知の巨人・渡部昇一氏、百田尚樹『日本国紀』の傲慢を一喝。

問題の所在

さて、とうとう明るみになった百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)の反日性、それは大変驚愕すべきものです。本ブログでも度々言及してきましたが、それらの要点をまとめれば次のようになります

  1. 王朝交替説を認める。現在の皇室は、皇位簒奪者であり悪逆非道な第26代継体天皇から続くものであり、それ以前の王朝とは断絶がある。
  2. 魏志倭人伝の歴史性を高く評価し、それとは逆に『古事記』『日本書紀』の歴史性を低く評価する。邪馬台国が日本最初の統一王朝である。そして狗奴国が邪馬台国を打ち破って大和王朝を確立、さらにその後、熊襲が大和朝廷を滅ぼして権力を掌握した。
  3. 「男系」を「天皇の親が天皇」と理解してしまい、歴代天皇のうち数名を皇位不適格者認定して皇統を破壊する。

この三説は、いずれも記紀神話の時代から続く万世一系の皇室の正統性を根本から否定するものであり、いわゆる左翼・リベラル史観に基づくものです。

【悲報】『日本国紀』、「男系」の意味すら間違える【ビックリ】

2018.11.12

【日本国紀】百田尚樹先生、万世一系を否定する【実は隠れ左翼?】

2018.11.11

記紀と魏志倭人伝に関する意見

本記事では、そんな百田尚樹『日本国紀』の史観と、渡部昇一氏のそれをと比較したいと思います。

「知の巨人」と唄われた保守の重鎮・渡部昇一氏は、上智大学を定年後、皇学館大学で神道の講義を受け持ってほしいと依頼を受けたほど、神道に熟知していると保守論壇内では評価されていました(外部での評価は解りません)。

もちろん保守の重鎮として記紀を重んじ、皇統を何より重んじる渡部昇一氏は、『日本の歴史』全七巻のうち第一巻のタイトルを『神話の時代から』と名付けています(戦前教科書と同じ)。ここからも記紀神話を「歴史」として扱う姿勢が確認されます。また『古事記』『日本書紀』には天皇の悪口すら書いてあるほど公平な歴史書であり、自国中心主義の中国正史など全く当てにならないと主張します。ですから記紀を重んじるのであり、外国の正史・魏志倭人伝などに惑わされるはずがありません。

『古事記』や『日本書紀』のような公平な歴史書があるというのは日本の誇りといってもよい。それを無視して大陸の歴史書の記述を無批判に取り入れるというのは、本末転倒というものである。

『〔増補〕決定版・日本史 』扶桑社, 2014, p. 38

だから『魏志倭人伝』をいくらいじりまわしたところで、日本の古代がわかるわけがない。……『魏志倭人伝』を逐語的に読み、文字通りに信ずるくらいなら、『日本書紀』を丸ごと信じてもおかしくはない。このあたりが戦前の歴史観と戦後のそれとの大きな違いである。

『日本の歴史』1, ワック, 2016, pp. 115-116

なお、西尾幹二氏や竹田恒泰氏もこれと同じ歴史観を示しています。これら保守論客は「記紀を軽んじて魏志倭人伝に重きを置くことは、戦後のGHQ政策の影響を受けており、これから脱却する必要のある」点を強く主張してします。

『日本国紀』、「つくる会」元会長・西尾幹二にすら「戦後後遺症を今なお癒せないこの国の知性の歪み」と粉砕される。

2018.11.13

【悲報】竹田恒泰氏、『日本国紀』に鎮魂歌を捧げる【反日リベラル本】

2018.11.12

ところが百田尚樹『日本国紀』は、なんと第一章「古代~大和政権誕生」のはじめが「縄文時代/弥生時代(紀元前二世紀~三世紀)」であり(戦後教科書と同じ)、神話の時代は「神話」に過ぎないのであって歴史性に劣ると評価されてしまっています。そして外国の史書であるにもかかわらず魏志倭人伝を用いながら当時の日本の「歴史」を復元し、日本初の統一国家が邪馬台国であり、それが大和王朝になった神武天皇は狗奴国の流れをくむ一族の出身であると予想しています。

すなわち百田氏にとって記紀は神話であって歴史ではないのです。つまり、知の巨人・渡部昇一氏から見れば、百田尚樹氏は戦後GHQ政策によって洗脳された史観から未だに脱却できていないことになります。

万世一系の皇統について

また当然、渡部昇一氏は、記紀を重んじ、万世一系の皇統を非常に重視します。ですから王朝交替説など一切認めません。第26代継体天皇の代で、王朝が替わったと主張する田中卓氏を厳しく非難しています。

男系を何代も遡って天皇を擁立した例として継体天皇の話を出したら、田中先生は「継体天皇は手白香皇女の入り婿なのだから女系である」と主張されたらしいので、私は唖然としてしまった。……本当に『日本書紀』を読んだことがあるのだろうか。……『日本書紀』もきちんと読んでおらず、日本史が何もわかっていないことを明快に証明していると思われる。

『日本の歴史』1, ワック, 2016, pp. 115-116

この田中卓氏の理解は、継体天皇の代で王朝が替わり現在の皇室まで続くというものであり、つまり神武天皇以来続く万世一系の皇統を否定していることになります。この王朝交替説を『日本国紀』も採用しています。

継体天皇の代で王朝が入れ替わったとするなら、むしろ納得がいく。……多くの学者が継体天皇の時に、皇位簒奪(本来、地位の継承資格がない者が、その位を奪取すること)が行われたのではないかと考えている。私も十中八九そうであろうと思う。つまり現皇室は継体天皇から始まった王朝ではないかと想像できるのだ。

 百田尚樹『日本国紀』幻冬舎, 2018, pp. 31-32

著者の百田尚樹氏がこれを主張する理由は、継体天皇の名前が示唆的とかその記述内容が残酷とか非常に主観的で曖昧なものであり、田中卓氏の女系天皇論のように何らかの学説に基づいたものではありません。この点で、田中卓氏よりも百田尚樹氏の主張の方が遥に信憑度が低いのは明らかです。

したがって渡部昇一氏の理解を用いるなら、百田尚樹『日本国紀』は、戦後GHQ政策の洗脳から抜けきれておらず、日本史が何もわかっていない、ということになります。

『日本国紀』、「つくる会」元会長・西尾幹二にすら「戦後後遺症を今なお癒せないこの国の知性の歪み」と粉砕される。

2018.11.13

【悲報】竹田恒泰氏、『日本国紀』に鎮魂歌を捧げる【反日リベラル本】

2018.11.12

【日本国紀】もし日本が鎖国しなければ世界統一していたかも説【俺TUEEE】

2018.11.11

1 個のコメント

  • コメントを残す