秋篠宮殿下の大嘗祭発言について思うこと:皇室を蔑ろにする保守という構図

大嘗祭を国費ですべきか

フランスのライシテほど厳格ではありませんが、日本にも政教分離の原則があります。現代社会において聖と俗は常に緊張関係にありますが、特に日本の皇室と政治との間にある隔絶は特に大きいように思えます。

去る11月30日に秋篠宮殿下が会見で、大嘗祭と政教分離の問題について大変興味深いご発言をされました。

秋篠宮殿下 ……例えば即位の礼は、これは国事行為で行われるわけです、その一連のものは。ただ大嘗祭については、これは皇室の行事として行われるものですし、ある意味の宗教色が強いものになります
その宗教色が強いものについて、それを国費で賄うことが適当かどうか。これは平成の時の大嘗祭の時にも、そうするべきではないという立場だったわけですが、その頃はうんと若かったですし、多少意見を言ったぐらいですが。今回も結局その時を踏襲してすることになったわけです。……

ただ、宗教行事と憲法との関係はどうなのかというときに、私は、やはり内廷会計で行うべきだと思っています。ただそれをするためには相当な費用がかかりますが、大嘗祭自体は私は絶対にすべきものだと思います。
ただそのできる範囲で、言ってみれば身の丈に合った儀式にすれば、少なくとも皇室の行事と言っていますし、そういう形で行うのが、本来の姿ではないかと思いますし、宮内庁長官などにはかなり私も言っているんです。ただ残念ながらそこを考えること、言ってみれば、話を聞く耳を持たなかった。そのことは、私は非常に残念なことだったと思っています。

つまり大嘗祭は宗教色が強いため、これを国費ですることに抵抗感を感ぜられ、内廷会計の範囲で身の丈に合った小規模なものにするべきとの御発言です。

皇室の方が、このような個人見解を呈されることは殆どないためとても衝撃的でした。雅子妃殿下への人格否定発言を呈された皇太子殿下の「浩宮の乱」や、御譲位を望まれた今上陛下の「象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば」等に類するものであると思います。

皇室のお言葉を蔑ろにする保守

私が不思議に思うのは、この様な皇室のご発言があるたびに、「保守」と呼ばれる方々の多くが、どうしてそのお気持ちを汲み取って前向きに応援しないのか、ということです。先に今上陛下の譲位を望まれたお言葉の時に、それが強く感ぜられませした。

今回も、たとえば皇室関係の保守論客として知られる高森明勅氏は、オピニオンサイトiRonnaで「大嘗祭、公費支出に疑義「秋篠宮さまは少し勘違いされている」」という記事を書き、そのなかで秋篠宮殿下に苦言を呈しています。

人間としての発言

私はこのようなブログをやっていますので、多くの方は私のことをリベラル・左翼路線だと思っているでしょう。しかし皇室問題に関して私は、現在の皇室の方々の立ち居振る舞いは尊敬できるものであると考えています。

たとえば、歴史認識や靖国問題に関する今上陛下のご配慮については、保守こそが見習ってほしいと願うばかりです。また、皇太子殿下は、雅子妃殿下にプロポーズされた時に「僕が一生全力でお守りします」と仰ったそうですが、まさに「浩宮の乱」を通してその言葉を守られた皇太子殿下は、人間として大変立派であると私は思います。

今回の秋篠宮殿下の御発言も、一人の人間として大変立派なものであると私は思います。国が勝手に予算を付けて大体的にしようという話を、もっと小規模でよいというのですから、この精神こそを政府は保守は尊重して然るべきでしょう。

日頃、保守と自称される方々は「国体」だの「万世一系」だのと声高に叫び人々を煽情していますが、実はその彼らの言葉の中に、人間として生きられている皇室のお気持ちが全く入っていないという矛盾があるように思えます。

保守に言わせれば日本は天皇を中心にした「家族」のようなものらしいのですが、「親の心、子知らず」とはこのことでしょうか。

1 個のコメント

  • 皇室の、それも今上天皇のご子息であっても
    自称保守はネトウヨ様は、現状に疑問を呈するのは反日・左翼である!! という判定になるんですね。

    今上天皇が即位の礼を執り行った際、安全対策・費用を考慮し、東京で行ってことに対して
    伝統を破壊したと声を荒げる伝統至上主義に似た狂気を感じます。

  • コメントを残す