【トンデモ】ハンバーガーは日本文化を破壊する陰謀だった(『口は天国からだは地獄:ハンバーガー編』美健ガイド社)

美健ガイド社のトンデモシリーズ

「美健ガイド社」の出している漫画シリーズは、「古き良き日本」の生活様式を取り戻そうとする保守運動の一つの有り方を示しています。

現代的なもの、非自然・天然的要素、欧米的要素は滅多打ち!美健ガイド社トンデモシリーズ、今回は「食」!

毎回「戦前の暮らし、自然・天然、日本って言葉が大好き!」と言う気持ちが空回りしすぎて、何を言ってるんだかわからなくなるシリーズです。漫画家さんはどんな気分でこれを描いていたのかな…以外とのノリノリだったのかな?とかいろいろ想像できて楽しい作品です。

今回のタイトルには、センスを感じますね。

ずばりそのタイトルは『口は天国からだは地獄:ハンバーガー編』(美健ガイド社, 2013)です。

ハンバーガーは理想の食べ物!?

美健ガイド社の食育漫画は、ともかく和食一筋、和食LOVE

それ以外を食べると最悪死ぬような言い方さえもするのですが

おや!?一体どうしたんでしょう!?まさかのハンバーガー褒め!?

異様な褒め方ですが、意外な方向からスタートです。

物語はスタートが大事です。ここで読者の心をぐっと掴まなければ、その後のページをめくってはもらえない……それを考えると、今回は大成功ですね。

どこかで見たことがある「M」を逆さにしたロゴが素敵なハンバーガー

「マックラナルド」と言うチェーン店のようです。じゃあロゴの「W」はなんなんだ。

こう言うところは非常に雑ですね。「ワルドナルド」とかなら「W」でいけたのに。

にしても、ハンバーガーが理想的な食べ物なんて聞いたことがないのですが。まあ、わかりきったことですがいつもの「フリ」ですねこれは!

ここで主人公!

「ジャンクフード」ってなに?とざわつく教室。

そこに出て来るステレオタイプ、メガネくんです。

広辞苑を持って小学校に来ているのでしょうか。豪腕ですね。

でもクラスはマックラナルドのハンバーガー支持層が多いようです。

やっぱり大声で怒鳴る。美健ガイド社の主人公は、だいたい急に大声を出します。少し落ち着いて!

でも 日本人なら」という言葉を言いたくてしょうがない。そういう熱い想いだけは伝わります。

この女の子は両親は、和食料理店を経営しているそうです。

ハンバーガーに対する並々ならぬ敵意を感じます。

美健ガイド社的ハンバーガーと日本人論

そんなこんなで仲良し三人組で、ハンバーガーの危険性を調査することに。

和食食堂を経営しているお父さんに聞いたそうです。

「敵についてどう思う?」と味方に質問するわけですね!?斬新だな〜!

邪道」「日本人」というお父さんの発言もさることながら、「やっぱり そうだよね」と無批判に受け入れてしまう女の子。

というか、これ、自分の意見を肯定してくれそうな相手に聞いてるので答えなんか決まってますよね。

日頃、このお父さんから「和食最高」「洋食邪道」という教育を受けて育ち、それを信じ、学校でああ発言したわけですから……。

ではなぜ日本人には、米と魚なのか?

きましたお得意の風土論!

日本の風土に合った食事は和食!だから日本人にぴったり!という理論です。

そしてサクッと

「日本には四季がある」

って言ってます。

じゃあ他の国には四季がないのか?英語にある季節の単語は一体なんなのか?様々なミステリーを残したまま、話を続けます。

一方、アメリカ人と言えば…。

子供の頃から食べていたものは自然と親しみを感じるかもしれません。

なので、そういう意味では「日本人は米と魚に、欧米人はパンと肉に親しみがある」人が多いのかもしれませんが……

でも、美健ガイド社ですよ!そんなわけないじゃない。

美健ガイド社は人種の差異にまで言及しちゃう。

それらしい「データのようなもの」を使うのがうまい。

日本人は、先祖代々日本の風土の下で暮らしてきましたから、「自然淘汰などを経て、日本食に適した体の作りである場合が多い」という仮説は有り得るかもしれません。

でも風土と人種的体質を結び付けるのはちょっと強引さを感じます。

たとえばお酒。

アフリカ系やヨーロッパ系よりも、日本人は人種的にアルコールに弱いことが知られています。でも日本にはお酒が無かったわけではないですよね。

先祖代々お酒を飲み続けて来たのに、日本人の体質にお酒は合わないのです。

それを考えると風土と体質、食生活を安易に結びつける理解は誤まりであり、荒唐無稽であると思います。

なお、和辻哲郎あたりも風土という考え方を推してきますが、この考え方は、一歩間違うと、「人種差別」に繋がる恐れのあるものなので私は好きではないです。

さっき言ってたことは何!?謎が謎を呼ぶ議論。

さらに議論は続きます。

たしかにパンと肉を使っていますから、先ほどの話を考えると、ハンバーガーはアメリカ人にとって理想的な食べ物なはずです。

ところが、

「父の蔵書の中にハンバーガーの本が結構」ある

なんで?

え、なんで?なんのための?謎がすぎるよ〜、処理しきれないよ〜!

しかし、そんな私の心は置いてきぼり!

パンと肉をつかっているのにハンバーガーは、アメリカ人にとっても理想的ではないそうです。

数ページめくっただけで自己矛盾を起こす美健ガイド社!人は矛盾を抱えて生きる生き物ですね。

ハンバーガーの害というのは、高カロリーによって肥満が増えること

「ハンバーガーが肥満の原因になるから控えるように」なんて美健ガイド社にしては珍しい意見では!?「しぬから」じゃないんだ!

そして美健ガイド社、さりげなく大企業の責任論を挟みます。

なるほど、「高カロリーのハンバーガー」を食べさせるように仕向けている大企業が悪いという理論です。

企業の陰謀なのか、企業の努力の賜物なのか、確かにアメリカではジャンクフードによる肥満が社会問題になっていると聞きます。

もちろんカロリー以外にも猛毒が!!

そう、化学物質!食品添加物!美健ガイド社の永遠の敵!!

防腐剤のせいなのか、ハンバーガーが一年経っても腐らなかった

マックラナルドマクドナルドの関係は解りませんが、マクドナルドのハンバーガーで同じような現象が確認され話題になりしたね。

ハンバーガーで日本を侵略!!!!

毎シリーズ、言いたいことを早く言いたいあまり、ブーストありあまる展開の美健ガイド社。

素直な「かっこいい」の感想に、ガチガチの返しをする師匠

見えんかった」って、個人の感想ですね。まあ、意見は大事。

それにしても「ハンバーガーについてどう思う?」と先に質問し、答えさせてからその答えを責めるのは、オトナゲナイ!

そしてそこから、畳み掛け!

日本人がパンを食べるようになった理由……?

な、な、な、なんだってーーーーーーーーー!?!?!?!????!???!

それは一体どうゆうことなんだ!?キバヤシ!

師匠は話を続けます。

実際、「米食批判」というのはあったそうです。

「お米を食べるとバカになる!!」に対抗して「ハンバーガーを広めるのは宣戦布告と同じ!」

なかなかハイレベルな戦いになってきた。

出ました!おなじみ「企業の陰謀」

そしてこちらは、小児科医がおじいちゃんの女の子のお話。

薬も注射も使わない 凄いお医者さん

ヤバイ匂いしかしないぜ!

子供に予防接種を受けさせない親が問題になってるんですけど、こういう本読んじゃってるんでしょうかね。

確実に爪痕を残している美健ガイド社。

そして、そんなヤバイお医者さんにも話を聞くよ〜!

やっぱり怒鳴る!感情に任せる!

小児科医のおじいちゃんだって、「予防接種を受けさせない派」、自然大好き派の親に「薬も注射も使わない」と宣伝して呼び寄せているのでは…?

「子供をターゲットにしてる」じゃない!?同じやり口じゃない!?

難しい話になってきた!

さて、おじいちゃんの言い分です。

特大のブーメランを投げた!!!

漫画の最初に出てきた「和食食堂」のお父さんは娘に「和食最高、ハンバーガー悪」と言っていました。

子供の頃から、そう言われ続け、そうなってしまったのでしょうね。

「思考は子供の頃に親に何を言われるかで大きく左右される」んじゃ…?

と、とにかく話を進めなければ。

明らかにマクドナルドの絵に見えますが、マックラナルドですので!

美健ガイド社はディスが容赦ないので「餌付け」などの悪意いっぱいな言葉を長文にさりげなく混ぜてきます。

ハンバーガー店が多いと平均寿命が下がるだって!?

全く関係ないと思われたデータを合わせることで、新しい技を閃いて来る!

ひらめきの天才か美健ガイド社!羨ましすぎるぞ!その才能!

新しく生まれた謎のデータによって、めでたくハンバーガーがジャンクフードだと証明できました!!

そこから、みんなで食育の時間に「ハンバーガーの危険性」を発表しよう〜!という流れになり、わいわい!

なんだか大団円!という感じの中、初めに出てきた「和食食堂のお父さん」が…

「ちゃんとした食いもん」和食です!

ハンバーガーにはたくさんの塩分も含まれていると指摘していたのですが、このお膳に乗っているものの塩分については一切触れません。

和食は日本人の体に合っているので、たくさんの塩分を含んでいても問題ないのかもしれませんね。

減塩醤油や減塩味噌が生まれたのは、一体なぜなんだろう?

毎回、たくさんの謎を生み出し、読者に余韻を残しまくっておわる、美健ガイド社の漫画シリーズです。

【トンデモ】これは酷い!経血コントロールができる!?ナプキン使用で不妊症?(『出口のない毒 経皮毒:ナプキン編』美健ガイド社, 2013)

2018年12月22日

【トンデモ】腎臓病は電磁波のせい!?解決策は「古き良き日本の生活」(『肝臓をいじめないで!!』美健ガイド社)

2018年12月18日

【トンデモ】TVゲームが脳を汚染する(『麻薬より怖い!?脳毒①』美健ガイド社)

2018年11月30日


7 件のコメント

  • このシリーズは塩分過多の和食を食べすぎて脳の血管がどうにかなってしまった人が作ってるんだろうな、という感想を持ちました

  • マクドナルド(直球で)で真空状態で一ヶ月レベルもったのはポテトで他は1週間でだめになりました。スーパーサイズ・ミーの監督が実験してましたがあくまでアメリカの話です。
    野球の話でいうとヤクルトの山田哲人選手は体重を増やすためにチーズバーガーを食べて成功してますし、カロリー過多は運動云々によっていくらでも変わります。
    以前某牛丼チェーンの焼鮭定食は塩分7gでひっくり返ったことがあります。
    たぶんもうなかったと思いますが

  • ハンバーガーの問題点だけを科学的根拠に基づいて指摘してればいい。安価で糖質が多く、栄養価の低い食べ物が売れるのは、大多数の国民の所得水準が低いからだとか、高脂血症や高血圧、高血糖のリスクが上がるとか、ちゃんとした統計に基づいて社会的ないし、医科学的な面から批判するだけなら問題ないし、むしろいいことなんだんけど、そこからなぜ和食最高に結びつくのか?これは他民族を差別をする時に自国民をやたら称賛する現象と同じではないか?

  • 一部の愛国者様が最近大好きな縄文人は、魚介類よりも獣肉をたくさん食べていたというデータがあります。
    まあ、本州人の祖先は遺伝的には縄文人より圧倒的に愛国者様が嫌いな弥生人なのでいいのかも知れませんが。(弥生人も獣肉食べてたけど)

  • 真弓定夫先生、食生活も思想も右に振り切れてますね。矛盾にも気づいてないし。他のトンデモ系医師の方が、理論に整合性がある分マシに思えてきます。

  • アメリカ人の超絶肥満の原因は「フードスタンプ」で食べる マクドナルド + コーラの糖分だった

    【衝撃】 アメリカのデブが異次元すぎるwwwwww どうやったらここまで太れるんだよ
    http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4537088.html
    https://matome.naver.jp/odai/2137949022098247301

    米国人は80年代後半から急激に太りだしたのだが、それは米国で家畜に対する薬物の使用が一般的になった頃と一致している。

    米国人が大食いなのは昔からで、食事量や献立自体にはこの40年間で大差はない。近所へのちょっとした買い物でも、どこへ行くにも車を使うというのも、1960年代からである。

    米国の中年で、太っていない人は、内臓疾患/薬物中毒者だと思っていれば、まず9割は当たっている。それ程米国人は一般的に肥満化している。見れば分かるが、日本で中年太りだと騒ぐのとは、桁違いの肥満度である。

     よって、近年になって食品に含まれるようになった物質が“米国全国民肥満化”の原因ではないかと疑われている。例えば、日本のメディアが何故か大騒ぎした“遺伝子組み換え大豆”を与えた実験動物に、何らかの変化・影響が出たという研究結果は、この2013年まで唯の一つもないが、牛に使われる薬物では沢山の疑わしい結果が出ている。

     “太る”以外に疑われている害としては、男性機能後退と女性の胸が大きくなる(いいと思うかもしれないが、癌や婦人病発生率が高くなる)、精神に異常を来たす(イライラ攻撃的になる)というもの。
    http://hp.vector.co.jp/authors/VA054130/%EF%BC%A5%EF%BC%B5%E3%81%AE%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E7%89%9B%E8%82%89%E8%BC%B8%E5%85%A5%E7%A6%81%E6%AD%A2%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6.txt

    鬱病を患う原因は、ジャンク・フードが原因!?

    マクドナルドは、人を不幸にする猛毒か?!

    ―ジャンク・フードとは

    「高カロリー・高脂肪・高糖分・高塩分でビタミン・ミネラル・食物繊維がほとんど含まれていない食品の事。」

    ―ジャンク・フード引き起こされる病気

    「肥満、高血圧、冠状性心疾患、脳卒中、胆嚢炎、骨粗鬆症、睡眠時無呼吸症候群、子宮・乳・前立腺ガン、高脂血症、脂肪肝、インスリン抵抗、ぜんそく、高尿酸血症、生殖ホルモン異常、卵巣症候群、生殖障害、精力低下、成人発症型糖尿病、鬱病など。」

    高脂肪な食品や加工食品、甘い御菓子などを習慣的に食べる人達は、果物や野菜、魚を中心とした食生活を送る人たちと比べ、うつ病になる確率が 60% 近く高くなるという研究結果が発表された。研究グループによると、これまでにも食品と精神保健との関連を調べた研究はあったが、食生活との相関性を調べた研究は、今回が初めてだそう。

    

医学論文誌「ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・サイキアトリー」に発表された同研究では、55歳前後の公務員3,486人(男女含む)を対象にアンケートを実施。食生活や過去5年間のうつ病の症状について、質問した。結果、加工食品の消費量が最も多かったグループは、最も少ないグループに比べ、5年後にうつになる確率が58%高かったという。

    

野菜や果物、魚中心の食生活がうつ病防止に効果的な理由として、研究グループは「果物や野菜に豊富に含まれる抗酸化物質に、うつ病を抑える働きがある」と主張。ブロッコリー、キャベツ、ホウレンソウなどに含まれる葉酸、魚に含まれるポリ不飽和脂肪酸も同様の働きがあるとしている。

    

精神病患者のための団体「Mental Health Foundation」のアンドリュー・マクロック代表は「新鮮な食品を手に入れにくい人たちや、ファースト・フード・ショップばかりが立ち並ぶ地域の住民たちが気がかりだ」とコメントしている。

    How Junk Food Diet Can Give You Depression

    http://www.dailymail.co.uk/health/j-food-depression/

    http://macveg.blog68.fc2.com/blog-entry-392.html#more

    「キレる」について

    「キレる」とは、相手に対して込み上げた怒りの感情が、我慢の限界を超えて一気に現れることを指す俗語です。

    「堪忍袋の緒が切れる」ということわざの「切れる」が語源という説と、激しく怒り興奮した場合に、こめかみに浮き立つ青筋の血管が「切れる」ことを表わしたとする説が有力だと言われています。「キレる」ということは、「自分の感情をコントロールできない状態」である言われています。

    最近では「キレる子供」だけでなく、「キレる大人」も増えており、さまざまな事件やニュースをよく耳にするようになりました。確かに、現代はストレス過多で、「キレ」やすい環境と言えるのかもしれませんが、それでも社会に共存して生きている限り、私たちはちょっとしたことで「キレ」てばかりいることもできません。

    「キレる自分」に負けない=「自分の感情をコントロールする」ためにできることから始めていきましょう。

    自分の感情をコントロールできない状態─「キレる」の症状や特徴
    自律神経失調症は、呼吸や心臓を司る「自律神経」にストレスが加わることによって、身体の各器官の不調をきたす病気です。

    自律神経失調症は病態が非常に複雑に絡み合って起こるため、医学的にも判断が難しいとされています。この病気は人によって症状が様々ですが、一般的には倦怠感、手足の冷えやほてり、めまい、イライラや不安感、無気力、集中力の低下などがあります。

    また、自律神経失調症は身体と心の双方に症状が現れることがあります。

    身体に現れる症状としては、肩こり、頭痛、耳鳴り、目の疲れ、手足のしびれ、息苦しい、吐き気、腹痛、便秘、下痢、疲れやすい、微熱、不眠、食欲不振、立ちくらみ、気が遠くなるなど、あらゆる身体の不調が症状として現れます。

    心に現れる症状としては、恐怖感、不安感、記憶力の低下、意欲の低下、イライラ、悲哀感などです。

    自律神経失調症は複雑であるため、治りにくい病気であると言われており、最近では漢方薬で治療する医師も増えてきました。

    人はなぜ「キレる」のか?─「キレる」原因とは

    現在の人々のキレやすさは、大脳の「辺縁系」という部分に問題があり、起こる病気と言えます。脳の「扁桃」という部分は、私たちが怒ったり、喜んだりする感情の源で、コントロールしているのが「前頭葉」です。

    実際、欧米で殺人などの事件を起こした凶悪犯の脳を調べると、前頭葉の血液の流れが普通の人より少ないと言われています。こうしたことから、人がキレるのは、前頭葉のコントロール能力が弱くなっているからではないかと、専門家の間で言われています。

    最近では、「キレる」ことと食生活との密接な関係が注目されています。
    犯罪と食との関係について、すでに欧米では30年も前からその因果関係が指摘されてきました。これまで日本での認識が薄かった理由は、普通に和食中心の日本食を食べていれば、特に問題が起きなかったためだと考えられています。

    15年前に米国で行われた調査では、怨恨関係のない殺人を犯した人たちは、ほとんどジャンクフード(スナック菓子などの低栄養食品)とソフトドリンクだけで育ってきたことが分かりました。

    ジャンクフードに大量に含まれるリン酸塩は、過剰に取ると、体内のカルシウムの吸収を阻害する働きをします。カルシウムが不足すると、イライラしたり、神経や筋肉の緊張を押さえられなくなると言われています。

    また、清涼飲料水などから大量の砂糖を摂取すると、体のメカニズムが崩れ、糖分をうまく体内に取り込めなくなり、低血糖症に陥ると言われています。

    血糖値が低いと、ぼんやりして判断力が鈍り、カルシウム不足でイライラすると、攻撃ホルモンのアドレナリンが分泌され、すぐに暴力をふるってしまうと言われています。

    また、最近若い人に欠乏していると言われる亜鉛も、動物実験から、不足すると情緒不安定になったり、狂暴化することが分かってきました。

    そして、少年院に収容されている少年たちからの聞き取り調査では、次のような食生活の実態が明らかになっています。

    <日米の少年院で収容者が共通して常食していたもの>

    コーラなどの炭酸飲料水 → 糖分が多く低血糖症になりやすい

    スナック菓子 → リン酸塩など添加物が多く亜鉛不足に

    ハンバーガーや肉加工品 → 動物性たんぱく質の摂りすぎでリン過剰

    インスタント食品 → カルシウム不足でイライラ、怒りっぽくなる

    ケーキや菓子パン → 糖分過多のうえ、ミネラル不足

    チョコレートミルク → 砂糖摂り過ぎ、ミルクアレルギーも

    缶コーヒー → カフェイン中毒と砂糖の害も

    合成着色料入り食品 → アレルギーや情緒不安定

    合成保存料含有食品 → 学力低下、みならるの働きを阻害

    こうしたキレやすい人々の症状に対しては、長期的に食生活の改善を行っていくこと以外には、これまで薬物療法が行われてきましたが、どのような薬も決め手となるものはありませんでした。

    精神の高揚を抑える精神安定剤を使った結果、患者は元気がなくなったり、吐き気や頭痛といった強い副作用に襲われ、服用を嫌がる患者さんも多いようです。
    http://www.kokoro-yamai.com/tag/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)