小室圭さんは、どうして400万円返さないのか? なぜ解決済みと強弁するのか

400万円問題

過日、秋篠宮殿下が、眞子さまと小室圭さんのご結婚について、「小室家としてきちんと説明し、多くの人が納得し、喜んでくれる状況を作るべき。そうでないと、納采の儀は行えない」と、延期が続くお二人の結婚について興味深い発言をしていました。

眞子さまとのご婚約が内定した後、週刊誌などの報道で、小室圭さんのお母様(小室佳代)の元婚約者A氏なる人物が登場し、400万円を貸したまま返さていないと主張しています。その元婚約者の方の主張をまとめれば以下の通り。

  • A氏は小室佳代氏(小室圭氏の母)と婚約状態にあった時期に、409万3000円(以下概算して400万)を貸し付けた。
  • 2012年9月に婚約解消されるに伴い、A氏が400万円の返却を求めると、小室佳代氏から「贈与を受けたものであって貸し付けを受けたものではありません」という返答がある。
  • 小室圭氏も、A氏に「もともと贈与だった」と見解を示す。

以上が事件のあらましで、小室圭さんが眞子さまと婚約内定が決定するに従いこの問題が急浮上してきたわけです。

なぜ400万円返さないのか

せっかく陛下の御裁可も得たというのに、過去の金銭問題で足をすくわれるとは、本当に救われない話です。これに関する報道を見て、前からどうしてさっさと400万円返さないのだろうか、海外留学まで経費でさせてもらっていて400万円つくれないわけではないだろう、と疑問だったのですが、恐らく次のような経緯があると予想しています。

  1. 既に400万円は「貸与」ではなく「贈与」という認識を、文章として元婚約者A氏に示している。
  2. したがって今更400万円をA氏に返すことは、小室親子が示していた当初の見解を取り下げることになる。
  3. その場合「小室親子はお金を返したくなくて嘘をついていた」という新たな疑義につながり、400万円返すことは400万円問題の根本的解決にならない。
  4. よって「贈与」であったという当初の見解を維持したまま、事態の沈静化を図る。

といったところではないでしょうか。いわば、返しても返さなくても事態は解決しないという複雑な状況にあると思えます。

日本国憲法第24条には、「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立」すると説かれていながら、「多くの人が納得し、喜んでくれる」状況でなければ結婚させてもらえない眞子さまが不憫でなりません。

【小室圭問題】「女性皇族はエリートサラリーマンか各家名士と結婚すべき」という保守論壇の声【根強い職業差別、門地差別】

2018年12月25日

【追記】小室圭さんの文章(全文)が公開

小室圭さんが本件について正式なコメントを発表しました。やはり解決済みという姿勢を貫くようです。

いつも温かいご厚情を賜り、御礼を申し上げます。

私小室圭の母とその元婚約者の方との過去の関係について、一昨年から御心配をおかけしており、たいへん申し訳ありません。これまでに多くの報道があったことについては承知しておりますし、私がこの問題について明確なご説明を差し上げてこなかったことで多くの方々にご迷惑をおかけする結果になってしまったことをたいへん心苦しく感じています。元婚約者の方との関係について母に代わってご説明したいと考え、このような方法をとらせていただきました。

私の母と元婚約者の方は、平成22年9月に婚約し、結婚生活を始める準備をしていました。母の再婚については私も嬉しく思いましたし、私自身も元婚約者の方とはとても親しくさせていただきました。婚約期間中、元婚約者の方から金銭的な支援を受けたこともあります。当時、母も私も元婚約者の方とは既に家族のようにお付き合いしており、ご厚意にたいへん感謝しておりました。

平成24年9月、元婚約者の方から母に対して婚約を解消したいというお申し入れがありました。母は突然の一方的な申し入れであり、また婚約を解消したい理由について明確なご説明をしていただけなかったことから憔悴した様子を見せていましたが、最終的には元婚約者の方のお気持ちは変わらないと理解し、お申し入れを受け入れました。その際に母が婚約期間中に受けた支援については精算させていただきたいとお伝えしたところ、元婚約者の方から「返してもらうつもりはなかった」という明確なご説明がありました。支援や慰謝料の点を含めて金銭的な問題はすべて解決済みであることを二人は確認したのです。実際に婚約解消後しばらくの間は、私や母が元婚約者の方から金銭の返還を求められることはありませんでした。

ところが、婚約を解消して1年ほど経った平成25年8月ころ、母は元婚約者の方から交際していた期間に負担した費用の返済を求めるお手紙を受け取りました。婚約解消時の確認事項に反する突然の要求に驚いた母は、専門家に相談してアドバイスを受けるとともに、元婚約者の方と直接お目にかかって、ご要望には応じかねることとその理由をお伝えしました。母の話を聞いた元婚約者の方からは、私も専門家に相談して何かあればこちらから連絡しますという反応がありましたが、連絡が入ることはありませんでした。その後はご近所にお住まいだった元婚約者の方と自宅周辺で偶然お会いすることもありましたが、金銭の話題が出たことはありませんでした。私の母と元婚約者の方との過去の関係は以上のとおりです。

多くの報道において借金トラブルが残っているとされていますが、このような経緯ですから母も私も元婚約者の方からの支援については解決済みの事柄であると理解してまいりました。そのため、平成29年12月から元婚約者の方のコメントだとされるものが連日報道される事態となり、私も母もたいへん困惑いたしました。元婚約者の方のご意向を測りかねたからです。

報道されている問題に関する母と私の認識は以上のとおりですが、私も母も元婚約者の方からご支援を受けたことには今も感謝しておりますので、今後は元婚約者の方からご理解を得ることができるよう努めたいと考えております。私は、現在、米国において勉学に勤しむ機会をいただいております。多くの方々に日々感謝いたしております。ご心配をいただいている方々のご納得をいただけるよう努力を重ねる覚悟でおりますので、どうか温かく見守っていただけますと幸いでございます。

平成31年1月22日 小室圭

なお、母の元婚約者は「トラブル解決してない」と小室圭さんに反論しているそうです…。はたしてどうなるか。

関連記事

眞子様、小室圭さんの結婚に対する各界の声まとめ【母親の借金問題】

2019年1月28日

【小室圭問題】「女性皇族はエリートサラリーマンか各家名士と結婚すべき」という保守論壇の声【根強い職業差別、門地差別】

2018年12月25日

秋篠宮殿下の大嘗祭発言について思うこと:皇室を蔑ろにする保守という構図

2018年12月5日


23 件のコメント

    • 圭に⁉遣われたお金だし、そのお金がなければICU、留学、アナウンススクール、スペイン旅行は出来なかった分けですから、圭も承知の借金、圭に相談なく借りないと思う。借りたのは母親だが佳の借金と同じ。

      • 借金は相続するので 親の借金は 子供の借金。子供のために借りたなら 親が返せないのなら圭さんは真摯に 返済に向けて誠意を示さないと元婚約者に対しても義理が立たない。

      • その通りです。なぜ「母親の借金で本人には関係ない」と大多数の人が言っているのか理解できません。幼少期に勝手に母親が作った借金ではなく、経済状態を理解できる年齢になってからの超贅沢。これを贈与と思っていたこの親子の人間性が嫌い。皇室につながる人間には相応しくない。もし今全額返金しても、慰謝料を渡して和解しても、それでOKなどとはとても思えません。

        • そこは思います。年齢的に、アルバイトしてお金を貯めて少しでも親の借金を少なくすることもできたわけですし。
          それにしても、まあ、週刊誌の男性側の言い分と全く食い違っていますね‥
          長い時間沈黙していたので、信じられません。事実ならもっと早くにいえばよかったのに。

    • 写真撮影代金とか払わせたり、してもらってたのに感謝もなく、挙句に親子揃って贈与発言してる以上、認識はあったわけだから関係ないは都合良すぎる。金が婚約者から出ていることの認識もあったわけだから。

    • 話が複雑すぎて真相が全く見えないですよね・・・お二人の気持ちは未だ離れていないようですから、幸せになっていただけることを祈ります。

  • 小さんの感覚は一般の人の考えとは 違うようですね 今騒がれいても ほっとけば 何とかなる感じです この方は 性格は変わらないと 思いますが まずは 眞子さまに 父上か 親しい方に 納得行くまでよくお話にならなければ このまま待っていてはたぶん何も変わらないし 他の姉弟にも 影響してしまいそうです。

  • 結婚すればいい。ただし、支度金(一時金)辞退&今後の支援も辞退してさ。
    そうしたら国民は何も言わない。私たちの税金をあの男に渡すのが納得いかないだけ。

  • 皇婿として新宮家を創設して『殿下』と称するには値しないと思いますがお互いを真の伴侶として慕いあっておられるのでしたら決めるのは眞子様ですね。新元号になるまでに週刊誌ネタはさっぱりと片付けていただきたいです。

  • 火のない所に煙は立たない。元婚約者の男性は、テレビ局に経緯を説明してまで返金を求めているのに、「贈与だと思ってるから、金を返すつもりはない。だからこの問題は解決してるでしょう?それで解ってよ。」
    と、開き直れる根性と、神経が理解出来ない。

  • 税金が使われていないのなら、誰と結婚しようと自由ですが、私達の税金です。
    皇族としての体面を保つために一億円以上の税金が払われます。それなりの方と結婚されるのは、当たり前だと思います❗

  • 金を返してほしいときに行く先はマスコミではなくて裁判所ですよ笑 婚約者の行動のほうがはるかにおかしいですよ。裁判起こしても勝てないからマスコミ使って煽ってるようにしか見えませんが。
    貸したのか贈与なのか、マスコミを介して出てきた情報では判断付きません。
    どっちの主張が正しいのかわからないのに、なんとなく好き嫌いで小室氏(しかも本人の借金じゃない)批判する人ばかり、酷すぎですね。 もう皆さん家柄差別、門地差別意識丸出しです。
    この国の国民は、高校卒業するまでに、憲法24条を1万回書き写す授業を受けるべきですよ本当に。

  • 小室親子の他人を利用して当然が嫌ですね
    マスコミは引いているが ネットでは在◯特権 部◯特権
    個人に確かめようもないが なら
    なんであんなに他人を利用できるのか 腑に落ちる
    後妻業もどきの母に 育てられたハリボテ王子
    眞子さんと 秋篠宮殿下にガッカリ
    皇室 国民の象徴と敬う気持ち 失せてきた
    ズル進学といい 国民より自分達
    平成天皇 皇后がお気の毒

  • 流れてる血は日本純血ですか  違うでしょ         借金問題以前に立ちはだかる大きな問題

  • 小室圭さん本人に判断力がある年齢で、留学・ICU・帝国ホテルで記念写真など。かなり贅沢な生活をしているのですから、「母親の借金で本人とは関係ない」わけがありません。東京に下宿して大学に通っていた子で、実の親に、就職後に授業料だけを毎月返している子を知っています。今から元婚約者の方と和解したとしても、全額返金しても、こんな贅沢させてもらって、贈与だと思っていた人間性が、将来天皇の義兄となる人としては、かなり問題があると思います。解決したと開き直られる前に、はっきり破談にするべきだと思います。

  • <婚姻に対する重みの順位>・・・・・太古から国民と共に歩んできた連綿たる皇統の存続―尊重(不動)
    民間人―― ①本人達の意思→ ②親・親族・知人の同意・歓迎
    皇 族―― ①純血皇統の存続→ ②皇族・国民の同意・歓迎→ ③本人達の意思   ※現在、半島の血が疑
    われている現状。

  • 400万の借金も返せないヒモ男が皇族にプロポーズなんて

    普通の日本人にとっては狂気の沙汰!

    よってこの親子は絶対に普通の親子じゃない!

    絶対に関わってはならないヤクザ親子!!!!

  • >「多くの人が納得し、喜んでくれる」状況でなければ結婚させてもらえない眞子さまが不憫でなりません。
    何言ってんの?全然不憫じゃない。普通の人は結婚しても税金から1億貰えないからね羨ましいレベル
    そんなに結婚したいなら1億自体するから普通の一般人のように扱ってくれって涙流しながら会見すれば言えばいいよ

  • 匿名 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください