【日本国紀】読書感想がもはや宗教【トンデモ】

宗教現象的『日本国紀』のスゴさ

SNSなどで絶賛の声が続く百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)。ツイッターなどに投稿された、その感謝・感動の声のテンションは尋常ではありません。

涙が出た」というのは日常茶飯事で序の口、読まなくても「手元にあるだけで、なぜか暖かい気持ち」になったり、「小遣いが続く限り、『日本国紀』買いますよ」と宣言し始めたり、『日本国紀』はもはや宗教的現象ともいえるのではないでしょうか。

本記事では、そんな熱烈読者たちのレビューを集めてみました。

涙が出た系

一番多いのは「涙が出た系」の感想。

「感謝」とか「感動」系の言葉も加わった複合系も見られます。

感謝して胸が熱くなり小遣いの限り買い続ける系

感動しすぎてお金が続く限り買って、周りに配布すると宣言しだす人もいます。

この他にも、2冊買った3冊買ったと報告人はいっぱいいます。家族に配るとか友人に配るとか…。怪しげな宗教書とかパンフレット類と構造が同じですね。

読んでないけど手元にあるだけで暖かい気持ちになる系

そんな『日本国紀』は読む必要もなく、手元にあるだけで「温かい気持ち」になれます。

……。

もはや宗教現象です。

感動して鳥肌系

本文を読まずとも「編集の言葉」を読むだけで、感動で鳥肌が立つそうです。

以上、発売日前なのですが、フライングゲットした人の感想を中心にまとめてみました。また新しいビックリなレビューがあったら更新します。

ここまで愛される本というのはスゴいのですが。ここまで行き過ぎるとなんか違うような…。

驚異のPOP

【日本国紀】ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)によって洗脳されているという虚構【トンデモ】

2018.11.11

【日本国紀】フィリピン兵16000人くらい虐殺しちゃったけど独立させてやったし侵略戦争じゃないよ論

2018.11.10

【トンデモ】『日本国紀』が軍による強制売春を認めてしまう。

2018.11.09

【トンデモ】『日本国紀』が大東亜戦争の侵略性を認めてしまう。

2018.11.09

1 個のコメント

  • コメントを残す