皇族は「男系」にこだわっていない? 小室圭さん「Let it be」の呪詛が成就

「男系絶えれば皇統断絶」と皇族は思っていない!?

皇位継承者が三名に減ってしまい、あと30年もすれば皇室には悠仁さま一人しかいなくなる――そんな恐ろしい未来が現実のものになる恐れがでてきています。

現在の皇室典範には「男系男子」しか天皇になれない記述なっています。しかし前回別の記事で書いたように、既に多くの国民は女性天皇、女系天皇を容認する方向になびいています。男女平等の時代ですからこれは当然でしょう。

上皇陛下と秋篠宮殿下は、女系天皇「容認」派 愛子さま待望論

2019年5月13日

ところでこの問題の当事者はどうのように閑雅ているのでしょうか? つまり天皇陛下や秋篠宮殿下ら皇族方が、男系絶対派の言うような「男系が絶えれば皇統断絶」という危機感を持っているのかどうかという論点です。本記事ではこの問題を考察していきたいと思います。

結論を先に述べますと、天皇陛下や秋篠宮殿下は「男系途切れれば皇統断絶」という危機感を持っていないのではないかというのが本記事の推論です。

その理由は、そもそも、仮に天皇陛下や秋篠宮殿下ら女性皇族も含めた皇族方が「男系が絶えれば皇統断絶」という危機感を持っているのであれば、自ずと結婚相手を旧宮家から選ぶはずだと予想されるからです。

恋愛結婚とお見合い結婚

もちろん、皇族といえども結婚は両性の合意が前提ですし、第三者に決められた結婚を「政略結婚」だとか、「好きでもない人との結婚はありえない」という批判はあるかもしれません。が、民間でも両親や親族が仲介したお見合い結婚というのは一昔前までは普通のことでしたし、現在では稀にはなったとはいえ、全く理解できないことではありません。「皇族」という特殊な立場・身分を考えますと、男女問わずそもそも自然な出会いの場が少ない皇族の結婚に親や親類のとりなしが介在するのは当然でしょう。

紀宮さま(現黒田清子さん)の結婚が秋篠宮殿下の紹介であったことや、高円宮家の女王殿下の結婚相手が母親の久子殿下による紹介であったのは有名な話ですし、作家の竹田恒泰氏も2年前の高円宮絢子さま(現守谷絢子さん)の結婚に際し「結婚は恋愛より見合いがイイ!」と自身の動画チャンネルで主張しています。

皇族方は皇統の当事者

で、「結婚は恋愛よりお見合いがイイ!」のなら、そして「男系が絶えたら皇統断絶」という危機感を(女性皇族も含め)皇族方が持っているのなら、自然と旧宮家の方とのご結婚を自らの選択としてなさるのが事の道理ではないかというのが本誌の結論です。

現に男系派の主張には「女性皇族と旧宮家の男性が結婚していただく」案がありますし、継体天皇や光格天皇の例など、過去には事実として、そのようにして皇統が保たれました。男系絶対派の言論人があーだこーだ外野で言わずとも、皇族方に当事者意識があり、過去に倣って皇統の危機を回避するお気持ちがあるのなら、自分たちの家系(皇統)を守るために、自ずとそうするはずでしょう。皇族方は、紛れもない皇統の当事者ですから、少なくとも皇統に関しては、ビジネスでやっている人たちよりも、ガチで保守的な態度をとろうとすると考えるのが自然ではないでしょうか。

仮に「制度化された道鏡(倉山満氏)」である女性宮家が創設されたとしても、女性皇族がこぞって旧宮家の男性とご結婚されれば男系が維持されますし、女性宮家創設がなかったとしても、佳子さまや愛子さまが旧宮家の男性と結婚されれば、国民の間で旧宮家に対する好感度が上がり(注:竹田恒泰氏に好感度がないと言っているわけでは決してありません)、旧宮家の復帰に前向きな空気が醸成されるのは間違いありません。

予言の自己成就?恐るべき小室圭さんの言霊の力

しかし、現実はどうでしょう。眞子さまはよりによって、一般人でも結婚をためらうような小室圭さんとの結婚を決め、父親であり、次期皇位継承者である秋篠宮殿下は「いや、もうちょっと待ったらいいんじゃないか?」の一言も言わず、「眞子の父です」と、思わず「いや、知っとるわい」と返されそうなご挨拶をされただけでした。小室さんの座右の銘「Let it be」の精神で流れに身を任せすぎた感が否めません。

仮に女性皇族である眞子さまが「男系が絶えれば皇統断絶」という危機感をお持ちでなかったとしても、皇位継承者の秋篠宮殿下がそういう危機感を持っていれば、結婚適齢期になった眞子さまに自然な形で旧宮家の青年を紹介するはずでしょうが、何もした形跡がありませんし、小室さんを紹介された後でも、「男系継承が必要だから小室くんじゃいかん!」と言った形跡もありません。

上皇陛下にしても「男系継承が大切だからもうちょっと…」と小言も言わずに裁可されました。秋篠宮殿下、宮内庁、そして上皇陛下まで、小室圭さんの発した「Let it be」の言葉に押し流されるような形で、婚約内定まで行ってしまったわけです。皇女の結婚と皇統の一大事が小室さんの座右の銘のままに事が進んでしまったというのが現状です。

男系絶えても皇統断絶にはならない?

結論です。よって、現状から考えて、本誌としては「皇族方は「男系絶えれば皇統断絶」と思っていない」と結論付けます。もしかしたら、「男系が絶えれば皇統断絶」とは思っているかもしれませんが、少なくともそれに対する危機感は持っていないということは確かではないでしょうか。また、考えたくありませんが、最悪のケースとしては、「男系が絶えたら皇統断絶だが、別にそれで良い。だってLet it beだもん」ということにもなるでしょう。

皆さんはどう感じられますでしょうか?

皇位継承の問題まで、小室さんの座右の銘の通りになってしまって、果たして良いものでしょうか。

(文/宮本タケロウ Twitter

アンケート

皇室の安定的持続のために「皇族」の方々の意見を聞くべきだと思いますか?(回答追加・複数選択可能)
  • あなたの回答を追加する


38 件のコメント

  • だから旧宮家って、鍛冶屋の子孫に置き替わってるってさ
    鍛冶屋って祖先辿っても天皇には繋がらないし、なにより渡来系の末裔の噂もあるし
    鉄器を専業で扱ってたのが渡来系だそうで、昔は規制が厳しくて勝手に家業とか始めれないから、その血筋は確かなんだそうだ

    結局さ、旧宮家を復帰させても、天皇と血が繋がってなかったら意味ないんだって
    女性皇族と結婚して出来た子供が天皇になっても、それって女系天皇だし

    最近になって、旧宮家を持ち上げて騒いでる連中ってさ、皇統を渡来系に切替えようと企む半島系とか大陸系とかが、金バラまいて支援してるんだろうなって思うよ
    俺はそう睨んでる
    ほんと気をつけないと、それこそ国土から伝統やら文化まで、全部あいつらに奪われるからな

    そもそも、今は悠仁親王殿下がいらっしゃるわけだ
    まずは慌てず騒がず、悠仁さまの健やかなる成長を、日本国民、皆でお見守りすることがなによりも大事だと思うよ

    口角泡の某芸人みたいなのが皇室に入ったら、それこそ終わりだぜ
    イトコは朝鮮資本にズブズブだし
    他の連中もいろいろヤバイ話ばっかだよ

    • 上皇皇后陛下は日本国民のシンボルになるために
      馬車馬に官僚主導のご公務を拒否せず全部こなした。
      そのつけは全部秋篠宮に責任転換させるCIAつき
      官僚のなせる業

    • 秋篠宮夫妻は、上皇夫妻を真似て
      私的公務を増やして、宮廷費を何倍も浪費してきたし
      川嶋家も皇室ビジネスで金儲け。
      だから、その子である悠仁様に高統がいくのは大反対。

      公務のあり方を見直そうとした天皇陛下に皇統をつないでいってもらうのがいいよ。
      愛子さまなら皇室を正しい姿に戻してくださる。

    • 民主党政権時代に学生運動の頭、仙谷由人が労働組合を通じて
      眞子さまにぶつける野郎を物色していた
      いい物件があったので政権をとった時に
      学習院が行けないような噂を流し
      愛子さまをいじめ悠仁さまが学習院へ
      行けないように
      眞子さまの進学を決める時期に強引に民主党政権に
      交代させた本当の意味はCIAに汚染されたマズコミの力だ

      • 悠仁さまが学習院に行かなかったのは
        皇族といえど徒歩通学だったから。

        不登校が即ばれるからね。

        事件のあった日お休みだったと、その前から直近3日休んでいると
        同級生の親にリークされていたね。

    • >まずは慌てず騒がず、悠仁さまの健やかなる成長を、日本国民、皆でお見守りすることがなによりも大事だと思うよ

      紀子さまが隠して見せないから、誰も健康なお子さんとは思ってないよ。

      もし並のレベルだったら、自慢げに見せびらかしていただろう?

      あそこまで隠された皇族は居なかったなあ

    • そもそも悠仁さまだけで大丈夫だよ
      大正の天皇陛下だって、体が弱いと言われながらも、男の子を4人も授かったんだから
      しかも完全に一夫一婦でだよ、このときも側室なんかいなかったし

      ここで浮足立てば、それこそ、皇室を乗っ取ろうと企む連中の思う壺だよ
      かの筋に通じた男が皇室に入り込めば、それこそ悠仁さまの大事な御身が狙われるとも限らない
      なんせ自分の子や孫が天皇になれるかもしれないわけだ
      しかも渡来系のいわくつき

      反日マスゴミや左翼どもの妄言で、皇室を変えてしまったら、それこそ日本の終わり
      今は必死になって耐えるとき

      平沼赳夫議員も言ってたろ
      「信じて待つしかない」と

      • 自分は秋篠宮と紀子さんの子が皇統繋ぐのは反対だな
        この親の子にまともな結婚相手が来るわけない。

        皇室に入って贅沢したいと思っている、kkしか来ない。
        だって両親がそうだもの

        紀子さんの両親の皇室をバカにした卑しさが嫌だ
        タイでの隠し子騒動が起きたときすんなり納得してしまった秋篠宮の卑しさも嫌だ

        まあ見てみよう、あとの2人もkkと変わらない人物しか寄ってこないって。

        • 紀子さんの両親は椿山荘を借りる金を宮内庁に請求して断られたので
          納采の儀をあの狭い汚い団地の部屋で執り行って

          結婚式の手袋2000円まで宮内庁に請求して、さすがに美智子さまに呆れられた。

          タクシー代が出せません、と言って宮内庁にハイヤーを出させたkkとそっくりだよね。

          • 支度金をもらったのにイミテーションパールしか持ってこなかったよね。
            弟は何故かその後新車を購入。
            タクシー代がないのに代理人の弁護士がいたり留学している小室と被るね。

      • 悠仁さましかいないなら余計に小室圭は絶対避けなければならない。
        あんな人が義兄になったら怖すぎる。
        眞子の気持ちにいつまでこだわっているのか。
        国民の気持ちより眞子の気持ちが大事なのか!

        皆さま宮内庁電話よろしくお願いします。

        宮内庁電話03-3213-1111

    • 「万世一系」は大嘘

      武烈(25代)から継体(26代)への代替わりなど、まず王朝交代と見て間違いない。

      武烈には子がなく、次の天皇となった継体は、古事記によれば応神天皇(15代)の五世の孫、日本書紀によれば六世の孫、とされている。確かに一応過去の天皇の子孫ということになってはいるが、これほど世代の隔絶した継承は異常だ。それは、以下の系譜と比べてみれば分かる。

      桓武天皇

      葛原親王1

      高見王2

      平高望3

      平良持4

      平将門5

      平将門は桓武天皇の五世の孫。継体が天皇になったというのは、平将門が天皇になったのと同じようなものなのだ。

      しかも、三国(現在の福井県坂井郡付近)の出身とされている継体の、応神以来の系譜は、古事記にも日本書紀にも書かれていない。(日本書紀は父の名のみ記載。)

       これは記紀の編者が、それらを知らなかったためではなく、それらを書くことが必ずしも名誉とならない、そういう事情を配慮したからではないであろうか。なぜなら、それらの人名は、北志賀(滋賀県)や三国(福井県)の諸豪族にとって、同僚や時として下僚に当る人物として熟知されていた人名だったであろうから。

       このように考えてみると、継体即位の問題性、さらに不法性、それを疑うことは困難なのではなかろうか。

      という古田武彦氏の推測(『古代は輝いていた』2)は妥当なものと思われる。実際、応神―継体間の系譜は、鎌倉末期に書かれた日本書紀の注釈書「釈日本紀」に、今では失われた「上宮記」という史書からの引用という形で記載されている。上宮記は7世紀頃に成立したと考えられており、古事記・日本書紀より古い。当然、記紀の編者が知らなかったはずはないのだ。

      要するに、武烈死後の混乱に乗じて、出自もはっきりしない、しかし武力や経済力は十分に備えた地方の大豪族が大和に進出してきて次の天皇となったのだ。「万世一系」説に毒されていない常識では、これを王朝交代と呼ぶ。

      • 続き

        仲哀→応神も王朝交代

        記事《「万世一系」の虚妄》の中で、武烈(25代)から継体(26代)への代替わりが王朝交代に他ならないことを説明した。しかし、明治以来常識化されてきた「万世一系」を否定する反例はこれだけではない。

        次は、仲哀(14代)から応神(15代)への代替わりを見てみよう。

        仲哀は、実に奇妙な死に方をしている。

        古事記(仲哀記):

         その太后息長帯日売の命(オキナガタラシヒメノミコト=神功皇后)は、当時神帰よせしたまひき。かれ天皇筑紫の詞志比かしひの宮にましまして熊曾の国を撃たむとしたまふ時に、天皇御琴を控ひかして、建内タケシウチの宿禰の大臣沙庭さにはに居て、神の命を請ひまつりき。ここに太后、神帰よせして、言教へ覚さとし詔りたまひつらくは、「西の方に国あり。金・銀を本はじめて、目の炎耀かかやく種々の珍宝その国に多さはなるを、吾あれ今その国を帰よせ賜はむ」と詔りたまひつ。ここに天皇、答へ白したまはく、「高き地に登りて西の方を見れば、国土くには見えず、ただ大海のみあり」と白して、詐いつわりせす神と思ほして、御琴を押し退けて、控ひきたまはず、黙もだしたましき。ここにその神いたく忿いかりて、詔りたまはく、「およそこの天の下は、汝いましの知らすべき国にあらず、汝は一道ひとみちに向ひたまへ(=黄泉の国へ行ってしまえ)」と詔りたまひき。ここに建内の宿禰の大臣白さく、「恐かしこし、我が天皇。なほその大御琴あそばせ」とまをす。ここにややにその御琴を取り依せて、なまなまに(=しぶしぶ)控ひきいます。かれ、幾久いくだもあらずて、御琴の音聞えずなりぬ。すなはち火を挙げて見まつれば、既に崩かむあがりたまひつ。

        仲哀は、西方の国(新羅)を与えてやろうという神の言葉を信じなかったために、神罰を受けて死んだというのである。このとき本当は何があったのか。伊藤浩士氏がブログで次のように書いているが、私も同感である。

        仲哀天皇と神功皇后と竹内宿禰は熊襲征伐のために筑紫にきていて、そこで神功皇后が新羅を攻めると言い出します。仲哀天皇は反対します。仲哀天皇と神功皇后、竹内宿禰の3人だけがいて、気が付くと神の罰が当たって仲哀天皇が死んでいたと記されています。ふつうに考えれば、神功皇后と竹内宿禰の共謀による殺害です。

        このとき、仲哀は軍を率いて九州まで遠征していた。仲哀には既に別の后(大中津比売の命)との間に香坂かごさかの王、忍熊おしくまの王という二人の息子がいたのだが、この遠征には同行していない。建内以外の有力な臣下もついてきていない。暗殺には絶好のシチュエーションと言っていいだろう。

        そしてこの「神」は、香坂・忍熊を押しのけて、息長帯日売が産む子を次の天皇にする、と決めてしまうのである。

        古事記(仲哀記):

        また建内の宿禰沙庭に居て、神の命みことを請ひまつりき。ここに教へ覚したまふ状、つぶさに先の日の如くありて、「およそこの国は、汝命いましみことの御腹にます御子の知らさむ国なり」とのりたまひき。ここに建内の宿禰白さく、「恐し、我が大神、その神の御腹にます御子は、何の子ぞも」とまをせぱ、答へて詔りたまはく、「男子なり」とのりたまひき。ここにつぶさに請ひまつらく、「今かく言教へたまふ大神は、その御名を知らまくほし」とまをししかぱ、答へ詔りたまはく、「こは天照らす大神の御心なり。また底筒の男そこつつのを、中筒の男なかつつのを、上筒の男うはつつのを三柱の大神なり。この時にその三柱の大神の御名は顕したまへり。

        天照大神の神意だ、というわけだが、それを聞いたのは建内宿禰だけなのだから、要するに建内がそう決めた、ということである。

        この後、息長帯日売はいわゆる「神功皇后の三韓征伐」(それが征伐などと呼べる代物でないことは別途書く予定)を行い、九州に帰ってきてから息子を産む。これが後の応神天皇である。この応神の出生についても、不可解なエピソードが書かれている。

        古事記(仲哀記):

        かれその政(三韓征伐のこと)いまだ寛をへざる間に、懐妊ませるが、産れまさむとしつ。すなはち御腹を鎮いはひたまはむとして、石を取らして、御裳みもの腰に纏まかして、竺紫つくしの国に渡りましてぞ、その御子は生あれましつる。かれその御子の生れましし地に号なづけて、宇美といふ。またその御裳に纏かしし石は、筑紫の国の伊斗いとの村にあり。

        「三韓征伐」が終わらないうちに子どもが産まれそうになってしまったため、石を腰紐にはさんで押さえ、神に祈って出産を遅らせたというのである。これも普通に考えれば、応神の出生が仲哀の子とするにはあまりに遅すぎたため、つじつまを合わせるための説話を創作したのである。

        では応神の父親は誰か? 史料的根拠には欠けるが、建内宿禰とするのが最も自然ではないだろうか。

        そして、息長帯日売と建内は九州から大和に攻め上り、忍熊王の軍を破ってこれを滅ぼしてしまう。(香坂王はその前に事故死。)もちろん、「万世一系」説に毒されていない常識では、これを王朝交代と呼ぶ。

        ※本記事中に引用した古事記の読み下し文は、武田祐吉訳注・中村啓信補訂解説 『新訂 古事記』(角川文庫 1987年)に基き、一部変更・補足している。

        • 続き

          ではこの機会に「神武天皇の偉業」wを振り返ってみようか

          「文化の日(=日本国憲法公布の日)」である今日11月3日をかつての「明治節」に戻したい反動議員たちが集会を開いたそうだ。民の生活を良くするための努力は何一つしないくせに、旧大日本帝国の正当化にだけは実に熱心だ。このような者たちを国会議員でいさせておくことこそ国家的損失、税金の無駄使いというものだろう。

          中でも我らが防衛大臣、稲田朋美氏の発言は傑作である。(朝日新聞 11/2)

           稲田朋美防衛相も「神武天皇の偉業に立ち戻り、日本のよき伝統を守りながら改革を進めるのが明治維新の精神だった。その精神を取り戻すべく、心を一つに頑張りたい」と語った。

           
          「神武天皇の偉業」ww

          私は、後に「神武」と呼ばれることになる人物は3世紀頃に実在したと考えているが、この男がやったことは、『古事記』を素直に読み解けば以下のとおりである。

          1.野心だけは満々だが九州では出世の望めない傍系の兄弟が、
          2.各地の豪族たちから支援を獲得して軍勢を整え、大阪湾から近畿に突入
          3.しかし待ち受けていたナガスネビコに敗れて総大将の兄は討ち死に
          4.生き残った弟(神武)が紀伊半島を迂回して熊野方面から奈良盆地に侵入
          5.だまし討ちと虐殺を繰り返したあげく、ようやく奈良盆地の一角を占拠
          6.しかし結局そこから一歩も出られず、大和の人々の憎悪に囲まれたまま、一地方豪族として死んだ

          もちろん、天皇に即位したなどというのは、後世の作り話である。

          21世紀にもなって、いまだにこんなものを「偉業」だの「日本のよき伝統」だのと妄想する者たちが政権を握っているのだから、なんとも恐ろしい。

          • 続き

            天皇はチョンだった

            天皇が行う祭祀(悪魔崇拝)のルーツ

            民俗学的考古学的に調査を行った話としては、天皇のルーツは朝鮮半島の38°線付近の小さな集落に、風習がとても似た村があると指摘されていて、それらは紛争地帯であるために容易に近づく事は出来ないだろう、

            同行した当時KCIA局員の話としては、そうした天皇の由来について何らかの事情を知っていたらしく、意見を聞かれ

            「知らない方が良いこともあるのだ」

            と答えたという研究者の話が伝わっています。

            この話はあるメディアに流れました。

            _____

            三宅さんが、日本史の江上波夫さんから聞いた話だと。

            あの騎馬民族説の江上さんですね。

            そう。

            天皇陛下との晩餐で、歴史学者の江上波夫さんが、

            昭和天皇に質問したそうだ。
            陛下は、オフレコならばと前置きして答えられたそうだ。

            Q:先祖は、どこから来たものだと思われますか?
            A:朝鮮半島だと思う。
            Q:どうしてそう思われますか?
            A:皇室の重要な行事のなかで、お供えするもので、シルトックという餅がある。
            これが、朝鮮半島由来のものだから、そう思います。

            と答えられたと。

            三宅さんは続けて、これはいまわれわれが普通に食べている、

            もち米からの餅ではなくて、うるち米からつくる。

            現在、文化庁は皇室の先祖の古墳を、保存という名目で閉鎖し公開してない。
            古墳を公開すると、天皇家のルーツがはっきりするためだ。
            と教えてくれた。

            ____

            シルトックという朝鮮にしかない餅がないとできない皇室の儀式

            「三箇夜餅の儀」とも呼ばれ、平安の時代から続く伝統的な儀式である。

            まず、花嫁の歳の数だけの白餅を用意し、四枚の銀盤に乗せる。これを子宝に恵まれた老夫婦(主に子供のいる侍従上がりの人間)が
            初夜の寝床に運んで供える。新婚夫婦はこの餅をひとつずつ食べてから行為に及ぶ。元々は3日間繰り返すものであったが、
            近代は初夜のみとされる。要するに初めてのセックスで子宝に恵まれるよう霊力を与える儀式ということらしい。

  • 宮内庁電話03-3213-1111

    皇族と結婚しようとする男が、
    座右の銘に、let it beとか言うなんて不真面目もいいところ。
    眞子より先に座り、自分は太陽、眞子は月、と言い、
    月が綺麗だから眞子に電話してるとかホスト丸出し。

    小室は全く緊張もせずアッケラカンとlet it beと言い出したのには呆れました。

    対象的に守谷さんは大変緊張しておられました。
    座右の銘は日進月歩でした。

    その後も借金踏み倒し、不可解なフォーダム大学留学、宗教、いじめ、等
    ありとあらゆる問題が出てきますが全部スルー。
    とにかくいつまでこんな人物と皇室が関わっているんでしょうか。

    皇室は国民よりも自分の気持ちが大事みたいですね。
    眞子さんの気持ちばかり重視し過ぎています。
    わがまま過ぎます。

    皆さんもよろしくお願いします。

    宮内庁電話03-3213-1111

  • 「裁可」は国民の気持ちを無視してまでも優先されるべきものなのでしょうか。誤りだったと思えば取り消せばよい、白紙に戻せばいいと思うのですが。
    先の天皇さまも、秋篠宮さまも、宮内庁もなぜぐずぐずしてことを大きくされるのか、このままほおっておいて決していい結果にはならないだろうと思います。
    行事のご参加も今のままではしらけるばかりで秋篠宮家ご一家を見てるほうもいやだし、せっかくいらしておられるのにお気の毒にも思えます。
    小室親子はお逃げになるのですから、遠慮することはありません。
    どこかで早くはっきりとご会見をされ私たちをすっきりさせてください。

    • 秋篠宮は女性宮家を阻止するために、小室問題を放置してるんだよ
      小室が叩かれてる限り、女性宮家の法案は絶対に通らない

      いずれ皇位は秋篠宮系に移る
      悠仁さまが即位するまでに、娘二人は降嫁させる
      そして、悠仁さまの娘のために女性宮家を作るつもりだろう

      一番怖いのは、今の段階で女性宮家ができて、素性のわからぬ男が皇室に入り込むこと
      悠仁さまの身に何かあると怖い、秋篠宮はそう感じてるんだろう
      特に、上皇や上皇后が存命中には、ことを動かしたくない
      宮中の怖さを一番知っているだけに

      • 卵子細胞イジって着床させ
        男児が産まれるようにまでして悠仁さま産んだりね…(疑惑)

        紀こさま「東宮に遠慮していた(避妊していた)」と述べています。避妊していた人が不妊治療する必要ないし、男子を産み分けるために不妊治療と偽ってたくさいし

        怖いわね…

  • 皇室は国民の気持ちと、
    眞子の気持ちとどちらが大事なんでしょうか?
    眞子はわがまま過ぎると思います。

    小室の皇室特権利用の留学も許せない!
    眞子の謝礼金がっぽりの公務も必要ない!
    眞子も小室も面の皮が厚過ぎる!

    宮内庁電話03-3213-1111

  • 自然消滅の危機にあるならこれは「神の意志」かもしれない。新時代で憲法上の象徴天皇制のお役目も満了なのだろう。
    これからは共和制に移行されるだろう。旧皇族は神道という宗教世界で活躍するのが好ましい。そのほうが自由であり彼らにとっても人間的な生活もできるし幸せだと思う。

    • 同感です。

      被災地訪問もなくてもなんら困りません。
      欲しいのは励ましではなく物資と復興の助け。
      早い時期に来られても交通事情混乱で物資届くの遅れ
      2,3ヵ月後だってまだまだ復興作業の邪魔。
      どうしても来たいのなら半年後です。
      出来ればテレビで励ましかけてくださるのがベストです。
      美智子さんのように被災地訪問に衣装帽子新調するなら、
      その金額分、ポカリやチョコレート、使い捨てショーツ
      送ってくださったほうがありがたく神様のように崇めます。

  • 女性女系天皇を認めるかって問題以前に愛子様か悠仁様かって問題だと思う。
    悠仁様が誕生した時にこの子が将来の天皇になるんだって誰しも思った。(女性女系問題は打ち切られたので)
    そこにあぐらをかいて悠仁様を隠し、大丈夫なのかと疑ってしまうような成長記録だけを発表し、ど庶民の母親に教育を任せた結果が今にいたると思う。
    中学になったら帝王学(それでも遅いが)女性をって言ってたが未だその気配もない。
    悠仁様に将来の天皇を任してもいいのかと考えしまう。

  • 2006年2月7日:紀子妃の「妊娠6週」スクープ → 愛子さまのための「女帝法案」潰しを実現
    2016年7月13日:天皇陛下の生前退位スクープ → 秋篠宮の皇太子待遇(皇嗣)と予算3倍を実現
    2017年5月16日:眞子さま婚約スクープ → 秋篠宮家内親王のために女性宮家をさっさと実現させよう 今ココ

  • 息子が居るのに秋篠宮が危機感など持つ必要がない。筆者の宮本タケロウ氏も相当に頭が悪い。もっとましなのは居ないのかね。

  • 今居る女性方がなるのはいいだろうけど
    その配偶者の男をどうするのか?
    というのが一番問題になる
    小室みたいな酷いのが平然と紛れ込んでくるような状態では話にならない
    天皇や皇室というのがどれほど威力が有るのか?
    という事に気を使わな過ぎる
    小室みたいなのが皇室になるくらいなら大統領制にでも移行した方が良い

    • 女性宮家の結婚相手は皇室会議で承認が必要、とすれば良いんじゃないの?

      それでも昔は川嶋紀子さんみたいな女が入り込んでしまったけど
      あれは上皇后が川嶋辰彦と仲良しだったのと
      紀子さまが二度〇〇したことを脅しに使われたせいと言われているね

      今はネットの時代だから、スキャンダルは隠しおおせないから
      変な男はもう寄ってこれなくなるでしょう。

      • 皇室会議なんて、出来レースを承認するだけのものなんだから!
        知らないの?
        小室さんの問題は皇室会議云々以前の問題だよ。

    • 裁可…眞子様は結婚進めるしかない
      小室が辞退を申し出ればまた別

      小室が皇族になるかもしれない

      国民が何を言っても変えられないね
      阿部首相も嫌だしどんなに辞めろと言われても辞めない
      国民に選ぶ権利はないし
      皇室の問題、眞子様の結婚も
      国民も気持ちなど聞き入れられない
      ただ見てるしかないでしょうね

  • 裁可は重みがあるものではなく
    取り消す必要もなく
    破談にできるらしいですよ。

    随分前から知っていましたが
    先ほど
    玉手箱さんのところでも
    言ってましたね。

    • それなら、破談にできるのに、しないということは
      やはりご夫妻は眞子さまと小室を結婚させるおつもりなのでしょう。

      週刊誌の記事はやらせ、またはガス抜き

      • 宮さまから破談にしたら、小室さん側がなにしてくるかわかんないんだって!
        少なくともフォーダム出るまでは宮家からはなにもできないでしょ。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください