【トンデモ】『朝日新聞「戦時社説」を読む』(室谷克実|毎日ワンズ, 2014)

新聞の戦争責任

戦前・戦中の軍国主義の中、新聞社がいかに国家体制に随従し、戦争賛美してきたかについては数多くの論文・書籍が発表されています。この「新聞と戦争」の問題について、入手しやすいものとして書籍として、例えば次のようなものがあります。

  1. 山中恒『新聞は戦争を美化せよ!:戦時国家情報機構史』小学館, 2001.
  2. 朝日新聞「新聞と戦争」取材班『新聞と戦争』朝日新聞出版, 2008.
  3. 前坂俊之『太平洋戦争と新聞』講談社, 2007.
  4. 今西光男『占領期の朝日新聞と戦争責任:村山長挙と緒方竹虎』 朝日新聞社, 2008.
  5. 読売新聞戦争責任検証委員会『検証 戦争責任』上下巻, 中央公論新社, 2009.
  6. 鈴木健二『戦争と新聞:メディアはなぜ戦争を煽るのか』, 2015.

このように「新聞と戦争」をめぐる書籍は数多く出版されているのですが、これらをほとんど読まずに、朝日新聞の戦争責任だけを執拗に追及する論文や書籍をしばしば見かけます。それら論文・書籍は、あまりに「朝日新聞憎し」が前面に出過ぎて、冷静な判断ができていないものが殆どです。その中でも今回は、室谷克実『朝日新聞「戦時社説」を読む』(毎日ワンズ, 2014)を取り上げながら、「朝日新聞の戦争責任」論の問題点を逐次紹介したいと思います。

新聞紙法を完全無視

戦前・戦中の新聞は、「新聞紙法」によって国家方針に合致する内容しか報道できませんでした。したがって、戦前・戦中では、いずれの新聞も一様に軍国調であり、国民の戦意を掻きたてました。したがって、この「新聞紙法」を考慮して、当時の主要紙すべてを取り上げてその戦争責任を問わなければなりません。

にもかかわらず「朝日新聞の戦争責任」を追求したがる一部保守論客(つまり本書)は、この「新聞紙法」による検閲があったことを全く顧みず、朝日新聞の軍国調記事だけを取り上げて非難します。

朝日の反軍記事を無視

このように「新聞紙法」のなかにあっても時として反軍的な記事が新聞に掲載されました。その中で有名なのは、1944年2月23日付の毎日新聞が、戦局が思わしくない旨の記事を載せ、陸軍報道部や東条英機がこれを反軍的内容であるとして弾圧した事件でしょう(竹槍事件)。この事件を室谷氏は高く評価し、朝日新聞の報道態度と比較して次のように言います。

ともあれ戦争には賛成しているものの、戦争の実態を伝え、ごまかしでない敗戦回避への提言をした点では、大きな意義があった。
逆に朝日は、戦局の悪化が国民の目にも明らかになり始めた昭和十九年後半から、盛んに叫ばれるようになっていた特攻精神、精神主義を繰り返し煽り、訴えるようになる。

 室谷克実『朝日新聞「戦時社説」を読む』毎日ワンズ, 2014, p. 218

しかしこれはアンフェアな比較です。というのも、朝日新聞も戦中に反軍的な記事を書き、記事差し止め命令の弾圧を受けています。すなわち、1943年1月1日付の朝日新聞で、東条英機を名指しで批判する「戦時宰相論」が掲載され、記事差し止めの圧力を受けた事件です。(仔細については、辻田真佐憲『空気の検閲』光文社, 2018, pp. 256-260を参照)

このように朝日新聞にも、ごまかしではなく本音を書こうとした事件がありました。このような事件も含めて公平に考察しなければなりませんが、室谷氏は戦中の朝日新聞の反軍記事を等閑に付してしまっています。

コミンテルンの陰謀

ところで、戦後今日に至るまでの朝日新聞批判の要点は、その内容が反日的であるという点に集約されます。しかし、戦前・戦中の朝日新聞が軍国調であることを根拠に戦争責任を追及するならば、戦前・戦中の朝日新聞は国家の方針に忠実に従った極めて愛国的なものであったはずです。当時は、反軍的な記事を書くことこそが反日でしたから。

したがって愛国を自称して戦前回帰を唱える現代保守が、戦前・戦中まったくの愛国であった朝日新聞を批判するというジレンマの構造が生じます。

このジレンマを解消させる有効な解決法が、「朝日新聞の裏にはコミンテルンがいた」という陰謀論です。次のように主張されます。

中村菊男教授が指摘する「朝日新聞戦犯」論も、実は戦中の社説よりも、満州事変から日米開戦に至るまでの朝日新聞の論調を問題視したのだと私は想像している。すなわち、日本が対米開戦に踏み切らざるを得ないよう誘導したと思われる論調だ。ここで見逃せないのが、コミンテルン(ソ連が支配した国際共産主義組織、日本共産党も実は「コミンテルン日本支部」だった)のスパイ活動だ。

 室谷克実『朝日新聞「戦時社説」を読む』毎日ワンズ, 2014, p. 23

こんな陰謀論は、著者の主観の産物でしかないのですが、主観の産物であるからこそ、まともな考察もせず次のように断言します。

ゾルゲ・尾崎一派が配置していたであろうコミンテルン・スパイ網の暗躍がなかったのか。つまり、対ソ方面(満州)は固定したまま日米開戦に進ませようというベクトルが働いていたのではないかと疑わざるを得ないのだ。

 室谷克実『朝日新聞「戦時社説」を読む』毎日ワンズ, 2014, p. 33

つまりコミンテルンのスパイ活動によって、朝日新聞が扇動され、その尖兵となった朝日新聞が日本が戦争せざるを得ないように仕向けたというのです。

まとめ

このように、室谷克実『朝日新聞「戦時社説」を読む』は、朝日新聞「戦時社説」しか読まず、朝日憎しの主観に基づいて、自分の気に喰わないことの原因を何でもかんでも朝日新聞に帰してしまう、典型な陰謀論の一つと評価できるでしょう。

【トンデモ】朝日新聞陰謀論まとめ

2018.10.25

コメントを残す