トンデモ

【トンデモ】犠牲バントの精神は特攻に通ず(野々村直通・勝谷誠彦『にっぽん玉砕道』産経新聞出版, 2012)

体罰も含めた「力」は正義 これまで様々な保守系先生を紹介してきましたが、今回は、一風変わった熱血的保守系先生を紹介していきたいと思います。 そういえば、小学校や中学校の時、厳しい先生の授業では静かにするのに、甘い先生の授…

トンデモ

【トンデモ】天皇は「神に近い存在」と言わせてしまう中学授業(服部剛『教室の感動を実況中継!先生、日本ってすごいね』高木書房, 2015)

道徳教育とは「日本スゴイ!」を教えること 公立中学校の教諭を務めておられる服部剛先生は、ご自身の教育現場での出来事をまとめて幾つかの書籍を刊行しています。 たとえば、社会科授業の様子をまとめた、『先生、日本のこと教えて:…

トンデモ

【トンデモ】戦争に勝ったらどうするか?「大東亜共栄圏建設対策案」に説かれる勝利後の見取り図

戦後計画の夢想 アジア太平洋戦争(大東亜戦争)の緒戦での戦果に浮かれに浮かれ軍部もお役所も現実離れした計画を立案するようになりました。たとえば、総力戦研究所という政府系シンクタンクが1942年1月に制作した「大東亜共栄圏…

トンデモ

【トンデモ】特攻隊から感謝を学ぶ授業(服部剛『先生、日本のこと教えて:教科書が教えない社会科授業』扶桑社, 2005)

保守教育の傾向 自由主義史観研究会理事の服部剛氏は中学校の教師でもあり、自らが教鞭を振るった授業内容を本にしています。最近では『教室の感動を実況中継!先生、日本ってすごいね』(高木書房, 2015)というタイトルだけで内…

トンデモ

【トンデモ】「アメリカを占領する!」大東亜戦争緒戦における将校たちの夢想的戦争計画

イケイケな日本軍 アジア太平洋戦争(大東亜戦争)の緒戦で日本軍は、真珠湾攻撃やマレー沖海戦、東南アジアでの戦いなどで破竹の勢いで勝ち続けました。 あまりにも勝ち過ぎてしまたっため、軍の将校たちは、自軍の能力を過大評価し、…

トンデモ

【トンデモ】「朝日」憎けりゃWGIPも憎い。でもアメリカは憎くない(水間政憲「反日歴史認識の「教典」:『朝日新聞』は日本人洗脳放送『真相箱』に加担していた」『Voice』2014.6)

ともかく「朝日新聞が悪い」 南京事件や慰安婦問題でともかく叩かれる朝日新聞。昨今、保守勢力の朝日叩きは必要以上のものがあり、非論理的な言動が目立ちます。保守運動を有意義で建設的なものにするためにも、デマ拡散や炎上商法で短…