小室母子、借金返済「増額」の絶望 “悪夢”の新展開 元婚約者のウソ

元婚約者の代理人決定

先週末、ワイドショーなどを中心に、小室圭さんの元婚約者にも「代理人」が決定した旨が報道されました。

ようやく「これで解決に向かうのか?」と思いきや、なぜかその「代理人」は弁護士ではなく50代の匿名フリー記者。この段階ですでにイカガワシサ満載です。どうしてこう小室界隈はスッキリ物事が解決されないのでしょうか?

『女性自身』(2019.4.2号)の記事「小室圭さん母「借金返済増額」に!」には、この50代の匿名フリー記者のA氏がインタビューに答えています。

これまでのワイドショーでのインタビューと若干内容が異なる部分もありますので、逐次これを検討していきたいと思います。

紀子さま、「悠仁さま“東大”計画」の野望 成績は普通でも「裏口入学」

2019年3月21日

引き受けた経緯

先ずは元婚約者の「代理人」を引き受けた経緯について、フリー記者のA氏は次のように語ります。

「元婚約者の男性は、数ケ月前に比べてかなり衰弱した状態でした。このままでは死んでしまうんじゃないかと感じたほど、気力を失っていたのです。代理人を引き受けてほしいと頼まれて、一度は断りましたが、引き受けることにしたんです」(A氏)

「一昨年12月に小室家の金銭トラブルが明るみに出てX氏を取材しました。婚約当時の佳代さんの発言のことなどを記事にしたのです。ただ、他人を疑わないX氏の人柄を利用して、彼の苦境を自分の“飯の種”にしてしまった罪悪感にさいなまれるようになりました。

そのため、食事をしたり酒を飲んだり、仕事とは関係のない交流を続けていました。代理人の件で連絡があったのは今年の2月初旬でした」 (A氏)

『女性自身』(2019.4.2号)「小室圭さん母「借金返済増額」に!」

微妙に元婚約者X氏と自分をアゲる文章なのが鼻につきます。 本当の善意の第三者ならば、こういうことは黙っているはずですけどね(笑)

また「罪悪感にさいなまされるようになりました」と言っていますが、当然ながら取材費は出ているはずですし、記事だってX氏を叩いたものではないでしょう。ですから、これで罪悪感を覚えるというのはおかしな話…。こういう細かいところが怪しさを漂わせます。

何故、弁護士に依頼しないのか?

また最大の核心部分、「どうして元婚約者X氏は、弁護士ではなく、匿名フリー記者に「代理人」を依頼したのか?」という疑問には次のように答えています。

「X氏は取材対応だけでヘトヘトに疲れ果てて、自分で小室さん側と直接交渉することなど考えられなかったんだと思います。最初は知り合いの弁護士を紹介したのですが、X氏は首を縦に振りませんでした」 (A氏)

『女性自身』(2019.4.2号)「小室圭さん母「借金返済増額」に!」

この言説にはやや問題があります。というのも、ワイドショー(バイキング, 3/18放送)のインタビューには次のように答えているからです。

弁護士には依頼しないのか?

「まだ見つかっていません
知り合いの弁護士に連絡しましたが
断られています
元婚約者の方に金銭的に負担をかけたくないので
無料で引き受けてくれないかと
聞いたのですが難しいですね
元婚約者は苦しい経済環境にいるので
弁護士は立てたくないというスタンスは変わりません」(代理人A氏)

バイキング」(3.18放送)

よって次のような違いがあります。

「弁護士」依頼を断った側
バイキング弁護士側
『女性自身』元婚約者側

よって真実はいずれかがウソ、あるいは両方がウソの可能性が非常に高いです。

そもそも「弁護士に依頼しない」という状況は明らかに不自然ですので、うまい言い訳が思いつかず、こういった状況になってしまっているのではないでしょうか?

また「バイキング」では、 清原博弁護士が「弁護士の依頼費用を国が立て替える制度がある」と紹介していました。ますます元婚約者側が弁護士を立てない謎は深まるばかりです。

要求返済金額の増額!!

また、代理人A氏は、これでもかというほど元婚約者(および自身)が無私無欲の被害者であることを強調します。

A記者は、マスコミ対応も交渉の代理人も無償で引き受けることを決断。それをきっかけに独占取材をするつもりもないという。

「X氏も高齢ですし、この問題を長引かせたくないのです。裁判をするつもりもありません。とにかく佳代さんに貸した400万円を返してほしい。こちらの望みはそれだけなのです」 (A氏)

『女性自身』(2019.4.2号)「小室圭さん母「借金返済増額」に!」

これが真実ならばさぞ立派な方なのですが、ここで週刊誌側が意地悪な質問をします。というのも、もともと元婚約者は300万円程度返してくれればいいと言っていたんです。『週刊女性』の取材に次のように答えています。

「本音は全額を返してほしいですが、最悪、生活費は諦めてもいいと思っています」(元婚約者)

「(生活費以外の)お金を返してもらえるなら例えば“和解金”という名目などでも納得して、この件は打ち止めでかまいません」 (元婚約者)

『週刊女性』(2019.2.12号)「眞子さま「借金トラブル」円満解決で悲願の結婚へ!」

これについてA氏は次のように元婚約者X氏の言葉を代弁。

「私はその記事の詳細までは把握していないのですが……。

佳代さんには400万円、現金で貸した金額だけは返してほしいというのがX氏の本当の気持ちです。そのほかにも食事やプレゼント、車の送迎などで、X氏は相当の出費をしているわけですから」(A氏)

『女性自身』(2019.4.2号)「小室圭さん母「借金返済増額」に!」

確かに一円でも多く返ってきてほしいというのは当然の気持ちでしょう。

しかし、あえてこんな意地悪な質問をするのですから、週刊誌側もこのA氏を怪しんでいるんでしょうね…。

交渉の行方は?

また代理人A氏によれば、X氏と佳代さんの直接交渉が望みであること、そして眞子さまと圭さんの結婚を祝福したいとのことです。

「私が望むことは、X氏と佳代さんがお互い代理人抜きで、直接2人だけで会ってきちんと話すことなんです。

X氏は『お金は佳代さんに貸したものであって、圭くんの問題ではない、眞子さまとの結婚も祝福したい」と話しています。可能であれば、私としてはその場を設ける手伝いをしたいと考えているところです」(A記者)

『女性自身』(2019.4.2号)「小室圭さん母「借金返済増額」に!」

多くの国民が「祝福」できなくなったキッカケは、まさに貴方なのですけどね!(笑)

しかし、もはや借金問題はキッカケにすぎず、既に小室母子の「人間性」「品格」が最大焦点となっています。これを暴いた元婚約者に感謝している国民も多いことも事実でしょう。

また次のようにも……。

「ただ、X氏に佳代さんのことを聞いても『いま何をしているんでしょう』『どこに行っちゃったんでしょう』と上の空で……。

私には一銭にもならないのですが、弱っているX氏のことを放っておけないのです」(A記者)

『女性自身』(2019.4.2号)「小室圭さん母「借金返済増額」に!」

どうもこういう発言が胡散臭いんですよね…。

元婚約者の最大功績は、「元婚約者も含めて小室母子界隈はみんな怪しい」ことを明らかにしたことでしょうか?

まとめ

このように、どうもA氏が「代理人」として介入したことで、「返って緊張感が増した」というのが週刊誌の結論のようです。なにせ、弁護士の代理人同士の交渉で、冷静に決着がつくかと思いきや、守秘義務のない元婚約者と佳代さんとの「直接対決」を要求されたのですから。

交渉の仔細まで「暴露」される。そんな“最悪”のシナリオが見え隠れする一幕なのでした。

紀子さま、「悠仁さま“東大”計画」の野望 成績は普通でも「裏口入学」

紀子さま、「悠仁さま“東大”計画」の野望 成績は普通でも「裏口入学」

2019年3月21日

アンケート

元婚約者の代理人は信用できると思いますか?(回答追加・複数回答可能)
  • あなたの回答を追加する



31 件のコメント

  • 小室母の元婚約者の方凄く人が、良さそうな方で今回の件も色々小室親子の弁護士が、色々な事を、話し突っ込んで元婚約者の方も自分自身自信を、失って気弱に、なられて要るように思います。又眞子さまの結婚相手小室との事を、深く気遣いされて居られかと思います。でも元婚約者のお陰で小室親子の人間性解って皇室側又国民も大変に喜び問題です。元婚約者の勇気ある行動に感謝すべきでしょう!又小室親子は、今後弁護士を、通し嫌な話し元婚約者に、持ち掛ける事でしょう!小室側の汚いやり方が、目に浮かびます。元婚約者の体調や又ストレスなどが、心配です。今後も大変だと思いますが、頑張って頂ける事を、願っております。

  • こんな男との交際を何年も許していたバカ両親。
    小室を自室に連れ込んで長時間出てこない色ボケ娘。
    しょっちゅうセッ○スしていたんでしょう。
    これが皇室なのかと信じられない気分です。

  • メールで小室母が400万円借りていることははっきりしているため、
    借金400万円返す気があったら、弁護士なんか頼まず早く返せ。

    小室側は借金400万円を返す気がないから、いろいろと難癖をつけて元婚約者のネガティブキャンペーンをはっている。

    小室側の弁護士も、贈与と主張するなら、国民の義務として贈与税を払うように小室母に指導しろ。
    交渉はそれからだ。

  • 眞子はバカにも程がある!
    詐欺師とのセッ○スに夢中になって周りが見えない真のバカ!
    詐欺師とのラインやスカイプに夢中のとんでもないバカ!
    ここまでの色ボケバカに公務なんかして欲しくない!

    • 元婚約者の告発がなかったならば、また週刊誌が報道しなかったならば、このとんでもない親子がまんまと皇室に入り込んでいたわけだ。
      宮内庁と国民は、この男性に感謝すべきではないのか?
      ここまでおぞましい実体が暴露された以上、結婚などとうていありえないが、さかりのついたメスはまだわからんのかね。

  • 秋篠宮家長女は公務で気取りの顔をして臨んでますが、小室と自室に長時間引き籠り、肉欲三昧を長年過ごしてたのか…と映像で顔が配信される度、とても気持ち悪く思う。汚らしいという思いです。

    この状況を秋篠宮は「小室君は挨拶もそこそこに眞子の部屋に入ったきり、長時間何をしてるものやら…」という報道がされてましたね。
    ですが、それを放置しているのは秋篠宮です。
    これが天皇の『初孫』の実態ですか?(孫に順番が関係しますか?初孫という表現が飛び交ってますが…)国民は天皇へは敬意の念を抱いてますので、その直系の孫は行動を慎み深くするべきです。
    破廉恥ですよね。

    「自由意志の尊重」をモットーに一般人と同様な行動をし続けるのであれば、もはや皇族ではないでしょ。皇族は不要ですよね。
    膨大な税金を充てがわれ、生活してる事を自覚無しです。ですが破廉恥な事を秋篠宮家は親子共に押し通す。「自由意志の尊重」を掲げながら。
    そんなもの、自分達が好都合に運ぶ為の我儘だけの言い分でしょ。税金を膨大に使い贅沢をしまくり、特権濫用し、おまけに「自由」まで手に入れ破廉恥も良し…皇族だからですか?

    歴代の天皇一族の宮家で、秋篠宮家だけですよね。我儘を押し通して良しとし、天皇を汚すのは。一般人の自由を求めてるのならば、秋篠宮家は皇族離脱されればいいと思います。「自由」が嫌という程手に入りますよ。

    しかし、一般人はその自由も中々通らず、社会生活からの軌道から離れない様、自己責任を持ち、我慢しなが生活をしてますよ。
    ですから秋篠宮家の贅沢・特権濫用・「自由」の3点セットを手にしようなんて呆れます。敬意どころか軽蔑ですね。

    現投稿…元婚約者さんの報道機関への表明は、本当に感謝です。表明されていなければ極悪小室親子の実態を把握出来ずじまいでした。
    この極悪小室親子が敬意ある天皇の縁戚になってしまっていた事を想像するとゾッとします。

    • おっしゃる通りです。
      秋篠宮眞子は神聖なる皇居で小室とセッ○スし放題。
      破廉恥極まりない上に税金私物化、特権濫用。
      小室のフォーダム大学留学も一般人の皇室利用、これは犯罪です。
      詐欺師の片棒を担ぐようなことを平気でする秋篠宮と眞子。
      こいつらは犯罪幇助です。
      秋篠宮家のバカさとズルさ加減には怒りしかありません。

      • 本当に,お話しの通りです。私も腹立たしくて何時まで小室の件も、かたずくのか?秋篠宮家腹正しく詐欺師の男何年間も皇室に、入れて呆れる話しです。眞子さまの顔も見たく無いバカかと思います。いい過ぎですねー国民の税金を、小室親子に怒りを感じております。

  • 小室母は元婚約以外の交際していた方にも借りて返してないそうですよ
    元婚約者の方の勇気ある告発に感謝します

    • 小室の中高大、学費総額2500万、ジャガーさんからは300万それでは足りないから、色んな男から金をせしめていたんでしょう。

  • 小室親子から返済がないばっかりにお金の面では苦労しておられて弁護士に依頼できないのですから胡散臭いとかおっしゃらないでください

  • やはり、田布施の田吾作の血をひいてるからね。
    大室青年は入れ替わらなきゃ下々でしょどう考えても…
    孝明天皇を暗殺し長州の謀義で大室青年とすげ替えてから
    宮家じゃないまやかし物の穢れた血なんだもん。

  • 小室に皇室特権でニューヨーク留学させたりして、
    小室を育てた気になっている秋篠宮眞子。
    それ犯罪なんですけど。
    口のうまい小室まんまとやられ、
    セッ○スしまくりで身も心も小室にとろけた色ボケバカ女!!!
    こいつに公務させるなんて信じられない!

  • 秋篠宮家も小室の罠に、はまった感じですねー眞子さまも小室の口車に騙され犯罪者の片棒担ぎ❗今だに小室を、諦める事が、出来ない何と言う事でしょう?小室は、数人の女性が、居て又母親も複数の男性から~お金を、せびり小室の学費に当てて何とも言え無いですね!眞子さまも公務など出てる場合じゃ無いですね!まだ小室親子は、悪どい事してるでしょうねー

  • 眞子さんはおぞましい。

    皇居内にはご両親 妹君 弟君もご一緒なのに よくも恥ずかしくもなく皇室専用車で
    小室圭を呼び寄せこんな氏素性の分からぬ小室と破廉恥極まる戯けた情事を長年続けて
    いたとは呆れ待てます。小室は求められれば喜んで皇居に出向いていたのでしょう。他にも
    セフレは大勢いたと言われていますがこんな不衛生な男と交わってきて性病 ゆくゆくは 癌などの危険因子が入り込んでいますので皇室の将来を考えますと心配になってきます。

    • 皇室の黒塗りの車で小室を迎い入れ、
      神聖なる皇居で詐欺師小室と頻繁に濃厚なセッ○スにのめり込んでいたのでしょう。
      眞子の部屋に長時間2人きりで部屋から出てこないそうですから。
      とんでもない色ボケ女です。
      これで皇室の価値がどれだけ貶められているのか眞子さんはわかっているのでしょうか。

    • いつも有難う御座います。本当にお話しの通りですねー小室結構な女遊びしてるでしょうねー眞子さま大丈夫でしょうか?又小室は、本当にに救いようが無い人間ですねー又弁護士資格取得出来無いと次は、何に挑戦する事でしょう?秋篠宮家狙いを、諦めるでしょうか?多分結婚破談後の狙いは?秋篠宮家と眞子さまの暴言する事考えて色々ネタを、考えて居るのでしょうか?小室親子なら、やりかねないでしょうねー皇室側の頭痛い所ですねー国民も知るべきでは、無いでしょうか?

  • 多額の借金があるのに又借金を増やす。皇室の金をあてにしていたのだろうが考えが甘過ぎ。慰謝料請求か、眞子さまが頂く金をあてにしているのでしょうが無理があります。国民が許しません。自分で働いて返済して欲しいです。

  • 先日はじめてネットのニュースビデオで、婚約内定発表当時の小室圭インタビュー見たのですが、
    このひと、日本語がゆるいな、不安定だな、と感じました。
    もしくは、確固とした自己がない?のか。
    中途半端な日本人、中途半端なバイリンガル、中途半端な文化しか身についていない軽い人。

  • もともとは、男子というだけで皇族としての教育をしなかった者に宮家を与えたから、こういう結果になったのだと思います。一般の社会人としても秩序や倫理がまるでない一家です。
    皇族としてのあり方を学ばない者、身に付かぬ者に皇族たる意義はありません。
    皇室の制度も見直すべきでしょう。

  • 元婚約者の方が、弁護士でない人に代理人を依頼した件について。
    TVでコメンテーターの弁護士が国が弁護士費用を立て替える制度があるのにと言われたと言う事ですね。
    それは、おそらく法テラスの扶助制度だと思います。
    ただ、これは一時的な立て替えというだけで、事件終了後、国が立て替えた弁護士費用を分割して支払いをして行かなければなりません。
    元婚約者氏は経済的に困窮されておられるご様子。
    それで、無償で引き受けてもらえた人に代理人を依頼されたのではないかと推測します。

  • 小室さんの高級マンションを売却されて借金返済されてそれなりの家に住めば解決出来るのに自分の持ち物はそのままで他人の金を狙っているなんてやっぱりアンケートの通りクズなのかもしれない。

    • 元婚約者はローンも払えなくなりマンションを売ってアパートで暮らしているらしい。
      今は生活に困窮しているらしいです。

      小室はお世話になった方を簡単に見捨ててよく平気でニューヨークになんかロイヤル待遇で行ってますよ。
      それを許している秋篠宮と眞子は詐欺師の片棒を担いでいるようなものです。
      小室は犯罪者です。
      秋篠宮家は犯罪幇助ですよ。

  • 元婚約者さんの御蔭で古室スキャンダルを引き起こし週刊誌各紙はぼろ儲けしています。
    テレビのゴシップ番組らも視聴率を上げ担当者はボーナスたっぷり、株主もホクホク、
    明治天皇の側室の末裔も引っ張りだこでぼろ儲け、
    タレント弁護士も引っ張りだこ、
    皇室のスキャンダルは国民にもスキャンダルのヴァリュー有りで楽しんでいる。
    フリーランス記者も代理人を受ける事で名を売る、特ダネも我がもの。

    可哀そうな元婚約者さんは歯止めの利かぬ平成の終わりを飾るスキャンダルの真っただ中。
    人が好過ぎるのか、細かい神経の持ち主か、憔悴状態にあると聞きます。

    この場に至って批判の矛先が元婚約者さんに向けられてきました。
    **元婚約者のウソ****秋篠宮家に宮内庁がついている、お抱えの弁護士やPRもいる事でしょう。
    元婚約者さんはPRもいるわけではない一人です、ロンリー・・ロンリー存在です。
    この方は週刊誌やテレビの悪徳業者の被害者になりそうです。

  • イヤァもうウンザリ!空いたクチが塞がりません❗フタを開ければ小室小室とうっさい!
    小室三股疑惑❗色ボケセックスに溺れたバカ姫おぞましい❗カヨは脱税容疑、保険金殺人容疑、失踪中等々、長引く程、眞子さんは益々キズ者扱いになり貶められる一方ですよ❗元婚約者には感謝ですよくぞカヨの借金踏み倒し口火を切ってくれました❗それがキッカケで次々とカヨの闇の部分が暴かれていく
    真実を知った眞子さんは今、何を考えているだろう元婚約者は圭の婚約記者会見を見て衝撃と怒りでいっぱいだったと思う❗人の金を踏み倒しておいて自分達だけがイイ身分にあやかろうとはけしからん❗あんなヤツらは皇室の一員になってはならん❗甘い汁を吸おうなんて、とんでもない賎しい連中だと腸ワタが煮えくりかえる気持ちだったでしょうね❗

    • 眞子という女はもうまともな人間ではない。
      小室に身も心も洗脳されたオウム信者のようなもの。
      詐欺師との肉欲に溺れた色ボケ小室教の信者です。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください