【感動秘話】天皇陛下ご結婚60年目、ついに明かされるプロポーズの真実

天皇陛下の即位30年を祝う祭典「感謝の集い」が10日に開催

天皇陛下の即位30年を祝う祭典「感謝の集い」が10日、東京・千代田区の国立劇場で開かれました。両陛下は出席なさらなかったということで、正直なんだかなぁという気も……。

ともあれ、テレビや週刊誌では天皇陛下ご結婚60年ご即位30年記念をお祝いする特集が複数組まれていました。

[kanern postid=”19981″]

不安の残る令和新時代

そして来月の1日には皇太子さまがご即位され、ついに令和新元号に。 しかし、小室圭問題や、秋篠宮家の皇太子待遇、皇室典範改正議論と不安は尽きません。

これらの問題は全て令和に持ち越され、いまだ多くの国民にとっての懸念材料となっているのではないでしょうか。

これまで明かされてこなかったプロポーズの言葉

そんな中、4月11日には報道番組『バイキング』で今まで明かされることのなかった天皇陛下と皇后陛下の結婚とプロポーズのエピソードが特集されていました。

実は、これまで天皇陛下から皇后陛下へ伝えられたプロポーズの言葉は明かされていなかったのですね。

そんな中で、天皇陛下のご友人でもあり、今年の2月に『天皇陛下のプロポーズ』という本を出版した織田和雄さんがついに60年越しに天皇陛下のプロポーズのエピソードを明かしました。

出会いはテニス大会

二人の出会いは、ご成婚の2年前に軽井沢で開催されたテニス大会。当時は民間人が皇太子妃になるなど想像も出来ない時代でした。なかなか関係が進展しない中で恋のキューピット役となったのが先に紹介した織田和雄さんです。

また番組中では、天皇陛下と皇后陛下のニックネームが書かれた当時織田和雄さんが書き記したメモも紹介されます。天皇陛下は「チャブ」皇后陛下は「ミッチー」という愛称で呼ばれていたそうです。

こんなエピソードが明かされるのもご友人ならでは面白いですね。

天皇陛下も恋に悩む青年だった!?

また、どうプロポーズの言葉を伝えるべきかと迷っていた天皇陛下は織田さんにアドバイスを求めたそうです。

うーん、天皇陛下もやはり普通のイチ青年のように恋に悩んで友人に相談するなんてこともあったのですね。普通の青春エピソードなのですが、かつては天皇陛下も恋に悩んだと考えると、なんだかこころがほっこりしてきます(笑)。

ですが、結局は陛下は最終的には自分でプロポーズの言葉を考えて伝えたそうです。

「イエスと言ってください」

天皇陛下は電話でプロポーズの言葉を伝えたそうですが、なかなか深みのあるお言葉でした。

「皇太子あるいは天皇陛下になる立場は
公的なことが最優先で私的なことは後
 
場合によってはお助けできないかもしれない
手が届かないかもしれない そういう立場にある人間です
 
それでも結婚していただきたいので イエスと言ってほしい」

美智子さまが陛下からこのプロポーズの言葉を受けて結婚が決まったそうです。

また今秋発売の週刊文春では、当時結婚のご決断に思い悩んでいた美智子さまが記者に答えた次のようなインタビューのコメントが紹介されていました。

「ひとつだけ、わかっておいていただきたいの。もし、私がどんな方と一緒になっても、それはその方自身が、地位とか身分一切を別にして、本当に私の結婚の理想に当てはまる方だからです。」

「美智子さまご成婚決断の全肉声」週刊文春

皇族の結婚は私的なモノか?公的なモノか?

このような二人のやり取りは、もちろん純粋に素敵な心温まるエピソードとして受け取れるのですが、同時に現在の眞子さまと小室圭さんの問題で揺れているご皇族の結婚問題ともリンクしていて面白く感じられます。

もちろん、天皇皇后両陛下は恋愛結婚によって、自由恋愛の結果として多くの国民から祝福されるカタチで結婚がなされたのですが、現実の選択は必ずしも常にこのように上手く理想的なカタチで収まるとは限りません。

皇族の私的な感情や願望と、国民にとっての公的な祝福や承認といったものが対立した場合に、一体どのような決断が下されるべきなのか?

このような問題を考えるうえでも、天皇皇后両陛下のご結婚とプロポーズのエピソードは非常に示唆に富んだ内容であったと言えるのではないでしょうか。

(文/編集部)

悠仁さまは、なぜ「内部進学」を選んだのか? 小室圭、愛子さま、東大進学など「策動」蠢く

[kanern postid=”19981″]

アンケート

皇族の結婚は「公」と「私」の、何方の比重が大きいともいますか?
  • あなたの回答を追加する


21 件のコメント

  • 秘話でなくてCIAが日本人を騙す為に拡散してるデマだよ

    真実は

    正田美智子は父親は被差別同和部落出身で、母親は朝鮮人とイギリス人のハーフ(売春婦の父無し子?)

    それで15歳の時から何度お見合いしてもすべて断られていた。

    美智子さんを、お見合い相手にとお勧めされたのは皇太子以外にもいて、その中の一人が、あの三島由紀夫。

    良く言って中流の三島にお勧めされてお断りされた女性が、軽井沢の恋、で皇太子妃になった。
    「ちゃんとした皇太子妃候補」なら常磐会は大反対しなかったでしょうね。、

    「美智子嬢は25人の見合いをしていられた」

    「最後に波多野という青年と婚約。これを破棄して皇太子のほうに振り替えた」

    国会という言質が取られたら厄介な場で、見合い25回、25回目の婚約者が波多野、と極めて具体的な回数と名前が出てきている。

    「美智子嬢」が15歳から、見方によってはいささか下品な婚活パーティに出ていたことは既報の通り。主催者がGHQ寄りの人物である可能性についても触れました。15歳でエリート男子を狙っての婚活なら、25回見合い歴はない話ではないでしょう。

    「カトリックの陰謀」と表現されていますが「カトリック(プロテスタントも含む)を日本と皇室弱体化ツール」として使ったのはGHQです。

    ただこの時代にGHQを口にしたら、その地位から(場合によっては命さえ)消されかねない状況ではあったかもしれません。一番の恐怖はこれもGHQが日本弱体化の尖兵として使った朝鮮人が束になっての親、子供への押しかけ、恫喝であったでしょう。彼らが特権を奪い取るにあたっての、常套手段です。

    美智子さまご成婚時は、GHQが表向き引き上げてから7年間が経過していますが、GHQが愛国者をバサバサ刈り取って残った自虐史観売国奴が国のあちこちを仕切っていました。雅子妃の父親、小和田恒氏が外務省におけるその典型です。だから形としてのGHQは解体しても、去った後GHQ勢力は根強く日本に残り、定着しました。

    美智子さまの父上正田英三郎氏もカトリック教徒だったのですね。

    冨美夫人との出会いが双葉高等女学校の「礼拝」であった、というから美智子さまの母、冨美さんもカトリック教徒だったということでしょう。

    祖父母の代から一族郎党全員カトリック教徒だったので、天皇家の信仰を破壊する目的で皇太子に押し付けたのです。

  • 天皇陛下は お助けできるか分からない、
    皇太子さまは全力でお守りします
    それでもお二人とも気持ちがこもっていましたね!

  • >公的なことが最優先で私的なことは後

    昔はまともな皇族だったんですね。
    何となく敬ってました。
    でも今はただの高齢者。
    孫娘のわがままも叱りつけずに放置。
    自分が下した裁可も記憶にないのかも?
    今となっては、被災地訪問などパフォーマンスだったとしか思えない。

    純粋な日本人ですが、
    尊敬出来ない皇族など、
    一生懸命働いて納めた税金で養いたくない。
    皇室は令和で解散してほしい。

    • 本当にそうです。
      天皇皇后両陛下には孫の眞子さんのことは、
      責任を持って平成のうちにちゃんと解決していただきたかったです。
      本当は親である秋篠宮夫妻にしっかりしていただきたいのですが。

      今でも皇族は誰とでも結婚出来るわけではないと思います。

      天皇は本当は一番の戦争責任者であり、
      戦争に負けてアメリカに生かせられていただけです。
      何も偉いわけではありません。

      それがここ平成になって、どこかの王様か
      金持ちセレブのようになってきて、
      勘違いも甚だしいです。
      特に秋篠宮家ですが。

      眞子さんに手早く手を出してきたジゴロの借金踏み倒しのエロ男に
      何億もの警備費を付けさせ、
      フォーダム大学特別待遇留学までさせて
      650万の授業料は無料、生活費も無料。
      奥野総合法律事務所からお給料まで年間500万出ているそうです。

      奥野総合法律事務所の男性職員は、
      小室さん以外は皆、弁護士資格を持たれた優秀な方らしいですが、
      ただの事務員に留学させて500万の給料まで払って、
      職員の方々に不満はないんでしょうか。

      秋篠宮のわがままで奥野さんに忖度させて給料まで払わせて
      職員の方々に不満が溜まっているのではないかと思います。

      秋篠宮は奥野さんと裏でどんな密約をしているのかさっぱり分かりません。

      秋篠宮家はそういうことばかりしていると思います。
      皆さまも黙っていては秋篠宮家に好きなようにされるだけです。

      宮内庁には簡単に電話出来ます。
      皇室は国民の象徴であり税金で成り立っています。
      国民の声を届けるのは大事だと思います。
      国民の声が多ければ多いほど
      政治も皇室も国民の声を無視できなくなると思います。

      宮内庁電話03-3213-1111

      • 眞子さんの東大博物館勤務についてですが、
        送迎付き、
        週3日、一日3、4時間ほどの勤務で年収600万らしいです。
        それも行ってない日も多いでしょうし、昼休憩含めて、
        3時間ほどで実質座っているだけで何もしていないと思います。

        その東大博物館は一般公募だったので
        優秀な研究者の方々で行きたい方がたくさんおられたと思いますが
        実質眞子さんのための出来レースで
        優秀な研究者たちはドクターを持っておられても簡単に落とされたか、
        履歴書も見てもらっていないか、
        一般公募なのに眞子さんだけにしか知らされなかったか、
        で結局、何の努力もしていない眞子さんが通り、
        他の優秀な研究者の方たちは夢を断たれました。

        何の努力もしていない眞子さんが
        東大博物館の研究者でお給料が600万です。
        他の優秀な研究者を押しのけて入りました。

        小室のフォーダム大学特別待遇留学も眞子さんと同じことだと思います。

        また眞子さんは
        日本テニス協会総裁、日本工芸会総裁
        などの総裁職も務めていらっしゃいます。

        それも実質お飾りで何もしていないと思います。
        ただ座っているだけで、かなりの謝礼金が貰えるのかもしれないです

        また重要な公務を3つも引き受けたらしいので、
        公務だけで謝礼金が凄いのではないでしょうか。

        ちょっとお手振りしたり、手話してみたり、
        テープカットしてみたり、
        いつも綺麗な新調された高価なお洋服を着て
        お手振り、ただ座っているだけで、ものすごい謝礼金なのでしょう。

        皆さま黙っていたら好きなようにされるだけです。

        官邸メール、各府省へのメールも簡単ですし、

        宮内庁電話も簡単にできます。
        皇室は日本の象徴であり
        我々の税金で成り立っています。
        皇族のわがままのために好きなようにされていいわけではありません。

        一人でも多くの方がメールや電話して下さると
        政治も皇室も無視できなくなるでしょう。

        日本の象徴がわがままし放題では困ります。
        国民の声を届けるのは大事なことです。
        皆さまも電話しましょう。
        簡単に気軽に電話できます。

        宮内庁電話03-3213-1111

  • この2人が恋愛か見合いかどうかどうでもいいけど

    昭和天皇の長女の照宮成子さまが35歳の若さでガンでお亡くなりになって
    まだ25日しかたってない頃
    悲しみに暮れる昭和天皇ご夫妻に皇太子ご夫妻が那須まで押しかけ
    真夜中まで直談判したそうですね
    入江侍従長の日記に「くだらないことを夜中まで訴えた」と記されています。
    昭和天皇は「分かった」と一言だけ言い、良子皇后は黙ったままだったと。

    皇太子にとっても成子さまは実の姉なのにねえ・・・

    この2人は良子皇后にイジメられたんじゃなくて
    今の秋篠宮家と同じで好き勝手していたんだなあ、と思う。

    しかし明仁のあだ名がチャブ(=茶色い豚)というのは本当だったんだねw

    • 「天皇さまお脈拝見」 杉村 昌雄著で
      成子さまのガンが見つかったときはすでに手遅れで
      医師たちももうどうしようもなくなっていたのですが
      良子皇后は藁にもすがる思いで怪しげな祈祷師まで呼んでいました。
      しかし当然効果があるわけもなく、
      1961年〈昭和36年〉7月23日にお亡くなりになりました。

      昭和36年7月といえば皇太子夫妻は結婚して3年目
      浩宮さまがそろそろ1歳半の頃かな。
      まだ49日も過ぎてないのに、直談判って
      男児を産んだことで美智子さま強気だったのねえ・・・

      • 照宮さまはこの方が男児だったらと周りから惜しまれるほど大変優れた方だったそうです。
        その照宮さまの17歳の時の作文です。

        私はどういうめぐり合わせか高貴な家に生まれた。私は絶えず世間の注視の中にある。いつどこにおいてもわたしは優れていなければならない。私は皇室を背負っている。私の言動は直ちに皇室にひびいてくる。どうして安閑としていられよう。

        高い木には風が当たり易い。それなのに高きにありながら多くの弱点をもつ自分をみるときこの地位にいる資格があるかどうか恐ろしくなる。自分の能力は誰よりも自分で一番よくわかっている。ともかく私は自分で自分を育て築きあげていかなければならない。

        この炭鉱の奥深くで、来る日も来る日も働き続け世間から忘れ去られそして人知れず死に行く運命をもった人々の前に立った時、護衛の警官やおおぜいのお供をひきつれている自分の姿にいたたまれぬ申し訳なさを感じた。

        女子学習院中等科5年生 1942年頃

    • 「天皇さまお脈拝見」 杉村 昌雄著の中で、昭和天皇がどれだけ皇居内の自然を愛され大事にされていたか詳しく書かれていました。その森を70億円の御殿とテニスコートを建てるために伐採したんですよね・・・
      この本を読んでようやく判りました。今上夫妻がいかに酷いことをしたのかって。

  • 昔は「柳行李ひとつで来てください」だと言われていた。
    なぜか平成になって、天皇自らこれを否定した。
    そして今になって「実は」という話になったけれど、何かを思い出しませんか?
    そう、皇太子さまの「全力でお守りします」
    皇后が織田氏に電話したのはこの後。
    本当に気持ち悪い人です。

    • >昔は「柳行李ひとつで来てください」だと言われていた。

      私も覚えています。確かに昔はそう言われていました。

      今回のプロポーズは皇太子さまへの当てつけでねつ造されたものでしょうね。

      • 昭和の頃は私優先と言われていた今の両陛下が、いつの間にか公優先ということになりましたよね。
        そして、皇太子ご夫妻が私優先ということにされて叩かれた。
        今回の取ってつけたような話もその一環な気がします。

  • ネットより引用
    3520.匿名 2019/04/11(木) 15:33:51

    さっき映像が流れてたんだけど、皇太子と雅子さまが挨拶しても
    美智子さまは無視して、雅子さまの顔も見ないような素っ気なさだった。

    半面、あのバカ眞子たちには満面の笑顔で頭も下げてるのよね。
    この違いに美智子さまの底意地の悪さを見たわ。
    小室に肩入れしてるの丸わかりだよね。がっかりしたわ。

  • 誰かの用意した台詞を読み上げた時も多いのだろうね。
    心からの御言葉は、果たして幾つあったのだろう。

  • 戦争や災害で亡くなった死者達の魂を弄ぶ事は、最もあってはならない事です。
    特に戦没者は、天皇家が深く関わった戦争で亡くなられているのですから。
    神官であるから無条件で心がこもっているだろうとの現国民からの信頼をも裏切っています。
    心を込めていただいていましたね?そうであって欲しいです。
    けどね…。

  • 今、ヤフコメ「御代代わりと秋氏の宮家の未来・・・」で天皇皇后の改築に
    エレベーターも作るそうです。高齢だから仕方ないかとも思いますが、
    エレベーターと地下シェルター。
    私衝動に駆られ初めてヤフコメ参加してしまいました。

    当然秋篠宮邸もエレベーター付きでしょうね。
    33億は、ほかにもびっくりする改築あるんでしょうか。

  • 天皇陛下・皇后は、皇室とは何ぞやをよく把握していらっしゃいます。多くの国民から、尊敬され愛され感動気持ちの涙を流すのです。
    4月末までまだ日にちはありますが、感謝の気持ちでいっぱいです。
    5月1日から新天皇・皇后になる現在の皇太子と雅子さま、そして愛子さまも、同様に皇室とは何ぞやをよく把握していらっしゃいます。
    雅子さまは外交官としてご活躍され、ご自分で働いて給与をいただき納税し、社会の良し悪しや、貧困で病院にも行けない人々そして災害で不自由を余儀なくされている人々の辛い気持ちも理解されていらっしゃいます。皇室は国民の幸せを願い、尊敬され愛される存在でなくてはなりません。雅子さまの素晴らしい才能そして優しい心を持っていらっしゃることは多くの国民がわかっていますので安心してください。言霊(前向きな言葉)を繰り返すことでそれが現実になることも沢山あります。雅子さまを心から応援している方々は多いのです。
    ★秋篠宮家の眞子さま、佳子さまは皇室とは何ぞや、皇族の自覚がなさすぎます。これは母親である紀子さま、そして秋篠宮の育て方に問題があるのです。紀子さまは社会でに出て働いた経験がなく、国民の気持ちなどわかるはずがなく、ふたりの娘もわかるはずがありません。生活に困っている国民は沢山いるのに、自分のこと、小室圭(誠実さがまるで無い)のことしか考えない眞子さま、そして佳子さまには呆れるばかりです。秋篠宮家の5名には全く期待していません。
    ☆☆東宮家の3名を心から応援しています。令和は国民の幸せのために、出来ることから地道にコツコツとよろしくお願いいたします。
    皇太子と雅子さまのことは信頼し尊敬できますので、雅子さまは気負うことなく自然体で、皇太子とともに助け合えば大丈夫です。愛子さまは短期海外留学したことで、本来お持ちの明るさや社交性、頼もしさ、そして頭脳明晰ぶりを発揮しています。お母様である雅子さまを支え、3年後には今以上に頼もしく皇室のお力になることでしょう。

  • ネットのない時代、いかにマスゴミによりミテコのことを隠蔽、捏造されていたんだなと思います
    チヤブも足りないようなので、ミテコの言うなり。女帝のような振る舞いですね。
    あの気性の荒さ、根性の悪いミテコは純粋な日本女性ではないのでしょう、チャイナの血が入っているとは本当かも。
    御忍び旅行といいつつ、マスゴミを引き連れて・・・意味不明
    ミテコ、今上のこともはっきり言って多くの国民は興味がないでしょう、それでも本人は未だに勘違いしているのでしょうね
    〇鮮系の鬼子を皇室に入れたのはもちろん、大失敗ですが、最初にミテコが皇室に入れたのは一番の間違いだったのです、この老婆はいつになったら隠居するのでしょうか?〇まで、しゃしゃりでてくるのか?

    自分たちに都合の悪い記事がでると言論統制、サイトを消去って、日本はいつから中国、北朝鮮化してしまったのですか?
    日本人は他国のようにプロテストをあまりしない国民なので、なめられているのかもしれませんが、万が一、馬子と小室が結婚ということになったときは、国民は何等かの対応をとらなくてはいけないのでは。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください