政治

いばらぎ隆太「来たら後悔させてやる」の真意に感動の声 知事として決意

「今は来ないで」岡山県は大炎上の真意

▼報道によると…

新型コロナウイルスの感染対策で、全国の自治体が「今は来ないで」と訴えている。5月2日~6日のゴールデンウイーク期間中などに、帰省や旅行で人の出入りが激しくなれば、感染が広がる恐れがあるからだ。

だが、ものは言いようだ。「来たら後悔させてやる」と言わんばかりの発言をした知事には抗議が殺到した。「会いたいからこそ、今は『会わない』ようにしませんか。それが収束を早める」と訴えた県には、「素敵なメッセージが心に響いた」と賛意が寄せられた。(後略)

引用:週刊文春

いばらぎ 隆太 (いばらぎ りゅうた)知事の経歴

生年月日昭和41年(1966年) 7月29日
家族妻と娘2人
趣味テニス、ゴルフ、スキー、アルト・サックス、将棋
好きな食べ物お好み焼き、牛丼、ハンバーガー
引用:Wikipedia

岡山県民からは絶賛の声

岡山県民の声:当事者意識にかける人達が目立つ。

岡山県知事だって苦肉の策だったろうに。

この状況で遊びに行かないなんて当然の話でしょ。

岡山県民の声:それぞれの言葉に賛否がありますが、優しい言い方をしても強い言い方をしても未だに分からない人がいるのは事実なので、どちらの言い方も間違いではないと私は思います。検温とか徹底するのも抑制効果はあると思います。どちらの発言も「今は」って事は十分理解できます。

岡山県民の声:ちょっと言葉が強かった…だけのことでは

これを批判する連中は知事が何も発言しなくても批判するのが目に見えてます

批判で自粛疲れによるストレスを解消したい人達です

地方での罹患者の増加は殆どが都内をはじめとした他地域からの流入者によって引き起こされています

知事がそういった人たちに対して毅然とした対応を取る、という姿勢を示してくれたという点ではむしろ評価すべきでは

岡山県民の声:平時ならともかく、こう言うときに遊びに他県に行くようなバカには、そのくらい強い表現じゃなければ伝わらないのでは?県民の安全が知事の役目!気持ちが伝わって私はいいと思うけど。

岡山県民の声:岡山県は正しいよね。正しくないのは文句を言ってる人達だよ。岡山県も妨害に屈せず実行すべきだった。信念を持っての行動だよ。

岡山県民の声:優しく言えば、大丈夫かなと勘違いする人もいるだろうし。実際、あれだけ帰省するなと言っても、帰省して地方に感染者を増やしているのも事実。厳しさも優しさだよ。それだけ必死なんだよ。だから強い言葉になる。必死に県民を守っていると私は思う。

多分、私も言うと思う。批判されても理由があるから。反論出来る材料があるから。

岡山県民の声:岡山県知事の発言は当初大丈夫かなって思ったけど、忖度ばかりの発言、自分に危害が来ないような言い回ししかできないような政治家よりも、はっきり物事言ってくれた、コロナを広めないように努力している知事は私には好評価でした。多少の批判も受け入れるつもりの発言だったと思いますし。日本人、厳し過ぎ。

ろだん主筆から一言

正しい事をいって批判される世の中はおかしい。間違えを正せる世の中になってほしい。

出典:twitter