慰安婦

特集「日本国紀」

保守論客とトンデモ科学者の近似性について——『日本国紀』監修者・谷田川惣氏を例にとって

トンデモは世界共通 私の持論の一つに、「トンデモは分野の壁を超えて共通性がある」というのがあります。 『ジャパニズム』という雑誌では、オカルトが保守思想が結び付けられています。なんと「UFOが日本人に教える「保守の精神」…

特集「日本国紀」

【日本国紀】勝手に焦土にさせられてた札幌、第6刷にてようやく修正【コッソリ改版】

第6刷でも改竄は続く 刊行直後から内容以前に、あまりに事実誤認が多いと非難が殺到している『日本国紀』。重刷されるごとに「改版」の指示なく内容までも修正されていることをこれまで報告してきました(参考記事一覧)。 今回紹介す…

特集「日本国紀」

【書評】『「日本国紀」の副読本:学校が教えない日本史』の内容紹介と感想、評価、雑感。

『日本国紀』の副読本 本日、話題沸騰の『日本国紀』の副読本、その名も『日本国紀」の副読本:学校が教えない日本史』(産経新聞出版, 2018:以下、『日本国紀副読本』)が書店に並びました。 本書は、『日本国紀』の著者・百田…

特集「日本国紀」

【百田尚樹×ケント・ギルバート】日本人よ、歴史を取り戻せ(正論, 2019.2号)【これが「日本国紀」の原点だ】

『日本国紀』を書くきっかけはケント・ギルバート氏との対談 『正論』(2019,2号)に、『日本国紀』について百田尚樹氏とケント・ギルバート氏の対談が収録されています。そこで本記事では、各チャプターごとに気になる一節を取り…

特集「日本国紀」

【速報】百田尚樹氏が「コッソリ改版」についてコメント。フロイスとザビエルの取り違えなんて大したミスじゃないと豪語【日本国紀】

こっそり改版問題について百田氏がコメント これまで本ブログでは、百田尚樹『日本国紀』の第1刷と第4刷・第5刷との間で「改版」の事実が明示されないまま、相当量内容の改変が行われていることを指摘してきました。 本日の虎ノ門ニ…