【トンデモ】「もし日本が勝っていたら…」大東亜戦争下における夢想的戦後計画

アメリカ処罰案

『奇聞・太平洋戦争』(文芸春秋, 2015)に収載される「A級戦犯たちが妄想した「もし日本が大東亜戦争に勝っていたら」」という記事によれば、終戦の間際に「大東亜戦争に勝利した後、どのようにアメリカを処罰すべきか」という座談会が発表されていたそうで、その内容が次のようにまとめられています。

  • アメリカが英国から独立した時の十三州の昔に返すこと
  • 大統領はもとの如く二選とし、それ以上を許さず、これを破って四選したルーズベルトは厳に処罰すべき筈なるも、既に死んだから、その遺族を監禁処分にする
  • アメリカの爆撃で日本の蒙った損害は、未だ発表せられていないが、これは物資で賠償させる。即ち戦前の如く鉄、石油、メリケン粉などどんどん運ばせることは勿論、天ぷらの材料の海老や帆立て員なども沢山来ていたのだから、ことに海老を沢山日本人に食わせて、減じた栄養の恢復をはからせる
  • 反日の元兇は厳罰とする。グルー、ニミッツ、マッカーサー。特にルメイには重くすること
  • 日本を毒したのはハリウッドの映画だからその工場の停止を命じ、その男女俳優は解散させる
  • アメリカが世界制覇などという非望を抱いたのも、ようするに要するに基本となるべき道徳教育精神教育が不完全だからである。そこで日本から教師を派して、武士道、日本史、神道、儒教、仏教、印度哲学などの講義を聞かせてやらなければならぬ
  • 中学以上には日本語を必修課目とす

敗戦後の今となっては虚しいばかりですが、本土決戦が現実味を増し、空襲も激しくなるさなかでの対談ということもあり、真剣に処罰案を考え出したというよりも、むしろ現実逃避した感を受けます。

大東亜共栄圏案

この様な夢想的な現実逃避は、むしろ開戦直後に多く確認されます。というのも日本もアジア太平洋戦争(大東亜戦争)の緒戦はイケイケでしたので、対米勝利後の大東亜共栄圏建設を妄想して、思いのままに作文しました。この手の作文は数多くあるのですが、今回はその中でも東京裁判で侵略意思の証拠として提示されてしまった、総力戦研究所編「大東亜共栄圏建設原案(草稿)」を取り上げたいと思います。

この「大東亜共栄圏建設原案(草稿)」は、その名の通り、軍部のシンクタンクが大東亜共栄圏をどの様に建設していくべきか案をまとめたもので、現在では1942年1月につくられた草稿だけが残っています。まさに日本軍が電光石火の如くイケイケだった時期につくられたものです。それではこの建設目標とは何なのか。次のように説かれています。

畏くも天皇は宇宙の根源、道義の本源にまします。故に皇道は道義の本源にまします。故に皇道は道義の顕現にして、世界の規範たり。皇国臣民はここに信条軌則を策め挙国世界の道義秩序を樹立すべき生成発展の歴史的使命を果たさんとするものなり。
然るに近世、欧米諸国は物質文明の余威を駆り、東洋を好餌として侵寇し来り、道義を重んずる東洋は「欧代せる亜細亜」に変質したり。而して之に対抗し、之を排除し来れるは神国日本あるのみ。

 総力戦研究所「大東亜共栄圏建設原案(草稿)」1942.1.27, No. 6(『総力戦研究所関係資料集』第3巻, 不二出版, 2016, p. 229)

天皇を「宇宙の根源」「道義の根源」とまで翼賛したり、あくまで欧米からのアジア解放を戦争目的として挙げている点は、戦時下の事情をよく反映していると思います。

そして大東亜共栄圏の範囲を次のように定めます。

中核圏 皇国の存立圏にして日本、満州、北支、揚子江下流地域及「ソ」領沿海地域を包括する疆域
小共栄圏 東亜小自給圏にして中核国及東部西比利(註:シベリア)、支那、印度支那、南洋を包括する疆域
大共栄圏 東亜大自給圏にして小共栄圏及豪州、印度、太平洋諸島を包括する疆域

 総力戦研究所「大東亜共栄圏建設原案(草稿)」1942.1.27, No. 4(『総力戦研究所関係資料集』第3巻, 不二出版, 2016, p. 228)

「自給圏」と称しているところに、ともかく「資源が欲しい」という本音が窺えます。また、二十年後のアジア諸国のあるべき政治体制を説き、インドは独立を目指すなど解放戦争の大義名分を忘れまいとしながらも、ところどころ「植民地も欲しい」という本音が垣間見られます。

十二.豪州及「ニュージランド」
東亜建設の進捗に伴い究極に於いては之を我領土となし大和民族進出の地たらしむことを目途とす

このように「大東亜共栄圏建設原案(草稿)」は、資源が欲しい植民地が欲しいという本音が隠し切れなかったため、東京裁判では日本の侵略意思を示す証拠として提出されてしまいました…。

同時期の同様の夢想、「このままアメリカ本土占領しちゃう?」については以下を参照ください。

【トンデモ】「アメリカを占領する!」大東亜戦争緒戦における将校たちの夢想的戦争計画

2018.10.24

コメントを残す