【時事】保守速報が敗訴【復活の道はあるのか? 寄せられたコメントの内容分析・感想】

保守系まとめサイトの大御所

保守系まとめサイトの最大手「保守速報」が上告棄却となり敗訴したそうです。判決は、保守速報に対し、損害賠償200万円の支払いを命じることで確定しました。

これを受けて管理人さんもサイト上で次のように発表。

いくら「保守」だの「愛国」だのを訴えても、差別やヘイトは本来的に全く不要な訳で、当然の判決であるように思えます。

「保守速報」の今後はどうなるのか?

管理者さんのコメントに「保守速報は続けていきます」とありますが、広告料が断たれているので、その先はとても暗いものとなっています。「保守速報」ほど大きいサイトだとその運営費(ライター料も含め)も馬鹿になりません。今後は、それをどの様に得ていくのかが大きな焦点になるでしょう。

現在の「保守速報」の運営費は、ネトウヨ議員として名高い小坪慎也市議らにより「保守基金」を立ち上げ、同サイトから購入可能な「しおり」(1,000円)や、保守系論者の小名木善行氏や坂東忠信氏の「講演依頼金」などによって賄われています。よって「保守速報」が自活できていない状況です。

「保守速報」のファンの方々からも、今後の運営を心配する声が多くあがっていました。たとえば次のようなコメント。

これと同内容を主張する声は他にもあったのですが、この解決法は現実的ではありません。「保守速報」(hosyusokuhou.jp)というドメイン・ブランドを捨てなければならず、変更した場合には検索順位などでも不利が予想されるため、返って収益が落ちる可能性があります。また変更したところで同一機関の運営ですから、新たにそこに広告を出したいという会社は現れないでしょう。

現実的な解決方法として、たとえば有料メルマガなどを発刊するなどして自活の道を探っていくことが考えられます。しかし、まとめブログは、内容ではなく速報性が重要視されるため、今のような「まとめ」をメルマガに詰め込んでも誰も読みたいとは思わないでしょう。「読者が有料でも読みたい」と思うようなコンテンツを、現状の「保守速報」がつくれるかどうかにかかっています。

言論弾圧を訴えるファンのコメント

また「保守速報」の敗訴報告記事に寄せられたコメントには、この敗訴を「言論弾圧」と捉える人が非常に多いことが目につきます。例えば次のようなもの。

かつて、言論弾圧を叫んでいたのは保守ではなく、リベラル・左翼側でした。保守は、かつてのリベラル・左翼側のやり方をそっくり真似し、ヘイトという手段で煽情しています。そして、ヘイトが度を超えて官憲から目を付けれれば、今度は「言論弾圧」と騒いでいるのです。不思議な左右の逆転現象です。

昔、三島由紀夫は東大全共闘と対論するなかで「君らが一言、天皇陛下万歳と叫んでくれれば俺は喜んで君らと手をつなぐ」と言いましたが、左右の差というのは本質的なものではなくて、結局根は同じなんですね。

もっとも「保守速報」の管理人さんにイデオロギー的理念があるかどうか不確かですが。

追記:新サイトを開設して広告費を得る

その後、「保守速報」管理人の報告によれば、「新サイト」をつくって広告費を稼ぐ作戦に出たようです。以下の記事を参照ください。



15 件のコメント

  • 残念ながら、少々目線が低過ぎるように思います。
    本裁判では、名誉毀損が論点になっていたと認識しております。
    名誉毀損は法令、判例で明らかなように、例え真実の指摘であっても公益性の論点が無ければ成立いたします。
    つまり、本裁判で名誉毀損について最高裁判断でまとめサイトが敗訴したという事は、あのババアに公益性が無いと公的機関が認めたという事です。
    パヨクは馬鹿なので分かっていないでしょうが、保守速報なるまとめサイトが敗訴したことは、パヨクは馬鹿で間抜けで公益性ナシと判断が下されたも同義なんですよ。

    • >2018年12月13日 11:20 PMの 匿名さんへ

      その理解は全く 逆!では?
      判決文を確認してないので名誉毀損裁判での一般論になりますが、公益性が認められなかったのは【記事(まとめ)】のほうですよ。

      誰かの社会的評価を貶めるようなことを発表しても、その内容が事実もしくは事実と信じる相当の理由があり、公益目的だったなら名誉毀損にならない。
      ここでの「公益」というのは、例えば国会議員のスキャンダルを暴く場合とかの、「公人としてふさわしいか有権者に判断材料を提供する」ような行為。相手の名誉を傷つけてでも社会に知らせなければならない事かどうか。そういう目的の有無が問われます。

      今回 上告が棄却されたということは、被告の行為(対象となった記事や発表の目的)に【公益性がない】ことが最高裁で認定されたということ。つまり「単なるヘイトだ」って言われたんですニュースで知る限りでは。原告女性のことでは全くなくて(笑)

      ○鹿で間○けなのはどちらでしょう。
      貴方は残念ながら、少々目線がミラクル過ぎるように思います。

  • 栗田kaoru的には

    1) アフィリエイト収入が絶たれた「保守速報」は(hosyusokuhou.jp)ドメインという財産を守るためにだけ存在せる
    2) (hosyusokuhou.jp)ドメインへのアクセス数は維持したい
    3) 金銭的余裕の無さから低性能サーバーに移管したのでありったけサーバー負荷は下げる

    この3点を満たすべく
    先ずネトウヨを釣るべく衛星の「まとめ」を、無料ブログに上げ捲る
    ついでにこの衛星無料ブログでアフィリエイト収入を得る
    「保守速報」(hosyusokuhou.jp)はその衛星無料ブログへのただのリンクサイトとすることでサーバー負荷を最小に抑える

    ってとこなんだろうけど
    2018年後半から開設した「ネトウヨ釣りまとめ」なんて犯罪者との関わり合い怪しさ爆発だし
    結局、自作低性能サーバーで同士()のまとめサイトにただ乗りのリンクサイトになるだけか、(hosyusokuhou.jp)は

    ビジネスマンとして金儲けするのか、趣味人として趣味にカネをかけるのか
    栗田kaoruは、どのみちこの自問自答からは逃げられない

    • その可能性はあると思います。しかし衛星ブログをいくら作っても、Google様には筒抜けでしょうから、そこに広告が載る可能性は低いような。
      一番なのはアクセス数を活かして有料メルマガなんでしょうけど、まとめブログ程度の情報にお金を払いたいと思う人はほとんどいないでしょうね~。

  • 日本国民のカスどもは移民様、在日様に土下座してパンダを天皇、上皇のように崇め笹を謙譲しろ!
    その為なら余計なサイトは排除!
    言論統制、市民統制、人民統制、情報統制全て受入れスパイに社会と思想を洗脳し政府を操られネトウヨは排除しろ!
    アジア市民の統制を受入れろネトウヨ
    という判決です

  • 公共電波と社会の洗脳は続き日本国民は滅ぶまで傀儡を続ける
    すべてのネトウヨにタヒをそして永遠に日本を失う苦しみを!

  • ブサヨを叩けばヘイトと騒ぐ
    ネトウヨを叩けば正義を謳う

    ダブスタやめろよ、ブサヨって自分が中道って勘違いしてるから、
    世の中の反対者全部右に見えてんだろ

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)