【速報】百田尚樹氏、移民政策で反安倍表明

今話題の百田尚樹先生が次のように先ほど表明されました。

『日本国紀』では安倍絶対支持だったのですが、この人の頭の中は予測不可能です…。

以下ツイッターの声。

https://twitter.com/JemmyloveO/status/1063760160995168257

都内のコンビニバイトは、留学生などが多くなっています。人手がともかく足りないのですから、移民を積極的に受け入れざるを得なくなるのではないでしょうか。

また単純労働ならば、大学まで卒業する必要はありません。日本は国民の教育に膨大な投資をしているわけです。本来ならば大学まで卒業した国民が、その後、高度な専門性を有する業務につかなければ、その投資はある意味で無駄になってしまいます。そのような教育投資を無駄にしないためにも、単純労働を担う外国人労働者(究極的には移民)を受け入れることは必ずしも悪いことではないでしょう。

移民に反対する保守界に対して、移民を進める安倍首相の姿勢のギャップは今を以ってなお不可解です。そして一部の保守論客は、「大東亜共栄圏では人種平等で全員”日本人”だった」とか解放戦争論を唄っているくせに、その同一人物が”移民反対”とはどーいう理論なのでしょうか。大東亜共栄圏とか言いつつも実際には”大和民族”がリーダーだと妄想してた事実は、今も同じ構造を伝えていると言えるでしょう。

ただし移民先進国(❔)のヨーロッパでも、移民政策は苦労の連続で様々な内部矛盾を産んでいることは事実です。



4 件のコメント

  • 都内のコンビニバイトは、留学生などが多くになっています。
    ”多くなっています“で良くなくない?

    「大東亜共栄圏では人種平等で全員”日本人”だったと」か
    」を一歩前に

  • 外国人労働者は移民です。「永住者」を安倍総理ほかは移民扱いしてるようですが、労働者でも更新を繰り返すと10年ほどで永住者になれます。

    それまで、すでに2百万人もの労働者とその家族は、参政権を含む広範な人権を制限された「出自が異なるゆえの2級市民」にされます。2,3年単位の契約更新なので不安定な立場です。

    たとえ永住権を得ても、差別するなと叫び制度を整えても、北欧ほど優れた小規模な先進的国家、移民国家である米国などですら、ニュースで聞き及んでおられる通り、何十年も力を尽くしてもうまくいきませんでした。

    管理人さんは日本をそういう残酷な国にしたいのですね。出自による差別がしっかりと根付いた国へ。

    日本でも在日韓国朝鮮人、特に帰化していない方々への差別はなかなかなくなりません。生活保護がーと言う人がいますが単純に貧困率が高いわけです。日本人の気質が突然変わって今後はうまくいくとお思いですか?宗教から何から何まで極端に違うグループが複数、今のさらに何倍の規模に増えるのですよ?

    詳細はご自分でお調べになってほしいですが日本の労働者にとっても、経済全体にも中長期でマイナスで(確かに人手不足倒産はありますが、その一部は破綻した企業ですし、国に莫大な予算がかかるのは一緒なので、もし救済するなら別の方法ですべきです)、一種の人身売買、軽い奴隷制度です。

    「人を何もかも勝手の違う言葉もまったく違う異国へ、不安定な立場で呼んで働かせ暮らさせる」ことを管理人さんはずいぶん甘い認識で考えておられます。真剣に血の通った仕事をしない政治家や官僚と一緒です。

    移民を本気で求めている人々は、安月給で人をこき使わねば潰れてしまう企業や自営業の方々です。素晴らしい方もおられますがあくどい企業も多く、年間7千人が失踪する地獄の奴隷労働をさせています。大手運送業者で大勢のベトナム人とバイトしたことがありますが、古い機械をそのまま使って過酷な仕事を安く行わせていました。中小には約束した給与の支払い等をしない経営者もいっぱいいます。そんなとき、彼らは日本語がうまくないし社会の仕組みや感覚もわからないので助けを求めたりすることも難しいのです。それをサポートする体制を整えるなら受け入れのキャパつまり限界も、現状よりずっと大きな予算も考えなくてはならないのです。

    すでに来られた方々のうち残りたい方々は早く国民として法的にも認めて日本人になっていただき、これからは「むやみに移民を入れるのは」やめなくては、これから生まれる日本人と移民のこどもたちがどちらもかわいそうです。大人のいい加減な都合と判断で、彼らを苦悩深い差別と憎悪に飲み込まれた人生に陥れるのですか?それでも強い人は明るい人生も生きられます。しかし余計な苦しみをわざわざ増やすのは罪です。

    在日韓国朝鮮人は、国籍が宙吊りのままで許された結果、かえって苦難の歴史を、本当に血の涙の出るような歴史を数十年歩むことになりました。これがさらに深刻になった、韓国のように助けてくれる国も近くになく国力もないような、そういう人々を新たに生み出すことになるのです。

    横浜の古い華僑のように、徐々になら互いのためになる良いことであって大歓迎ですが、ここ数年でもう入れすぎました。しかも受け入れとは言えない、入れただけでサポートの薄いかわいそうな状態です。今すぐでも、すでに日本にいることを決めた移民の方々へのサポートに予算をつけ、新規受け入れは一旦ストップすべきです。

    「左だ右だ」で頭を固くせず勉強してください。「グローバリズムかローカリズムか」が対立点です。自民党はここ数十年、右派グローバリズム政党です。そもそも日本政府は難民をほぼ全員見捨てて国際的非難を浴びているくせに、激安外人労働力を大量に入れています。最低最悪です。人はカネやモノやサービスではありません。

    管理人さんは差別発生支持者、社会の分断の支持者、奴隷制度の支持者、未来のこどもたちの虐待者ですね。

    個人的にはこれが一番悲しいのですが、移民元の国ってなかなか自国で産業が発達せず政治不安と暴力のはびこる貧困国であり続けます。自前でモノやサービスを供給できずに出稼ぎしてる地域は、なかなか豊かになれません。フィリピンやメキシコが典型です。貧困国の人々を安月給で異国に呼んで奴隷のようにこき使い、永久に先進国の従属化に置くことになります。

    左翼グローバリズムとは決別してください。それは人間性を数年単位でしか考えない残酷な思想です。せめて10年先まで見た中長期のヒューマニズムを目指してください。中小企業ですらまともなところは20年30年先の社員の事も考えます。

    ちなみにAIのせい(おかげ?)で10~20年先には建設作業員などが人あまりになると予測されています。そのとき彼らはどうなるのでしょう?彼らをどう扱うべきだという人が現れるでしょう?何が起こるでしょう?考えてください。何もかも良くなるさという事がないのは戦前戦後の日本がたどってきた道を思い起こせば、現実の政治の限界を見れば、よくおわかりになるでしょう。

  • 経済的観点から考えて、外国人を受け入れても大半の人々は本国に仕送りをしたり結局本国に帰ったりするわけで、国内にお金が循環しないので一時のドーピングにしかならないし、そういう浅はかな考えでヨーロッパ
    特に少しでも批判をするとヘイト扱いのドイツとかでは人々の怒りが爆発しかけててそれで右派政党が躍進したりしてるんですが。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)