竹田恒泰

トンデモ

【トンデモ】欠史八代説は嘘だった!(竹田恒泰「神話と天皇をタブー視した人々への鎮魂歌」『敗戦後遺症を乗り越えて』育鵬社, 2015)

イデオロギーという色眼鏡 保守論壇の歴史戦を見ると、あまりにイデオロギーが強すぎて冷静さを失っていることが多々あるようです。これまで幾度か取り上げてきた竹田恒泰氏が展開する記紀神話に関する言説もその典型例でしょう。血統正…

トンデモ

【トンデモ】神武天皇は実在した!(竹田恒泰「神話と天皇をタブー視した人々への鎮魂歌」『敗戦後遺症を乗り越えて』育鵬社, 2015)

自称旧皇族の歴史戦 自称「旧皇族」の肩書で、保守論壇界のプリンスとして名高い竹田恒泰氏は、その由緒正しき血統から、『古事記』『日本書紀』の記述に歴史性があると信じています。というのも、神話の時代から現代まで続く万世一系の…

トンデモ

【トンデモ】記紀神話は事実かつ真実、それを批判するのはGHQ政策が原因説(竹田恒泰「神話と天皇をタブー視した人々への鎮魂歌」『敗戦後遺症を乗り越えて』育鵬社, 2015)

自称旧皇族の歴史戦 自称「旧皇族」の肩書で、保守論壇界のプリンスとして名高い竹田恒泰氏は、その由緒正しき血統から、『古事記』『日本書紀』の記述に歴史性があると信じています。なぜなら皇室の尊さは万世一系という神話の時代から…

トンデモ

【トンデモ】卑弥呼神社がないから卑弥呼はいない(田中英道|「なぜ卑弥呼神社がないのか」『日本国史学』7, 2015)

つくる会の歴史戦 田中英道氏は、2001年9月より「新しい歴史教科書をつくる会(つくる会)」の会長を務めた保守運動の重要人物の一人です。そして現在では、小堀桂一郎氏、中西輝政氏、竹田恒泰氏らとともに「日本国史学会」という…