「女系天皇」と「旧宮家復帰」はどちらが良いか? 男系維持派の7割はバカ

旧宮家の復帰賛成が過半数!

令和の時代になり、新聞社が「女性天皇」「女系天皇」「旧宮家復帰」などのに関する世論調査をしています。

その結果、あの産経新聞でさえ「女系天皇に賛成」が過半数を占めていたわけですが、この「女系天皇賛成」と矛盾する興味深い結果も出ています。

≪戦後に皇籍を離れた旧宮家の皇籍復帰を認めても良いと思うか≫

  • 認めてもよい:42.3%
  • 認めないほうがよい:39.6%
  • 他:18.1%

これについて阿比留瑠比記者はこう述べます。

また、設問によってこれらとは矛盾するような結果も表れている。男系男子の皇族を増やすため、戦後に皇籍離脱した旧宮家の復帰を認めてもよいかとの質問に対しては、「認めてもよい」(42・3%)が「認めない方がよい」(39・6%)を上回った。

2019年5月14日付産経新聞

堂々と「矛盾」と言っています…確かに矛盾です。女系天皇に反対している人が21%しかいないのに、旧宮家復帰に賛成する人は42%もいるんですから。理解不能です。

皇族は「男系」にこだわっていない? 小室圭さん「Let it be」の呪詛が成就

2019年5月15日

朝日の調査では男系派の7割はバカだと判明していた!

2017年5月に行われた旧宮家復帰に関する朝日新聞の調査ではこうでした。

終戦直後に皇籍を離れ、民間人となった旧皇族の復帰などを提案する意見もある。そこで今回の調査では、この旧皇族復帰への賛否も聞いた。すると、「反対」67%が「賛成」20%を上回ったほか、男系男子維持派でも「反対」は7割を占めた

2017年5月2日付朝日新聞

男系男子維持派の7割が旧宮家復帰に反対」というのが全く意味不明なのですが……。しかも7割って全体(67%)より多いし・・・この記事が正しいとすると男系維持派の7割はバカだということになります(笑)。

要するに「国民も何が争点なのかよくわかってない」ということでしょうか?

竹田恒泰氏、ファン急増か?!

 とにかく、2年前の朝日新聞調査では旧宮家復帰の反対が67%、復帰に賛成が20%でしたから、これが大きく異なります。時代が変わって旧宮家への理解が浸透したのか?竹田恒泰氏のファンが急増したのか?後者を立証する明確な証拠はありませんから、新天皇即位に際し、TV等マスメディアで皇位継承の問題が扱われて、旧宮家についても国民の認識や理解が変わったとしか言えません。

 余談ですが、旧宮家出身のリベラル系文化人でも出てきたらもっと復帰賛成派が増えると思うので、竹田恒泰氏には一族の中から誰かそういう方をプロデュースすることをお奨めします。「次の男系男子が悠仁さま一人」と同様に「旧宮家タレントが竹田さん一人」というのは非常に頼りない状況です。

矛盾する民意、女系容認と旧宮家復帰、そして小室圭さん問題

さて、女系賛成なら旧宮家復帰は必要ないわけですから、「女系賛成で旧宮家復帰も賛成」というのは明らかに矛盾です。この国民意識はどこから来るのでしょう

  • 女系天皇に賛成

ノンポリ「男女平等の世の中だし、別にいいんじゃない?」

憂国の国士「あの秋篠宮家よりも愛子さま(の子も)に天皇になっていただきたい」

  • 旧宮家復帰に賛成

ノンポリ「へえ、そんな人たちがいるんだ。別にいいんじゃない?」

憂国の国士「将来、皇室があの秋篠宮家だけになるのは見るに堪えない!」

ということでしょうか。小室圭問題で目も当てられない窮状の秋篠宮家など頼りにならないという民意が透けて見えます。

元官僚、八幡和郎氏の奇策

では、こうした矛盾する民意をどのように現実の政治に反映すれば良いのでしょうか。この矛盾を説いた人がいました。元通産官僚で行政学者、専門外の歴史漫談にも造詣が深く、徳島文理大学では『歴代知事300人日本全国「現代の殿さま」列伝』(光文社新書)という自分の著書(新書)を教科書として学生に買わせて行政学を教える皇室評論家の八幡和郎氏です。

旧宮家などの復活と、女系子孫による継承は両方とも可能性を探らなければ国民的合意が得られないので、互いに排除せず両方の可能性を残す。現状は両陣営が自説にこだわりすぎだといえよう。

「女性宮家以外にも「皇統の危機」を防ぐ手立てはある」八幡和郎、IRONNAより

「男系絶えれば皇統断絶」という男系絶対派の主張は確かに行政学的にはこだわりすぎです。八幡氏は現在の女性皇族の子孫と旧宮家の双方を皇族とするのが民意に沿うと主張します。

皇位継承候補を増やすためには、旧宮家の人々や愛子さまや眞子さまなども含めた明治天皇以降の女系子孫の男子を、既存の宮家か、秩父宮、高松宮など廃絶した宮家に猶子(ゆうし)(養子)という形で継承させればよい。

同上

旧宮家など男系男子の可能性も排除すべきではない。旧宮家が皇籍離脱してから70年がたったこともあり、国民になじみがないという人がいるが、それは現在は何も役割を与えていないからである。前述のように宮内庁嘱託などの形で活動していただくことになれば、状況は大きく変わる。

同上

「どっちもやってしまえ」という行政学的奇策

 行政学が専門の元官僚らしい見解(八幡氏は保守ではありません)だと言えます。行政とは、いわば最大多数の最大幸福を社会に実現するシステムですから、「どっちもやってしまえ」というのは乱暴なようで筋が通った話です。

 玉虫色の奇策ですが、頑ななイデオロギーとして論じられやすい皇統問題の硬直化をやわらげる「ためにする議論」としては評価できます。

病床の旧皇族を見舞う上皇陛下

 さて、時代がまだ平成だった今年の3月、天皇陛下(当時)の甥で東久邇家の当主信彦氏(戦後に首相になった東久邇宮稔彦王の孫)の死去を伝えるニュースがあり、病床の信彦氏を天皇皇后両陛下(当時)が見舞う映像も流れました。

信彦氏は母が上皇陛下の姉ですので、天皇陛下の従妹にあたり、旧皇族として、また実際の親族として長らく親戚付き合いを持たれた間柄でした。

天皇陛下のご親戚か?小室圭さんか?

よく男系派が「旧宮家は現在の皇室の親戚なのだから復帰してもいいだろう」と主張しますが、確かに、親戚でもなんでもない小室さんが皇室に入るなら、上皇陛下ご夫妻が親しく交流された親戚が皇室に入るべきだという理屈も、少々説得力を感じてしまいます。

なにしろ「小室圭殿下」なんておぞましい言葉がTVに登場する昨今ですから、国民がどれほど反対しようが、法制度上そうなっているなら、「小室圭殿下」は間違いなく誕生してしまいますので。

「秋篠宮家では頼りないから旧宮家を!」の意見

ところで、ヤフーの皇室関連ニュースに興味深いコメントを見つけました。

この方の主張は、「愛子様に天皇になっていただいた上での旧宮家の復帰」です。秋篠宮家しか皇族がいなくなるのは、国民にとって不幸だと言っています。

数十年間も俗世間の荒波に揉まれた旧宮家には、貴公子然として、娘の結婚相手もよく知らないでオッケーする秋篠宮殿下より、少なくとも中の上くらいの問題解決能力のある方はいるでしょう。

だからと言って旧宮家の皇籍復帰を是とするかは別問題ですが、このコメントは今回の世論調査で女系容認と旧宮家復帰がともに反対を上回ったという確信を突いている投稿ではないでしょうか。

皆さんはどう思われますか?女系容認にしても旧宮家復帰にしても、頼りない秋篠宮家に代わって、令和の皇室を支えられる体制をしっかり整えることが急務です。皆さんの意見を宮内庁と内閣に届けたいと思います。

(文/宮本タケロウ Twitter)

アンケート

皇室の安定的持続のために「皇族」の方々の意見を聞くべきだと思いますか?(回答追加・複数選択可能)
  • あなたの回答を追加する


110 件のコメント

  • 宮内庁電話03-3213-1111

    小室のことなど苦情はこちらにお電話ください。
    国民の声が多ければ多いほど無視できないものになります。
    皆さまの声が大事です。
    夕方6時までです。

    宮内庁電話03-3213-1111

    • 終戦のエンペラー
      製作 1947年生奈良橋陽子氏。
      日本国内でのロケも行われ、商業映画としては初めて皇居敷地内での撮影も許可されている
      1962年、日本に帰国し聖心インターナショナルスクールを卒業後、国際基督教大学言語学専攻卒業した映画プロデユーサー
      奈良橋陽子と演劇をやっていたザエリートの代表は、
      竹内 弘高氏は、1946年生
      ハーバード大学経営大学院教授、一橋大学名誉教授。
      大学卒業後マッキャン・エリクソン博報堂
      この二人の共通の知人は聖心女子出身の立川珠里亜氏は華僑1946年生
      帰化したのも仕方なく?小室圭氏を法律事務所に紹介した人とされている。
      1946年生まれで学生運動といえば民主党仙谷由人は有名だ。
      仙谷氏は司法修習23期の弁護士でもある。
      弁護士協会は横の繋がりを網羅する強制団体。
      仙谷氏は民主党内で、前原グループの会長。
      鳩山由紀夫グループ・菅直人グループ・旧社会党系・旧民社党系などのグループから
      一定の距離を置きつつ、枝野幸男氏や前原誠司氏といった中堅や若手議員の後見役。
      「七奉行の会」という団体に仙谷氏は身を置いていた。
      この会は、渡部恒三氏・岡田克也氏・前原誠司氏・枝野幸男氏・野田佳彦氏・玄葉光一郎氏・樽床伸二氏です。

      http://www.asahi.com/seikenkotai2009/TKY200909170413.html
      前原国交相「日航の破綻、絶対あってはならない」
      有識者会議は、専門的な立場から日航の再建計画を検証し、計画の実効性にお墨付きを与える目的で設置された。杉山武彦・一橋大学長を座長とし、前整理回収機構社長の奥野善彦氏、山内弘隆・一橋大院教授ら学者、弁護士計6人で構成。オブザーバーとして日本政策投資銀行などの金融機関が参加する。
      前原誠司氏は小室圭氏がパラリーガルとして仕事をしていた奥野善彦氏と知人
      前原誠司氏はブログで眞子内親王との発表は自信のブログで祝福メッセージを出している。
      https://www.minshin.or.jp/article/112523

      ザ・エリートの世界を垣間見て見聞を広めることができた。

    • 元山 仁士郎(もとやま じんしろう、1991年 – )は、沖縄県宜野湾市出身の市民運動家。自由と民主主義のための学生緊急行動や、SEALDs RYUKYUの設立に参画
      沖縄県宜野湾市出身。琉球大学教育学部附属小学校、琉球大学教育学部附属中学校、沖縄県立普天間高等学校を卒業後、大学受験浪人生活を経て、国際基督教大学教養学部在学中、SASPL(特定秘密保護法に反対する学生有志の会)、ゆんたくるー、SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)や、SEALDs RYUKYUの設立に参画。2016年度は大学を一年休学し、新外交イニシアティブでスタッフとして働く。
      大学卒業後は、一橋大学大学院社会学研究科修士課程に進学し、日米外交史の研究を行う

      海の王子と同じ1991年生まれタメだ
      海の王子の裏ピース画像が洩れたわけ
      戦争法案反対のスター紅い王子の中指たて画像が洩れたわけ

      若気の至りか大人が利用したか

      日中共和国でもつくる気かいな

    • NHKのリークで海の王子が紹介された
      海の王子の活動は24時間テレビ「愛は地球を救う」
      群馬県高崎市のイオンモールでのお仕事
      湘南地区観光振興協議会「イオンレイクタウンkaze」
      公益財団法人イオン環境財団
      名誉会長 岡田 元也 イオン株式会社 取締役兼代表執行役社長
      グループCEO 小島 順彦 三菱商事株式会社
      相談役 丹羽 宇一郎 元中華人民共和国
      奥野善徳
      イオングループ中国本社副社長
      お世話係の奥野義彦さんと同じ苗字
      弁護士集団 贈賄罪なんか関係ねえ!オッパピー

    • NHKリークで、はじまった茶番劇は、いつ終わるのだろうか?
      ニュースは高井正智 鈴木奈穂子、両アナウンサーによって読み上げられました。
      鈴木 : 「今晩は、ニュース7です。今、字幕でもお伝えしていますが、秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまが、大学時代の同級生の男性と婚約される見通しになりました」。
      高井」 : 「関係者によりますと、お相手はICU国際基督教大学に通われていた時の同級生で、横浜市に住む小室 圭さんです。結婚の式は来年が想定されているということです」。
      鈴木 : 「眞子さまは平成3年生まれの25歳で、大学を卒業後イギリスに留学されました。帰国後は、皇族としての活動に取り組んでいて、去年からは東京大学の博物館の研究員として勤務されています。お相手の小室 圭さんは眞子様と国際基督教大学の同級生です。高校までインターナショナル スクールで過ごし、大学時代には神奈川県の藤沢市観光協会が主催する2010年度の「湘南江の島 海の王子」 として観光キャンペーンなどで活躍しました。趣味は眞子さまも得意のスキーの他、ヴァイオリンと料理を挙げています。お二人は5年ほど前、東京渋谷区の飲食店で開かれた「留学に関する意見交換会の席で知りあって以来、交際が続いてきたということです」。
      小室王子の2010年活動日記
      24時間TVの募金活動
      群馬高崎市のイオンで観光キャラバン
      https://www.excite.co.jp/news/article/Leafhide_eco_news_dYo8ujPuMe/
      イオンの活動は素晴らしい
      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B9%E7%BE%BD%E5%AE%87%E4%B8%80%E9%83%8E
      理事にも素晴らしい方が在籍されておられる
      そういえば小室王子のお世話係は奥野氏だった。
      http://www.thinkglobalthinkhk.com/jp/info_speakers_yoshinori_okuno.htm

    • 簡単明瞭に考えれば次期天皇愛子様だと思われます現天皇ご長男です愛子様は現天皇のお子様です女宮だから駄目だとか決めつけるの可笑しく無いですかやっと待ち望んで愛子様がご誕生したかと思えば此見よがしに紀子さんに男の子誕生しましたが雅子様に対して嫌がらせとしか感じ取れなかったです今現在でも思って居ます秋篠宮さんは次男順番から言えば順番天皇愛子様だと思われます男系女宮関係なく眞子さん圭さん問題関係なく秋篠宮さん夫妻が嫌いですやり方が汚いです次期天皇愛子様を熱望します

    • 「万世一系」は大嘘

      武烈(25代)から継体(26代)への代替わりなど、まず王朝交代と見て間違いない。

      武烈には子がなく、次の天皇となった継体は、古事記によれば応神天皇(15代)の五世の孫、日本書紀によれば六世の孫、とされている。確かに一応過去の天皇の子孫ということになってはいるが、これほど世代の隔絶した継承は異常だ。それは、以下の系譜と比べてみれば分かる。

      桓武天皇

      葛原親王1

      高見王2

      平高望3

      平良持4

      平将門5

      平将門は桓武天皇の五世の孫。継体が天皇になったというのは、平将門が天皇になったのと同じようなものなのだ。

      しかも、三国(現在の福井県坂井郡付近)の出身とされている継体の、応神以来の系譜は、古事記にも日本書紀にも書かれていない。(日本書紀は父の名のみ記載。)

       これは記紀の編者が、それらを知らなかったためではなく、それらを書くことが必ずしも名誉とならない、そういう事情を配慮したからではないであろうか。なぜなら、それらの人名は、北志賀(滋賀県)や三国(福井県)の諸豪族にとって、同僚や時として下僚に当る人物として熟知されていた人名だったであろうから。

       このように考えてみると、継体即位の問題性、さらに不法性、それを疑うことは困難なのではなかろうか。

      という古田武彦氏の推測(『古代は輝いていた』2)は妥当なものと思われる。実際、応神―継体間の系譜は、鎌倉末期に書かれた日本書紀の注釈書「釈日本紀」に、今では失われた「上宮記」という史書からの引用という形で記載されている。上宮記は7世紀頃に成立したと考えられており、古事記・日本書紀より古い。当然、記紀の編者が知らなかったはずはないのだ。

      要するに、武烈死後の混乱に乗じて、出自もはっきりしない、しかし武力や経済力は十分に備えた地方の大豪族が大和に進出してきて次の天皇となったのだ。「万世一系」説に毒されていない常識では、これを王朝交代と呼ぶ。

      • 続き

        仲哀→応神も王朝交代

        記事《「万世一系」の虚妄》の中で、武烈(25代)から継体(26代)への代替わりが王朝交代に他ならないことを説明した。しかし、明治以来常識化されてきた「万世一系」を否定する反例はこれだけではない。

        次は、仲哀(14代)から応神(15代)への代替わりを見てみよう。

        仲哀は、実に奇妙な死に方をしている。

        古事記(仲哀記):

         その太后息長帯日売の命(オキナガタラシヒメノミコト=神功皇后)は、当時神帰よせしたまひき。かれ天皇筑紫の詞志比かしひの宮にましまして熊曾の国を撃たむとしたまふ時に、天皇御琴を控ひかして、建内タケシウチの宿禰の大臣沙庭さにはに居て、神の命を請ひまつりき。ここに太后、神帰よせして、言教へ覚さとし詔りたまひつらくは、「西の方に国あり。金・銀を本はじめて、目の炎耀かかやく種々の珍宝その国に多さはなるを、吾あれ今その国を帰よせ賜はむ」と詔りたまひつ。ここに天皇、答へ白したまはく、「高き地に登りて西の方を見れば、国土くには見えず、ただ大海のみあり」と白して、詐いつわりせす神と思ほして、御琴を押し退けて、控ひきたまはず、黙もだしたましき。ここにその神いたく忿いかりて、詔りたまはく、「およそこの天の下は、汝いましの知らすべき国にあらず、汝は一道ひとみちに向ひたまへ(=黄泉の国へ行ってしまえ)」と詔りたまひき。ここに建内の宿禰の大臣白さく、「恐かしこし、我が天皇。なほその大御琴あそばせ」とまをす。ここにややにその御琴を取り依せて、なまなまに(=しぶしぶ)控ひきいます。かれ、幾久いくだもあらずて、御琴の音聞えずなりぬ。すなはち火を挙げて見まつれば、既に崩かむあがりたまひつ。

        仲哀は、西方の国(新羅)を与えてやろうという神の言葉を信じなかったために、神罰を受けて死んだというのである。このとき本当は何があったのか。伊藤浩士氏がブログで次のように書いているが、私も同感である。

        仲哀天皇と神功皇后と竹内宿禰は熊襲征伐のために筑紫にきていて、そこで神功皇后が新羅を攻めると言い出します。仲哀天皇は反対します。仲哀天皇と神功皇后、竹内宿禰の3人だけがいて、気が付くと神の罰が当たって仲哀天皇が死んでいたと記されています。ふつうに考えれば、神功皇后と竹内宿禰の共謀による殺害です。

        このとき、仲哀は軍を率いて九州まで遠征していた。仲哀には既に別の后(大中津比売の命)との間に香坂かごさかの王、忍熊おしくまの王という二人の息子がいたのだが、この遠征には同行していない。建内以外の有力な臣下もついてきていない。暗殺には絶好のシチュエーションと言っていいだろう。

        そしてこの「神」は、香坂・忍熊を押しのけて、息長帯日売が産む子を次の天皇にする、と決めてしまうのである。

        古事記(仲哀記):

        また建内の宿禰沙庭に居て、神の命みことを請ひまつりき。ここに教へ覚したまふ状、つぶさに先の日の如くありて、「およそこの国は、汝命いましみことの御腹にます御子の知らさむ国なり」とのりたまひき。ここに建内の宿禰白さく、「恐し、我が大神、その神の御腹にます御子は、何の子ぞも」とまをせぱ、答へて詔りたまはく、「男子なり」とのりたまひき。ここにつぶさに請ひまつらく、「今かく言教へたまふ大神は、その御名を知らまくほし」とまをししかぱ、答へ詔りたまはく、「こは天照らす大神の御心なり。また底筒の男そこつつのを、中筒の男なかつつのを、上筒の男うはつつのを三柱の大神なり。この時にその三柱の大神の御名は顕したまへり。

        天照大神の神意だ、というわけだが、それを聞いたのは建内宿禰だけなのだから、要するに建内がそう決めた、ということである。

        この後、息長帯日売はいわゆる「神功皇后の三韓征伐」(それが征伐などと呼べる代物でないことは別途書く予定)を行い、九州に帰ってきてから息子を産む。これが後の応神天皇である。この応神の出生についても、不可解なエピソードが書かれている。

        古事記(仲哀記):

        かれその政(三韓征伐のこと)いまだ寛をへざる間に、懐妊ませるが、産れまさむとしつ。すなはち御腹を鎮いはひたまはむとして、石を取らして、御裳みもの腰に纏まかして、竺紫つくしの国に渡りましてぞ、その御子は生あれましつる。かれその御子の生れましし地に号なづけて、宇美といふ。またその御裳に纏かしし石は、筑紫の国の伊斗いとの村にあり。

        「三韓征伐」が終わらないうちに子どもが産まれそうになってしまったため、石を腰紐にはさんで押さえ、神に祈って出産を遅らせたというのである。これも普通に考えれば、応神の出生が仲哀の子とするにはあまりに遅すぎたため、つじつまを合わせるための説話を創作したのである。

        では応神の父親は誰か? 史料的根拠には欠けるが、建内宿禰とするのが最も自然ではないだろうか。

        そして、息長帯日売と建内は九州から大和に攻め上り、忍熊王の軍を破ってこれを滅ぼしてしまう。(香坂王はその前に事故死。)もちろん、「万世一系」説に毒されていない常識では、これを王朝交代と呼ぶ。

        ※本記事中に引用した古事記の読み下し文は、武田祐吉訳注・中村啓信補訂解説 『新訂 古事記』(角川文庫 1987年)に基き、一部変更・補足している。

        • 続き

          ではこの機会に「神武天皇の偉業」wを振り返ってみようか

          「文化の日(=日本国憲法公布の日)」である今日11月3日をかつての「明治節」に戻したい反動議員たちが集会を開いたそうだ。民の生活を良くするための努力は何一つしないくせに、旧大日本帝国の正当化にだけは実に熱心だ。このような者たちを国会議員でいさせておくことこそ国家的損失、税金の無駄使いというものだろう。

          中でも我らが防衛大臣、稲田朋美氏の発言は傑作である。(朝日新聞 11/2)

           稲田朋美防衛相も「神武天皇の偉業に立ち戻り、日本のよき伝統を守りながら改革を進めるのが明治維新の精神だった。その精神を取り戻すべく、心を一つに頑張りたい」と語った。

           
          「神武天皇の偉業」ww

          私は、後に「神武」と呼ばれることになる人物は3世紀頃に実在したと考えているが、この男がやったことは、『古事記』を素直に読み解けば以下のとおりである。

          1.野心だけは満々だが九州では出世の望めない傍系の兄弟が、
          2.各地の豪族たちから支援を獲得して軍勢を整え、大阪湾から近畿に突入
          3.しかし待ち受けていたナガスネビコに敗れて総大将の兄は討ち死に
          4.生き残った弟(神武)が紀伊半島を迂回して熊野方面から奈良盆地に侵入
          5.だまし討ちと虐殺を繰り返したあげく、ようやく奈良盆地の一角を占拠
          6.しかし結局そこから一歩も出られず、大和の人々の憎悪に囲まれたまま、一地方豪族として死んだ

          もちろん、天皇に即位したなどというのは、後世の作り話である。

          21世紀にもなって、いまだにこんなものを「偉業」だの「日本のよき伝統」だのと妄想する者たちが政権を握っているのだから、なんとも恐ろしい。

          • 続き

            天皇はチョンだった

            天皇が行う祭祀(悪魔崇拝)のルーツ

            民俗学的考古学的に調査を行った話としては、天皇のルーツは朝鮮半島の38°線付近の小さな集落に、風習がとても似た村があると指摘されていて、それらは紛争地帯であるために容易に近づく事は出来ないだろう、

            同行した当時KCIA局員の話としては、そうした天皇の由来について何らかの事情を知っていたらしく、意見を聞かれ

            「知らない方が良いこともあるのだ」

            と答えたという研究者の話が伝わっています。

            この話はあるメディアに流れました。

            _____

            三宅さんが、日本史の江上波夫さんから聞いた話だと。

            あの騎馬民族説の江上さんですね。

            そう。

            天皇陛下との晩餐で、歴史学者の江上波夫さんが、

            昭和天皇に質問したそうだ。
            陛下は、オフレコならばと前置きして答えられたそうだ。

            Q:先祖は、どこから来たものだと思われますか?
            A:朝鮮半島だと思う。
            Q:どうしてそう思われますか?
            A:皇室の重要な行事のなかで、お供えするもので、シルトックという餅がある。
            これが、朝鮮半島由来のものだから、そう思います。

            と答えられたと。

            三宅さんは続けて、これはいまわれわれが普通に食べている、

            もち米からの餅ではなくて、うるち米からつくる。

            現在、文化庁は皇室の先祖の古墳を、保存という名目で閉鎖し公開してない。
            古墳を公開すると、天皇家のルーツがはっきりするためだ。
            と教えてくれた。

            ____

            シルトックという朝鮮にしかない餅がないとできない皇室の儀式

            「三箇夜餅の儀」とも呼ばれ、平安の時代から続く伝統的な儀式である。

            まず、花嫁の歳の数だけの白餅を用意し、四枚の銀盤に乗せる。これを子宝に恵まれた老夫婦(主に子供のいる侍従上がりの人間)が
            初夜の寝床に運んで供える。新婚夫婦はこの餅をひとつずつ食べてから行為に及ぶ。元々は3日間繰り返すものであったが、
            近代は初夜のみとされる。要するに初めてのセックスで子宝に恵まれるよう霊力を与える儀式ということらしい。

        • 続き

          仲哀→応神も王朝交代

          記事《「万世一系」の虚妄》の中で、武烈(25代)から継体(26代)への代替わりが王朝交代に他ならないことを説明した。しかし、明治以来常識化されてきた「万世一系」を否定する反例はこれだけではない。

          次は、仲哀(14代)から応神(15代)への代替わりを見てみよう。

          仲哀は、実に奇妙な死に方をしている。

          古事記(仲哀記):

           その太后息長帯日売の命(オキナガタラシヒメノミコト=神功皇后)は、当時神帰よせしたまひき。かれ天皇筑紫の詞志比かしひの宮にましまして熊曾の国を撃たむとしたまふ時に、天皇御琴を控ひかして、建内タケシウチの宿禰の大臣沙庭さにはに居て、神の命を請ひまつりき。ここに太后、神帰よせして、言教へ覚さとし詔りたまひつらくは、「西の方に国あり。金・銀を本はじめて、目の炎耀かかやく種々の珍宝その国に多さはなるを、吾あれ今その国を帰よせ賜はむ」と詔りたまひつ。ここに天皇、答へ白したまはく、「高き地に登りて西の方を見れば、国土くには見えず、ただ大海のみあり」と白して、詐いつわりせす神と思ほして、御琴を押し退けて、控ひきたまはず、黙もだしたましき。ここにその神いたく忿いかりて、詔りたまはく、「およそこの天の下は、汝いましの知らすべき国にあらず、汝は一道ひとみちに向ひたまへ(=黄泉の国へ行ってしまえ)」と詔りたまひき。ここに建内の宿禰の大臣白さく、「恐かしこし、我が天皇。なほその大御琴あそばせ」とまをす。ここにややにその御琴を取り依せて、なまなまに(=しぶしぶ)控ひきいます。かれ、幾久いくだもあらずて、御琴の音聞えずなりぬ。すなはち火を挙げて見まつれば、既に崩かむあがりたまひつ。

          仲哀は、西方の国(新羅)を与えてやろうという神の言葉を信じなかったために、神罰を受けて死んだというのである。このとき本当は何があったのか。伊藤浩士氏がブログで次のように書いているが、私も同感である。

          仲哀天皇と神功皇后と竹内宿禰は熊襲征伐のために筑紫にきていて、そこで神功皇后が新羅を攻めると言い出します。仲哀天皇は反対します。仲哀天皇と神功皇后、竹内宿禰の3人だけがいて、気が付くと神の罰が当たって仲哀天皇が死んでいたと記されています。ふつうに考えれば、神功皇后と竹内宿禰の共謀による殺害です。

          このとき、仲哀は軍を率いて九州まで遠征していた。仲哀には既に別の后(大中津比売の命)との間に香坂かごさかの王、忍熊おしくまの王という二人の息子がいたのだが、この遠征には同行していない。建内以外の有力な臣下もついてきていない。暗殺には絶好のシチュエーションと言っていいだろう。

          そしてこの「神」は、香坂・忍熊を押しのけて、息長帯日売が産む子を次の天皇にする、と決めてしまうのである。

          古事記(仲哀記):

          また建内の宿禰沙庭に居て、神の命みことを請ひまつりき。ここに教へ覚したまふ状、つぶさに先の日の如くありて、「およそこの国は、汝命いましみことの御腹にます御子の知らさむ国なり」とのりたまひき。ここに建内の宿禰白さく、「恐し、我が大神、その神の御腹にます御子は、何の子ぞも」とまをせぱ、答へて詔りたまはく、「男子なり」とのりたまひき。ここにつぶさに請ひまつらく、「今かく言教へたまふ大神は、その御名を知らまくほし」とまをししかぱ、答へ詔りたまはく、「こは天照らす大神の御心なり。また底筒の男そこつつのを、中筒の男なかつつのを、上筒の男うはつつのを三柱の大神なり。この時にその三柱の大神の御名は顕したまへり。

          天照大神の神意だ、というわけだが、それを聞いたのは建内宿禰だけなのだから、要するに建内がそう決めた、ということである。

          この後、息長帯日売はいわゆる「神功皇后の三韓征伐」(それが征伐などと呼べる代物でないことは別途書く予定)を行い、九州に帰ってきてから息子を産む。これが後の応神天皇である。この応神の出生についても、不可解なエピソードが書かれている。

          古事記(仲哀記):

          かれその政(三韓征伐のこと)いまだ寛をへざる間に、懐妊ませるが、産れまさむとしつ。すなはち御腹を鎮いはひたまはむとして、石を取らして、御裳みもの腰に纏まかして、竺紫つくしの国に渡りましてぞ、その御子は生あれましつる。かれその御子の生れましし地に号なづけて、宇美といふ。またその御裳に纏かしし石は、筑紫の国の伊斗いとの村にあり。

          「三韓征伐」が終わらないうちに子どもが産まれそうになってしまったため、石を腰紐にはさんで押さえ、神に祈って出産を遅らせたというのである。これも普通に考えれば、応神の出生が仲哀の子とするにはあまりに遅すぎたため、つじつまを合わせるための説話を創作したのである。

          では応神の父親は誰か? 史料的根拠には欠けるが、建内宿禰とするのが最も自然ではないだろうか。

          そして、息長帯日売と建内は九州から大和に攻め上り、忍熊王の軍を破ってこれを滅ぼしてしまう。(香坂王はその前に事故死。)もちろん、「万世一系」説に毒されていない常識では、これを王朝交代と呼ぶ。

          ※本記事中に引用した古事記の読み下し文は、武田祐吉訳注・中村啓信補訂解説 『新訂 古事記』(角川文庫 1987年)に基き、一部変更・補足している。

    • ご苦労様です。

      小室氏が眞子さまと結婚したら、たとえ女性宮家とならなくても
      天皇の義兄という立場で、皇室のことをあれやこれやと口出ししたり
      悠仁さまを思うがままに操る可能性があります。

      悠仁さまが噂通りの方なら、それこそ小室の傀儡になってしまうでしょう。
      あの上皇ご夫妻と秋篠宮夫妻と眞子さまをまんまと騙したkkです。

      悠仁さまを操るなんて赤子の手をひねるぐらい簡単でしょう。

      追伸・秋篠宮家に皇統が移るのは危険です。

      • 男系男子にこだわるにしても、母方の出自は厳しく問うべきでしたね。

        小室家はそこそこの旧家のようですが、母方は怪しい出自のようですしね
        秋篠宮家も言わずもがな。
        母親が久子さまのような名家の出身なら、このような事態にはなってなかったでしょうね。

    • そもそも旧皇族と言っても天皇家の血が入っているのは極僅かだからね:

      歴史のおさらい

      ・水戸藩の遺訓によると、徳川が危なくなったら皇統を取り替えて満洲を攻略しろとある。

      ・幕末に伊藤博文が孝明天皇を暗殺、岩倉具視は睦仁皇太子を暗殺。

      ・満洲人を父祖に持つ大室寅之祐が明治天皇になりすまして即位。

      ・明治天皇は無類の女好きで、妾の一人の柳原愛子が田中光顕の子を産んで、それが大正天皇になる。

      ・ちなみに照憲皇太后は睦仁皇太子の婚約者だったので、明治天皇とは夫婦関係はないので「皇后」とはされなかった。

      ・幕末維新のどさくさに紛れて朝鮮人キーセンの朱貞明が公家にはいり込んで大正天皇の后になる。

      ・大正天皇は病弱だったが、とても賢くて元老たちが疎ましく思う。恐らく幼少期に毒を盛られた。

      ・大正天皇は嘉仁皇太子時代に率直な人柄と気さくな性格で国民に大人気になる。

      ・大正天皇と貞明皇太后は偽装結婚で、裕仁天皇の実の父は樺山愛輔。他の兄妹も全員父親が違うという。

      ・近親婚を重ねた島津の血が皇室に入るのを嫌った連中が「宮中某重大事件」を起こす。実際に香淳皇后は知能が低かった。

      ・明仁誕生の際には「このままでは日本は滅亡だ」と病院で大騒ぎになったという。

      ・三笠宮には双子の妹がおり、これを巡る裕仁天皇と秩父宮の骨肉の争いで2.26事件勃発。

      ・2.26事件の首謀者の一人であり、ナチスのスパイだったゾルゲは処刑される。

      ・昭和20年の正月の皇族会議の際に裕仁天皇は「このままでは負けるので、早く白旗を上げよう」と提案するも、
      貞明皇太后が「私が祈祷すれば日本は決して負けない。神国不滅だ」として家族全員が呆れる。

      ・今の皇統に正統性がないとした自称天皇が多数出現。その一人の三浦芳聖は、戦前に不敬罪覚悟で
      田中光顕に直訴すると、頭山満に面通しされた。

      ・アメリカは戦犯として昭和26年のサンフランシスコ講和会議前に貞明皇太后を暗殺する。

      ・明仁と美智子の結婚もアメリカの差し金で決定。柳原白蓮などが強行に反対。

      ・第一子の浩宮皇太子は無事誕生するも、入江侍従長が美智子皇太子妃を強姦して秋篠宮が生まれる。

      光格天皇以来、幕府に頭をおさえつけられて京都で貧乏な生活をしていた朝廷は
      幕府の権威の低下に乗じて復権を企て、それに長州や水戸藩なども一枚噛んでいた
      わけなのだが、黒船来航とコレラ大流行でもはや孝明天皇の権威も地に落ちてしまった。

      だから創価学会、天理教、金光教などの新興宗教が雨後の竹の子の如く出現した。
      天皇の権威低下は、長州のテロリストには好都合だった。彼らは「尊皇」でなければ、 「攘夷」でもない。単に「天皇の権威」を利用して日本国を徳川から簒奪したゴロツキに過ぎなかった。

      伊藤博文は孝明天皇を刺殺、岩倉具視は睦仁皇太子を毒殺し、長州の片田舎に居た満州人を「明治天皇」に偽装させたわけだ。だから睦仁の婚約者だった美子とは夫婦関係はない偽装結婚で、だから生前から「皇后」と呼ばれることもなかった。

      大正天皇の生母は柳原愛子だが、明治十年の西南戦争の二年後に出産している。

      この西南戦争では西郷隆盛がいわゆる「西郷札」を乱発し、戦後はその回収に政府は大わらわ、 緊縮財政で松方デフレになってしまった。

      没落した旗本たちは娘を身売りせざるえず、 宮城=皇居では毎晩乱交パーティがくり広げられていたという。その際に明治天皇のお手付きだった柳原愛子は、土佐の田中光顕の子を身籠った。これが後の大正天皇である嘉仁だった。

      しかるに、孝明天皇と明治天皇と大正天皇と昭和天皇はまったくの赤の他人であり、テロリスト伊藤博文が自分の悪行を隠すために「万世一系」などという笑止千万な嘘を捏造したのだ。

  • だから旧宮家って、鍛冶屋の子孫に置き替わってるってさ
    鍛冶屋って祖先辿っても天皇には繋がらないし、なにより渡来系の末裔の噂もあるし
    鉄器を専業で扱ってたのが渡来系だそうで、昔は規制が厳しくて勝手に家業とか始めれないから、その血筋は確かなんだそうだ

    結局さ、旧宮家を復帰させても、天皇と血が繋がってなかったら意味ないんだって
    女性皇族と結婚して出来た子供が天皇になっても、それって女系天皇だし

    最近になって、旧宮家を持ち上げて騒いでる連中ってさ、皇統を渡来系に切替えようと企む半島系とか大陸系とかが、金バラまいて支援してるんだろうなって思うよ
    俺はそう睨んでる
    ほんと気をつけないと、それこそ国土から伝統やら文化まで、全部あいつらに奪われるからな

    そもそも、今は悠仁親王殿下がいらっしゃるわけだ
    まずは慌てず騒がず、悠仁さまの健やかなる成長を、日本国民、皆でお見守りすることがなによりも大事だと思うよ

    口角泡の某芸人みたいなのが皇室に入ったら、それこそ終わりだぜ
    イトコは朝鮮資本にズブズブだし
    他の連中もいろいろヤバイ話ばっかだよ

    そもそも悠仁さまだけで大丈夫だよ
    大正の天皇陛下だって、体が弱いと言われながらも、男の子を4人も授かったんだから
    しかも完全に一夫一婦でだよ、このときも側室なんかいなかったし

    ここで浮足立てば、それこそ、皇室を乗っ取ろうと企む連中の思う壺だよ
    かの筋に通じた男が皇室に入り込めば、それこそ悠仁さまの大事な御身が狙われるとも限らない
    なんせ自分の子や孫が天皇になれるかもしれないわけだ
    しかも渡来系のいわくつき

    反日マスゴミや左翼どもの妄言で、皇室を変えてしまったら、それこそ日本の終わり
    今は必死になって耐えるとき

    平沼赳夫議員も言ってたろ
    「信じて待つしかない」と

      • 中学になっても学友がいないそうですから
        多分kkのような女性しかお嫁さんにきてくれないでしょう。

        そうなったら、一般参賀、どのぐらい激減しているか。

  • 悠仁様には心優しい出自のはっきりした女性をお妃に。
    日本を愛してくれる方なら、白人でも、黒人でも、アジア人でもい。
    ただし、雅子や小室のような某国人は駄目。
    あの人達、憎しみでこりかたまった恐ろしい心を持っているから。

  • 天皇陛下のご親戚か?小室圭さんか?の質問は陛下の親戚に決まってるでしょう!!

    国民がどれほど反対しようが、法制度上そうなっているなら、「小室圭殿下」は間違いなく誕生してしまいますので。とありますが、法制度?なってるんですか?

    美智子様が強姦されて生まれたのが、秋篠宮というのが本当なら、秋篠宮には出ていってもらって下さい。
    “天皇家の血をひいていない者”がいてはいけない。
    ましてや税金を遣ってはいけない。

    • そんな法制度はまだないですが、仮に女系が容認されたらそういう法制度になるだろうという意味です。

      • このサイトは嘘だらけなので、
        そうだよ、俺は悪口は言わないけど自演はするよ、
        とでも受け止めておけば良いでしょうか。

          • 如水です。

            今回は、「論題」への意見投稿ではなく恐縮ですが、ご容赦願います。

            宮本タケロウ様の「論題」と、投稿者の皆様の様々なご意見のやり取りを、興味深く拝読させて頂いておりましたら、途中投稿者の方からの「からかいコメント」に対して、宮本様が「違うよ。俺は悪口は言うけど自演はしないよ。」
            「おれは自演はしないし事実関係で嘘はいわないよ。」とのコメント返しがありました。

            私は、宮本様の「自演はしないし、事実関係で嘘はいわない」の言葉を個人的に好ましく思い、信じます。

            ただ、「論題」に、インパクトを与える意図であっても「バカ」は使われない方が宜しいと思います。
            あと「悪口は言うけど…」も、やめましょう(苦笑)。
            折角の宮本様の提題が品を失ってしまいます。

            また、宮本様のご主義ご主張は別としても、なるべく人種、民族などを差別するかのような表現方法は控えて頂いたら
            もっと良い文章になると思います。

            それから、明らかに宮本様をからかって楽しんでおられる匿名様のいたずらに、まんまとのせられてはだめです(苦笑)

            • 如水様

              どうもありがとうございます。ご意見ありがたく拝聴いたします。
              人種民族を差別するような文章はありましたか?
              記憶にないのですが、無意識のうちにやっている可能性がありますので、今後はしっかり気を付けたいと思います。

              どうもありがとうございました。

          • このサイトは嘘だらけなので、
            宮本タケロウは自演はするし事実関係で嘘はいうよ、
            とでも受け止めておきます。

  • 陛下の親戚が人間性優秀とは誰が確認した?

    会ってびっくりという事もある

    想像力で決めつけるなかれ

    • それはそうだね。でも人並みの人間性ならいいんじゃないか?
      皇室の中で立ち居振舞いを身につけていかれるでしょうし。
      また、三笠宮の寛仁親王はソープランドに通った話をどうどうと著書に書いたりしてたわけで。
      人間として少し欠陥があっても、愛されるタレント性があれば良いと思うよ。
      もちろんよっぽど人間性に問題があるのはダメだが。

  • 皇族としての品格、素質も無い行動して、胡散臭い小室圭と旅行、眞子様利用させフォーダム大学無償留学後押しさせ、人の金で、贅沢結婚など等々考えている事がウンザリする。

  • 天皇のルーツは古代イスラエルかシュメール。
    天皇の菊花紋とシュメールの紋章が同じ。
    朝鮮なんて関係ないよ。

    • >天皇のルーツは古代イスラエルかシュメール。

      ユダヤ人やメソポタミア の人間のY-DNA は J か E で日本からは全く見つかっていないから

      天皇のユダヤ起源説は間違いだとわかっているよ

  • そもそも旧皇族と言っても天皇家の血が入っているのは極僅かだからね:

    今の天皇家はオユラさんの血が流れているけど❓

  • 古代の朝鮮半島南部には日本人多く住んでいた。
    新羅の昔脱解王は日本から行った人。
    百済の武烈王も日本出身。
    天皇は朝鮮半島から来たわけないでしょ。

    • >古代の朝鮮半島南部には日本人多く住んでいた。

      そもそもその時代には日本人という民族は存在していないからね

  • 旧宮家の復帰を望む声が多いのは、竹田恒泰への好感が上がったのではなく、秋篠宮家への不信感がゆえではないだろうか。

  • とりあえず秋篠宮は皇嗣でも内廷皇族ではないし、代行公務は一切できない結局は名前だけの格下皇族のままだし、日本よりもタイが命だから、この際すべて捨ててタイ人になればいいと思う。秋篠宮のしあわせは、日本よりもそこにあると思う。

  • とにかく小室の人間性は酷すぎる。

    【公開】小室圭さん同級生インタビュー「彼のいじめでカウンセリングに通いました
    このトピの10227に詳しくあるけど

    奥野事務所で小室と同年代の弁護士が用事を頼むと机たたたいて大声あげて睨み返したって。「俺はそんな仕事をする人間ではない。」と。

    日本語の能力が弱いのにどんな仕事ならまともに完遂できるんだろうか?指の間から舌出しペロペロだけで生きていくのかとマジで思う。

    • >倭人=古代、中国から見た日本列島に住む人

      違うよ
      長江の稲作漁労民が漢民族に追われて日本、朝鮮、台湾、雲南省、タイに逃げたのが倭人だよ

  • 「八幡氏は保守ではありません」というが、可笑しいな。

    保守論客・八幡和郎氏、『日本国紀』を「論理破綻」「トンデモ」「滅茶苦茶な反日史観」と酷評【保守なら当たり前】
    https://rondan.net/12125

    「確かに普通の保守からしてみたらそうでしょうね。」とある。当時は全て管理人が書いたのだろう。

    百田尚樹氏、『日本国紀』パクリ本を出版した八幡和郎氏を罵倒! パクる男がパクられる?
    https://rondan.net/18771

    でも保守論壇の一員として扱っている。「(文/編集部)」なので管理人の筆ではない。これが宮本タケロウ氏の筆だったかどうか知らないが、とにかく過去記事を読まない人に書かせている様だ。それとも何時の間にか転向して保守では無くなったとか、管理人による保守という評価が間違っていたと認めたのだろうか。そうはなくて、八幡氏は保守だが都合で「保守では無い」と言い張っているのだろうか。だったら宮本氏の嘘。
    しかも、かつては酷評していた八幡氏に縋るしかないとは、哀れ。

    • 八幡氏を保守とする記事はありますが、宮本は彼を保守だとは思っていないということです。
      ただそれだけ。
      八幡氏の意見はためにする議論としては公益性があると思ったからそう書いただけ。
      これでオッケー?

      • 可笑しいな。宮本タケロウという者の呟きから。

        https://twitter.com/0PhS0i8HbCVrKV7/status/1128890076048400384

        “この記事で私が最も問いたかったのは、八幡和郎氏が「大人数の教室の授業でたくさんの大学生に自著(新書)を教科書として強制的に買わせている」という事実の是非です 笑”

        意見の公益性よりも、学生に強制的に自著を買わせている事こそ「最も問いたかった」事の筈。
        さて保守を保守と思わない、というのは「極右」なのかな。

          • ほう、よくチェックしてるじゃないか、貴様…
            八幡氏の官僚的思考が保守だと言うのか?!

            もう一人の匿名さん、これからもファクト投下し続けます!

            • 官僚と言えば硬直的な印象が強い。「革新官僚」という語があるのも、珍しいから。という訳で官僚は保守。世間並みの保守を保守とは思わない者と言えば「極右」。

  • あたしゃ気がつくとここ元20年くらいの時間軸で、間欠的に八幡氏の政治主張を見聞しているように感じている。奇手秘策を主張される論客は、左右何方の陣営であろうともその政策の実現性が低いように見えます。自然科学の研究者の研究の実現性の高さとは比べ物にならないように見えます。つまりは言うだけ言わせておけ。

  • 小室が文書で宮内庁や皇族全員に皇室など踏み台で眞子はそのために利用しているだけ、もう捨てる時かもとかいえば破談が簡単なのに

  • 派閥や陰謀で泥沼になりそうです。皇族が増えれば皇居も増やさなくてはならなくなり莫大な税金がかかりそう。小室と破談して女性旧家創設に賛成です。

    • 神社にある鳥居の起源って?これは昔から不思議に思っていたのだけれど、どうも東南アジアから東アジアに広がる“倭族”に共通した信仰・風習を起源としているようです。

      「鳥居論—ニッポン人の鳥信仰とその出自」

      鳥越憲三郎氏は「倭族」という概念で、中国南部や東南アジア、それから朝鮮南部および日本に共通して残る習俗を括る。

      その氏によって、雲南省やそこに隣接する東南アジア北部の山岳地帯に棲むタイ系諸族(アカ・ハニ族など)に「鳥居」が見出されている。それは左右二本の柱の上に笠木(横に渡す木)を載せたものだ。ただし、これは「社(やしろ)の門」ではなく「村の門」(「ロコーン」と言う)だ。

      「鳥居」の起源は、共同体(村)へ侵入する悪霊を防ぐ結界門だったのである
      (「締め縄」とはそういう意味だ)。

       そして、果たしてその門の笠木には木製の鳥が止まっていた。

      実は、吉野ヶ里遺跡を始め、わが国の弥生時代の遺跡からは木製の鳥が頻出している。

    • >へえー?じゃあタイや中国大陸に住む人も倭人と呼ぶのね。

      神社にある鳥居の起源って?これは昔から不思議に思っていたのだけれど、どうも東南アジアから東アジアに広がる“倭族”に共通した信仰・風習を起源としているようです。

      「鳥居論—ニッポン人の鳥信仰とその出自」

      鳥越憲三郎氏は「倭族」という概念で、中国南部や東南アジア、それから朝鮮南部および日本に共通して残る習俗を括る。

      その氏によって、雲南省やそこに隣接する東南アジア北部の山岳地帯に棲むタイ系諸族(アカ・ハニ族など)に「鳥居」が見出されている。それは左右二本の柱の上に笠木(横に渡す木)を載せたものだ。ただし、これは「社(やしろ)の門」ではなく「村の門」(「ロコーン」と言う)だ。

      「鳥居」の起源は、共同体(村)へ侵入する悪霊を防ぐ結界門だったのである
      (「締め縄」とはそういう意味だ)。

       そして、果たしてその門の笠木には木製の鳥が止まっていた。

      実は、吉野ヶ里遺跡を始め、わが国の弥生時代の遺跡からは木製の鳥が頻出している。だが「鳥居」は残っておらず、どこにどう止まっていたのかは分からない。

      「村の門」には左右の自然木に「締め縄」が渡されただけのものもある。それらにはしばしば「鬼の目」がぶら下がっている。鬼の目とは竹で編まれた悪霊を追い払う呪具(「籠目」もその一つ)で、現代の日本の締め縄にも吊されている。(

  • ろだんさん、宮内庁バッチの件、小室圭母親の父親、祖父、祖母の自殺の経緯、マンション住民の証言調べて記事を書いて貰いたい!お願いする。
    未だ結婚する意思が有ると弁護士使って言いまくる小室圭の神経に唖然だ。
    何処から来る神経なのか?

  • 4~5世紀の朝鮮半島の話をしているのに
    なんで倭冠にまで話が飛ぶの?
    朝鮮半島の話を聞かせてくださいね。

  • 倭寇が正しいです。すみません。
    皇室のルーツについて、知っていることがあれば
    是非、お聞かせください。

    • >皇室のルーツについて、知っていることがあれば是非、お聞かせください。

      従来 弥生人と言われていた民族も弥生前期は長江人、後期は漢民族系朝鮮人で、完全に別民族です。

      天皇一族は弥生時代後期に北九州に植民市を作り朝鮮との交易に従事し、漢文を書き、高価な中国製の鏡を大量に持って居たので、勿論漢民族系朝鮮人です。

      漢民族の天皇一族が日本を乗っ取った手口

      天皇一族は朝鮮を追われて日本に移民して以降

      中国華北 → 韓国ソウル
      → 福岡県伊都国 → 日向、大和 、丹後 → 北九州、瀬戸内、畿内
      → 沖縄、北海道・東北北半分を除く日本全土

      の順に支配地域を広げて行った様です。

      弥生時代後期から昭和までずっと連続して朝鮮から長江系及び漢民族系渡来人が流入し続けて、遂に日本人(縄文人・弥生人)は少数民族となってしまいました。

      中国人は有史以来、戦争に勝ったことが無いが、人口爆弾で他国を乗っ取ってきた。
      大和朝廷も弱かったけど、朝鮮からの渡来人を大量に受け入れて先住民から畿内を乗っ取った:

      漢民族は戦争にめちゃくちゃ弱いので、むやみに人数を増やして集まる。
      それが始皇帝の兵馬俑で、北方の蛮族より弱かった。

      ユーラシア大陸の真ん中に陣取っている中国とロシアは、有史以来ほとんど戦争に勝った事が無い。

      中国は外国に出て行って戦争に勝ったことが一度も無い。

      もしかしたら紛争程度の小競り合いでは勝っているかも知れないが、国同士の戦争ではない。

      秦の始皇帝が初の国家を作ってから、その領土を守っているだけで、対外戦争で勝った事はほぼない。

      モンゴル帝国は強かったが、あれは「モンゴル」が植民地にしたので、中国は植民地側でした。

      局地的には朝鮮半島で勝利を得たりしているが、必ず朝鮮の統治者に追い出されています。

  • >皇室のルーツについて、知っていることがあれば是非、お聞かせください。

    従来 弥生人と言われていた民族も弥生前期は長江人、後期は漢民族系朝鮮人で、完全に別民族です。

    天皇一族は弥生時代後期に北九州に植民市を作り朝鮮との交易に従事し、漢文を書き、高価な中国製の鏡を大量に持って居たので、勿論漢民族系朝鮮人です。

    漢民族の天皇一族が日本を乗っ取った手口

    天皇一族は朝鮮を追われて日本に移民して以降

    中国華北 → 韓国ソウル
    → 福岡県伊都国 → 日向、大和 、丹後 → 北九州、瀬戸内、畿内
    → 沖縄、北海道・東北北半分を除く日本全土

    の順に支配地域を広げて行った様です。

    弥生時代後期から昭和までずっと連続して朝鮮から長江系及び漢民族系渡来人が流入し続けて、遂に日本人(縄文人・弥生人)は少数民族となってしまいました。

    中国人は有史以来、戦争に勝ったことが無いが、人口爆弾で他国を乗っ取ってきた。
    大和朝廷も弱かったけど、朝鮮からの渡来人を大量に受け入れて先住民から畿内を乗っ取った

  • 続き

    漢民族は戦争にめちゃくちゃ弱いので、むやみに人数を増やして集まる。
    それが始皇帝の兵馬俑で、北方の蛮族より弱かった。

    ユーラシア大陸の真ん中に陣取っている中国とロシアは、有史以来ほとんど戦争に勝った事が無い。

    中国は外国に出て行って戦争に勝ったことが一度も無い。

    もしかしたら紛争程度の小競り合いでは勝っているかも知れないが、国同士の戦争ではない。

    秦の始皇帝が初の国家を作ってから、その領土を守っているだけで、対外戦争で勝った事はほぼない。

    モンゴル帝国は強かったが、あれは「モンゴル」が植民地にしたので、中国は植民地側でした。

    局地的には朝鮮半島で勝利を得たりしているが、必ず朝鮮の統治者に追い出されています。

    • 続き
      同和部落民は日本に先住していた縄文人・弥生人の末裔

      朝鮮から渡来した漢民族の天皇一族が人口爆弾で畿内を完全に乗っ取って、被支配者の縄文人・弥生人を迫害してエタ地域に隔離したのが同和部落の起源:

      小浜基次「形質人類学から見た日本の東と西」
      『国文学の解釈と鑑賞』二八巻五号

      畿内型は西日本の畿内を中心として、瀬戸内海沿岸を経て、朝鮮につらなり、
      東北・裏日本型は東日本より裏日本に広がり、西日本では、畿内型の周辺を
      とりかこんでいる。西日本の離島には代表的な東日本型形質が残されている。

      このような両型の地理的分布によつて、集団の移動を推定すると、はじめに、
      東北・裏日本型集団が広く日本全土に先住し、のちに、畿内型集団が朝鮮半
      島より渡来し、瀬戸内海沿岸を通つて、畿内に集中し、その一部はさらに、
      東進したものであろう。古代の高い文化が、畿内を中心として栄えた史実に
      一致することは興味深い(以上、75頁)

      (追加)形質人類学的にみた未解放部落

      われわれの全国的な日本人調査のうちには、未開放部落もふくまれ、その調
      査地区は近畿、山陽、九州、四国に散在する四七部落にわたつている。

      (中略)

      身長は一般に低身であるが、部落の生活環境によつては、長身の集団もある。
      頭部については、いずれの地区も共通の中頭型を示し、頭長は大きく、頭幅
      は小さい。したがつて、畿内のような高度の短頭地区内にはさまつた部落は、
      一般集団との間に明らかな差異が認められる。しかし、山陰、北九州、四国
      東北部などの中頭地区内にある部落は、一般集団と近似し、差異は少ない。

      畿内地区における両集団の差異は畿内人と山陰人とのちがいにすぎないので
      ある。そのほかの形質、たとえば、頭頂高指数や頭部の測度、指数などにつ
      いても、部落はまつたく東北・裏日本型に類似している。

      大陸朝鮮型形質のもつとも濃厚な畿内地区に、もつとも非朝鮮的な形質を持
      つ東北・裏日本型の部落が孤島として介在することは、注目に値する。おそ
      らくは、婚姻と住居の制限によつて内婚率が高く、特異の形質がよく保たれ
      ているものと思われる。このような部落の成因については、文化史その他の
      分野より検討せらるべき課題であろう。(成績はいずれも男子資料による)
      (大阪大学医学部教授)

      • 続き

        天皇一族の様な漢民族が戦争に勝てなくても領土を増やす方法

        そんな漢民族がなぜ中国を支配できたかというと、長江文明や半島や日本よりも、圧倒的に人口増加率が高かったからでした。

        稲作によって大量の食料を得て、子作りに励んでついに女真族やモンゴル族、長江人を数で圧倒して吸収したのでした。

        長江文明の子孫である長江人は、漢民族に押し出されるようにして、現在のインドシナ半島に住んでいると言われています。

        漢民族の戦略はまず人口を爆発的に増やし、歩いて敵国に侵入して住み着き、その国を支配して領土化します。

        これなら戦争に勝つ必要がなく、例えば女真族が住んでいた旧満州では、人口の99%は漢民族になったとされています。

        女真族は戦争では圧倒的に強かったが、人口を増やさなかったので漢民族の侵入で吸収されてしまいました。

        チベット、ウイグル、内蒙古、旧満州など多くの周辺民族をこの方法で倒してきました。

        半島に住んでいる朝鮮民族も最初は中国の東北部に住んでいたが、漢民族が移住してきて追い出されて、歩いて半島にやってきた。

        台湾島も島民が住んでいた場所に、多くの漢民族が移住してきて、今では人口の95%以上を移住者の子孫が占めている。

        このように中国からの移民や移住者を受け入れるのは、他の国の住民を受け入れるのとは、重大さがまったく違う。

        中国の場合は移住は軍事戦略であって、住民を移住させて国を乗っ取り、それから軍隊で占領するのです。

    • >同和部落のほとんどは、半島から流れ着いた朝鮮民族でしよう。

      違うよ
      在日は日本に移住してきて、住居費が安い同和部落に住み着いて、もともと住んでいた部落民を追い出して部落を乗っ取っただけだよ

    • 戦前までの部落民は縄文人と弥生人の子孫だった
      戦後に日本に移住してきた朝鮮人が部落を乗っ取った

      どちらにしろ縄文人の生き残りは

      アイヌ、琉球人、戦前までの同和部落民

      に限られる。

      現在の日本人には縄文人の血は10%しか流れていない。
      つまり、天皇一族と朝鮮からの渡来人が

      若い女以外の縄文人を殆ど殺し、
      縄文人の若い女はをレイプしまくって

      天皇一族と朝鮮からの渡来人にレイプされた縄文人の若い女の子供は同和部落に押し込んで差別した

      それが日本人の生成過程だ

  • 愛子様は天皇になっても良いと思う
    と、同時に男系男子の系統を途絶えさせるべきでないとも思う。
    とはいえ、秋篠宮しかいなくなるって心配。一系統が独占したら、腐敗もはびこる気がします。今でもその気配があります。
    あとは、他の女性皇族が旧宮家と結婚する、旧宮家に戻ってきてもらう。
    ぐらいしか思いつかないですが。
    どこかに探したら、いい男系、いないですか?

    • 旧宮家は、実は天皇につながらない、鍛冶屋の一般人の子孫ですよ
      渡来人の家系の噂もありますし
      皇統の直系でしたら、愛子さまのお子様が、まさに天皇にふさわしいですよ

      • 鍛冶屋でご落胤が発見されたのは事実ですが、その後も親王宣下をしてきたわけですから問題ないと思います。
        それを言ったら継体天皇も怪しいでしょうし。
        「天皇の側室がどこかでほかの男と姦通している」可能性なんて疑ったらきりがないです。

    • 今の天皇陛下が男系の伝統を守るおつもりなら、愛子さまにもそのようなお考えがおありなら、旧宮家の青年と結婚されるはずです。
      20代になった愛子さまに期待しましょう!

  • TV局やマスゴミのコムロ上げ、やはり秋篠宮はコムロとマコの結婚を予定しているのかもしれない
    コムロのイメージを何とか国民に受け入れてもらうための異常なコムロ上げ

    もし水面下で破断にもちこむ計画があるなら、なぜこれほどTV局がコムロ上げをするのか?

  • 日本人と大陸や半島の男性のDNAは違う。
    中東やチベット。アンダマン諸島が近い。新しい学説ではね。
    なぜ、朝鮮と日本人を結びつけたがるの?
    キモいからやめて。

    • >日本人と大陸や半島の男性のDNAは違う。
      中東やチベット。アンダマン諸島が近い。新しい学説ではね。

      中東やチベット。アンダマン諸島が近いのは縄文人だろ
      日本人には縄文人の血は僅か10%しか流れていない

  • この記事を書いているのは日本人ではないと思います。賛同する人のほとんども怪しいです。コメントも同じ人、工作員がいると思います。中には下らないゴシップに翻弄されているだけの日本人もいるかもしれませんが、よく考えれば分かる事、ほとんどの日本人、本当に国を思う人は気付いています、そう言った人は騒がないだけです。サイレントマジョリティー。
    日本が守って来たもの、天皇家の歴史、都市伝説のレベルの話ではないんです。よく調べれば、自ずと未来に向けて私達日本人がどうすべきか、分かると思います。
    今ここまで大騒ぎして、どんな連中が1番徳をすると思いますか?とにかくこのタイトルの様な、それこそ“バカ”みたいな事で“バカ”みたいに騒ぐ連中に翻弄される事なく、私達“日本人”は冷静でありたいですね。

  • 小室母子の排除は当然の措置
    GHQの皇室破壊プログラムである皇籍離脱の悪政を糺し、旧皇族を皇籍復帰させることが
    戦後レジーム最大の脱却。
    小室母子叩きも擁護も、それだけでは皇室のためにはならない。
    小室母子の排除と旧皇族の復帰はセットだ。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください