【日本コピペ紀】コピペと錯誤は百田の華

連日のようにコピペ箇所や錯誤箇所の指摘がある百田尚樹『日本国紀』。「火事と喧嘩は江戸の華」とはよく言ったものですが、同様に「コピペと錯誤は百田の華」でもありましょう。『日本国紀』は良く燃えましたし、今も炎上中です。

そんな中、GEISTE氏が「江戸の火事」の部分についてWikipediaコピペを指摘しました。

なるほど。確かに「記録に残らない小さなものまで含めると、三千回」(p. 196)とありますが、江戸には三百年の歴史があって記録にも残らない小さい火事は3000回ということはないでしょう。こうなるとWikipediaの記録残された数字を足してしまった可能性は確かに考えられます。

【祝2%超え】Wikipediaなどからのコピペ量を計算してみた【日本コピペ紀】

2018.11.21

【まとめ】百田尚樹『日本国紀』(幻冬舎, 2018)の関連記事まとめ

2018.11.17

【日本コピペ紀】Wikipediaやウェブサイトなどとの類似表現報告まとめ【日の丸すら】

2018.11.16

コメントを残す