【小室圭問題】杉浦由美子氏「小室さんの特別待遇は当たり前、眞子さまと結婚すべき」

珍しい結婚推奨論

今回ご紹介したいのは、ノンフィクションライターの杉浦由美子さんがWeb Ronzaで書かれた小室圭さん関連の記事です。

この「Web Ronza」は朝日新聞系のオピニオンサイトであり、今回の言説も女性週刊誌のそれとは異なりリベラル的な内容になっています。結論的には「お二人が望むなら結婚させてあげよう」といった流れものです。もちろん、「小室圭さんが素晴らしい人物だから結婚OK」という単純なものではありませんのでご注意を。杉浦さん自身、小室親子に対して好感を抱いていません。

普段、よく目にする週刊誌やワイドショーでは小室親子へのバッシングで一色の状態が続いているため、これと逆の立場の言説を見ることは小室圭問題に新鮮な風を吹き込むと思います。

借金問題は宮内庁にも責任がある

小室圭さんの母親・佳代さんと、その元婚約者との間で起きた金銭トラブル。お互いの意見が真っ向から対立していることや、母親・佳代さんの露骨な金銭要求のメールなどが暴露され、これが婚約延期の主原因となりました。

もちろんこの問題の責任は小室親子(なにより母・佳代さん)にあるのですが、身元を調査しなかった宮内庁にも原因があると指摘。

小室さんと母親が例の借金問題について、宮内庁や秋篠宮家に報告しなかったのが悪いという意見もあろう。しかし、小室さんと母親はあの借金を問題と捉えてなかったのかもしれない。返済を求める訴訟を起こされているわけではないのだから。小室母子の認識が甘かったかもしれないが、そういうことも見越して、丁寧に身辺調査をするべきだったはずだ。

Web Ronza「小室圭さんは留学で特別待遇されるのは当然だ」

確かに宮内庁にも落ち度があったと言えます。しかしより問題なのは、結婚に向けて陛下による御裁可が下されているため、それより後に借金問題が出てきたとはいえ、既に下された御裁可を取り消すことが極めて困難なことです。

また御裁可が下りている以上、秋篠宮一家は小室家と「全くの赤の他人」ではありません。今のところ破談にしていない以上、解決に向けてもう少し両者が歩み寄って協力してもいいように感じますが…。

それとも破談にするつもりなので突っ撥ねているのでしょうか?

特別待遇は当たり前

また「皇室利用」はダメだと小室親子は多々に叩かれています。小室圭さんに至ってはフォーダム大学への入学が授業料免除など異例尽くしでした。これは明らかに皇室の威光によるものでしょう。

これについて杉浦さんは、むしろこうなってしまった責任の一端は宮内庁にある以上、これくらいの「特別待遇」は当たり前であると指摘。

しかし、それでも、彼がここまで過熱報道されるのもどうなのだろうか。母親はパートに行くにも苦労し、小室さんも通勤のたびに報道陣に質問を投げかけられる。彼も母親も報道への反論をしない。ゆえに報道はエスカレートしていく。メディアも国民も一般人としてとらえていない。だから、私もこうやって彼に関する記事を書ける。

Web Ronza「小室圭さんは留学で特別待遇されるのは当然だ」

そして、彼が一般人でなくなってしまったのには、宮内庁の身辺調査がちゃんと行われなかったことが大きな要因に思えてならない。そう考えると、小室さんは特別待遇でロースクールに留学するぐらいいいではないだろうか。それだけの犠牲を払っているように思えてならないのだ。

Web Ronza「小室圭さんは留学で特別待遇されるのは当然だ」

この御意見はごもっともなのですが、借金トラブルの主原因は小室親子にあるわけで……。「特別待遇でロースクールに留学するぐらいいい」というのは国民感情的に受け入れるのは難しいのではないかと思います。

それでも結婚すべき

この様な艱難辛苦がありながらも、お二人は結婚すべきとの杉浦さんの指摘。その根拠はお二人が愛し合っており、眞子さまがリードしていると思えるからだそうです。

しかし、そうなのだろうか。一連の報道を読み込み、また、実際に取材をしている記者たちから話を聞くと、違うものが見えてくる。眞子さまと小室さんの関係は、眞子さまがリードしているように思えてくるのだ。

Web Ronza「それでも眞子さまと小室氏は結婚すべき(上)」

確かに小室さんの「文章」については眞子さまも事前に承知していたこと、現時点でも眞子さまと小室圭さんには結婚の意志があることが報じられています。まぁ週刊誌によっては「洗脳」とかって言われていますが…(笑)

またこのような状況に至っても眞子さまが結婚の意志を変えない理由について、杉浦さんは次のような大胆な指摘をしています。

当初の予定は小室さんの留学が決まったら、婚約を発表するつもりだったのではないか。「アメリカの名門大学に留学することが決まっている男性」ならば、婚約者としての箔もつく。だとしても、小室さんがキャリアを築く前に婚約や結婚をする予定だったことになる。そして、その理由は眞子さまがいち早く結婚したいと希望されていたからなのではないか。

Web Ronza「それでも眞子さまと小室氏は結婚すべき(上)」

そもそも予定していた「留学⇒婚約」が「婚約⇒留学」に順序変更されたに過ぎないというのです。確かにこのような経緯を指摘する報道も一部ありました。が、その真偽は永遠に謎でしょう。

また次のようにも推測。

眞子さまはイギリス留学中に「ご自身の好きなときに好きなように外出ができ、護衛もつかない」生活を経験された。このときのような生活を望まれ、そのために早く降嫁し、民間人になりたいと考えていらっしゃるのではないか。……海外で自由に質素に生活をする。それが眞子さまの思い描く将来なのではないか。だとすると、倹約家で語学堪能な小室さんは、最適な伴侶となる。

Web Ronza「それでも眞子さまと小室氏は結婚すべき(上)」

確かにこれはあるかもしれません。しかしこの場合、「一時金」を辞退すべきという国民の声も一定数あることを認めなければならないでしょう。

質素な夫婦生活は赦されるのか?

また杉浦氏は、お二人の関係を次のように大胆に予想し、眞子さまをむしろ「成熟した女性」として評価しています。

成熟した日本の女性たちが、結婚相手に求めるのは、豪華なディナーに連れて行ってくれる経済力ではない。物質的なことよりも本質的なものを求める。11月30日に放送された情報番組『スッキリ』の中で、小室さんの知人がインタビューに答え、「彼女(眞子さま)は彼の本質が好きなんですよ」とコメントした。眞子さまは幸運にも「質素な食事でもこの人とだとおいしいと思える相手」に出会えた。それが小室圭さんという青年なのではないか。

Web Ronza「それでも眞子さまと小室氏は結婚すべき(下)」

果たして眞子さまは、恋に盲目な乙女なのか、成熟した女性なのか、このどちらあるのかは、いずれ判明するでしょう。

またお二人の婚約内定は「破談」になっていないので「攻めがい」がありバッシングを受けていますが、実際に「破談」となった場合には「やりすぎた」という後味の悪さが残るのではないでしょうか?

関連記事

小室圭さんバッジ問題、「婚約内定前」から公費で外遊か? 「外務省」問題なし

2019年2月10日

【眞子さま&小室圭】週刊誌は「破談しない」と確信している

2019年2月10日
小室圭

【小室圭&皇室記事】今週の週刊誌まとめ一気読み【2/4~10】

2019年2月9日


4 件のコメント

  • 宮内庁が下手を打ったから仕方ない、小室が詐欺師でもなんでも結婚させろというのは、無理がありますね。
    ”小室さんの留学が決まったら婚約をする予定だった”でも裏口入学はいけませんよね。
    それも問題になっています。
    杉浦さんってどんな方か存知上げませんが、もし自分のご子息、ご息女がとんでもない人間に
    引っかかっても結婚させるのですか?
    私なら絶対させません。

  • そもそも婚約延期の理由はカヨが招いた借金トラブルからではないか?ならば何故、皆、カヨに目を向けないのか?まず借金トラブルを引き起こした迷惑を釈明記者会見を通し秋篠宮家に謝罪すべきではないか?圭の親としてキチッと責任を果たすのが常識ではないか?何故、逃げ回ってはがりいる?何故、姿を隠している?
    何故、世間の前に出て堂々と、これこれは合っているが、これこれは違います!とハッキリと言うべきではないか?カヨが全て自分の金でやってきたなら誰も何も言わない!それが人様から金を無心して借りた金にも関わらずもらったと主張したことから大きな問題になっているのではないか?金を善意で貸したaさんとは大きく話しが食い違っている❗まずはカヨ自身、間違っていない世間から言われる事は何もしていないと思ってるなら堂々と姿を現したらいい❗隠れているからマスコミは益々エスカレーターし世間は色んな憶測でネット等に書き立てるカヨには釈明記者会見を望み要求します❗

  • 私も杉浦様に賛同致します。 眞子様と小室さん両者が望んでいらっしゃるなら、結婚なさるべきだと思います。「一時金無しで」などという声もありますが、そもそも 一時金は 皇族の方が皇室を離脱される場合に、彼らの それまでの 人知れぬ 御不自由、御苦労に対して払われる 謂わば、慰謝料のようなもの。ですから これ程酷い、人権侵害ともいえるバッシングを受けていらっしゃる眞子様の 御降嫁の際の一時金は、むしろ、増額されるべきかと、私は考えます。
    小室さん母子と佳代さんの元婚約者との金銭トラブルを 世間では、一方的に、小室さん母子に非があるように報じていますが、私は この元婚約者の方の性格、置かれていた状況を考えるに、事実は、 むしろ 今年 一月に圭さんによって発表されたようなものではなかったのだろうかと 考えます。小室さん側としては、簡単にお金を払ってしまえば、「やっぱり、借金を踏み倒そうとしていた」などと叩かれるでしょうから、慎重になっていらっしゃるのだと思いますが、この問題に うまく片がつくと良いですね。

  • 私も母子家庭で育ちましたが小室さんの考え方が全く理解できません私は父を学生の時になくし
    母も身体が弱く大学に進学するより就職して母親を安心させる道に行きました妹もいましたし
    保険や遺産があったのかもしれませんが母親に借金までさせてなぜ留学したのかわかりません
    留学して何を得たのですか就職につながったのですか?ほど縁故でUFJに就職し自分に合わないからと
    すぐやめて甘すぎます、全てが自分が思った仕事と違っても家族のためにと思って私は我慢して働きましたが眞子様と結婚するなら我慢してUFJで働けば良いじゃないですか彼が採用されたってことは代わりに落ちた人もいますその人に悪いと思わないんですか国際弁護氏になるならなぜ法学部に行かなかったんですか?しかも飛び抜けてIQが高いとか頭が良いわけでないのに司法試験一発で通るんですか私にしたら全てが甘すぎますアナウンサーの学校にも行きましたよねアナウンサーになったんですか?
    今回も彼は何年かかるんでしょで日本の司法試験も受けるんですか?思いつきで行動して何も身になっていないしかも結婚を申し込んでいるのにあきれます
    この杉浦って方もきっと苦労したことないでしょうね
    UFJで2年働いて母親と一緒に住んでいてなぜお金がないんですか?
    私は小室さんの年齢の時家にお金を入れながら仕事とバイトで500万ぐらい貯めてましたと留学しようと結局母親が心臓発作起こしていけませんでしたけど
    あんな人に国民の税金を使われるのが嫌です。少しはご自分で何科努力されたら?
    まーこれが芸能人の娘と結婚するなら誰も騒がす馬鹿な娘で終わります

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください