の主導性を主張

2018年11月15日

【まとめ】『日本国紀』監修者・谷田川惣氏による「男系」問題に関するトンデモ

2018年11月15日

『日本国紀』「名義貸し疑惑」を、空気も読まず当人に問い合わせた結果【まとめ】

2018年11月15日

【悲報】『日本国紀』の監修者、実は監修していなかったと告白

2018年11月14日

コピペ・パクリ問題(『日本コピペ紀』『日本ウィ紀』)

コピペ箇所・コピペ量まとめ・他社の対応

『日本国紀』における「無断転載」の総覧——その問題点の考察

2019年1月18日

【日本国紀】コピペが発覚した場合の他社の対応【ミスチル、幸福の科学、司馬遼太郎らをめぐる事案を通して】

2018年11月28日

【3%超え】Wikipediaなどからのコピペ量を計算してみた【日本コピペ紀】

2018年11月21日

【日本コピペ紀】Wikipediaやウェブサイトなどとの類似表現報告まとめ【日の丸すら】

2018年11月16日

個別記事

【日本国紀】新事実「編集部がコピペをして、百田尚樹氏が泥をかぶった」の嘘八百

2019年2月4日

朝日新聞「盗用」を認め謝罪。『日本国紀』の幻冬舎、格の違いを見せつける

2019年1月31日

【日本国紀】武田邦彦氏のトンデモ著作権説明に答える【虎ノ門ニュース】

2019年1月25日

【日本国紀】Yahoo!知恵袋の「回答者」に問い合わせた結果、二次創作物からの剽窃が確定

2019年1月24日

【日本国紀】茂木健一郎氏、クオリアな書評を発表し、コピペ問題を擁護する【まもなくブロック解除か?】

2019年1月24日

【日本コピペ紀】「朝鮮人連盟発行の鉄道旅行乗車券禁止に関する覚書」について二重に間違いを侵す

2019年1月22日

【日本国紀】海外要人発言の孫引き捏造がまた発覚【ラーダークリシュナン】

2019年1月19日

【日本国紀】百田尚樹氏は、創作物から「剽窃」した事実を認めている

2019年1月19日

コッソリ改版している『日本国紀』、「国立国会図書館」の所蔵本の刷数は?

2019年1月18日

【日本国紀】またもや海外要人発言の孫引き創作が発覚。「植民地」「解放」なんて言っていないのに、和訳では植民地解放したことに【ゴー・チョクトン氏発言】

2019年1月14日

【日本コピペ紀】Yahoo!知恵袋から無断転載して創作した経緯が判明【ヴァリニャーノ報告】

2019年1月10日

【虎ノ門ニュース】櫻井よしこ「日本国憲法は全部コピペなんですよ」⇒百田尚樹「……」【日本国紀】

2019年1月8日

【日本国紀】百田氏・有本氏RTの「コピペ擁護論」が崩れる。「フロイス日本史」からの歴史的事実以上の転載、および参照元未言及を認める。

2019年1月7日

【日本コピペ紀】Wikipediaをコピペしてカテンディーゲ発言を捏造【百田尚樹】

2019年1月6日

【日本コピペ紀】新たに2ページに渡る大規模「無断転載」が確認【小栗忠順】

2019年1月5日

【日本コピペ紀】南京事件(1927)もWikipediaコピペ。

2019年1月3日

【日本国紀】有本香氏にコピペ主導の疑い。本件を問い合わせたところ即ブロック【執筆のプロセスに関する考察】

2019年1月1日

【悲報】百田尚樹氏、コピペ箇所を修正するも、かえって変な記述に。【漢文能力0】

2018年12月30日

【日本コピペ紀】Yahoo!知恵袋からもコピペ疑惑【ヴァリニャーノ書簡】

2018年12月26日

【大発見】保守本で濫用される「プラモート氏発言」の参照元が、実は存在しなかったことが判明【日本コピペ紀】

2018年12月24日

【日本国紀】NAVERまとめからもコピペ疑惑【バー・モウの言葉】

2018年12月24日

【トンデモ】百田尚樹と余命三年時事日記の「コピペ言い訳」が全く同じ【「事実」の陳腐さについて】

2018年12月24日

【悲報】百田尚樹氏、ツイートでもWikiepdiaコピペ疑惑が報じられる【その疑惑を晴らす】

2018年12月23日

【日本国紀】櫻井よしこ氏、コピペ問題をコッソリ改版問題を百田直樹氏にぶつけ、謝罪するように勧める【言論チャンネル鼎談】

2018年12月21日

【日本国紀】「毎日新聞」が、コピペ問題、事実誤認、コッソリ改版を取り上げる。

2018年12月20日

【日本コピペ紀】「パクリ箇所は歴史的事実ではなく著作権侵害に当たる」と宝島出版編集部が断言!【『「アベ友」トンデモ列伝』】

2018年12月19日

【日本国紀】百田尚樹氏に新たなパクリ疑惑。長谷川豊氏が、自身の講演会と「驚くほどにかなりの部分」が一致すると告白。当ブログが問い合わせたところ即ブロック。

2018年12月17日

【日本コピペ紀】関孝和の記述もWikiepedia酷似【3%の高みを目指す】

2018年12月15日

【日本コピペ紀】Wikipediaのリンクを辿って原稿を制作した疑い【大津浜事件・宝島事件・異国船打払令】

2018年12月15日

【日本コピペ紀】農地改革もWikipediaコピペ

2018年12月9日

【日本コピペ紀】コピペと錯誤は百田の華

2018年12月9日

【日本コピペ紀】「第一次歴史教科書問題」もWikipediaコピペ改変

2018年12月7日

【速報】朝日新聞社を罵倒した『日本国紀』、よりにもよってその朝日から無断転載

2018年12月7日

【日本コピペ紀】Wikipediaの錯誤的記述をそのままコピペ【対華二十一カ条要求】

2018年12月6日

【衝撃】『日本国紀』、講談社学術文庫からの無断転載・改変がほぼ確実。幻冬舎「回答を差し控えさせていただく」と、疑惑を否定せず。

2018年12月5日

【日本コピペ紀】講談社学術文庫から無断転載【またか…】

2018年12月4日

【日本コピペ紀】長岡京もWikipediaコピペ疑惑

2018年12月3日

【日本コピペ紀】プラモート氏発言もコピペ【保守論壇界の著作権・知的財産権への意識の低さを論ず】

2018年12月2日

【日本国紀】幻冬舎が過去に起こしたコピペ騒動【歴史は繰り返す】

2018年12月1日

【日本コピペ紀】紫式部もWikipediaそっくり

2018年11月30日

【日本コピペ紀】鍋島直正もコピペ疑惑

2018年11月29日

【日本国紀】一次資料にあたらずWikipediaからコピペした箇所が報告【ホイセン・ファン・カッテンディーケ】

2018年11月29日

【日本コピペ紀】「歴史的事実」ならば逐語的に一致するのか【仁徳天皇・フロイス日本史の諸訳比較】

2018年11月28日

【日本コピペ紀】過去最大、4ページにわたる無断転載・改変疑惑【ジョン万次郎】

2018年11月27日

【日本コピペ紀】2ページにわたり過去最大規模のコピペ改変の痕跡【及びその反応】

2018年11月26日

谷田川惣氏、百田氏はコピペしていないと謎の主張【日本国紀】

2018年11月26日

【日本コピペ紀】古市公威も(略【1%超え確定。いったいどんだけ…】

2018年11月25日

【日本コピペ紀】豊臣秀吉もコピペ改変【確実に全体の1%以上】

2018年11月25日

【日本コピペ紀】荻原重秀もWikipedia転載疑惑【呆れ】

2018年11月23日

【日本パクリ紀】『日本国紀』コピペ問題に対する「言い訳」の考察【百田尚樹】

2018年11月22日

【日本コピペ紀】徳川家重についてもコピペ編集報告【参考文献はWikipedia】

2018年11月22日

【日本コピペ紀】徳川綱吉もコピペ編集疑惑【コピペ発覚量増大中】

2018年11月22日

【日本コピペ紀】徳川家茂もコピペ【ほんとに1ページだけ?】

2018年11月21日

【論評】百田尚樹氏と有本香氏の発言を受けて——『日本国紀』問題の節目

2018年11月21日

【悲報】百田尚樹氏、『感動したのに、騙された』という方がいるけど、感動したのなら作者は誰であっても関係ないと思う等と発言。

2018年11月20日

【速報】百田尚樹氏、Wikipediaの無断転載を認める。

2018年11月20日

【日本コピペ紀】「信長」「明智光秀」もコピペ疑惑発覚

2018年11月20日

【衝撃】『日本国紀』監修・谷田川惣氏、「ニコニコ大百科」から百田尚樹氏がコピペしていた問題を「筋を通した批判」と評価

2018年11月19日

【悲報】『日本国紀』、「同人用語の基礎知識」「ニコニコ大百科」までも参照・コピペか【日本コピペ紀】

2018年11月19日

【日本コピペ紀】Wikipedia管理者からのコメント【CCライセンス問題】

2018年11月19日

百田尚樹『日本国紀』、Wikipediaのライセンス「CC BY-SA 3.0」侵犯で「著作権フリー」の可能性

2018年11月18日

【日本コピペ紀】岩倉使節団もコピペ【多すぎ疑惑】

2018年11月17日

【日本コピペ紀】沖縄タイムスを引用かと思いきや、実際にはWikipediaコピペが発覚【琉球】

2018年11月17日

【日本コピペ紀】「日の丸」の記述すらWikipedia【国賊】

2018年11月17日

『日本国紀』の参照文献がWikipediaであることの考証:百田尚樹氏と有本香氏の豹変を中心に

2018年11月17日

【悲報】有本香氏、『日本国紀』のパクリ告発を「悪質な誹謗ツイート」と断言【日本コピペ紀】

2018年11月16日

【日本コピペ紀】百田尚樹『日本国紀』に、一頁近い新聞記事からのコピペ編集が発見される【仁徳天皇】。

2018年11月16日

【速報】百田尚樹『日本国紀』、ウェブサイトやWikipedia、新聞記事などからコピペ編集か【日本コピペ紀】

2018年11月16日

こっそり改版問題

【日本国紀】コピペ箇所の表現を大幅修正【仁徳天皇】

2018年12月28日

【日本国紀】勝手に焦土にさせられてた札幌、第6刷にてようやく修正【コッソリ改版】

2018年12月27日

【朗報】『日本国紀』の最大の間違いが、第6刷にて修正【平成最後の年】

2018年12月27日

『日本国紀』に新たなコッソリ改版箇所が見つかる【Wikipedia無断転載箇所:明史】

2018年12月27日

【速報】『日本国紀』に新たな「違反」の疑い【日本図書コード管理センター規約】

2018年12月14日

【日本国紀】つくる会、「豊臣家康」「織田秀吉」問題について「さすがにクビ」と辛辣コメント。【あたりまえ】

2018年12月13日

【朗報】櫻井よしこ氏、『日本国紀』を「私たちの国がいとおしくなります」と絶賛。

2018年12月13日

【トンデモ】百田尚樹氏、「豊臣家康」「織田秀吉」でも問題なしとする信者説をRT(笑)

2018年12月12日

信者の鑑、『日本国紀』に「織田秀吉」とあっても気にしないと宣言【トンデモ】

2018年12月12日

【速報】百田尚樹氏が「コッソリ改版」についてコメント。フロイスとザビエルの取り違えなんて大したミスじゃないと豪語【日本国紀】

2018年12月11日

【失笑】安倍晋三の祖父・岸信介の役職を間違えていたが、第5刷で改竄済【ビジネス保守の軽薄さを象徴】

2018年12月6日

【速報】百田尚樹氏、『日本国紀』のコッソリ改版問題を受け「誠実な対応」を間もなく発表か

2018年12月6日

『日本国紀』、第5刷で慌てて改竄するも資料を熟読しなかったため再修正が必要に。第6刷以降で再び改竄か?【フランシスコ・ザビエル】

2018年12月4日

【悲報】『日本国紀』、第5刷でこっそり改竄するも、かえって重大なミスを犯してしまう

2018年12月3日

『日本国紀』、第5刷で次々と改竄【ゴールデンブック、コミソテルソ】

2018年12月3日

『日本国紀』、無断転載箇所を第5刷にて大幅改竄

2018年12月2日

【日本国紀】「こっそり改版」の問題点

2018年12月1日

【電凸】幻冬舎に『日本国紀』の今後の対応を聞いてみた

2018年12月1日

【朗報】『日本国紀』、こっそり「男系」の誤りを認め修正

2018年11月30日

評論

【百田尚樹】皇統断絶を唱えていた百田尚樹氏が、なぜか皇室のありがたさと、日本の未来を語る滑稽さ【FLASH 2019.1.1/8/15】

2018年12月18日

『日本国紀』の隠しテーマは「皇室批判」——改憲への障害となる皇室のお言葉

2018年12月9日

『日本国紀』の隠しテーマは「憲法九条改正」

2018年12月8日

『日本国紀』「WGIP洗脳世代」なる概念を論ずる:あるいは花田紀凱氏による『日本国紀』への評価を見て

2018年12月3日

【考察】恐らく彼らは何も知らなかった——なぜ『日本国紀』第一章が記紀神話から始まらないのか?

2018年11月18日

幻冬舎への質問状

【日本国紀】幻冬舎への公開質問状【百田尚樹】

2018年11月21日

副読本

【書評】『「日本国紀」の副読本:学校が教えない日本史』の内容紹介と感想、評価、雑感。

2018年12月26日

【速報】「日本国紀」副読本の構成・内容と、その「隠しテーマ」が明らかに【ネタバレ】

2018年12月11日

幻冬舎界隈、押し本、在庫過多、配本談合疑惑

【日本国紀】返本率・消化率からみる地域性【POSタレコミ】

2019年1月30日

幻冬舎・見城徹社長の精神状況を心配する——「在特会」支持者までフォローしRT

2019年1月26日

【日本国紀】見城徹氏、激高して計1000冊の「まとめ買い」を自白【自社購入か?】

2019年1月26日

【日本国紀】組織買いリーク、全体売上の64%【こうやってベストセラーは創られる】

2019年1月25日

【日本国紀】「押しつけ配本」のカラクリがほぼ解明【こうやってベストセラーが創られる】

2019年1月23日

【日本国紀】幻冬舎、有田芳生議員へ謝罪要求。断れば裁判へ【当ブログにも言及】

2019年1月22日

【日本国紀】売れ残りまくっている件【タレコミ続々】

2019年1月22日

【日本国紀】幻冬舎・見城徹社長のトンデモツイートに思うこと

2019年1月20日

『日本国紀』の販売部数の欺瞞を暴く——本当に売れているのか?

2019年1月20日

【悲報】やっぱり『日本国紀』、在庫過剰の「押し本」状態だった【在庫7箱も…専門誌の報告】

2019年1月14日

【悲報】幻冬舎社長・見城徹氏、11月中に『日本国紀』の100万部を狙っていた⇒現在、翌年1月時点で60万部…

2019年1月14日

【日本国紀】幻冬舎側が書店に本を押し付けていると指摘【配本談合】

2019年1月13日

【日本国紀】幻冬舎・見城徹社長、「コピペ」「著作権法無視」のコメントに過敏反応【やましいコトでもあるのか?】

2019年1月13日

「見計らい本」で書店にヘイト本が並ぶ現象が問題に

2019年2月8日

【日教組】『日本国紀』が高校の図書館に配架されない悲劇【言論統制】

2019年1月30日

【百田尚樹×ろだん】カップリング説が浮上【虎ノ門ニュース公認】

2019年1月29日

【日本国紀】「見城徹×ろだん」の炎上商法説が急浮上。ろだん氏はコメントを発表

2019年1月27日

【日本国紀】法務教官「少年院に入る子は勉強していないので洗脳します」⇒有本香「いいね!」【顔バレ、ツイッターでも非難の声】

2019年1月27日

【日本国紀】百田尚樹氏、信者まで無差別に晒し攻撃【無差別爆撃】

2019年1月22日

【日本ウィ紀】百田尚樹氏が、また平然と嘘をつく

2019年1月19日

『日本国紀』のゴーストライターは、京大卒の編集者との指摘

2019年1月18日

【日本国紀】幻冬舎社長・見城徹氏にお詫びし、誤解を解く

2019年1月16日

【日本国紀】2chや5chなど大手掲示板でも「笑いの種」でしかない

2019年1月16日

『日本国紀』関係者による人身攻撃が酷すぎる件。批判者に対し「法的に対処」と言及

2019年1月15日

【日本国紀】百田尚樹氏が論点ずらしに躍起、モリカケ問題に比する自虐プレイを披露

2019年1月13日

【悲報】『日本国紀』の販売が鈍る。あとやっぱり勝手に押しかけてサインしていたらしい(笑)

2019年1月12日

【百田尚樹=船木朱音説】同一時間帯に靖国初詣【午前3時】

2019年1月8日

【失笑】百田尚樹氏、引退宣言のウソを開き直る。

2019年1月6日

【悲報】百田尚樹『日本国紀』、大量に古本が出回り始める。有言実行で断筆か?【送料込み300円(実質0円)も】

2019年1月6日

【日本国紀】百田尚樹氏のトンデモ発言集【二枚舌、矛盾、厚顔無恥】

2018年12月31日

【日本国紀】Botがステマ中か?(笑)

2018年12月28日

【続報】船木朱音氏、「私=百田尚樹」と読めるツイートをしてしまう。

2018年12月25日

【速報】百田尚樹=船木朱音説!?【電話番号下2ケタが一致】

2018年12月24日

【弔歌】見城徹vs桜ういろう【特攻からブロックまでの系譜】

2018年12月21日

【悲報】『日本国記』で色々やらかした百田尚樹氏、悪事がバレた時、恥があれば「切腹」していると豪語していた【ブーメラン】

2018年12月18日

【衝撃】百田尚樹氏、『日本国紀』の信者・愛読者を「ろくな人じゃない」「左翼側の人」と認定

2018年12月16日

【悲報】『日本国紀』、全国各地で「ビニ本」化が進む。幻冬舎側の対応か?

2018年12月15日

【朗報】有能書店、『日本国紀』をビニ本化し、刷数を明示。

2018年12月13日

【都市伝説】日本国紀よりも日本国“記”のほうが信者率が高いのか?

2018年12月5日

【悲報】『日本国紀』信者、圧倒的に少数派だった【分析】

2018年12月5日

【日本国紀】執筆期間300日で6600冊の参考文献を読み、最低でも1日4枚以上のペースで原稿を仕上げていた【無理だろ】

2018年11月28日

28 件のコメント

  • おおっ、ウィ樹本は「平成最後の前年に送り出」されましたか、
    尚樹本は、「平成最後の年に書かれた」(とご本人がツイートしていた)
    ので、ウィ樹本のコピペ本が尚樹本と、正しく認識されるようになりますね!

  • 別のサイトで歴史的事実で内容が変わらないからセーフとかWikipediaコピペ公言したのは許可をとったからではという推測で擁護してました
    許可とってるなら最初に言う性格の人たちと思うんですがね

  • 帰宅したら届いていた。適当に開いたら「コラム ラナルド・マクドナルド」(P223~224)。
    これもウィキですね。単語の並びも構成も同じだ。ウィキの要約。
    マクドナルドには「日本回想記」という本があるそうです。似ているけどw

  • 論壇ネットさんは「日本国紀」のコピペ等を痛烈に批判していますが、はたして被害者はいるのでしょうか?
    「日本国紀」の購入者は論壇ネットさんがいう「信者さん」と言われる人達と、「日本国紀」を批判する為に購入した人達です。
    購入者から被害の訴えは出ているのでしょうか?また、批判する為に購入して被害者だというのでしょうか?
    百田さんの支持者は百田さんを応援して満足している。批判する側もネタに困らず満足している。
    コピペされた側もコピペされて名誉なことだと満足している。ウィキペディアにはこんないい事が書いてあるとなり、
    ウィキペディアへの寄付となるかも知れないです。百田さんはウィキペディアに寄付してるかも知れないです。
    三方良しの「日本国紀」です。百田さんも不勉強を反省していると思う。
    「日本国紀」をきっかけに日本の歴史に興味を持ってくれたら良いと思う。
    日本の古代を知れば、日本は本当に不思議な国だと分かります。日本は世界最古の文明を持つ国です。
    “日本で1万7000年前の土器が見つかった4ヶ月後に中国で1万8000年前の土器が見つかったと発表され、
    その土器を詳しく調査したいと学術団体が申請したら盗まれてしまったから見せられないという返答があった“
    というのがネットにありました。
    このようなことを書かなかった百田さんは本当に不勉強です。

    • 人文知に対する冒涜であり、読者全てが被害者でしょう。

      >コピペされた側もコピペされて名誉なことだと満足している。ウィキペディアにはこんないい事が書いてあるとなり、
      >ウィキペディアへの寄付となるかも知れないです。百田さんはウィキペディアに寄付してるかも知れないです。

      滅茶苦茶なこと言わないでください…。

  • 「日本国紀」などの批判を論壇ネットさんが多く掲載してくれているので、本を購入する余裕のない年金生活の私としては、本当に有難いことです。
    老後の楽しみになっています。掲載が増えることを希望しています。
    虎ノ門ニュースで百田さんが「学び舎(しゃ)」の歴史教科書のことを言っていました。
    ぜひ「日本国紀」に書かれている歴史教科書の記事を紹介して欲しいです。

  • 百田尚樹さんの日本国紀なのですが、古代以前が事実に基づかないとんでもない歴史観になっています。
    “弥生時代(P13)
     弥生時代については、水稲耕作や金属器が朝鮮半島から伝わってきたことと、現在の中国に相当する地域には、
    同時代に日本列島より圧倒的に高度な「文明」が存在したことが、率直に認められています。“
    となっていますが、日本には弥生時代よりはるか以前に稲作は行われいます。
    “岡山県灘崎町にある彦崎貝塚の縄文時代前期(約6000年前)の地層から、イネのプラントオパール(イネ科植物の葉などの細胞成分)が大量に見つかり18日、
    灘崎町教育委員会が発表した。“というのもあります。
    縄文時代の日本に優れた文明があったのは紛れもない事実です。縄文時代の土器と弥生時代の土器を比べれば縄文時代が優れているのは一目瞭然です。
    日本で世界最古の文明が発祥したと言っても良いと思われます。
    どうして日本が中国や朝鮮より劣っているという歴史観になるのでしょうか?
    勉強不足が甚だしいです。出版してしまって大量に売れているようですが、これからどのようになるのか憂いています。
    とにかく勉強不足です。百田さんが書きたかった昭和史だけにすれば良かったです。
    古代以前が事実に基づかない反日の歴史観で全くダメです。

  • 『日本国紀』は一体第何刷で完成するのやら?
    第7刷は果たして発行されるんでしょうか?
    『日本国紀』と「江戸しぐさ」を並べてニヤニヤしていますw

  • p223~224のラナルド・マクドナルドのコラムです。検証用にどうぞ。
    <引用開始>
     グリンが解放した船員の中に、冒険家ラナルド・マクドナルドがいた。カナダ生まれのアメリカ人だが、白人とアメリカ・インディアンとの混血であった彼は、肌が有色であったこと(アメリカでは差別を受けていた)と、容貌が日本人に似ていることから、日本に対して親近感を抱いていた(彼は日本人とアメリカ・インディアンのルーツは同じだと思っていた)。生来冒険心に富んだマクドナルドは、謎のベールに包まれていた日本に対する興味と、「日本人に英語を教えたい」という気持ちから、嘉永元年(一八四八)、二十四歳の時に自らの意思で日本に密入国した。
     彼は日本のために働きたいという思いを持っていたが、残念ながら幕府によって捕らえられ、長崎に送られて座敷牢に入れられた。ところが、彼が日本文化に関心を持ち、また聞き覚えた日本語を使うのを見た長崎奉行は、日本人通詞十四人に英語を教えることを許す(マクドナルドは日本人に英語を教えた最初のアメリカ人である)。後にペリーとの交渉で通訳を務めた森山栄之助と堀達之助はマクドナルドの教え子である。
     帰国後、マクドナルドは、日本は未開の国ではなく高度な文明を持った国であるということをアメリカ人に伝えた。彼の情報は後の対日政策の方針に影響を与えたといわれている。彼の名は日本ではほとんど知られていないが、アメリカでは歴史上重要な人物として評価されている。
     その後、マクドナルドはインド、オーストラリア、アフリカ、ヨーロッパなど、全世界を舞台に働き、晩年はワシントンのインディアン居留地で暮らした。日本に対しては終生愛着を持っていたという。七十歳で亡くなったが、最期の言葉は「Soinara(さようなら) my dear Soinara」であったという。彼の墓碑にも「SAYONARA」の文字が刻まれている。
    <ここまで>

     なお晩年のくだりで「ワシントンのインディアン居留地」と書いてますが、DCと州を間違えている可能性が高いと思います。

  • まとめて頂き非常に見易いです。今までの労力、さぞ大変だったでしょう。お疲れ様です。頑張ってください

  • いつもお疲れ様です。
    『日本国紀』こと「百田国紀」には「GHQの陰謀であるWGIPで日本人が洗脳されて左傾化した」のようなことか書かれているのですが、これって百田氏の超解釈なんですか? それとも江藤淳や高橋史朗、ケント・ギルバートの受け売りなんですか?
    なぜアメリカがわざわざ日本人を左傾化させる必要があったのかもよく分かりませんし。むしろアメリカは日本の共産化を恐れていたんじゃ? 主語がコミンテルンならまだ話が分かりますが…

  • 7:17 PM匿名様へ
    「なぜアメリカがわざわざ日本人を左傾化させる必要があったのかもよく分かりませんし。」なのですが、それは日本が怖いからです。特攻隊を見れば分かると思います。
    アメリカが中国に対して、「なぜ日本に米軍がいるか分かるだろう?」と言ったと言われています。
    喜んで志願して死んでいくのですよ。今の若者とは全然違います。

  • 要約すると「にほんシュゴイ(^p^)」

    どっかの教授が画期的とか書いてたけど、特に目新しさもないし間違いだらけだし、…むしろ戦前に書かれたやつのほうが出来いいんじゃね?

  • >2019年1月8日 8:29 PM
    GHQに洗脳されて「左傾化した」はずの戦後の日本人が、選挙では社民党や共産党ではなく自民党を支持し続けることについて。そうか…自民党は左翼なのかw

    • >選挙では社民党や共産党ではなく自民党を支持し続けることについて。
      正確には「社会党→社民党」ですね。

  • 百田さんが虎ノ門ニュースで洪思翊中将のことを語っています。
    https://youtu.be/_gYaekEe1wA?t=944

    ”洪思翊中将は、極貧の家庭に生まれました。
    けれど一生懸命努力し、日韓併合前に李氏朝鮮が名前を変えた「大韓帝国」の陸軍武官学校に入学しています。
    首席だったそうです。
    そして日韓併合後、日本の陸軍士官学校に進学(26期)されました。
    陸士の卒業時の成績は742人中31番だったそうです。
    そして大東亜戦争の途中の昭和18(1943)年、フィリピンで第14方面軍兵站監となり、昭和21(1946)年に、マニラ軍事法廷で死刑判決を受け、処刑され、お亡くなりになっています。
    洪思翊中将は、立派な軍人として、古今の戦史戦術に深く通じ、さらに四書五経から英語にまで精通し、相撲も武道も強かったといいます。
    そして新しい部隊に赴任すると、居並ぶ日本兵の前での初訓示で、常に次のように訓示したといいます。
    「自分は、朝鮮人の洪思翊である。
    唯今より天皇陛下の御命令により、指揮をとる。
    異義のあるものは申し出よ。」
    実に堂々とした態度です。
    彼は、当時、多くの同国人から、
    「洪さん、あなたも日本人名に改名したらどうか」と勧められそうです。
    しかし、洪思翊中将は、頑として朝鮮名を名乗り通されています。
    彼にとっては、それがあたりまえのことだったのです。”

    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1632.html

  • このブログや協力した方々がいなかったら、と思うとゾッとします。智が痴に負けなかった(今回は)と思いますし、痴から知そして智に変わった人も少なくないと思います。
    きちんと検証し続けている方々と連携してこの“騒動”の墓標を高くしてほしいと思います。
    自分の忙しさを理由にして見続けることぐらいしかできませんが、総括は大事と思って投稿します。
    しばらく気温の上下も激しそうです。ご自愛ください。

  • 「ろだん」氏らの有無を言わせぬ実証的努力の労苦に深い敬意を表します。百田氏や幻冬舎・見城社長はこの過程で、「どこを訂正したのか、その訂正の理由は何か」というごく普通の問いかけに対して、一切「ゼロ回答」でした。そのような行為が、60万部を超える本を読者市場に届ける出版社の姿としては、実に稀有のことです。「部数こそ力」という臭いが芬々とします。幻冬舎の有能な社員は、そんなことを是とするのでしょうか。

  • コメントを残す