小室母子は“疫病神” 関係者一同「憔悴」で結婚のメド立たず

一向にメドが立たない「結婚シナリオ」

平成の時代が終わり、まもなく令和の新時代だ到来するというのに、小室圭さんと、その母・佳代さんが巻き起こした「スキャンダル」は未だ解決の糸口すらつかめない状況で、当初、2020年まで延期としながらも、それすら実現できるか怪しい状況です。

また心配なのは、この問題に関わる各位が、「憔悴」しきっていることです。秋篠宮殿下は、やつれ、夜も眠れず、うわの空で会話が成立せず、さながら鬱病の症状が出ているとのことです。

小室母子は「サイコパス」なのか? 国民がどうしても好きになれない理由

2019年4月5日

元婚約者も「憔悴」

また、今週の『週刊女性』(2019.4.16号)の取材によれば、元婚約者の竹田氏(仮名)の「代理人」が、元婚約者の方も「憔悴」しきっていると報告しています。

「2月初旬に元婚約者の竹田(仮名)と食事に行った際、代理人を引き受けることになりました。彼はいわゆる“小室文書”が公表された直後、マスコミの取材攻勢を受けていて、疲れ果てていました。食べ物ものどを通らない様子で、“このまま放っておいたらマズイ”と感じてしまいました。この件に関しては、完全にボランティアであり、金銭は受け取っておりませんし、受け取ったら終わりだと思っています」

『週刊女性』(2019.4.16号)「眞子さま焦る! メドが立たない“結婚シナリオ”」

このように元婚約者の身を案じて「代理人」を引き受けたAさんですが、元婚約者・竹田さんの体調がすぐれないため交渉すら開始させられない状況だとか…。

「竹田さんの体調や精神状態が回復してから、彼の意向を聞こうと思っています。そのあと、竹田さんとふたりで相手の代理人とお会いして、お互いの溝を確認したいです。

もちろん、私は自分の意見は挟まず、あくまで竹田さんの意向を伝えるだけの役に徹するつもりです。なるべく早く解決させたいので、できれば4月中には相手側と実際にお会いしたいとは思っています」(Aさん)

『週刊女性』(2019.4.16号)「眞子さま焦る! メドが立たない“結婚シナリオ”」

一体どれだけ憔悴されているのでしょうか…。なお、本ブログ取材班の報告によれば、三月時点では小室邸ならびに元婚約者のマンション近辺に、メディアの“張り込み”はないとのことです。

小室母子は「疫病神」か

ところで、秋篠宮殿下は眞子さまと小室圭さんの結婚に反対していると報道されています。ほとんど達成不可能な「国民の理解と祝福」を結婚の条件に挙げている以上、この推測は真を突いているでしょう。また、元婚約者も、当然、小室母子とは金銭トラブル面では対立状況にあります。

このような事実から明らかなように、小室母子と関わると「憔悴」してしまうという不思議な現象が確認されます。当事者も眞子さまですら、お疲れのようです。昨年11月の秋篠宮殿下の誕生日会見で、紀子さまは次のように眞子さまの体調を告白されました。

昨年の夏から,様々なことがありました。そして折々に,私たちは話合いを重ねてきました。そうした中で,昨年の暮れから,だんだん寒くなっていく中で,長女の体調が優れないことが多くなりました。そうした状況が長く続き,長女は大丈夫だろうか,どのような思いで過ごしているだろうかと,私は,大変心配でした。

文仁親王殿下お誕生日に際し(平成30年11月20日)

よって小室母子の周辺は、母子と関係すると「不幸」になる“疫病神”さながらの様相です。まして上に挙げた心身疾患の「不幸」のみならず、既に三名の自殺者までも出ています。

保守論客として高名な竹田恒泰氏は、小室母子を躊躇せず「疫病神」であると表現しています。

最も体調が心配なのは秋篠宮殿下

そんななかで最も体調が危惧されるのは秋篠宮殿下です。『週刊新潮』の記事では、その憔悴しきった様子が克明に記されています。

「小室さんのお母さんの金銭問題に巻き込まれ、殿下のお疲れはピークに達しています。そんな中で殿下は、お体の変調を訴えられ、昨年日月のお誕生日会見と前後し、人知れず宮内庁病院で診察をお受けになりました。そこで、ご体調を整えるべく睡眠導入剤を処方されたというのです

ご表情からはめっきり笑みが減り、生気のないお姿がもっぱら拝察されました。お誕生日会見ではひどくおやつれになっておられ、新年の一般参賀でも“心ここにあらず”といったご様子でお手振りをなさっていたのです 。

また国際情勢などについて専門家からご聴取なさる際にも、しばしば上の空のご様子で、レクチャー後のご質問では、テーマと全く関係ないことをお尋ねになったりしているのです」 (秋篠宮家の事情に通じる、さる関係者)


『週刊新潮』(2019.4.4号)「「佳子さま」炎上で問われる「秋篠宮家」の家庭教育」

この五月からは「皇嗣」としてご確約しなければならない時期に、大変心配です。

解決のめどは立たず

このような不幸を断ち切るためには、①金銭トラブルを完全解決して国民の理解と祝福を得る、②破談にする、のいずれかが達成されなければなりません。しかし「公」より「私」を重んじる秋篠宮家の家風では、眞子さまに結婚の意思がある以上、これを一方的に「破談」にすることは難しいでしょう。

それでは①金銭トラブルの解決はいつになるのか? というとこちらも全く見通しがたっていないようです。

「宮内庁は昨年2月、眞子さまのご結婚を’20年まで延期すると発表しました。

小室さんの初動が遅かったことも原因ですが、金銭トラブル解決まではまだ時間がかかりそうなので、来年のご結婚も怪しくなってきているのではないでしょうか」(前出・皇室ジャーナリスト)

『週刊女性』(2019.4.16号)「眞子さま焦る! メドが立たない“結婚シナリオ”」

また2020年まで結婚延期と発表しておきながら、小室圭さんは2021年までフォーダム大学に留学予定です。このチグハグからも結婚のメドは全く立っていないことは明白です。

このままズルズル引き延ばせば秋篠宮殿下や関係各位の、それこそ「体調」が心配でなりません。

一体どうなってしまうのでしょうか?

小室さん父は「保険金殺人」か 母・佳代さんの不自然な行動を検証

小室圭さん父は「保険金殺人」か 母・佳代さんの不自然な行動を検証

2019年4月3日

アンケート

「疫病神」「死神」とまで表現されている小室母子、この評価は妥当だと思いますか?(回答追加・複数選択可能)
  • あなたの回答を追加する


35 件のコメント

  • 令和○年

    小室圭殿下、眞子妃殿下、

    親王さまお誕生おめでとうございます㊗️

    小室圭殿下、眞子妃殿下、

    あらためて親王さまお誕生おめでとうございます㊗️

    皇位継承第○位、

    小室宮○仁親王殿下お誕生

    おめでとうございます㊗️

  • 小室圭殿下、眞子妃殿下、

    この度はご結婚ならびに女性宮家創設おめでとうございます㊗️

    お二人のお幸せを祝して、乾杯

  • 小室圭殿下は英語が堪能であり、

    またヴァイオリン、ピアノも嗜まれ、

    絵も描かれます。

    また、ニューヨーク州の弁護士資格もお持ちでいらっしゃる

    まさにスーパーナイスガイであられます。

    小室圭殿下、眞子妃殿下、

    あらためてご結婚ならびに女性宮家創設、

    おめでとうございます㊗️

  • 小室親子と関わり持つと疫病神に取り付かれますねー小室親子と関わり持つた方皆様自殺に又財産を、失う!普通の人間では、無いのでしょう!お金の為なら誰しも引き下がらない!皇族相手でも食い下がって離れる事しないヒル見たいな男ですから~眞子さまと一日も早く切り離すべきです。小室親子簡単な人間では、無いでしょう!良く小室との縁を、切り離す事しないと大変な事起きると思います。もう少し手遅れかも?秋篠宮様頑張って欲しいですねー

    • 最初は単なる結婚詐欺師と思っていましたが、生きる疫病神母子だったとは。
      秋篠宮家はなぜ、こんな母子を引き寄せてしまってたのだろうか?

      現在進行形で秋篠宮家の崩壊を見ていると、やりきれない。
      平成が終わらないうちに、悪縁を断ち切ることだ。
      こんな母子が存在していること自体が恐ろしい。

  • 秋篠宮憔悴で生気が無いは、昨年のお誕生日会見でも既に見る側からすれば異常をきたしていた。
    然しながら同情は出来ない!
    眞子、小室婚約会見は、懇意のNHKの記者に秋篠宮自身が宮内庁を通さず勝手にリークしたのがそもそもの始まり。
    政府は眞子どんが小室圭との付き合いは分かっていたようで、警察、公安が調査し、相応しくない人間であるという事は承知していた。
    また、宮内庁も把握していた。
    然しながら、秋篠宮が一方的に婚約を発表してしまえば両者はなす術もなかろう。
    眞子どんがどんなに小室が好きでも、一般人ではないのだから好き勝手は許されない!
    長引けば長引くほど秋篠宮家に対する国民の不信感は増すばかりだ。
    婚約破棄は天皇が裁可した以上、相応しくない人間と(理由を連ねて)して裁可取り消しは可能だと思うのだが…。

    • 秋篠宮夫妻がこの問題を放置すれば、納税者から総スカンを食らうだろう。
      まず一番にすることは、血税の垂れ流しを止めなければならない。
      そのためにはいったん白紙に戻すこと、馬子さんが死ぬといって泣き喚いても
      毅然とした態度で、対処せねば、この問題は永遠に解決しないよ。

  • 眞子さんと小室の婚約内定記者会見。
    会見の中で眞子さんは
    「お付き合いをする人は結婚を考えられる人でありたいと考えていたので、
    (小室との)結婚については当初より念頭にありました」と。

    付き合う=結婚という図式が、まだ20そこそこの眞子さんの中でで出来上がっていたことに驚きました。
    こういう指導を両親から受けて来たのかどうかわかりませんが、
    今回の騒動は、眞子さんの一途な思い込みが招いた悲運と思われてなりません。

    付き合ってダメだと思ったら、別れれば済むというのが一般の恋愛常識。(皇族はそれすら無理なのか?)
    なかなか出会いのない皇室という檻の中で、
    皇族の姫君たちは、孤独にさいなまれているのかもしれませんね。

    • 一般人でも、20歳過ぎて交際する相手は、将来共に生きていける信頼できる相手か
      見据えて交際すべきですよ。眞子さまの考えは正しいです。

      問題は何故秋篠宮ご夫妻が交際相手の身辺調査をしなかったのか。
      眞子さまが好意を抱いた段階で早急に調べるべきだったのです。

      それで相手が嫌がって逃げるのなら仕方ないこと、
      両親が眞子さまのために見合い相手を探してくるしかないと思います。

    • 眞子様の場合は、人を見る目が余りにもなかっただけの話。
      秋篠宮夫妻も世間知らずで、周りの忠告も聞かず暴走したのだから自業自得。
      佳子様、悠仁さまの時は、必ず周りの忠告を聞かなければ同じ過ちを繰り返すだけですよ。

      • 特命さん

        確かに、人を見る目がなかったと言わざるを得ませんね^^;
        交際期間も長いわけですし。見定める期間は十分にあった。

        ただ、恋愛=結婚というのが皇室の定めという思い込みが眞子さんにあるのなら、
        そうではなくて、やり直しも効くし、
        小室を切ったとしても眞子さんの未来が閉ざされてしまうということはないと
        お伝えしたい気持ちです。

        秋篠宮夫妻にについては、同感です・笑

        • 眞子様はまだ若いし、いくらでもやり直しはきくと思います。
          秋篠宮夫妻も、眞子様も「傷物」と言う事を気にしすぎていると思う。
          早くに小室圭母子を切り捨て、再出発をしてほしいですね。
          交通事故にあって、重傷を負ったと思えばよい。
          傷は必ず言えますよ、眞子様。

          • 特命さん

            そうですよね。まだ若い。これからの人生は果てしなく長い。
            若い人の傷は癒えると思うし、次に掴む幸せはもっともっと大きいはず。
            絢子様のように、「なんと幸せなことか!」と満面の笑顔で嫁いで頂きたいです。

  • 眞子さんの一途な思い込みが招いた悲運とは
    まさにGlenn Close の’Fatal Attraction’でしょうかね。
    可哀そうに、どちらかが死ななきゃ別れられませんね。

    • ネットに載ってたけど
      小室圭問題は、死者が出ないと解決しないそうです。
      関係者の中に死相が出ている人がいるそうです。
      占いなのですが、なんだか不気味ですね。

      • 匿名8:01PMさま
        占いでは、死者が出なければ解決しないと、へえ~~~そうなんですか!
        眞子どん!恐ろしい親子に引っかかったものですよね!
        だから死神?、厄病神?

    • 統一教会事件の飯干恵子を思い出す。
      気の毒な事に父親の飯干晃一氏は、娘を救うため寿命を縮めました。
      秋篠宮夫妻も命がけで娘を、小室圭母子から取り戻すくらいの覚悟がなければ
      この問題は解決しません。
      小室側はリベンジポルノなどの汚い手を、使ってくるだろうと思いますが
      それくらいは覚悟しなければならない。
      小室圭母子側は完全に、秋篠宮家を舐めているね。

  • 本当によくあんな男と付き合わせました。
    しかもセックスまでしていたとか。
    心も身体も離れられないのでしょう。

  • 4月1日の夢。
    令和元年6月6日午後6時、小室圭様は米国より凱旋帰国した。空港に降りたプリンス候補は、多数の報道陣や聴衆が待ち受ける中、SPに囲まれて公用車に乗り込む。車は、前後にパトカーを従え帝国ホテルへと向う。ふんぞり返りながらもときには聴衆にお手振りをしている。御母堂佳代様もスイートルームでお待ちかねだ。翌日は、秋篠宮殿下と今上天皇陛下にフォーダム大大学院上級コース卒業の報告と今後の結婚日程を協議する予定とのこと。
    あれ、悪夢か?エイプフール?

  • 小室親子と秋篠宮一家はオーラが一緒なのですよね。だから馬子ちゃんも平成のKK(KKOMURO)に惹かれたわけで流石昭和のKK(KIKOKAWASHIMA)の娘だと思う。小室親子が疫病神ならそれって秋篠宮一家にも通じるわけで、秋篠宮一家は国民にとって厄病神だってことですよね~。天皇制は現皇太子でもういいわ。次は愛子さまか、それが無理ならもう彼ら(A宮一家)を市井に放って勝手に不幸になってもらうのが一番。

    • コメディタッチで上手にまとめてあります。
      (古いですが、)それがいい、それがいいと言いました。

  • 解決には、単純なことだと思います。

    ① 小室側が、元婚約者に、全額お金を返す。

    ② 国民の理解を得ることは、もう不可能。
      結婚したければ、眞子さんが、皇室と一切縁を切って、結婚する以外にない。

    ①に関しては、お金が返ってこれば、いいのですが、小室しだいで、詐欺師によくある、
     うやむやにして逃げてしまうという結末に なりかねない。

    ②に関しては、、結婚したければ、一般国民になる。
     それとも、20年、30年と このまま、ずーっとこの状態でいるか。

    他に、何かあるかもしれないが、小室しだい、眞子しだいなので、
    やるだけのことをやったら、待つしかないのかもしれないですね。

    秋篠宮さまは、結婚したければ、出ていきなさいと、言うだけのこと。
    体調が、悪いのなら、お休みになられれば、いいのではないでしょか。

  • お付き合いする=結婚しなくてはならない という眞子さんの勘違いってことなら、早く解いてあげないと。
    でも結婚を意識したために全てを捧げてしまったわけだし、純な眞子さんは自身を責め立ててしまっているのではないでしょうか。まぁ、しかしそんなことであればどなたかにご相談はされることでしょうが、その相談相手が一般庶民のご友人とかだったら埒はあかないでしょうね。
    眞子さんが言うことを聞くような人が、ビシっ!と言ってあげるのが一番なんですがねぇ。

    ひとまずKが全て悪いので、これ以上誰もKの援助をするべきではなく、そうなれば行き場を失い墓穴も掘ることでしょう。

    何より現在、髪を切るお金すらなくロン毛で容姿激変、食事代も払えずピザが振舞われる専門外の授業に出ては貪るだけ貪って他は何もせず退室するという、大学ではフリー・ケイ(タダ飯の圭)と呼ばれるほど恥ずかしい行いをしているようで。
    本気で日本の恥でしかありませんし、大学側は早く退学させるべきです。

    • 本当に金欠なのでしょうか。
      金欠のふりをして人々の同情を集める魂胆だったりして。
      かつて母上様は、住むところがあるのにないふりをしていたとか。

      • お金がない振りをしているだけでしょう。
        馬子様がバイト公務で稼いだお金を、せっせと送金しているはずだし。
        きっと同情を引くための作戦ですよ。

        ただ飯食いの圭なんて言われているとしたら、日本の恥ですね。
        お金は秋篠宮父娘が援助しているから、金欠なんてありえないと思う。

  • 日本の元号が変わってしまいましたね。しかし小室圭問題は未だ解決の糸口も見えず。秋篠宮家をスキャンダルの的にしておきながら本人はニューヨーカー気取りで学生生活をエンジョイ、秋篠宮家がどう言われようが関係ないとばかりに自分が招いた問題への説明もほったらかし。いい気なものですね。普通の神経ならば彼女と彼女の両親を自分の不甲斐なさで巻き込んでしまったと責任を感じるのですが、小室圭は自分さえ良ければいい、と知らんぷり。そんな小室を野放しにしておく側にも責任はあるのですが。

    小室圭のフォーダムのJDコースの奨学金の件どうなったのか気になります。そろそろわかる頃じゃないですかね。今年の9月から新学期ですから。他の優秀なアメリカ人を差し置き留学生の小室がどの程度もらえるか、そして残りの学費はどうするか、ここは見逃せませんね。もうすぐファイナルの成績も出るでしょうね。

    LL.M.コースは法科大学を卒業していない小室をJDでサバイバルさせるためのTutorみたいなものだったのでは? JDコース大変らしいですからね。AO入試でICUに入った彼にそんな実力があるのか。楽しみです。

  • 五月の様々な儀式が終わったら破談に持ち込むのかもしれませんね。くれぐれも慰謝料や手切れ金なんか渡さない事を願います。皇族には公安がいるので小室が暴露本出したら逮捕でお願いします。

  • 小室が例え疫病神だとしても、国民が散々小室を叩いてちる状況にあって、秋篠宮がダンマリを続けているのは、国民が叩き疲れて忘れるのを待っているのでしょう。
    結婚させる気持ちに変わりないと思います。
    秋篠宮は、国民の祝福を得ることが必要と言ってましたが、それは批判を受けないように保身に走っただけで、やりたいようにやるでしょう。
    結婚に賛成している大きな後ろ盾を得ていますから。

    • 国民が叩き続けるのやめる日は来ないと思う。
      もし秋篠宮家がその日を待ち続けているとしたら
      馬子様は後期高齢者になるくらいまで、待たなければならない。
      角田圭はずっと婚約内定者として、ロイヤル特権を貪りつくすでしょうね。

      秋篠宮父娘の優柔不断さを利用し続ける、角田母子の高笑いが聞こえますよ。
      角田母子は人に対する思いやりの心など皆無だと思う。
      あの母子の頭の中は、お金のことしかない。

  • 小室が例え疫病神だとしても、国民が散々小室を叩いてちる状況にあって、秋篠宮がダンマリを続けているのは、国民が叩き疲れて忘れるのを待っているのでしょう。
    結婚させる気持ちに変わりないと思います。
    秋篠宮は、国民の祝福を得ることが必要と言ってましたが、それは批判を受けないように保身に走っただけで、やりたいようにやるでしょう。
    結婚に賛成している大きな後ろ盾を得ていますから。

  • 小室親子は本当に疫病神です。父親、祖父、祖母 と3人も自殺者が居て、普通の庶民でも結婚相手としてはドン引きものです。古室さんは純粋無垢な眞子様に近ずいて恋愛感情をいだかせて自分のレベルアップのために眞子様を利用している。金銭問題も誠意をもと婚約者に見せてないし、母親の事でも自分の学費や留学費用を借りたのだから留学など辞めて現在困っている元婚約者に働いて返すべき。自分の為に眞子様や皇室を利用して精神が卑しい人間だ。眞子様から早く手を引きなさい。今も親子の住まいに警備ボックスがあり巡回している、その費用は我々の税金がつかわれていて、年間 馬鹿にならない金額が懸かっていて、怒りを覚える。眞子様も目を覚まして下さい。小室のもと彼女もヤッシュカ-ドを貸してと言われて家族に相談して交際を止めたそうです。眞子様は小室に騙されているのですよ

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください