【驚愕】松蔭大学教授・澤田利彦氏、『日本国紀』を計36冊購入し配布。加えて英語版を期待する。その正体は!?

スゴイ先生

百田尚樹氏がツイッター上で購入を求めていた『日本国紀』ですが、松蔭大学の澤田俊彦教授が、なんと計36冊購入して、周囲に配布したそうです。

…すごい…。まさか大学の公費で買っていませんよね!?

「中心→中止」でしょうか…。

うーん。おそるべし。コピペ本を英訳して出版なんて恥ずかしいから辞めてほしいものです。

澤田俊彦教授

この澤田利彦先生の詳細を調べてみました。

大学のホームページによれば、専門は「観光」のようで、最終学位は「学士」とのこと。(つまり大学学部卒で、修士号や博士号は未収得)

またCiNiiで検索したところ学内紀要に三本の論文がヒットするのみでした。そしてKakenで検索してもヒットしないため、科研費は未獲得のようです。

どうやら、いわゆる「研究者」というよりも、実務的なお仕事を得意とされているようです。

にしてもこの人の授業のレポートはWikipediaコピペでもいいのでしょうか!?

【3%超え】Wikipediaなどからのコピペ量を計算してみた【日本コピペ紀】

2018年11月21日

【まとめ】百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)の関連記事まとめ

2018年11月17日


11 件のコメント

  • 売れたのが28万冊くらいなんでしたっけ?
    複数購入がかなりあるから、実際の購入者って1万人いるかどうかって程度なんじゃない?
    ネトウヨ大半、事前に調べない情弱さん少々くらいで構成されてんじゃないの【適当】

  • 記事とは直接関係ありませんが、百田尚樹の殉愛騒動って相当ひどかったんですね。関東在住なので全く知りませんでした。こんな欠陥人間の作品に少しでも関心を持った自分が愚かでしたが、このサイトを見て購入するのをやめました。陰ながら応援してます。

    • あれも相当ひどい本ですね。歴史上のでなく今現在生きてる人を傷つけた。
      すでにご存知かもしれませんが↓
      『殉愛』検証本著者の一人でもある角岡伸彦氏ブログの連載記事
      「百田尚樹『殉愛』の真実・裁判篇(1~17回)+判決篇」
      http://kadookanobuhiko.tumblr.com/archive

  • 最近は、「修士論文」「博士論文」などもWikipediaコピペが横行しているって、どっかで聞きました。情報ソースは定かではありませんが、今の大学生の実態はこんなもんなのでしょうか。

  • 具体的な反証がなく、ただの言いがかりにしかみえません
    wikiだからダメ、なのではなく
    何が事実でないのか、が大事なのでは?
    それは見解の違いではないのですか?
    その検証なく、自分と違う立場よ人を
    その属性等で判断するのは
    共感を呼びませんよ

    • 「言いがかり」どころか、『日本国紀』問題の多岐にわたる論点と具体的根拠を伴っての検証は、ここ論壇netさんで現在トップページ最上段に【関連記事まとめ】としてリンク集が設置されていますのでどうぞご参照下さい。
      ちなみに、よほどの狂信的アンチ?でもない限り、まともな普通の批判者は「wikiだからダメ」なんて言ってませんよ。「他人の著作から文章を引っ張ってきちゃダメ」とも言ってません。それは全然かまわないことです。
      では一体何がどう問題とされているのか、まずそこを理解することから始めてみては如何でしょう。
      “共鳴室” からの出口扉が見つかるかも知れません。

      (以下、管理人様へ)
      × 専門は「刊行」のようで
      ○ 専門は「観光」のようで

    • 引用元を示す、改版して正誤表を出す

      そういった「当たり前」の事をしてればここまで批判されないんですけども…ねぇ船木さん

  • 事実や通史としての歴史本を書く時にやってはいけないことを理解してない人多すぎだわ
    そしてここの記事最初から見てない人も多すぎ
    そんな反論で百田尚樹を擁護してるからバカにされる
    しかもそれに聞く耳持たないから一生バカで終わる

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください