秋篠宮殿下「辞退を」、小室親子「カネは?」 破滅へのシナリオ

秋篠宮殿下の「会見」

眞子さまと小室圭さんの結婚延期が続いています。母・佳代さんと元婚約者との間に金銭トラブルのあったことが報じられ、そのすぐ後、2018年2月6日に2年半の結婚延期が発表されました。

この発表だけを真に受けるなら「2年半後の2020年になれば自動的に婚約・結婚する」とも読めます。しかし状況はより深刻です。2018年8月8日の「朝日新聞」朝刊「『納采の儀 現状では行えない』秋篠宮ご夫妻 小室さんに」という記事で、「国民の祝福と理解が得られない限り“納采の儀”(婚約)は行えない」と秋篠宮殿下が考えていることがスクープされました。

秋篠宮家は「結婚にあたっては日本国憲法に基づき当事者の意思を尊重すべきだ」と考えているという。だが同時に、皇室の一員としては広く国民の祝福と理解を得ることも不可欠と思っており、複数の週刊誌でトラブルが報道され続けている現状では、正式な婚約や両陛下へのあいさつができる状態ではない、と考えたという。

朝日新聞(2018.8.8朝刊) 「『納采の儀 現状では行えない』秋篠宮ご夫妻 小室さんに」

つまり「2年半の延期」とは言わば口実で、実際には「国民の祝福と理解」が得られない限り無期限に延期が続く可能性が高いということです。

この秋篠宮殿下の考えは、昨年11月の誕生日会見で肉声をもって語られたことで証明されています。

【速報3/7発売『女性セブン』】「自殺者多数」の小室家では皇室伝統に則った「結婚行事」ができない

「自殺者多数」の小室家では皇室伝統に則った「結婚行事」ができない

2019年3月7日

小室圭さんに「解決」の意思なし

ところで小室圭さんが「国民の祝福と理解」を積極的に得ようと努力しているのか? といえば、とてもそのようには思えません。昨年11月の秋篠宮殿下の誕生日会見で「国民の祝福と理解」が必須であると明言されて、ようやく重い腰を上げて「金銭トラブルは解決済で問題なし」とする「文章」を発表しました。

この意図的な対応の遅さから解ることは、小室親子が「自分が第一」「無責任な事なかれ主義」だということです。というのも誕生日会見前から、既に秋篠宮殿下の御意向を小室圭さんは知っていたのに、表になるまで何もしなかったわけです。おそらく2年半黙っていれば結婚できると踏んでいたのでしょう。

また 「国民の祝福と理解」 が必要だと言われておきながら、皇室の威光を盾にして、昨年7月よりフォーダム大学にVIP待遇で留学してしまいました。日本国民は「皇室利用」に非常に敏感です。このような留学の実態が明らかになるにつれて国民感情はさらに悪化してします。

小室圭さん父親の「自殺」は、母・佳代さんに「殺された」

2019年3月5日

秋篠宮殿下による「最後通牒」

その様な国民感情の悪化の中で、あえて「国民の祝福と理解」を得る必要があると秋篠宮殿下が 公式の場で口にした理由は、肝心の小室圭さんが全くそれを得ようと努力していない現状を見るに見かねたからではないでしょうか?

つまり前進と破談のどちらにするか「最後通牒」を小室圭さんに突き付けたと言えます。

にもかかわらず小室圭さんはゼロ回答の「文章」を発表するだけで国外逃亡、母・佳代さんに至っては雲隠れ中です。もはや小室親子の「人間性」を日本国民が評価することは無いでしょう。このように考えるならば、既に週刊誌が報じているように、すでに秋篠宮殿下の本意は「破談」の一択でしかありません。

「結婚を辞退」が秋篠宮殿下の本意

『週刊文春』に登場する秋篠宮家関係者もこれと同趣旨を述べます。そもそも秋篠宮殿下の真意は「破談」であったとのこと。

「秋篠宮さまの真意は、『小室さんから結婚を辞退されるべき』というものです。契機となった借金トラブルについて、発覚から一年が経とうとする今も何ら対応する様子は見えてこない。秋篠宮さまが公の場で“納采の儀は行えない”と発言せざるを得ない状態にあること自体、非常に重いものがあります」

『週刊文春』(2018.12.6号)「小室圭さんから辞退を 誕生日会見でも語られなかった「秋篠宮さまの真意」」

これには説得力があるでしょう。さらにこの後、小室さんの「文章」を受けての秋篠宮殿下の所感が次のように伝えられています。

「秋篠宮さまも文書を読まれましたが、『これでは婚約は難しい』と漏らされているようです」(宮内庁関係者)

「文書は、『解決済み』という小室さんの一方的な主張を書いただけで、借金問題の進展を告げるものではなかった。『この期に及んでこんな文書を出すとは……』と呆れていらっしゃるようです。ましてや、誕生日会見で仰った『相応の対応』にはまったく当たらない、とお考えのご様子です」(宮内庁関係者)

『週刊文春』(2019.2.14号)

小室親子の無責任な振る舞いを見て「破談」の確信が深まったというところでしょうか。

小室親子批判は「親心」からである 小林よしのり氏と元木昌彦氏の誤解

2019年3月6日

秋篠宮殿下の苦悩

しかし一旦、陛下からの御裁可を得ている結婚を、いたずらに破談にするわけにはいきません。先ほどの記事にもあるように、秋篠宮殿下の本意は「小室圭さんからの辞退」にあるようです。

「たとえそうだとしても、皇族の眞子さまの方からそれを言い出すわけにはいきません。小室さんには、そうしたすべてに思いを巡らせて、自らの責任で判断をしていただきたいと秋篠宮さまはお考えになっているのです」(同前)

『週刊文春』(2018.12.6号)

しかし現実的に考えて「カネのなる木」を手にしている小室圭さんが自ら手放すとは考えられません。幾つかの週刊誌では、破談に向けた金銭解決の可能性を報じています。なんと具体的な金額まで。

かつて、皇族が婚約内定を破棄させ、慰謝料が発生したケースが実際にあった。明治26年、後に大正天皇となる当時の皇太子が、結婚相手として内定していた伏見宮禎子女王と破談した。原因は、禎子女王に肺病の疑いが持たれたことだったという。

「その結果、皇太子は禎子女王ではなく、九条家の娘の節子さんと結婚されました。その後、皇太子の父である明治天皇は禎子女王側に5万円の公債証書を渡しています。それは内定破談の“慰謝料”といっていいでしょう。当時の5万円は、現在でいう7億円程度です」(皇室ジャーナリスト)

『女性セブン』(2019.1.3・10号)

またこの金銭を捻出するために、自宅建築費を水増し請求しているのではないかという指摘まで。

話題の統計に偽りがあるのなら、33億という数字には種も仕掛けもあり、浮いたカネは自由自在で後述する手切れ金に……と考えるのは下衆の勘繰りだろうか。

『週刊新潮』(2019.2.28号)「「秋篠宮家」が模索する「小室家」との金銭解決」

破談に伴っては暴露本対策の必要性も叫ばれており、きめ細やかな対策が必要でしょう。その点で多額の金銭が小室親子に渡るのは止む終えないことなのかもしれません。少なくとも十分な金銭が支払われれば母・佳代さんは納得するのではないでしょうか?

結婚に向かっても破談に向かっても「破滅へのシナリオ」しかない状況です。

【速報3/7発売『女性セブン』】小室圭さん「遺産分与」交渉に、母・佳代さん「暴力団」派遣——祖母も「自殺」のスクープ

小室圭さん「遺産分与」交渉に、母・佳代さん「暴力団」派遣 祖母も「自殺」のスクープ

2019年3月7日

アンケート

眞子さまと小室圭さんの「破談」は、御裁可を破ってでも、秋篠宮殿下側から切り出しても良いと思いますか?(回答追加・複数回答可能)
  • あなたの回答を追加する

小室圭さん父親の「自殺」は、母・佳代さんに「殺された」

2019年3月5日


25 件のコメント

  • 自ら潔く辞退して「女に恥をかかすな!」と言う、秋篠宮や宮内庁側の気持ちが伝わらないのは、相手が悪かった。
    日本人の心の中に流れている武士道精神、恥を知る文化を全く持っていない日本人離れした小室親子だから、国民は違和感を持つのではないか。

    • 双方の解決法ないのですか?
      頭の良い方が御側に沢山居る筈です。歯がゆくて歯がゆくて仕方が有りません。慰謝料という言葉、お金は絶対に絡まないで解決しないと国民は許さないでしょう。小室さん!この様な状態なぜ把握できないのですか?男なら去ってあげるべき。言葉選べませんがこの小室親子、顔も異常に大きいですが、面の皮も異常に厚そうですね。

  • この写真怖すぎるでしょう。
    そんなに結婚したかったら一銭も持たずしてみたらいいんじゃないですか!
    こんな怖いお母さんに毎日実家に金せびられて結婚生活続けられる?
    よく考えてみてください。

    • 小室親子はなんだかここまでくると絶対に引き下がらない。眞子さまの持参金目当てにしてるのが目に見えてます。ずる賢いイメージの母親ですね。
      私達の税金ですよね?持参金1億でしたよね?

  • 皇室からは、破談しないでしょうね、皇室側から破談を、待ってお金貰えると思って居るでしょう?皇室が、一般人なのに?皇族に対して、破談金貰えると本人は、思って要る事自体も解らないけどねー小室自身は、まともな人間では、無いからねーだから小室親子詐欺師なのよね?皇室側から破談を、すべきです。

    • 小室親子は、眞子さまとの結婚は、破談は、小室親子から、しないでしょうね?皇室側から破談すべきです。今後又小室側が、多分金銭問題を、含めて?色々と言って来るでしょう?一般人の小室親子詐欺師の、分際で、何が、言えるでしょうか?ても小室親子は、まともな人間では、無いからお金目的としたら!色々言う可能性が、有りますねー小室自身が、皇族の、眞子さまに対し結婚を、申し込み自体が、気が、狂ってるかと?秋篠宮家破談すべきです。

  • 小室さんも一銭も持たずどうやって帝国ホテルで結婚式するおつもりだったんでしょう。
    この2人金銭感覚ゼロでお金は天から降ってくると思っているんでしょう。
    小室さんは母から王子と育てられ、海の王子になって本当の王子になったと勘違いしたんですね。
    パピーさんにも自分は王子だからお金もプレゼントも貰えるのが当然だと思っていたんでしょう。
    王子だから返す必要などないと思っているんでしょう。
    眞子さんもいくら高価なお着物やドレス着ても何の価値も分かってなかったんですね。
    よくこんな人達の婚約会見を恥ずかしげもなくテレビなんかでやりましたね。
    日本の皇室の恥さらしです。

    • 【はじさらし】
      そのとおりです。
      以前からわたしも思ってました。

      お金も無いのになぜ帝国ホテルで結婚式をする❓そのお金どこから出るのか
      しら?
      そもそも無理なのです。
      幼稚な頭を持った子どものする事です。先が思いやられます。
      天皇家と国民に迷惑と、心配をかけないで、下さい。

  • 佳世さんがアンティークショップを経営したいらしいですが手切れ金(税金)を利用するつもりなのかしら。自腹での経営をお願いしたいです。国民から皇室不要論が出ない為にも破談されるべきです。本当は小室さんからの辞退の方が小室さんに恥をかかせずに済むのでしょうが自分の事しか考えていなさそうな感じです。

  • 11:39の匿名さんへ
    この写真は 機嫌よく歩いていたのに「留学の費用はどこから出てるんですか?」という誰でも不思議に思う質問をされ豹変した時のものです。ポケットに手を突っ込んでのオラオラ歩きが質問への返答です。短い動画なのに見た人はみんな同じことを感じています。会見時とは別人ですね。

  • 小室母の『税金不払い』『年金不正受給』
    とか話が出ていますね。
    これを放っておいて良いのでしょうか?
    小室家は未だ皇室とは関係ない一般人です。
    この様な小室家と縁を結ぶなんてとんでもない事。
    即、破談にするべきです。
    秋篠宮様も真子様もしっかりして下さい

  • 国内の裏口入学とか寄付金入学の悪い事が、何とも思わないくらいに、小室氏の裏口入学に感覚が麻痺させられた。

  • 元婚約者男性は風俗に行くより小室佳代さんに400万円やってやらせて貰った方がいいと思って、借用書無しで金出したんだろ。

    風俗嬢はいくら稼いでも税金なんか払っていない。
    小室佳代さんも風俗嬢同様、税金を払わないといけないとは思っていなかった。

    元婚約者男性が貸したと言ってる 400万円というのはそういう金なのさ。
    小室佳代さんは既に体で返したと思ってるから返す気が無かっただけさ。

    そもそも借用書も無しで小室佳代さんの体目当てで、随分昔に出した金の事で今頃騒ぐというのが逝かれてるんだよ。

    税金、税金と騒いでる知恵遅れが沢山いるけど、経済の事が何もわかってないだけさ。

    お金は日銀がいくらでも発行できるからドンドン使ってもいいんだよ
    公共事業や皇室に使う金は一般家庭や民間企業とは違うからね。
    国内なら、沢山ばら撒けばばら撒く程景気が良くなってGDPが増える

  • こんな簡単な問題を解決できないでいる間抜けども同士がいること自体滑稽な話だ。
    小室の母親は悪質な援助交際のもつれで
    事が大きくなってしまった。
    マスコミは皇室のこと故オブラートにつつんで
    報道せざるえない状況を作り出したのが
    一番の原因だ。人間的にも、学力的にも
    最低の小室親子に皇室の門はくぐれない。

    • マスコミは皇室の事だと北朝鮮のテレビ局の金正恩ように褒め称えて、バックにクラシック音楽とか流して上品そうな番組にしてなかなか本当のことを言わない。

      でももう国民はマスコミを信じてないし正直皇室、秋篠宮家は終わってると思う。
      贅沢だけして中身は空っぽ。
      これを切らなかったら本当に終わりと思う。

      国民にいらないと思われたら皇室なんて意味がない。

      • こんな悪党に無駄遣いして
        よく増税とか言えたものだ。

        本当に
        国民に迷惑をかける皇室
        秋篠宮家は
        いない方がいい。

  • 元婚約者さんをパピーと呼んでいたの記事を見て成程と頷かざるを得ませんでした。
    パピーと言えば子犬をさす一般用語です、
    犬は飼い主に忠犬です。
    犬は犬のトレーナーに命令された事を忠実に従います。
    犬(元婚約者)は尻尾フリフリでトレーナー(古室親子)の言うままに動いた・・・・?

    英語に堪能な圭さんと母親は婚約者の事をドッグと呼ぶわけにはいくまいとパピーと婚約者の前では呼んでいた。
    グッドボーイ・パピー!フェッチ!
    使用済みの後は二人であのアホ犬がとせせら笑っていたかもしれない・・ふふふ・

    以上は元婚約者の事をパピーと呼んでいたを読んでの悪質な勘繰りですので悪しからず。

  • 口を開けば「金」「金」というお母上をお持ちの眞子さんには、小室さんが「金がない」と言っても全く疑問に思わなかったと思います。

    「お母様だってお金がない、って言ってるじゃないの」
    「お金が無ければ実家から援助して貰えばいいだけ、川嶋家も皇室にたかって生活しているのだから、小室眞子になったって生活の面倒くらい見てくれるでしょ」ってな感覚かしら。

    秋篠宮家の教育の賜物、しっかりと親の背中を見てお育ちですね。

    数十億の改修費で拡大化する宮邸には、この先何世帯の家族が同居するのでしょう。

    天皇陛下もボケた振りして「御裁可なんてした覚えないけど・・」と言ってしまえばどうですか。
    ボケた振りしても誰も驚きませんから。

  • ふざけんなよ、小室よ、小室家よ
    ちいと、お前ら日本国民を馬鹿にしとんか!
    お前らのような外道豚野郎のような糞ウジ虫
    この国に二度と帰って来るな!
    お前らやっていることは豚野郎となんら
    変わらん 日本人として恥をしれ!

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください