【日本コピペ紀】百田尚樹『日本国紀』に、一頁近い新聞記事からのコピペ編集が発見される【仁徳天皇】。

日本コピペ紀

昨日より、百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)において、ウェブサイトやWikipediaなどからのコピペ・パクリであると考えざるを得ない箇所が多数確認される旨が報告されています。本記事ではそのような報告の中でも、まさに特筆すべき次の報告を検討します。

異同の対比

百聞は一見に如かず。対応箇所を比較し、逐語的に一致している箇所を赤字にします。

『日本国紀』p. 53真木嘉裕「聖帝・仁徳天皇 民のかまどは賑いにけり」大阪新聞(1991.12)
仁徳天皇四年、仁徳天皇が難波高津宮から遠くを見てこう言った。仁徳天皇四年、天皇が難波高津宮から遠くをご覧になられて
「民のかまどより煙がたちのぼらないのは、貧しくて炊くものがないのではないか。都がこうら、地方は一層ひどいことろう」「民のかまどより煙がたちのぼらないのは、貧しくて炊くものがないのではないか。都がこうだから、地方はなおひどいことあろう」
そして「向こう三年、税を免ず」いう詔をした。それ以降、仁徳天皇は衣を新調ず、宮垣が崩れ、茅葦屋根が破れても修理しなかったと仰せられ「向こう三年、税を免ず」(みことのり)されました。それからというものは、天皇は衣を新調されず、宮垣が崩れ、茅葦屋根が破れても修理も遊ばされず、星の光が破れた隙間から見えるという有様にも堪え忍び給いました
三年が経ち、ある日、天皇高台に出と、炊煙が盛んに立つのを見て、かたわらの皇后にこう言った三年がたって、天皇高台に出られて、炊煙が盛んに立つのをご覧になり、かたわらの皇后に申されました
「朕はすでに富んだ。ばしいことだ」
「朕はすでに富んだ。ばしいことだ」
すると皇后は言った。
「宮垣が崩れ、屋根が破れているのに、どうして富んだ、といえるのですか」
変なことを仰言いますね。宮垣が崩れ、屋根が破れているのに、どうして富んだ、といえるのですか」
これに対して天皇はにっこりて、こう答えた天皇はニッコリされて、こう申されました。
「よく聞け。政事は民を本としなければならない。その民が富んでいるのだから、朕も富んだことになるのだ」「よく聞け。政事は民を本としなければならない。その民が富んでいるのだから、朕も富んだことになるのだ」
その、諸国の人々から、「宮殿は破れているのに、民は富み、道にものを置き忘れても拾っていく者もない。この時に、税を献じ、宮殿を修理させていただかないと、かえって天罰を蒙ります」との申し出が次々とあた。そのころ、諸国より
「宮殿は破れているのに、民は富み、道にものを置き忘れても拾っていく者もありませんもしこの時に、税を献じ、宮殿を修理させていただかないと、かえって天罰を蒙ります」
 との申し出が頻頻とあるようになりました。
しかし天皇は引き続きさらに三年間、税を免除した。そして六年の歳月が過ぎ、やっと税を課し、宮殿の修理をした。それでも、天皇は引き続きさらに三年間、税を献ずることをお聞き届けになりませんでした。六年の歳月がすぎ、やっと税を課し、宮殿の修理をお許しになりました。
『日本国紀』p. 53真木嘉裕「聖帝・仁徳天皇 民のかまどは賑いにけり」大阪新聞(1991.12)

敬語から口語への書き換えなどを考慮すれば、殆ど両者は一致しており、百田尚樹氏の独自性は殆どない箇所であると指摘できるでしょう。

なお両資料に共に「天皇は、ニッコリされて、こう申されました」「天皇はにっこりして、こう答えた」 という類似表現が確認されますが、この「ニッコリ」「にっこり」に当たる箇所が『日本書紀』(第11巻)の中に確認されません(単に原文には「天皇曰」、また岩波文庫版訳には「天皇がいわれる」)。まさにこのことこそが、百田尚樹氏によってコピペが行われた事実を如実に物語っているように思えます(同様に続く「よく聞け」の部分も原典にない旨を報告いただきました。T-2850氏に感謝申し上げます)。

また次のような素晴らしいご指摘も頂きました。

つまり、百田氏は原典に当たらずこの箇所を編集したため、本来消されるべき箇所を残してしまったのです。また、コピペ元では天皇陛下に対して一貫して敬語が用いられていますが、これをあえて口語に直すところに、百田氏の皇室への想いを感じ取ることができるのではないでしょうか?

まさにアームズ魂氏の革命的発見であり、氏の偉業は永く語り継がれるでしょう。

【追記】古典からの翻訳(意訳)ならば、文面が一致するというご意見については以下の記事を参照ください。

【まとめ】百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)の関連記事まとめ

2018.11.17

【日本コピペ紀】Wikipediaやウェブサイトなどとの類似表現報告まとめ【日の丸すら】

2018.11.16

9 件のコメント

  • 「真木嘉裕「聖帝・仁徳天皇 民のかまどは賑いにけり」大阪新聞(1999.12)」とあるのは「真木嘉裕「聖帝・仁徳天皇 民のかまどは賑いにけり」大阪新聞(1991.12)」の誤りではないですか?

  • そもそも「民のかまど」って日本書紀からの現代語訳でしょ?似てないと逆にオカシクありませんか?

  • タチ悪いなあこいつら。そう言う感想しか持てないです。自分も日本の歴史を書いてみたら良いのに。

  • そもそも、話の起の部分、日本書紀では「朕登高臺以遠望之」とあり、高津宮ではなく「高台」から望み見たことになっているのになぜか両者とも「難波 高津宮」から見たことになっているのも、原典に当っていない可能性を示唆しているように思いますね。

  • 日本の歴史をまとめて書いてるのだから似てるでしょ。
    桃太郎の話を違う作家が書いたら似たよった文面になると思うけど

  • コメントを残す