【日本コピペ紀】有本香氏、池上彰氏のパクリ疑惑を非難していた【ブーメラン職人】

特大ブーメランは続く

百田尚樹『日本国紀』には相当な量のコピペ改変跡が確認されます。その量は本記事執筆時点で全体の2.5%にも及びます。

そんな中、GEISTE氏が、『日本国紀』の監修者・有本香氏が、かつて池上彰氏のパクリ騒動について非難していたことを発見しました。

この池上彰氏のパクリ騒動とは、他人の意見・見解を、まるで池上彰氏が自分で考えたものであるかのように語っていたことが明らかになった事件です。これについて有本香氏は次のように語ります

書き起こし

いかにも何でも知ってる池上さんが、しかも全部自分でね、色んな情報収集に関与して池上さんがお伝えしているかのように演出してしまっているという所にちょっと問題があったかもしれない。

情報提供してくれた人との間での納得感をね、きちんとお互いに了解する形になっていたのかというのが問題だし、視聴者の方には大きく誤認を与えてるんですね。結局池上さんはジャーナリストだから、池上さん自身が何らかの形で情報収集に、ことの軽重はありますよ、でも関わってるんだろうと思ってたけど、そうじゃないのか、騙されたという思いがやっぱり視聴者の方には強いわけですよ。(中略)

池上さんという人がもの凄い博覧強記でね、なおかつあらゆる情報に自分で能動的にアクセスしてそれを我々に伝えてくれてるんだという誤認が生じていた

【有本香】池上彰氏の番組で他人の意見を池上氏の意見に?メディアは捏造の次はパクリ?朝日新聞は反省しない?竹田恒泰 2018年8月 ならびに GEISTE氏ツイート

思えば百田氏は、第一章30ページだけで40冊以上の参考文献を読み込み、渾身の筆を振るって『日本国紀』を書き、「すべて事実」と豪語していました。

しかし実際には、Wikipediaなどからのパクリ箇所が頻出し、事実誤認だらけであり、なおかつ改版を明示せずに重刷時に中身を改変してしまう有様です。

ここで有本氏の言葉を借用すれば、

「日本国紀の読者の方には大きく誤認を与えてるんですね」

「騙されたという思いがやっぱり読者の方には強いわけですよ

「百田さんという人がもの凄い博覧強記でね、なおかつあらゆる情報に自分で能動的にアクセスしてそれを我々に伝えてくれてるんだという誤認が生じていた」

というブーメランになるわけです。

『日本国紀』問題について、いまだ著者の百田尚樹氏、編集者の有本香氏、および版元の幻冬舎からの正式な謝罪やコメントは発表されていません。このような不誠実な対応は倫理的であるとは言い難いでしょう。

最後の有本氏のブーメラン発言をあげておきます。

【日本国紀】コピペが発覚した場合の他社の対応【ミスチル、幸福の科学、司馬遼太郎らをめぐる事案を通して】

2018年11月28日

【3%超え】Wikipediaなどからのコピペ量を計算してみた【日本コピペ紀】

2018年11月21日

【まとめ】百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)の関連記事まとめ

2018年11月17日

【日本コピペ紀】Wikipediaやウェブサイトなどとの類似表現報告まとめ【日の丸すら】

2018年11月16日




2 件のコメント

  • そもそもこの人はなんでこんなに出しゃばってるの?百田尚樹の金魚の糞にしか思えない。幻冬舎の編集者は謙虚そうなのに。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください