小室母子、元婚約者側との「交渉を拒絶」! 早期解決の見込み崩れ、「破談」は確定的に

結婚の最低条件

眞子さまと小室圭さんの結婚延期が続いています。秋篠宮殿下は「多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況」を結婚の条件に挙げました。

もちろんこれは、小室圭さんの母・佳代さんと、その元婚約者との間に生じた「金銭トラブル」の解決を含むことは誰もが認めることです。小室圭さんもこの秋篠宮殿下の発言を受けて、この「金銭トラブル」が解決済みであるという認識を再説する「文書」を発表しています。

しかしそうはいっても元婚約者側は「解決済み」とは思っておらず、現状のままでは国民感情も快復しません。そこでこの「文書」の発表と同時に小室サイドは 「金銭トラブル」を解決するために、弁護士・上芝直史氏を代理人として元婚約者A氏に接触を図りました。

小室圭さん眞子さま「結婚問題」 新元号発表とともに「国民の審判」が下され“破談”か?

2019年3月30日

元婚約者サイドの「代理人」決定

この接触を受けて元婚約者A氏も、代理人をたてます。ただし、これが弁護士ではなくフリー記者ということで、その先行きを心配する声があがっていました。

事実、元婚約者の代理人が、小室母子の代理人に連絡をとったものの、その返信が一向にこないという状況が続いていました。

「なぜ小室母子側の代理人弁護士は、相手に連絡をしないのか?」この疑問に次のように答えていることが明らかになりました。

「元婚約者の代理人という方からは、3月14日に一度事務所へ伝言があったきりで、こちらから連絡はしていません。弁護士資格がない方が、代理人を名乗れるのでしょうか」(小室圭さんの代理人弁護士)

Flash(2019.4.9号)

ただし代理人に「弁護士資格」は必須ではありません(非弁護士が、法的業務を業としていたらダメですが)。ですから、単に、守秘義務のない「弁護士」ではない以上、相手を信用できないから交渉しないということでしょう。このように早期の解決は不可能になったと言えます。

元婚約者の代理人は…

以上の小室サイドの「交渉拒絶」に対して、元婚約者側の代理人X氏は次のようにコメント。

一方の(元婚約者の代理人)X氏は、「連絡先は伝えました。こちらは法的な交渉をしようと思っていないので、弁護士資格は必要ないと思っています」と反論。代理人同士の話し合いすらままならない。

Flash(2019.4.9号)

元婚約者側も早期解決を願っているとのことですが、お互いの信頼関係が無い以上、交渉は難しいでしょう。

ワイドショーなどのインタビューでは、元婚約者にはお金がなく弁護士を立てるのが困難であるとも報道されています。しかし、「小室サイドの代理人弁護士vs元婚約者自身」では、立場の弱い元婚約者が損をする恐れがあります。五分と五分の交渉にするためには、元婚約者サイドが要求している「小室佳代vs元婚約者」の直接交渉しかないのではないでしょうか?

バイキング (2019.3.18)

まとめ

小室母子側は、この「金銭トラブル」を解決しない限り、眞子さまとの結婚について次のステップに進めません。

にもかかわらず「弁護士ではないから」という建前だけで「交渉拒絶」するというのは下策でしょう。まして、相手から連絡を受けているのにこれに返信しないという上から目線の態度をとることは、決して解決に結びつかず、返って国民の反感を買ってしまう恐れがあります。このままでは「破談」は確定的です。

ここは泥水に顔を付けて謝るくらいの真摯な態度を示すべきではないでしょうか? そのほうが国民の理解を得られると思います。

小室圭さん眞子さま「結婚問題」 新元号発表とともに「国民の審判」が下される

小室圭さん眞子さま「結婚問題」 新元号発表とともに「国民の審判」が下され“破談”か?

2019年3月30日

アンケート:小室圭さんが「天皇」になったらどんな時代に?

女性宮家が創設されれば「“小室朝”圭天皇」「佳代上皇后」の可能性もあります。そんな場合、どんな時代になっていると思いますか?(回答追加・複数選択可能)
  • あなたの回答を追加する


34 件のコメント

  • 小室側に、前のめりで解決したいという誠意が1ミクロンも伝わってこない。
    それ以上に眞子さまと結婚したいという気持ちは全く無いように思えてならない。
    一番大切で守るべきは金!というのはよくわかる。

    小室カヨの脱税についての相談はしていないのか。
    まもなく時効になるが、上芝弁護士はこの点についてどう考えているのだろうか。

  • 弁護士でない者が代理人として紛争交渉をすることは、条文や判例解釈で、一見可能なように思えます。しかしそれは逮捕されないレベルです。職域がかかった法曹界は認めません。反社会的勢力の者が堂々と代理人を名乗ることは認められないということです、
    金がなければ法テラスという弁護士もいますが、それは訴訟前提の弁護士費用立て替え払いです。訴訟になれば双方に利益は少ない。小室側の目的は結婚ではなく、皇室利用の引き伸ばしなので、このダラダラ戦略で良いのかも。

    • 小室家の本家に対して、元反社会的勢力の者が堂々と代理人を名乗って遺産相続を勝ち取った事もありますし。

  • 付記
    当事者同士の直接交渉は、ありえないです。小室母は、それが嫌だから金を払って用心棒の先生を雇っています。

  • 金銭問題が解決したとしても下世話で金に汚なく恩人に感謝の気持ちも無い小室親子は皇室と縁戚関係になる事はありえないです。

    国民の大半は納得しないでしょう。持参金辞退しても結局秋篠宮家が陰でサポートするだろうからいっそ秋篠宮も廃嫡にして東宮から愛子様が女帝となってほしいです。

  • 小室側は贈与税が時効になるまで交渉する気がない。

    400万円が贈与か貸与かを曖昧にすることで、贈与税の脱税や年金不正受給の問題を回避するためである。きわめて汚いやり方だ。

    • 時効になるまで。
      そういうことだったのか。
      頭は良くなさそうだが、ずる賢さだけは群を抜いている。
      母は後妻業。
      息子は竿師。
      なんと下品な母子。
      内親王がこんな男に引っかかるなんて情けない。
      皇室史上最悪のスキャンダル。

  • 元婚約者の方は気の毒だけどもうお金はもう戻ってこない気がします。
    もし仮に解決してもご結婚祝福する気も起こらない。
    小室父って確か地方公民だったんですよね?
    逆にもしご健在だったとしたらそのお給料で普通の私立高校の倍はかかるインターナショナルの学費に留学費、アナウンサースクール代、ICU代諸々のお金出せたでしょうか?
    三人分の保険金と元婚約者のお金で弁護士やアナウンサーなど何の一貫性もないけど箔だけはつく超エリートっぽいキャリアがもてたんじゃないでしょうか?
    なのに知らんぷりとは空恐ろしいです。

    • >元婚約者の方は気の毒だけどもうお金はもう戻ってこない気がします。

      申しわけないけれど、私もそんな気がします。
      元婚約者さん、小室親子にさえかかわらなければ、
      晩年になって失意のどん底に叩き落とされることも無かったはず。
      相当弱られているとお聞きしました。

      小室親子は、人の屍を踏み台にして、自分たちの人生を押し上げようとする。
      かかわった人たちの、哀しみや苦しみを省みることなく、
      皇室までも追い込もうとしている。
      本当に恐ろしいですね。

  • 小室佳代の金銭トラブルは、闘う相手によっては刺されてもおかしくないレベルの案件
    まぁ佳代の場合、やられる前にやるのかも知れないけど

  • 小室さんはお金無いのでしょう?
    弁護士さんに手付金も払ってないのではないかな?
    弁護士さんは下手に元婚約者さんの代理人に答えていたら時間取られるし時間給の計算もしなくちゃならないし、
    相手さんへの手紙一通でも請求するのが弁護士さんでしょう?

    古室さんが払うかもわからないのでしょう?

    母さんは働いてないし、コムロ君はお勉強で忙しいし、貯金は尽きたし。

    マコのお手々フリフリの荒稼ぎを当てにしているのかな?

    • 馬子さんはお手ふり公務で稼いだお金を、圭に送金しているね。
      弁護士の費用も馬子さんが負担しているのでは。
      お佳代の生活費も馬子様さんが出しているのかと疑ってしまう。
      今まで馬子さんは圭に洗脳されていると思っていたけど
      鹿子さんの発言で、そうじゃないことが分かった。
      本当にウマシカ姉妹なんだね。
      国民の税金で支えられていることに、感謝の気持ちなど全くないんだね。
      お佳代の脱税を見て見ぬふりする税務署にも腹が立つ。
      生活に苦しむ庶民からは情け容赦なく税金とるくせに。
      考えるだけで腹が立つ。

  • 本当に誠実な人であれば、このような問題は、起こることもなかっただろうし
    起こったとしても、誠実な対応をしているはず。
    皇室利用するなど、小室圭は、人格が問題なのです。

    皇籍離脱して、一時金も辞退して、結婚すればいいという意見もありますが
    秋篠宮家からお金が、流れるおそれがあります。

    今回の問題は、小室側が皇室と一切関わらないか
    秋篠宮家 廃嫡するくらいでないと おさまらないと思います。

    秋篠宮家の教育に関して、批判されていますが
    私は 姉妹ご自身の問題と考えています。

    周りの同じ年の子たちと、自分たちの違いは、わかっていたはず。
    それを、はき違えたんですよ。自分たちは、特別だと。
    それを指摘する人の意見に、聞く耳を持たなかった。
    自分たちは、特別だからと。

    天災で大変な思いをしている人がいること
    虐待、犯罪に巻き込まれてしまった人たちがいること、
    様々な障害、病気でも 頑張って生きている人がいること
    親が、何と言おうが
    こういったことに、心をよせることが、なぜできないのか。

    自分たちが恵まれているからこそ、弱い立場の人たちに
    寄り添い、行動することが 出来るのではないのか。
    皇族とか、一般の人とか、関係ない。
    人として。

    恋愛、結婚は確かに、自由。でも、人の税金で、自由にすることではない。

    私も、好きになった人が、借金を隠していたことがわかり、幻滅し別れたことが
    あります。

    相手は、尊敬、信頼できる人なのか。
    また、自分自身が、相手から尊敬、信頼される人間なのか。

    何不自由なく、恵まれた生活に感謝することもなく
    親が悪いと、言っている。

    あの姉妹に、かぎったことではないが、
    人は、自分で気づき、変わろうとしなければ、変われない。

  • 保険金殺人も脱税も遺族年金不正請求も皇族が上手く手を回したのです。
    こんな事がまかり通るのですね!
    眞子、圭の高笑いがきこえてきます。

    • 現状ではそのように思われても仕方ないですね。眞子さんは親を無視しているのに困ったら親が横流ししてくれると確信してるのでしょう。でも、謝礼付き公務などでかなりの貯金があって小室にひもぐらしをさせられるのかもしれません。

      学生時代の同級生らしい人のツイートでは、お茶の後会計する時には小室は姿を消しているそうで、回転寿司のお皿の件と同じですね。

  • 小室親子の母親の元婚約者の勇気が、ある行動に皇族の方に又国民と助けて頂き感謝の気持ちでいっぱいです。元婚約者のお金何とか小室親子から~返して頂きけると良いのですが、小室親子は、まぁ!渋い!呆れるほど詐欺師の上に悪い事には、頭と知恵が、働く未だにアメリカ迄行きコネ入学でアメリカに迷惑を、掛けてます!まだ小室親子は、眞子さまに食い下がって離れる事しないヒル見たいな男ですねーチャラチャラたかり小室親子は、まぁ!大変な男ですねー眞子さまも皇族の事考えて無いのでしょう!

  • 元婚約者さん ほんとにひどい詐欺師に、かかわってしまった。
    お気の毒としか言いようがない。

    全ての問題が、解決しても、小室圭は、無理です。
    あの人に、使った税金は、全額、返してもらいたい。

    きっと、元婚約者さんも、こんな気持ちなんだと思います。

  • 私が、紀子様の立場だったら、どうするだろうか。

    圭もひどいが、あの親も関わりたくない人間だ。
    付き合うのは、自由だが、結婚は、反対する。

    お金はすべて税金。
    結婚したいのなら、無一文で 皇室とは縁を切って、
    今後、一切の援助もなしで、すればいい。
    一時金の制度も、無くせばいい。

    眞子さんも、結婚したければ、すべて捨てて、自由に、結婚すればいいのに。
    佳子さんも、ダンスしたければ、すべて捨てて、自由に、すればいい。
    皇室利用に、しがみついているのは、小室だけじゃなく、
    あの姉妹も、同じということだ。

    税金は、すべて返してもらいたい。
    これ以上、なめたまねは、許さない。

  • 論壇ネットさんでも皇室には電話が効果的とあり、私もこのようにコメントを書いたり見たりしていましたが、進展もせず文句を言い合ってもイライラするばかりなので、宮内庁に電話をかけました。
    国民ですが、要望を申し上げたいのですと言うと、またかとお思いになったかどうかは分かりませんが、すぐに取り次いでくれました。
    あまりこちらが高圧的になっても話を聞いていただけないと思い、ゆっくり冷静に話しました。
    時々「はい」と返事をしてくださり、上に伝えますと言っておられました。
    皆様も要望を宮内庁にお電話されると良いと思います。
    勇気の無い方はメールでも。
    早い破談を祈っています。

  • 元婚約者は週刊誌に小室親子の借金踏み倒しをリークしたら、ことを納めたい小室親子(秋篠宮さま)がお金を返してくれると踏んでたのではないでしょうか。しかし、予想に反して弁護士を立ててきた。
    相手が弁護士を立てたので元婚約者も立てて交渉するのが王道だけど、適当な弁護士が見つからないのでは。ご本人もそうおっしゃってますし。信頼関係のない弁護士にこの手の案件を依頼するのもはばかれるし、結局、信頼関係のある記者に代理人になってもらった気がします。
    ですが、こうなるとなかなか解決しそうにないですね。

    • 借金400万円を踏み倒された70歳近い元婚約者。
      弁護士費用もままならないくらい生活に困っているそうです。
      圭はNYでセレブ留学を満喫しているし、母佳代も生活費には困っていないと思う。
      馬子さんから、バイト公務で稼いだお金を援助してもらえるからね。
      恩人である元婚約者に対して、申し訳ない気持ちなど全くなさそうな母子。
      馬子さんからの援助も今や、当たり前で当然のことと思っているでしょうね。
      決して身銭を切らないこの母子に、罰が当たりますように。

  • 小室keiがお金を返そうが返す前がそれはもうどうでもいいことです。
    私は色ボケ眞子が誰と結婚しようが結婚して不幸になろうが心配してはいませんからどうぞご自由にご結婚してくださいとずっと思っています。
    ただし、国民の血税を使って永遠に安泰な生活をしようというとんでもない計画には断固反対です。
    わざとらしく1ヶ月2万円の料理本なんか買っちゃってそんな食費でお姫様がやっていけるわけはないでしょう。約一億の持参金無しで嫁にいき、料理、洗濯、掃除に非常勤かなんかのお仕事やって、ジジ、ババの面倒もボケ眞子がするわけないよね。絶対にあり得ない。やっぱり、考えられるのは皇室パワーで生活全ての面倒を見てもらうという安易な算段だったと言えるでしょう。
    「kei、大丈夫よ。私には湯水のように使えるお金があるのよ。貴方はお金のこともお仕事のことも心配しなくていいのよ。困った時はパパとママが助けてくれるからね。国民がうるさいからしばらくアメリカでお勉強でもしていてね。そのうちに国民も忘れるわよ。結婚できるまで頑張りましょうね。」っていうところでしょうか。
    当然今Keiが留学できているのも皇室パワー利用です。
    どこまでも国民は馬鹿にされっぱなしです。
    でも、国民はそこまで馬鹿ではありませんよ。何度も言うようですが、なぜ国民が色ボケ馬子の生活費を我々の血税で面倒を見なくてはいけないのですか。小室Keiが不審人物だという以上に秋篠淫乱ファミリーはもっと不誠実です。
    結婚反対という声をもっと上げて血税の搾取を止めなければいけません。

  • 破談を予定しているのでしたら元婚約者と協議の必要はありません。
    もともと返すつもりはないのですから、
    破談を宙ぶらりんにしているのは留学費用が切られてしまいますから。

  • 2019年3月30日 1:11 AMさんのおっしゃる通りです。
    ここやヤフコメ、ガルちゃんなどで、どれほど時間をかけて文句を言っても、宮内庁側には一切届きません。
    小室の牛歩作戦大成功、皇室特権利用、フォーダム大学の特別待遇を助長するだけです。

    私も電話します!一件でも多く国民の声を届けたいです。

  • 内親王がこんな男に引っ掛かるなんて、情けないどころの話ではありません‼
    引っ掛けた方も引っ掛かった方も同類と見なされるまで、地に落ちています。
    皇室も地に落ちました。   情けないの極みです❗

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください