Hanada(2019.2号)の読者欄に寄せられた『日本国紀』感想の分析

識者による『日本国紀』の肯定的書評を欠く現状

『日本国紀』が刊行されて以来、幾人かの方々が『日本国紀』に対する書評を発表されています。

しかし長谷川豊氏などの素人からの絶賛はあるものの、アカデミック界や論壇界で活躍する識者からの書評は芳しいものではありません(参考記事)。

『日本国紀』自体はバカ売れの状態のようです。しかし一方で、保守系論壇誌では先月号のHanadaに掲載された百田尚樹氏と有本香氏の対談記事を除いて、何故かこの『日本国紀』に触れていない状況が続いていました。

そんな折、『Hanada』(2019.2号)の読者欄に、『日本国紀』の書評が寄せられていましたのでこれを紹介したいと思います。

歴史教科書問題

紹介文全文をあげるわけにはいきませんので、気になった箇所を二箇所あげたいと思います。まず一つは歴史教科書問題。

しかしこれまでの日本の歴史は、特に教科書は読めば日本を嫌いになるよう、あるいは日本人であることが恥ずかしくなるように書かれた。
「自分の国を嫌いになれ」
「日本人であることを誇りに思うな」
そんな教科書が面白いはずもないし、興味を持てというほうが無理だろう。

『日本国紀』と歴史教科書を対決させています。

そういえば『日本国紀』副読本も歴史教科書の反日的記述を取り上げるようですし(参考記事)、百田尚樹氏も有本香氏も、ことあるごとに「学び舎」の歴史教科書を攻撃しています。さらに、竹田恒泰氏は、現在、歴史教科書をつくっている最中のようです。

以上の状況を踏まえますと保守論壇(虎ノ門ファミリー)は、次の漁場を「歴史教科書問題」に定めているように思えます。

自国を誇りを持ててこそ、他国を好きになり尊敬できる理論

次のような一節もあります。

自国の歴史に誇りを持たず、興味さえ持たない国民が、他国の歴史に興味を持ち、尊敬するはずがない。日本が好きで、日本人であることに誇りを持てる人間こそ、他国を好きになり、尊敬できるのだ。

はい。これは嘘ですね。

保守が主張していることを鵜呑みにした「日本を好きな日本人」が、韓国・中国を好きになり尊敬している試しを見たことありません。いったい『日本国紀』の何処を読んで、他国を好きになれるのでしょうか?

むしろ保守が叫んでいる「反日日本人」(リベラル・左翼)の方がよほど韓国・中国に対して良心的だというものです。

まとめ

以上、『Hanada』が公認する『日本国紀』感想でした。

『正論』や『WiLL』といった論壇誌が、『日本国紀』を等閑に付す不思議な現象が生じています。

『日本国紀』については内容以前に、コピペ問題など道義的問題が浮上しているため、「識者」がこれを手放しで称賛することは難しい状況なのかもしれません。

今後もこのような読者欄などを注意深く観察する必要があるでしょう。

【追記】アームズ魂氏から頂いた感想。ほんとそれ。

【3%超え】Wikipediaなどからのコピペ量を計算してみた【日本コピペ紀】

2018.11.21

【まとめ】百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)の関連記事まとめ

2018.11.17

【日本コピペ紀】Wikipediaやウェブサイトなどとの類似表現報告まとめ【日の丸すら】

2018.11.16

6 件のコメント

  • “自国に誇りを持ててこそ他国も好きになれる理論”は いつ聞いても謎ですね。自称保守の宣う「自国に誇りを持つ」は単なる「俺たち日本人スゲー」だとしか思えない。そしてその「スゲー」は往々にして「他国を見下すこと」と表裏だったりする。「日本は八紘一宇の精神で人種差別をしなかった!多くのユダヤ人を受け入れた!」と呟いてる人が、同時に醜悪な中韓ヘイトを吐きまくっていたり。「日本から出て行け」だの何だのと。コントか(笑)

    学生時代、授業で「731部隊」のことを詳しく教えてくれた先生がいた。その内容には研究が進んだ今の水準から見れば誤りも含まれていたと思う。でも、もっとずっと幼い頃に教わった 「悪い事をしたらちゃんと謝りなさい」 という言葉を改めて噛みしめることができた。

    物事は見る人によって評価様々で真偽・賛否両論。どの程度の悪事か、そもそも悪くなかったのか、中々定まらない。でも確かに云えることは、8月15日に「深い反省」を語り、火炎瓶を投げられようと沖縄に足繁く通う――そんな人が私たちの“象徴“であるこの国に生まれて来れて良かったということ。
    「俺たち日本人がスゲー」んじゃない。この人がスゴイだけ。
    サウイフモノニ ワタシモナリタイ な。

  • もとネット右翼だったオレだから、日本シュゴイ…(^p^)の気持ちよさはわかるんだけど、ネトウヨの謎理論は理解が不能なんだよなあ。

  • 韓国・中国という特殊な国を例に出したらいけないです。
    韓国・中国は嫌いだけど、台湾、東南アジア、インドなどは好きだという人は多いです。
    私は「日本国紀」を評価していませんが、「日本国紀」が本当の歴史を書き、日本が好きになる内容であったら、
    アメリカとは違った視点で、アラブ、イランなどを見ることが出来るようになります。
    日本は中東の石油に頼っているのに、あまりにもアメリカ寄りでアラブ、イランを無視しています。

  • 「いわゆる保守論壇」のことをいろいろ「批評」している、この論壇netの管理人様は、「リベラル論壇」を自称されてるんですか?それとも、ヒマにかまけて、「茶化しブーイング」で、「非生産的な遊び」に熱中しているだけなんでしょうか?これも「自由」といえば「自由」なんですがーーー

  • 「日本国記」については書店で飛ばし読み程度ですが、書評の内容は否定一辺倒で参考にならないですね。私はこの種の書籍としては渡部昇一先生の「[増補]決定版・日本史」がお薦めです。「論壇net」の管理人様もご異論はないと思いますが。

  • コメントを残す