【日本国紀】スゴすぎる大量購入列伝【信者ビジネス】

日本国紀現象

結婚式や出産などの記念に、聖書を送る・配るという習慣が西洋にあり、これは布教活動の一環にもなるので非常に積極的に行われます。

現代日本にあっては創価学会の『人間革命』や、幸福の科学の言霊本にもこれと同じ傾向が見て取れます。信者さんたちは何冊も同じ本を買って、周りに「いい本だよ」などといって配布して顰蹙を買ったりしています。

このような熱狂を集める本は宗教書だけに限りません。ヒトラー政権下にあっては『我が闘争』がまさにそれでした。

そしてこの度の『日本国紀』も同じ熱狂の渦の中にあるといってでしょう。熱心な読者は『日本国紀』を神棚に祀り、何冊も買い込んで親せきや友人に配る始末。まさに「信者」が数多く生まれています。

今回はそんな信者たちの布教活動を紹介したいと思います。

大学教授、39冊買って配布しまくり中。

澤田利彦氏は、「観光」を専門とされる大学教授(松蔭大学)です。

信者の宿命なのか、大量購入したことを著者の百田尚樹氏と、編集の有本香氏に報告して歓心を買おうとしているところが香ばしいですね。

50冊買って図書館や病院に寄贈。

地元の図書館や病院が50もあるのかな?

というのが率直な感想です。

よくいますよね、こういう施設に宗教パンフレットや書籍を勝手に寄付してくれる人…。

50冊買ったレシートをあげてサイン本を欲しがる謎。

スゴイデスネー。

というか、サイン本って普通に売っているんですけどね💦

しかもエビデンス(笑)まで見せて歓心を買おうとしているのに、反応がないという冷徹さ…。

ちなみに私は6冊持っています(うち一冊はサイン本)。

なお、組織買いで250冊×3回という爆買いがあったという報告も…。

つくる会元会長・田中英道氏に、数十行にわたる「大規模コピペ」の疑惑

2018年12月28日

【日本国紀】コピペ箇所の表現を大幅修正【仁徳天皇】

2018年12月28日

【書評】『「日本国紀」の副読本:学校が教えない日本史』の内容紹介と感想、評価、雑感。

2018年12月26日


10 件のコメント

  • 批判されれば批判されるほど売れる。論壇ネットさんは「日本国紀」の売り上げに貢献しています。
    それも、間違いを修正してあげています。百田さんは論壇ネットさんに感謝していると思う。
    新聞とかが取り上げたら、増々売れます。朝日新聞などはこの現象をどのように報道するのだろうか?それとも無視するのだろうか?今度が注目されます。

    • やっぱそうですよね要注目。朝日新聞がかどうかは別として、報じるなら単なる書評でなくこの一連の騒動の全体像を丁寧に伝えてほしい。大手版元とは思えない杜撰さ。ネット民による校正校閲をそのまま受け売りしながら感謝の言葉もなく、それどころか暗にバカにする始末。売れれば何でもアリというその醜悪さとそれを褒めそやす信者たち――

      つまり、「貧しさを恥とは思わず・盗みをたいへん憎み・何よりも名誉を重んじた」という16世紀の、ザビエルの眼に写った日本人像とかけ離れてしまった現代『日本国紀』信者たちの姿とその心理分析を、「彼らはなぜ自慰史観に惹かれるのか?」とかのタイトルで渾身の筆を揮ってレポって頂きたい。

    • 間違いを修正してることを、タダで校正やってるとからかっていましたが、有給の校正者はどれだけ無能だったんだって話でしょ。

    • ウィキペディアでは、
      ”特定商取引法で、以下のような条件を全て満たす販売取引が連鎖販売取引とされる。
      1.物品の販売(または役務の提供等)の事業であって
      2.再販売、受託販売もしくは販売のあっせん(または役務の提供もしくはそのあっせん)をする者を
      3.特定利益(紹介料や販売マージン、ボーナス等)が得られると誘引し
      4.特定負担(入会金、商品購入費、研修費等の名目で、何らかの金銭的な負担)を伴う取引(取引条件の変更を含む。)をするもの”と定義されていました。以上の条件より、
      「日本国紀」が連鎖販売取引 Multi-level marketing(マルチ、マルチレベルマーケティング、MLM)に当てはまらないのは明らかです。
      どの項目に当てはまるのでしょうか?全て当てはまらないと連鎖販売取引とはならないです。

  • >我が闘争

    私も同じ事を思いました。
    そして大量購入してどこかに配る奴も、愛国者の証のつもりで買った奴も、まともに読んでいないという点が共通しています。安倍首相も、最後までは読めないだろうなあw

    改めてウィキペディアで確認しましたが、
    <引用開始>
    ヘンリー・キッシンジャーは、「我が闘争」に記載されたヒトラーの哲学は、陳腐で空想的で、従来からの右翼過激思想を通俗的にまとめ上げただけで、知的潮流を引き起こすものではなく、この点でマルクスの『資本論』などとは異なっていた、と述べた。
    <ここまで>
    という点もよく似ています。

    違うのは、我が闘争は、ヒトラーの述べたことをルドルフ・ヘスがまとめ、編集者が直して上梓したわけですが、日本国紀は幻冬舎が雇ったバイトが1文字いくらでネット上に転がっている文字列をコピペしたのではないか、というところですかね。

    なお、250冊などの大量注文は、政治資金収支報告書に出てくるかもしれないし、毒入り化粧品会社の会長が社員教育用に買ったのかもしれない。

    • >政治資金収支報告書に出てくるかも
      実にありそうな話ですね。
      きのう安倍総理が『日本国紀』購入したアピールもしてましたし、
      小川榮太郎氏の著書をたしか700万円分以上爆買いして
      偽の「当店売れ行きNo.1」を造り上げた時のように
      晋和会さんあたりの報告書に出るのではないかと。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください