【小室圭&皇室記事】今週の週刊誌まとめ一気読み【2/25~3/3】

混迷の混迷

御代替わりも近づきつつあるというのに、週刊誌は未だに小室圭問題一色。もはや「小室リスク」という「現象」ともいえる状況です。

テレビや大手新聞などでは、なにを配慮してか解りませんが、この「小室リスク」を控えめにしか報道していません。まさに週刊誌とネットが中心となって、この「小室リスク」を徹底検証しています。

さて今週はどんな展開があったでしょうか?

↓先週の復習

【小室圭&皇室記事】今週の週刊誌まとめ一気読み【2/18~24】

2019年2月24日

*美智子さまから雅子さまへバトンタッチ——新時代に期待を寄せる週刊誌

美智子さまから雅子さまへバトンタッチ 「新時代」に期待を寄せる週刊誌

2019年3月4日

文春オンライン

今週は『週刊文春』で皇室記事がなかったかわりに、文春オンラインで「【完全版】雅子さまを守った皇太子さまと、天皇陛下の代弁をした秋篠宮さま それぞれのお立場」という記事が発表されました。

タイトルからも明らかなように、東宮家を持ち上げる一方で、秋篠宮殿下批判するというのも、次のようなかなりキツイ一言まで。

「すでに公費支出について閣議了解を経ていた政府の決定に異を唱えるということは、政治への介入に他ならず、かつて政治的発言をしないことを記者会見の場で『基本』と宮さまご自身が述べておられたことと、矛盾しているのではないでしょうか。 …」(政府関係者)

文春オンライン「【完全版】雅子さまを守った皇太子さまと、天皇陛下の代弁をした秋篠宮さま それぞれのお立場」

「将来の天皇である悠仁さまのご誕生以降、以前と比べるとお立場を考えられた言動が増えたように思います。でも、現在も思いつきでついつい迂闊な発言をしてしまわれるように、本質は何も変わっていないのではないでしょうか

文春オンライン「【完全版】雅子さまを守った皇太子さまと、天皇陛下の代弁をした秋篠宮さま それぞれのお立場」

秋篠宮殿下の「暴走」は「何も変わらない」 政治的発言、私事優先、贅沢三昧

2019年2月25日

サンデー毎日(2019.3.10号)

今週の『サンデー毎日』はまさに皇室特集な号でした。とくに記事「「秋篠宮眞子さま」「小室圭さん」ご結婚延期問題「私はこう考える」識者が論点を深堀り」では、保守論客として❶小林よしのり氏、リベラル論客として❷香山リカ氏、皇室識者として❸小田部雄次氏と❹山下晋司氏の四者が、「結婚延期問題」にコメントしています。

❶小林よしのり氏は保守論客として登場しているものの、その論調はほとんどリベラルでありお二人の“気持ち”を尊重して、結婚を擁護するというものです。むしろ元婚約者の「品性」に疑義を提示しています。

【眞子さま&小室圭さん】小林よしのり氏が大擁護「なぜ批判するのか理解不能」

2019年2月28日

❷香山リカ氏もリベラルの立場から、これを論じて結婚を擁護、むしろ騒ぎ過ぎな国民とメディアに納得がいかないという内容です。

【眞子さま&小室圭さん】香山リカ氏「ここまで騒ぐことには、納得がいかない」と擁護

2019年3月1日

❸小田部雄次氏の寄稿は、それほど面白い内容ではなく、小室圭さんバッシングの背後には「眞子さまが結婚後に皇室とどまる可能性があることに期待と不安があるからだ」に尽きて、あまり面白くありません。

❹山下晋司氏は、この問題についてかなり悲観的なコメント。

小室さんの母の金銭トラブルが報じられたのは一昨年の12月。小室さんはそれ以降、1月22日の文書公表まで一年以上何ら説明をしてこなかった。なぜ説明をしないのか国民の側は強い不信感を抱くようになり、もはや人間性の問題だと考えている人が大勢いるようだ。よって、秋篠宮殿下がおっしゃる多くの人が「喜んでくれる状況」になるのは、困難だろう

山下晋司「「国民祝福」の状況には至っていない国民感情」『サンデー毎日』(2019.3.10号)

という一言はこの問題を見事に捉えているでしょう。「もし結婚するとなれば、国民の祝福が得られなくても、強行するしかないのではないか?」というのが山下氏の結論です。

【眞子さま&小室圭さん】元宮内庁職員・山下晋司氏「国民祝福を得るのは困難」「日本人の世界観とズレている」

2019年3月1日

週刊大衆(2019.3.11号)

男性週刊誌だけあって女性週刊誌とは少し異なる切り口が新鮮です。

『週刊大衆』の記事によれば、小室圭さんは、昔務めていた銀行でもトラブルメーカーで、それを注意した上司に対しして逆切れして恫喝したということです。

「あるとき、見かねた上司の一人が小室さんに注意したそうなんです。すると彼は豹変して“それってパワハラですよね? 私が訴えたらどうなるか……”と恫喝にも取られかねないような態度をしたというです。そして逆切れして上司に食ってかかったともいいます」(フリー記者)

『週刊大衆』(2019.3.11号)

ただ、この記事に登場する「フリー記者」やら「皇室担当記者」の証言は、矛盾が散見され、信憑性はかなり薄いと思います。

その旨を記事にも書いたのですが、アンケートでは「多少盛っている話だろうが、小室ならあり得る。全てがクズな男」が一位。もはや小室圭さんは「信頼」「信用」というものをすべて失ってしまったことが確認されます。

小室圭さん「上司恫喝」&「逆ブチ切れ」 黒い裏の素顔

2019年3月2日

女性自身(2019.3.12号)

『女性自身』は珍しく(笑)、小室圭さん以外のネタ。

先の皇太子殿下のお誕生日会見で、雅子さまが同席しなかったことなどを根拠に、いまだ雅子さまのご病状は公務に堪えられるものではないだろうとの推測。

また愛子さまも学校を休みがちとのことです。

ただし論調は東宮家に批判的なものではなく、「御代替わりの後にあるアメリカ大統領訪日などで大活躍できるのではいか?」という希望を持たせた内容になっています。

雅子さま「ご病状悪化」 新皇后の重圧で

2019年2月26日

女性セブン(2019.3.14号)

『女性セブン』の皇室記事は豪華二本立て。

一つ目は、「天皇陛下と美智子さま「奇跡の10秒間」秘話」で、先の御在位30周年記念式典で陛下が原稿を取り違えたのを美智子さまがフォローされた逸話を美しく紹介しています。

二つ目は、「皇室スクープ 小室圭さん「同級生の反旗」でVIP留学取り消し危機」で、先のコムロコイン騒動が発端となり、小室圭さんの“正体”が留学先ばれてVIP待遇が取り消されてしまうのではないか、というもの。またこれと併せて、秋篠宮一家が家庭崩壊の危機にあるとも報じらられています。

天皇陛下と美智子さま「奇跡の10秒間」に賛美が相次ぐ

2019年3月2日
小室圭

小室圭さん「VIP留学」取り消し危機 「自分のことばかり」な秋篠宮家は家庭崩壊に直面

2019年2月28日

週刊新潮(2019.3.7号)

『週刊新潮』の記事「小室圭さん「NY州弁護士」挑戦 前倒し作戦」では、その名の通り、異例中の異例のVIP待遇を受けて、小室圭さんが僅か一年足らずで国際弁護士の試験を受けるのではないかと騒がれています。

秋篠宮殿下は、❶「経済的な安定を得るべく転職も含めで進路を示す」、❷「金銭トラブルを何らかの形で解決する」という二点を結婚の条件にあげ、そうすれば国民が「納得し喜んでくれる状況」になるとお考えのようですが、大きな誤算です。

授業料免除や司法試験前倒しなどのVIP待遇一つ一つが「皇室利用」として批判されていることに、どうして気が付かないのでしょうか? 「皇室利用」して「経済的安定」を得たとしても国民は誰も納得しません。

天皇陛下と美智子さま「奇跡の10秒間」に賛美が相次ぐ

2019年3月2日
小室圭

【小室圭さん】問題の核心は「借金問題」でも「経済的自立」でもない 秋篠宮殿下と小室親子の誤算

2019年3月1日

WiLL

週刊誌ではありませんが、保守系オピニオン雑誌にも皇室記事が二つ。

一つ目は、竹田恒泰氏が「男らしく手を引きなさい」と小室圭さんを痛烈批判。

どうやら小室さんは、問題の本質を理解していないようです。今回重要だったのは、小室さんに返済義務があるか否かではありません。人間、生きていればトラブルに遭うこともある。そんな時の「対処力」と、誠実に対応する「人間力」が試されていたのです。

竹田恒泰 「小室さん、男らしく手を引きなさい」『WiLL』(2019.4号)

という言葉は、本質をとらえているでしょう。

二つ目は、西尾幹二氏のもの。

小室氏が父親と祖父をともに自殺で亡くしていると聞いて、私は足下から恐怖感に襲われました。でも、テレビはそれを報じない。一番の問題は、その事実を前に平然としてたじろがない皇室です。普通の家庭だってたじろぎます。悠仁親王殿下が天皇に即位される日がくれば、天皇の義理の兄になる人物です。絶えず色んな式典に顔を出すことになる。

西尾幹二「皇室の神格と民族の歴史」 『WiLL』(2019.4号)

などと言って、小室一家の特殊性が皇室には全く似つかわしくないこと、こんな醜聞を許してしまった秋篠宮殿下や宮内庁にも批判の矛先が向いています。

小室圭さんに、西尾幹二氏「足下から恐怖感に襲われた」「秋篠宮殿下は“とんでもない”」(元つくる会会長)

2019年3月3日

【小室圭問題】旧皇族・竹田恒泰氏「男らしく手を引きなさい」

2019年2月27日


15 件のコメント

  • >小室氏が父親と祖父をともに自殺で亡くしていると聞いて、私は足下から恐怖感に襲われました。でも、テレビはそれを報じない。一番の問題は、その事実を前に平然としてたじろがない皇室です。

    小室圭の母親は父親の自殺以降ケーキ屋でパートをやって必死で息子を育ててきたのに
    アホ右翼の西尾幹二は、小室圭の母親が父親と祖父を殺したとか、何の根拠もないデマを広めて貶めようとしている。
    現在までずっと血で血を洗う権力争いをしてきた皇族なんだから、その程度の真偽不明のデマくらい何とも思わいよ。
    小室圭は皇族よりは学歴も高いし、人間性も皇族よりは遥かにまともだよ:

    昭和天皇は殺人鬼だっただけでなく、日本の良家の女性をアメリカの娼家に騙して売って金を稼いでいた金の亡者

    大正天皇・今上天皇・皇太子は知恵遅れ

    秋篠宮は学習院で常に成績ビリだった女狂いのアホ

    美智子は皇太后を苛め抜いた悪魔みたいな女で、同和部落出身のアメリカのスパイ

    雅子は学歴・職歴詐欺で色情狂で、同和部落民と在日のハーフでアメリカのスパイ

    小室圭より在日、部落出身者だというのを隠して皇太子をハニートラップにかけた美智子や雅子の方が遥かに腹黒い。

    天皇は自他共に認めるチョンだ

    美智子の母親はイギリス人と朝鮮人のハーフ
    雅子は在日

    • 「天皇がチョンだ」と言っているのは、777が在日だからです。
      自分がチョンだから、願望として天皇が朝鮮人だと言いたいのです。在日の複雑な心理です。
      在日は高倉健が朝鮮人だとか言っているし、イエスも朝鮮人だと言っています。
      777の言っていることで、彼の心理が読みとれます。
      朝鮮の人達は日本人になれなかった不幸な人達です。
      日本人になれなかった恨みが激しい反日になっています。

  • セブンの同級生反乱の記事
    嬉しく思います。

    自業自得。

    小室と結婚しても
    しなくても
    秋篠宮家は
    小室親子に
    一生たかられる。

    ぜんぶ税金。

    • そんなに税金を使われたくないんなら天皇制を廃止すればいいだろ

      天皇一族は国際金融資本のエージャントで売国奴だ
      日本を中国や朝鮮にしようとしている。
      天皇一族を放置しておくと日本は滅びる

      天皇自身が朝鮮から渡来した漢民族なんだから当然と言えば当然だけどな。

    • ちくわぶ (@sMOzMz9aTGijpcA) さんへ
      777のコメントを放置するのには理由があります。
      常識で見れば分かります。

  • お二人が結婚して日本に住むと、本来法的根拠はないが、数十億円の警備費が必要。小室圭様が狙われるに決まっているからね。宮内庁側も分かっているはず。秋篠宮殿下どう決断する。海外定住ならその費用は発生しないが、一時帰国の際はフルガードか。ムカつきます。

  • 国民の殆どが不信に感じていたけれど父親と祖父の自殺の理由もはっきりしていません。やましくなければ説明出来るはずだし、母親が雲隠れしているのは贈与税などの税金の支払い期限が過ぎるまでは出て来ないつもりなのかもしれません。直ぐに払えないなら後で支払う意志だけでも税務署に連絡するべきです。長引くと増税されます。それも宮内庁にお願いするつもりなんでしょうか。不信感だらけです。

  • 小室親子の件が、中々前に進む事が、無くて、アメリカに行って、弁護士資格取得して又コネ就職しても、詐欺師小室に、仕事などを、依頼する人が、居るでしようか、私だったら信頼性無い弁護士に、お金出して迄、大事な仕事任せられないけどね、小室が、皇族の一員に厚かましい!皇族の肩書きで、お仕事が、舞い込んで来るかな?小室の考える浅はかな?知恵かな?他人のお金&コネ&皇室利用と、して生きるような人間に、幸福が、来るかしらねー

  • 記事本文中の「小室圭さん「NY州弁護士」挑戦 前倒し作戦」では、その名の通り、異例中の異例のVIP待遇を受けて、小室圭さんが僅か一年足らずで国際弁護士の試験を受ける」

    これですが、やはり、秋篠宮の考え、アイデア?は、浅はかですね~。金でなんとでもする、という傲慢さまで感じます。今までそうしてきたのでしょうね、秋篠宮家。

    そしてそれに乗っかって尊大な態度をとる勘違い小室。国民は騙せませんよ。臭気がしますから。

    “それってパワハラですよね? 私が訴えたらどうなるか……”

    この記事はおっしゃられるように信ぴょう性がないのかもしれません。
    けれども火のないところに煙はたたない、ではないでしょうか。

  • 医師の方々または眼科の先生など見ておられませんでしょうか。人間の顔って20代前半でこれだけ変わるものなんでしょうか。もちろん、眉毛のそりこみなどもありますが、それだけではなく目とか鼻が違って見えますね。目も斜視に見えますし。週刊誌はどこも何も言いませんが。これだけのスキャンダルなのでストレスで顔つきが変わったんでしょうね。。髪の毛は二十歳のころは染めていたのかもしれませんね。

  • 論壇netを訪問してくれた保守の人へ
    この記事には関係ないのですが、中国、韓国、反日日本人に腹を立てるのではなく、
    どうしたら中国、韓国と縁が切れるのかを模索しましょう。
    福沢諭吉は中国、韓国とは付き合ってはいけないと言っていました。
    理由は、過去のことを持ち出してウソを言うからです。
    武田先生の「アコースティック哲学:友の条件」を紹介したいです。
    https://youtu.be/1yDRp9k0ZDw

    • >福沢諭吉は中国、韓国とは付き合ってはいけないと言っていました。

      嘘はもういいよ

      天皇一族の教育をしていた福沢諭吉は、中国・朝鮮を侵略して、財産をすべて奪い、中国人と朝鮮人を奴隷にして搾取しろ

      と天皇一族に指導していたんだよ。

      • 人間関係で考えたら良く分かります。
        過去を持ち出してきてウソを言う者とは付き合えないと言っています。
        過去を持ち出してきて恨みをいう者と友達になれますか?
        現在ベトナムはアメリカと良好な関係ですが、過去には激しい戦闘でベトナム人が多く犠牲になりました。もしベトナムが過去を持ち出してきてアメリカに恨みを言い出したら良好な関係にはならないです。
        ハリネズミに近づくな「脱亜論」【CGS …を紹介したいです。
        https://youtu.be/nq6T2Eirgrk?t=16

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください