皇太子殿下と「創価学会」に深い結びつき 秋篠宮殿下も「学会員」か?

東宮家と創価学会

東宮家を擁護するのは創価学会員である—

というような謎なコメントが本ブログに多数寄せられます。ネットを調べると雅子さまは創価学会員だとか、皇太子殿下も創価学会員だとか実しやかに囁かれています。

どうもそうした噂の出処は、聖教新聞(2008年7月1日号)の一面で、皇太子殿下と創価学会の池田博正が並んだ写真が掲載されたことに由来するようです。

皇太子殿下(左から二番目)/ 池田博正氏(右から二番目)

写真は日本移住100年祭

この写真はブラジルのパラナ州で開かれた「日本人移住100年祭」のもの。

聖教新聞では「式典には、皇太子さま……式典委員会の招聴を受けた池田大作SGI会長の名代として池田博正SGI副会長が出席した」「大会関係者は語った。“見事な演技もさることながら、役員の方々も式典成功のために献身的に協力してくださいました。素晴らしい振る舞いでした。世界の平和には皆さんのような青年が必要です!”」などと自画自賛が並んでいて、これだけ読むとあたかも皇太子殿下が創価学会の広告塔かのごとき印象まで受けます。

こういう記事によって、東宮家と創価学会が懇意であるかのような憶測が生まれたのでしょう。

皇太子殿下(一番左)/池田博正氏(一番右)

宮内庁も予想外の事件

しかしこの顛末を調べていると、どうも創価学会がうまく皇太子殿下を宣伝に「利用」したというのがコトの真相のようです。

同行した宮内庁職員も、聖教新聞を読んで唖然としたそうです。

「まさか式典の来賓席に学会の副理事長が並び、学会員たちによる大規模な催し物まで行われていたとは、われわれも知りませんでした。皇太子さまに同行した記者の大半もそのようで、帰国してから聖教新聞を見て絶句していた人もいました。もちろん、式典に学会の関係者が関与していたからといって、非難されることではないのですが……」(同行した宮内庁職員)

『週刊朝日』(2008.8.1号)「皇太子さまと同席した創価学会の“御曹司”」

また、皇室は創価学会とは距離を置いており、このよう写真が出回ることは初めてのことだと皇室ジャーナリストの神田秀一氏の証言もあります。

「皇室と創価学会がここまで絡んだケースは、私の記憶ではありませんね。戦後の皇室は宗教と一定の距離を保ってきましたから」

「皇室が特定の組織に近づき、その組織の利益につながるようなことが生じれば、公平さに欠けてしまう。特に新興の宗教との距離は非常に気を配ってきた。いまも関係がある宗教は、歴史的に皇室と縁が深かった神道と伝統仏教だけでしょう」(神田氏)

『週刊朝日』(2008.8.1号)「皇太子さまと同席した創価学会の“御曹司”」

他の宗教団体も参加、実際には「押しかけ」

またこの式典には、創価学会のみならずその他の宗教団体も参加していたとのことです。

パラナ州の式典を執行委員長として取り仕切ったニシモリ・ヒロシ氏は、こう話す。

「当日は、7万人が出席した大規模な式典でした。主催は州政府と日系社会のメンバーで、3年前から準備に取り組んできた。運営面では、ありがたいことにボランテイアで手伝いを申し出てくださった団体も多く、宗教団体は『生長の家』や『天理教』など複数に及びましたが、そのなかで参加人数が多かったのがBSGI(注:ブラジルの創価学会)だったのです。会場内の整理や出入り口、駐車案内や食事の世話など、彼らの対応は非常に礼儀正しく優秀で、ゲストの評判もとてもよかったですよ」

『週刊朝日』(2008.8.1号)「皇太子さまと同席した創価学会の“御曹司”」

ブラジルに日本の新宗教が進出していることは夙に知られます。

また、創価学会側は「招致」されたと主張しているようですが、事実はやや異なるようで、さらに領事館からも「宗教関係関係は気をつけてください」があったとか。

「長年にわたる日伯の友好交流の貢献に対し、池田SGI会長が式典委員長名で式典委員会から招聴を受けたもの。名代として池田博正副会長が出席しました」と説明するが、主催者側の認識は少々違うようだ。「われわれ日系社会のメンバーが博正氏を積極的に招待したというよりは、BSGI『池田会長を招待したい』との申し出を受けたのです。BSGIには大変お世話になったし、博正氏はわざわざ日本からいらっしゃるという。せっかくですから、来賓としてご招待します、となったのです」(ニシモリ執行委員長)

「領事館からは、『宗教関係関係は気をつけてください』と言われていました。つまり、皇太子さまがいらしているのだから、『特定の名称は言うな』ということです。ですから、式典で博正氏の紹介もしていませんし、音楽隊や組み体操についてもプログラムにBSGIの文字は載せず、場内でアナウンスもしていません」(同)

『週刊朝日』(2008.8.1号)「皇太子さまと同席した創価学会の“御曹司”」

ということで、皇太子殿下と創価学会をニアミスさせようとしていたのは、創価学会側であるように思えます。

秋篠宮殿下も…

それでも「東宮家は創価学会と裏で…」という人も多いでしょうが、関係者と臨席しただけで「つながり」を疑うというのは陰謀論の類でしょう。

たとえば、秋篠宮殿下も、SGIが参加した過去の式典に出席しているとか。

ブラジルでSGIが日本人移住の記念式典に参加したのは今回が初めてではない。パラナ州で10年前に開催された「移住90周年」の記念式典でも音楽隊の演奏と組み体操を披露しているし、サンパウロ市で88年に開催された「移住80周年」式典では、礼宮さま(現秋篠宮殿下)が出席したという。同市のマツオ・オサム執行委員長が振り返る。

「このときのBSGIの大規模なマスゲームは、式典の目玉として大いに盛り上がりました。『移民80年』や、日本人を乗せて初めてブラジルに到着した移民船『笠戸丸』の人文字は見事でした。会場の手伝いや催し物など、これほどの人数が集まるのは宗教団体ならではの動員力です」

『週刊朝日』(2008.8.1号)「皇太子さまと同席した創価学会の“御曹司”」

よって、皇太子殿下のみならず、秋篠宮家も創価学会との深い関係が疑われなければなりませんが、どうしてかこちらは注目されません。

またこの他の皇族のかたにも同様の事例が。

「聖教新聞では以前にも、東京富士美術館(八王子市) を四年前に常陸宮ご夫妻、その翌年に三笠宮ご夫妻がご鑑賞に来館した際、池田名誉会長が展示作品を案内した様子を報じています。02年にルーマニアの大統領が国賓として来日したパーティー会場では、創価学会の幹部が出席し、常陸宮さまと一緒になったこともありました」(学会幹部)

『週刊朝日』(2008.8.1号)「皇太子さまと同席した創価学会の“御曹司”」

こうなってしまっては「皇室は創価学会に支配されている」ことになり、そう信じてしまっている人も多いのですが、これは考え過ぎというもの。創価学会程の巨大組織になれば、どこかしらで皇族の方とニアミスしてしまうのは不可抗力というものでしょう。

創価学会側の策謀とも言い切れないとの指摘も

今回紹介した聖教新聞の記事は、明らかに皇太子殿下と池田博正SGI副会長の臨席を利用したものなのですが、このような「皇室利用」は必ずしも創価学会側の総意ではないという意見もあります。

宗教学者の島田裕巳氏は次のように。

「宗教と皇室の関係はハレーションが大きい。皇室利用と受け取られることがどれだけ危険かは、創価学会自身がよく理解しているはずです。あの写真が聖教新聞に掲載されたのは、学会本体、SGI、聖教新聞などそれぞれの組織の足並みがそろっていない現状を映しているのかもしれない」(島田裕巳)

『週刊朝日』(2008.8.1号)「皇太子さまと同席した創価学会の“御曹司”」

まとめ

以上、皇太子殿下と創価学会の関係について考察してきました。次のように結論付けられるでしょう。

たまたま臨席しただけ!

臨席しただけで「つながり」があるというのならば、皇室全体が創価学会と結びついていることになりますし、それは単なる「陰謀論」の類でしょう。

小室圭さんの眞子さまのご結婚も、いつか陰謀論になるかもしれませんね…!

現役の憲法学者が本ブログに堂々反論!

憲法学者・大野友也氏、「眞子さまと小室圭さんを“結婚”させるために、“天皇制を廃止”すればいい」と主張

2019年3月27日

アンケート

皇室と創価学会には「関係」があると思いますか?(回答追加・複数回答可能)
  • あなたの回答を追加する


16 件のコメント

  • 現在の皇太子妃「雅子」様は創価学会員です。彼女のお父様はもともと外務省の「大鳳会」のメンバーで、「大鳳会」とは創価学会のメンバーのこと。また、雅子様の妹の礼子様は池田祐久という創価学会員と結婚されていますので、この小和田家一族が創価学会員であるか、創価学会と深い関わりがあることは明白です。

    つまり、皇太子妃である雅子様もまた創価学会員である可能性が非常に高いわけです。というか、この世のほとんどの創価学会員が、まともな信仰心をお持ちでなくても、創価学会員と称していらっしゃいますので、雅子様が厚い信仰心をお持ちであろうとなかろうと、その素性からして創価学会員であると断定してもあながち間違いにはならないでしょう。(詳しくは以下のリンクをご参照ください。)

    ○ベネッセ・ユニセフ・外務省・皇室・創価学会との奇妙なつながり。この日本はごく一握りの人間によって支配されている。
    http://rapt-neo.com/?p=13398

    http://rapt-neo.com/?p=13461

    • 国際司法裁判所の判事でいらっしゃいます雅子妃の御父上は、池田大作氏とは昵懇の付き合い。池田氏の海外旅行の際に便宜を図られたことは有名ですよ。また、皇太子殿下におかれましては、海外での創価学会の式典にご隣席あそばされたことも有名ではありませんか?

      もう一点、外交官の信仰について、外務省の創価学会信者さんと雅子妃のご親交については、大鵬会(外務省内創価学会の信者さんの交流会)の皆さまとの歓談されるご様子もスクープされております。

    • 創価幹部は統一教会信者だよ

      創価は仏教じゃない

      創価と統一教会のバックには CIA が居て、CIAは麻薬売買の中枢だからヤクザと繋がっている

      電通のバックも CIA だから、マスコミは創価、統一教会とCIAの指示でデマを拡散しているんだ。
      創価に都合の悪い事は一切報道しないのはその為だ。

      • 雅子の愛人が米軍に殺されたのもCIAの指示以外には考えられないからね:

        雅子様が体調・及び精神のバランスを崩されて、ご静養されていますが、それは2003年に起きた、イラクでの奥克彦参事官がゲリラに殺害されたのが、引き金と聞きました。

        故・奥参事官と交際していたのだが、外務省事務次官 だったお父様との仕事の絡みで、結婚することになったのだが、本当は彼と結婚するはずだったので、殺害がショックで話も出来ないほどに落ち込まれてるのは本当なのでしょうか?

        補足
        ODA関係の疑惑は話題にもなりませんね。雅子さんのお父さんに問題のあることは、マスコミも知りながら一切報じません。

        answer
        ton********さん 2008/6/17 22:14:24

        奥参事官の殺害は、ゲリラではなく、米軍の誤射ではなかろうかとされています。

        乗っていた車はすぐに米軍が押さえ、日本に返されたのは、かなり時間が経過した後でした。

        そのため、誤射どころではなく、狙い撃ちだったのではなかろうかとの憶測まで流れたものです。

        • 雅子の周囲では生きていると都合の悪い人間が次々に不審死してるというのが何かなー:

          2009年6月NYタイムズに雅子さんの元ボーイフレンド デビッド・カオ死亡

          雅子さんの元ボーイフレンド、すべてを暴露すると息巻く
           という見出しで、

          元ボーイフレンドのデービッド・カオ氏は小和田さんのトップレス写真を複数持っていて、ゴシップ紙に売り込みたいと友人に語った

          宮内庁が88年に突如として小和田雅子を妃候補から除外したのも、公にされている母方の祖父が公害タレ流し企業のチッソ社長をつとめていたから、というような理由ではなく、このハーバード時代の交友関係が原因だったとの見方もある。

          「妃候補の家系は皇太子に引き合わせる前に必ず調べますからね。チッソを問題にするなら、最初から会わせていませんよ。時期的に見ても、小和田サンをはずしたのは例の白人男性との交友が書かれた怪文書がキッカケになっているのは確実です。一説には当時の宮内庁長官だった富田朝彦が内調室長時代のパイプを使って雅子サンのハーバード時代を徹底的に洗い直したという話もある」(宮内庁担当記者)

    • 創価草加草加煎餅
      雅子妃は草加なので鳥居をくぐれないのです。
      祭祀しないのもくぐれないからなのです。
      Googleはくぐれます。(๑◕ܫ◕๑)

  • こんな事で大騒ぎするほどの事でしょうか。
    今の中東は回教徒の宗派に分かれて馬鹿の骨頂の戦火にあります。
    回教徒同士が、同じ民族同士が母国を破壊しています。

    このブログも仏教徒同士のイザコザを煽動するのか!
    面白おかしく井の中の蛙を煽動して喜んでいるのか!

    無知な者ほど煽動され易い、信じ込んだら必死で創価そいうかソウカと喚きたてる、既に待ってましたと井の中の蛙が数匹ゲロゲロと飛び喜んでいるではありませんか!!

    このブログは何の理念も責任もないゴミ箱ブログと言いたい!!!

    • 論壇兄さんは天才なの!!
      小さい事も大きく書いてみなさんを喜ばせているのです!
      老舗皇室ブログが10年前に書いたことを遅れて書いているだけです!
      仏教徒(๑◕ܫ◕๑)でした。

  • 視野の狭い井の中の蛙を喜ばせて喜んで有頂天ブログなの?
    暇つぶしブログなの?
    じゃ、このブログ関係者諸君は寝る前に思うだろう、俺の人生って何だろう!!と

  • 完全に詭弁の一種の連座の誤謬による陰謀論ですね。例えばヤクザが1+1は2だと言って、それに一般人が賛成したら、
    こいつはヤクザの意見に賛成した!こいつはヤクザの仲間だ!と決めつけるやつです。

  • 小和田家そうかなどと書き込む人いますが、全くの嘘ですね。創価の方は生花を使いませんが、
    昔の小和田家のリビングに大きな花写っていますし、小和田氏国連の職員なのに創価学会は有り得ない。

  • 創価学会はヨーロッパではカルト扱いされています。小和田家が創価学会員であれば、オランダのハーグにある国際司法裁判所は小和田氏を受け入れないし、また互選によって小和田氏を所長に選出するはずはないんですよ。

    なによりも、本当に創価学会員であれば、あのようなバッシングに晒されません。考えればわかることなんですけどね。

  • 生家が創価かそうじゃないかは、そもそも決定的な証拠がそれぞれないので判断つかない。生花がどうとか言う人がいるけど、仏壇に切り花を飾る人もいるので生花をリビングに飾る程度のことは創価じゃないという判断材料にならない。創価のお葬式に生花を使わない(造花)ところもあれば生花を使うところもある模様。供花としてしきみや白い花が利用されるので主に白い生花で飾られる。
    https://grace-place.net/contents/?p=2381

    また小室氏のロースクールでも面接時にプリンセスの婚約者だと本人が語ったことによって学校側が忖度をするという事態があったように、オランダのバーグの国際司法裁判所の受け入れを天皇家に連なる外戚だからと忖度があった可能性もあるかもしれない。
    オランダのバーグの受け入れ一つで創価じゃないと否定するには少し無理があるように思う。

    例え生家が創価であってもご本人が関係ないならそこまで問題ではないと思うけど、創価学会が雅子様やご家族を利用していたのならそれはそれで問題かもしれないが。雅子様のお父上が参議院会議録情報 第134回国会 宗教法人等に関する特別委員会 第3号で宗教法人等に関する特別委員会で追求されている件があるので、全く無関係とは言えないかもなとは思った。

  • 何かというと「在日」「創価」「統一教会」「部落」のワードが出てきますが、それって本当なのですか?(僕はいずれでもありませんが...)

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください