雅子さま「ご病状悪化」 新皇后の重圧で

雅子さまの報道が相次ぐ

御代替わりを前に、皇室関連のニュースが週刊誌などを賑わせています。小室圭問題で評判を落としている秋篠宮家を尻目に、ここのところスキャンダルの少ない東宮家は着実に評判を上げています。

過日行われた皇太子殿下59歳の誕生日会見も、大変好印象なものでした。東宮島従や式部副長を務め、皇太子さまを古くから知る竹元正美氏(73)は次のように感想を述べています。

「59歳でのご即位で、すでに多くの経験を積み重ねてこられたにもかかわらず、何度も“自己研錯”というお言葉をお使いになりました。皇太子殿下の謙虚で慎み深いお人柄がにじみ出た会見だったと思います」

『女性自身』(2019.3.12号)「雅子さま新皇后へ「あと2カ月」…重圧で「ご病状悪化」の悲愴!」

雅子皇后「最大の試練」と、美智子さま「行きたい場所」 対照的なお二人の今後

2019年5月1日

雅子さま不在の会見

この様な感想のある一方で、誕生日会見に雅子さまは同席されませんでした。秋篠宮殿下の誕生日会見には夫婦そろって出席されていたのとは対照的です。

これを受けてか『女性自身』(2019.3.12号)の記事「雅子さま新皇后へ「あと2カ月」…重圧で「ご病状悪化」の悲愴!」では、タイトルにある通り、「雅子さまのご病状が実は好ましくないのではないのか?」という疑惑を報じています。

まず、やはり雅子さまが記者会見に一度も出てきていないことを危惧。

「宮内記者会は再三にわたり『雅子さまのご同席』を要望したのですが、実現しませんでした。雅子さまの記者会見は、ご病気になられて以来、一度も行われていません。昨年6月の皇太子ご夫妻の銀婚式や、12月の雅子さまの誕生日にも会見を要請しましたが、宮内庁は聞き入れませんでした。
お代替わりまで雅子さまの会見は“お預け”となってしまいました」(皇室担当記者)

『女性自身』(2019.3.12号)「雅子さま新皇后へ「あと2カ月」…重圧で「ご病状悪化」の悲愴!」

指摘されているように、記者会見は、御病気以来、一度も行われておらず不安材料となっています。マスコミが好きな皇族の方などいないでしょうが、お顔と声に臨めるだけで国民は安堵するものです。ぜひ可能な限りでご動向を公にしていだきたいと思います。

お茶を濁した皇太子殿下の発言

また『週刊女性』では、先の誕生日会見で皇太子殿下が、雅子さまの具体的なご公務についてお茶を濁したことに着目します。

「一方で会見での皇太子さまのおっしゃりようを聞くと、このところご回復領向にあった雅子さまですが、現在はまだ、ご公務やご活動について具体的な目標を明らかにできる段階ではないように感じられます」(皇室ジャーナリスト)

『女性自身』(2019.3.12号)「雅子さま新皇后へ「あと2カ月」…重圧で「ご病状悪化」の悲愴!」

この発言の元となった皇太子殿下のお言葉は次のものです。

【殿下】今は体調の快復に一生懸命取り組んでおりますし、将来的には自分としてできることが見つかることを、私も心から願っておりますが、現在は、そういうものを少しずつ模索しているような段階なのではないかと思います。雅子自身もいろいろ海外での経験もありますし、このグローバル化の時代にあって、国際的な取組など本人だからできるような取組というのが、今後出てくると思います。今具体的にどういうものかということは、お答えできないのですけれども、先ほども申し上げましたとおり、本人も一生懸命努力をしながら快復に努めておりますので、何かいい取組に将来出会うことができれば、私も大変うれしく思います。

皇太子殿下お誕生日会見(2019年2月23日)

確かに現時点では、雅子さまの今後について具体的な内容を示せる段階でないようです。事実、この2月25日、26日のお茶会にも雅子さまは欠席とのこと。

2月25、26日には天皇陛下のご即位却年を祝う宮中茶会が開催。しかし皇太子さまの会見翌日の22目、東宮大夫は雅子さまが茶会を欠席されると発表していた。

『女性自身』(2019.3.12号)「雅子さま新皇后へ「あと2カ月」…重圧で「ご病状悪化」の悲愴!」

香山リカさんの助言

このような未だ全快ではない雅子さまの状況を、精神科医の香山リカさんは次のように分析します。

精神科医で立教大学教授の香山リカさんはこう語る。「いよいよ皇太子さまのご即位が近づき、雅子さまにとって『皇后』という言葉は大きなプレッシャーとなっているのかもしれません。
一般の方ならば、適応障害であったとしてもリワーク(慣らし出勤)という形で段階的に仕事復帰ができます。しかし皇后になられる雅子さまは、一夜にしてお立場が変わってしまいます。
皇太子さまはご即位後に、国際的に活躍される皇后・雅子さまを実現するためにも、今は雅子さまのプレッシャーになるようなご言動は避けられていると思います」

『女性自身』(2019.3.12号)「雅子さま新皇后へ「あと2カ月」…重圧で「ご病状悪化」の悲愴!」

香山さんが言っているように、「皇后」になるという重圧は何にも比し難いものであり、通常の適応障害の療法が必ずしも効果的ではないように感じます。

皇太子殿下の御計らいのように、今はプレッシャーをかけず、雅子さまの快復を祈りたいという人は多いのではないのでしょうか?

愛子さまも……しかして希望せよ

また最後に愛子さまにかんする不穏な情報も。

「この4月から学習院女子高等科の3年生になられる愛子さまですが、最近は学校をお休みがちなのです。愛子さまの体調不良も、雅子さまにとって不安要素になっているはずです」

『女性自身』(2019.3.12号)「雅子さま新皇后へ「あと2カ月」…重圧で「ご病状悪化」の悲愴!」

これが事実であるならば、雅子さまも愛子さまも快復基調にはあるが、まだまだ予断を許さない、ということになるのでしょうか?

ただし今回の『女性自身』の記事は、このような情報を提示しながらも東宮家叩きをするのではなく、最後に希望をもって締めくくる点が特徴的です。

先に安倍首相が皇太子殿下と面会し、トランプ大統領の訪日について報告したことを次のように評価します。

「首相が皇太子さまに直接説明するのは極めて異例です。安倍首相は、5月26~28日の日程で調整が進んでいるトランプ米大統領の訪日についても報告したはずです。新天皇皇后にとっては外国首脳との初会談。しかも国賓待遇ですので、宮中晩餐会も催されることになります。その様子は世界中に報道されるでしょうから、新天皇皇后の国際的な“お披露目”になるでしょう。雅子さまの語学力や外交的な知見が大統領相手にいかんなく発揮されれば、今後の『新しいご公務』への道も一気に聞けるかもしれません」(前出・皇室ジャーナリスト)

『女性自身』(2019.3.12号)「雅子さま新皇后へ「あと2カ月」…重圧で「ご病状悪化」の悲愴!」

確かにアメリカ大統領が招かれた宮中晩餐会で、雅子さまがご活躍されれば、これ以上ない復活劇となるのではないでしょうか?

まとめ

雅子さまと愛子さまの快復は国民の切なる願いの一つでしょう。これまで女性週刊誌は、このような病状をまさに皇族不適格とばかりに袋叩きにしてきました。

しかし、秋篠宮家のスキャンダルだけでなく、適応障害など精神病への理解が深まると共に、論調は雅子さまと愛子さまに同情的になり、加えて未来に大いなる希望を持たせる言葉が目立つようになってきています。

雅子さまが快復しご公務に復帰されるためには、我々国民の温かい声が必要不可欠ではないでしょうか?

雅子皇后「病状悪化」と、美智子さま「行きたい場所」 対照的なお二人の試練

雅子皇后「最大の試練」と、美智子さま「行きたい場所」 対照的なお二人の今後

2019年5月1日

アンケート

適応障害が懸念される雅子さまの公務についてどう思いますか?(複数投票可)
  • あなたの回答を追加する

*皇后陛下の意外な一面が明らかに

美智子さま、キングカズに「いつかお話ししたかった」とアプローチ 在位30周年お茶会

2019年2月26日


40 件のコメント

  • >小室圭問題で評判を落としている秋篠宮家を尻目に、ここのところスキャンダルの少ない東宮家は着実に評判を上げています。

    創価学会が必死に工作活動してるからだよ。
    創価のバックにはCIAが居て、皇室破壊工作を指示していると言われている:

    秋篠宮ご一家の創作悪口を内外に言いふらし、媒体で嫌味な発言連発したのは高円様。高円宮様が皇太子を取り込んでから皇太子と秋篠宮家は疎遠になった。

    なにより、雅子さま入内を推していたのは高円宮様。高円宮様が亡くなって皇太子夫妻がおかしいのが表面化したのを考えると、彼が皇太子サイドで相当動いていたんだろうと想像出来る。

    紀子様の都市伝説関係が浮上したのは雅子さんが結婚する1,2年前 流していたのは創価、外務省、高円宮さま

    雅子さんの不出来を薄めるため、あるいは紀子様になすりつけるという目的があったといわれている。その後渋谷氏(のちに雅子妃の妹節子さんと結婚)を通じて医療関係者に噂を広げた。各地で医学部教授等が偽の噂を得意気に吹聴する姿が目撃されている。

    _____

    652 名無しさん@13周年 2013-04-13 10:20:42 ID:YpMLpa4q0

    思うのは なんで皇太子にもっと若くて他に家柄のいい女性を引き合わせられんかったのか?
    昔みたいに側室持てるわけじゃないんだ
    でも血統が権威のよりどころの血筋でこういうタイプの高齢女性との結婚はギャンブルだろ

    731 名無しさん@13周年 2013-04-13 10:35:00 ID:cUKuFLtP0
    >>652
    お妃候補は小和田と外務省創価がすべて潰した。

    創価から敵認定されシモネタ満載の非難中傷ビラを自宅の周辺でばら撒かれれば誰でも逃げる。

    皇太子がファンだと公言した柏原よしえは捏造のシモネタスキャンダルで潰された。

    昭和時代にお妃候補からはずされた雅子を小和田と外務省創価が高円宮まで動員して皇室に押し込んだんだよ。

    785 名無しさん@13周年 2013-04-13 10:46:51 ID:w99lO9FdO
    >>731
    トヨタ自動車の豊田一族も候補(達郎氏の娘由美子さん)に挙がっていたが、
    すべて層化と小和田の誹謗中傷で潰されたのか
    http://labs.digitalhell.net/2ch/dat/20130413/newsplus/1365810231.html

    • 雅子さまの生家小和田家と創価が繋がっているなどというガセネタ情報を御学友や川嶋一族を使って流したのが愚かな秋篠宮でしょう?

      あの当時は昭和天皇や香淳皇后に遣えた方が、皇室のなかにも多くいらっしゃったのでちゃんと調査しているはずです。今のようななぁなぁに調べず結婚okする体制ではありませんでした。学会と繋がった人を妃に認めるわけがありません。

      こんな天皇家の存続にかかわる東宮家のガセネタはネット上で何年も放置しておいて、秋篠宮家の批判ブログは圧力がかかって半年以内に閉鎖となる、異常だと思いませんか?

      ここは中国ですか?
      言論の自由は?
      玉手箱さんのブログに圧力をかけて閉鎖した人間を調べるべきだと思いますよ。

  • 雅子さまはご出席されたかったと思います。
    美智子皇后の言いなりにならざるおえない宮内庁。宮内庁は言いなりに雅子さまが出来るだけ公にでれないように会見も皇太子1人での形をセッティングしたんでしょうね。
    今までどおりのやり方で。
    自分が目立ちたいから、能ある息子夫婦が出てきちゃ都合が悪く、能無しの次男夫婦が平成天皇には、都合がよいんでしょうね。
    平成天皇皇后には、御自分の代だけの、評価賛美をお求めになることなく、長く続くように、本当の意味で日本を愛していただきたいと願うばかりですね。

  • アンケートの内容がなぜ雅子さんを肯定するものばかりなのですか?
    あの方のやっていることは、到底認めることはできません。
    皇后辞退、皇室から去っていただきたいです。

    • 全く同感です!!適応障害と言えば全て許されるのですね。国民の多くは、病気怪我、経済的な問題、いじめや、子供の虐待からの死。ありとあらゆるハラスメント等々と戦いながら、生きています。生ぬるい!!

  • 雅子さまも少しずつでも良くなられる事と思います。
    雅子さまや愛子さまの様に賢く品のあるまともな人が出られなくなり、

    秋篠宮家みたいな、税金私物化、特権濫用が当たり前の超絶バカなくせに自分は高貴だと信じているアホで頭のおかしい色ボケな人達が皇室の中心になったら皇室終わりだと思います。

    まして眞子さんが詐欺師で後妻業の佳代さんの息子でジゴロのヒモの詐欺師の小室なんかと結婚したら本当に皇室終わりだと思います。
    もはや日本最低の一家になって、国民からの尊敬は皆無になると思う。
    そして皇室崩壊していくと思う。

  • 美智子さまが二人で皇后と言ってた事を思いだしました。雅子様と紀子さまが協力し合って皇后の務めを果たせると考えての発言だと思います。比べるのでは無く仲良くし合う事で互いが評価される様に感じます。

  • ときどき雅子さまをメチャクチャに叩くようなコメントが見られるが、そんな意地悪で邪鬼の様な人達が雅子さまを苦しめて、ご病気にさせてしまったのだと思う。

    でも皇太子さまはそれを理解して、プロポーズのお言葉通りに愚直に雅子さまを全力でお守りされて、とても頼もしいし素敵な方だと思う。

    雅子さまも少しずつ出来ることからやって下されば良いと思います。

  • 創価学会とそのバックの CIA が小和田雅子を皇室に押し込んだ理由

    日本人は こうやって自虐史観・反日思想を持つ様に洗脳された

    アホ右翼の日本の庶民が直接「GHQ に洗脳された」という主張には無理があります。
    GHQ はもっと巧妙なやり方っで日本人を洗脳したのです。

    つまり、まず皇族とマスコミと日本の官僚を洗脳して、彼らを通して日本の庶民も間接的に洗脳したのです。

    日本人は皇族のファンばかりだから、皇族が護憲で何時も平和、平和と唱えていれば日本の庶民も護憲になってしまうのです。

    具体的には、GHQ はこういう手口で日本人を洗脳して羊より従順にしたのです:

    小和田恒氏、その重大な罪 2018-07-01
    https://blog.goo.ne.jp/bb-danwa/e/a672698e97b9e288783b63bf979afce1

    以下は、平成26年8月12日の拙ブログ過去記事をベースに、日本という国にとって小和田恒氏がどれほど悪辣なことをやらかしたかのまとめです。

    ・・・

    結局慰安婦問題にもつながる、小和田恒氏は国会喚問に値するのではないか。

    河野談話を批判し、河野洋平を喚問せよと主張する保守ブロガーたちが以前は
    いて、拙ブログ主もそれには賛同をするものの、しかし小和田恒氏を等閑視するのは、整合性が取れぬ上、怯懦だとも思いますね。同じく東宮問題を避けて、直視する勇気のない保守論客たちも。現実を直視なさい、日本を何とかしたいのなら。

    ニューヨークタイムス東京支局(所在地 朝日新聞社内)で、反日記事を発信している 田淵広子氏さえ喚問が言われていたというのに、小和田氏の果たした日本毀損の役割に比べれば、田淵某など蚊ですよ。

    ◆舛添要一前都知事に見られた日本の中韓へのご機嫌取り土下座外交の始まりは小和田恆外務省条約局長(当時)の答弁に端を発する。

    ◆日本を根本的に損ねた村山談話・河野談話の原点が小和田恒氏である。

    ◆翻訳上の問題点なのだが、小和田氏が国会において、サンフランシスコ講和条約における「東京裁判の判決を受諾」を「裁判を受諾」と言い換えたことが、その後の日本の行方を歪めてしまった。

    つまり・・・・

    日本は東京裁判の「判決は受け入れたが」「裁判そのもの」を肯定したわけではない。

    にもかかわらず、それを「日本は東京裁判を受け入れた」とまやかしをやらかしたのが、小和田恒氏という男です。皇太子妃の実父です。

    ◆小和田恒氏のこの発言以降、日本の政治家は外務省からこの間違ったレクチャーを繰り返し受けることになり、いないはずの戦犯を蘇らせてしまいました。

    ◆靖国参拝問題の根っこも実に小和田恒氏が作った張本人であるということでしょう。

    日本はサンフランシスコ講和条約において、東京裁判を受諾はしていない。⇒裁判自体を正当なものとして、受け止めたわけではない。

    東京裁判の裁判自体ではなく、(敗戦国としてやむを得ず)刑罰の執行を続けること、それに限定して合意したに過ぎない。

    ここまでで、小和田恒という男が犯した重大な過ちの内容は理解していただけたでしょうか。小和田氏が故意に誤訳したのか、単に間違えたのかそれは解りませんが、いずれにしてもその後の日本の舵取りを難破の方向へと導いてしまったのです。
    誤訳なら後に深甚な謝罪と訂正が、国民にあるべきで、それがないところを見ると確信犯でしょう。

    なぜ小和田氏がかくも、粗雑に祖国を扱うのか、いえもし祖国ならこうも貶めは出来ないでしょうに?

    日本国にとって、小和田氏は癌細胞の一つでありそのことはすでに識者から指摘、糾弾されていることですが、皇太子妃の父という立場ゆえにでしょうか、明るみに出ません。それどころか、雅子妃の入内以来トントン拍子の出世です。福田康夫氏,山崎拓氏,加藤紘一氏らと同類の売国奴であるにもかかわらず、彼らを撃つ保守が、一人小和田恒氏のみはスルーしてしまいます。

    小和田恒氏が日本を損ねたその「罪」の歴史を箇条書きします。

    1 A級戦犯を戦争犯罪人として、土井たか子氏と共に断罪する。

    2 女系天皇に向けて動いた形跡もあり。(万世一系皇室の破壊行為)

    3 「日本ハンディキャップ論」を唱え、中国韓国へは物申さず、ひたすらお金を貢ぐことを主張。「日本の外交は、東京裁判を背負っているハンディキャップ外交である」と答弁した。⇒東京裁判を全面肯定

    4 福田赳夫氏は、小和田雅子さんが子供の頃から「雅子ちゃんは皇太子妃にする」と豪語していた人物。それに乗ったのが小和田恒氏であり、単なるロマンスによる入内ではなく仕組まれたものである。

    5 「日韓フォーラム」への参加者である。同席者に売国新聞朝日新聞の当時主筆であった若宮啓文(わかみや よしぶみ)の名がある。加藤紘一の名も。彼らと同類である。「韓日」合同W杯の母体となったフォーラムである。小和田恒氏が半島利権の高円宮とタッグを組んで動く。(高円宮家は韓国の三大企業+と昵懇の関係を結んだが、小和田氏にいかなるメリットがあったのだろうか)

    6 創価学会が小和田恒氏に送った「池田大作特別待遇要請書」に応じた。創価学会への便宜供与である。この件は第134回国会 宗教法人等に関する特別委員会 第3号でも追求されている。

    http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/134/1177/13411271177003c.html

    7 竹島に関連しての韓国寄り発言。

    「自国の領土なら、わざわざ国際司法裁判所に持ち込む必要はない」と日本の提訴の動きを牽制。

    (その後ハーグの国際司法裁判所所長に上り詰めたことと考えあわせると、胸が悪くなるほどの売国発言です)

    8 村山談話に先駆けて、実は小和田恒氏が売国発言をしていた事実。

    戦前の日本がアジア諸国への侵略や植民地支配を行ったという見解を公式に認めたのは小和田恒氏が発端。

    昭和60年11月8日、衆議院外務委員会での小和田恆外務省条約局長(当時)の答弁より。

    ▼社会党土井たか子議員から東京裁判(極東国際軍事裁判)の訴因とされた「平和に対する罪」とサンフランシスコ条約(日本国との平和条約)第十一条の解釈を問われ、当時の小和田局長の答弁。

    「極東軍事裁判の評価については学問的にはいろいろな意見がございますけれども、国と国との関係におきましては日本国政府といたしましては極東軍事裁判を受諾しているわけでございます。 ← 注;ここが事実と相違している。判決は受け入れたが、裁判そのものを認めたわけではない。

    その裁判の過程におきまして「平和に対する罪」ということが起訴理由になっておりまして、その訴因の第二十七で、被告が中華民国に対し侵略戦争並びに国際法、条約、協定及び保証に違反する戦争を行ったということが挙げられておりまして、御承知のような判決が出ているわけでございますので、そういうものとして政府は受けとめておるということでございます」

    それまでの日本政府とは異なる見解が、小和田恒氏によって提示されそれが
    定着することとなりました。中韓ソ各々国交回復で解決済みの賠償問題をことごとく、ゾンビのごとく蘇らせたのが小和田恒氏である。

    9 小和田恆氏はそれまでの政府見解をうち捨てて、日本はアジア諸国を侵略した。先の大戦が国際法、条約、協定などに違反する戦争であったという裁判の訴因をも受諾したものと解釈を変更。この国会答弁に食らいついた、政治家、マスコミ、知識人たちがその後の自虐史観へと走り、それに乗った中曽根康弘氏などが「靖国問題」などを作り上げてしまう。

    10 日本の自虐史観と、その後の中韓へのヘタレ外交の素を作ったのが小和田恒氏である。

    ・・・・・・・・・・・・・

    実に駆け足の概略でしかないのですが、詳細を述べると記事が煩瑣になるので、個々の箇条については各自お調べください。
    容易に資料は拾えます。

    何度も言っていますが、東宮問題が単独でそこにあるわけではありません。
    日韓日中在日カルトなどと絡まり合いながら、GHQの日本弱体化政策、
    皇室弱体化施策とも連動しながら、今現在の姿です。

    小和田恒氏と雅子妃が親密な外務省創価学会グループ「大鳳会」の
    メンバーは約50名もいます。

    池田大作を大臣級扱いで海外に送り出す手配を担当し、対韓・対朝・対中の日本外交を歪めてきた張本人的組織で、そこを仕切っていたのが、小和田恒氏です。

    擁護派は問題点を俯瞰で見る視野を欠いているので、あらゆる日本毀損の
    勢力が小和田・東宮問題とリンクしていることが見えないでいます。

    小和田恒氏は、日本国を損ねた何人かの最大「悪人」のうち、官僚としては
    最大級の「極悪人」です。ネジ曲がった政治家をその後生み出す土壌となった
    という意味では、それらの政治家よりワルでしょう。

    安倍総理のいう「戦後レジウムからの脱却」の意味するところの一つは、
    日韓、日中、日ソ間の国交回復条約を通じて、賠償金を含むすべての
    請求権の相互排除を決め、全て解決済みであるとの確認事項の
    再確認もそこに含まれるでしょう。

    それを阻んでいるのが自民党のある政権と、民主党政府の不用意な発言、
    談話、不要の謝罪などを繰り返した暗愚の歴史にありますが、
    それらの「犯人」を列記すれば、鈴木善幸時代の宮沢喜一官房長官と
    並んで、外務省の小和田恒条約局長がいます。

    小和田氏の名は、日本新党の細川護煕首相、社会党の村山富市首相、菅直人・鳩山由紀夫の民主党両首相などの最悪な元首相たちや、河野談話
    河野洋平官房長官らの名に隠れて目立ちませんが、官僚の中では最大級に
    日本を損ねた人物です。本当に・・・・・こんな国家毀損者の娘が、よくまぁ
    入内できたことと、当時の入内の経緯に改めて強い疑念を抱かざるを得ません。

    日本の国益と名誉を著しく損ねて来たこれらの者たちの、証人喚問をして
    ことの経緯を明確にすることが、戦後レジウムからの脱却には必要でしょう。
    無理を承知で故意に言っているのですが。

    しかし、かの村山談話の基礎を敷いたのが小和田恒氏です。

    【備考】 小和田恒氏が「日本は悪者。中韓には跪き、尽くせ」という論を
    唱える以前の日本の立ち位置は・・・

    衆議院・平和条約特別委員会では小和田氏の大先輩である西村熊雄条約局長(当時)が次のように答弁している。(面倒な人は青字だけ読んでください)

    「(平和条約)第十一條は、戦犯に関する規定であります。戦犯に関しましては、平和條約に特別の規定を置かない限り、平和條約の効力発生と同時に、戦犯に対する判決は将来に向つて効力を失い、裁判がまだ終つていない場合は釈放しなければならないというのが国際法の原則であります。

    BB注 A級戦犯呼ばわりは、間もなく上皇后におなりの方です。小和田史観との連動、あるいは共同プロパガンダ。

    従つて、十一條はそういう当然の結果にならないために置かれたものでございまして、第一段におきまして、日本は極東軍事裁判所の判決その他各連合国の軍事裁判所によつてなした裁判を承諾いたすということになつております」

    十一月十四日の衆院法務委員会で、佐瀬昌三議員の、「戦争犯罪というものは、今回の講和條約の調印によつて、全部終了したものであるかどうか、なお逮捕とか或いは裁判とかいうような問題が残されておるかどうか、打切りになつたのであるかどうかという点を、あらかじめ承知いたしておきたい」との質問に対して、

    大橋武夫法務総裁(当時)は

    「戦争犯罪という問題は、わが国といたしましては、ポツダム宣言の受諾によつて引起つて来た問題である、こう考えておるわけでございます。今回の講和條約の締結によりまして、当然ポツダム宣言というものは、関係国の間で効力を失うものと存じまするので、今後調印国の間におきましては、戦争犯罪という問題は発生の余地がないものと心得ております」と答えている。更に大橋大臣は

    「第十一條におきましては、これらの裁判につきまして、日本国政府といたしましては、その裁判の効果というものを受諾する。この裁判がある事実に対してある効果を定め、その法律効果というものについては、これは確定のものとして受入れるという意味であると考えるわけであります」

    と答弁している。

    以上で明らかなように講和条約に調印、批准したときの日本政府は、本来の国際法では平和條約の効力発生と同時に戦犯に対する判決は将来に向つて効力を失うのが原則であり、今回の講和條約の締結によって、今後は戦争犯罪という問題は発生の余地がない。

    また日本は講和条約の第十一条によって極東裁判を受諾したのではなくて、その裁判の効果(注:判決)というものを受諾するとの解釈でいたのである。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ここまで

      下皇后のお父上は、悪党福田父子のご家来

    それまでの全てを覆し、世界に向けて日本を全面的な悪者に仕立てあげたのが、小和田恒氏です。動機は解りません。想像は出来ますが、想像範囲内の事なので控えます。ただ、その動機のいかんを問わず、小和田恒氏は日本破壊・弱体化勢力の首領の一人であると言えるでしょう。日本人ですか? と思わず問い詰めたいこれまでの言動です。

    画像で表す小和田恒氏を基軸とした日本壊国の円環

    第91代内閣総理大臣・福田康夫氏の反日。親中派。台湾から熱愛と言うほどの親日家である李登輝氏が病気治療目的で来日を希望した際、河野洋平氏とともにビザ発給に反対。

    福田康夫元首相が「南京大虐殺記念館」を訪問 中国外務省「歴史を正視」と称賛 (産経)

     【北京=西見由章】上海で開かれた学術会議に出席するため訪中した福田康夫元首相は24日、「南京事件」の資料を展示する江蘇省南京市の「南京大虐殺記念館」を訪問した。中国メディアによると、福田氏は「南京大虐殺の犠牲者を深く哀悼する」と書かれた花輪を供え、同行者らとともに黙祷。「過去の事実を正確に理解しなければならない。もっと多くの日本人が記念館を参観すべきだ」と記者団に語った。

     日本の首相経験者が同館を訪れるのは海部俊樹、村山富市、鳩山由紀夫各氏に続いて4人目。

    ・・・・・ここまで

    南京大虐殺など、中国政府の日本貶めプロパガンダに過ぎません。
    そのプロパガンダに加担する連中って、本来の意味での日本人ですか?
    悪辣な福田父子の家来であるのが、小和田恒氏と優美子氏です。
    ジョウ皇后の下に、シモ皇后として即位なさる雅子妃のご両親です。

    ・身代金のキックバックを、福田がうけとり口封じに自民党内に撒いた。

    ・その弱みを握られていたので、今にいたるまで自民党政治家は、北朝鮮のような犯罪国家に屈している。

    あくまで推測ですが。

    さらに、この連携は、皇位継承問題にも及んでいます。

    ・福田家は、群馬の部落の家。

    ・福田は、「雅子ちゃんを皇太子妃にするよ」と宣言していた。

    ・雅子が生んだ愛子さんを天皇にするための法案を通そうとしたのが、小泉純一郎。

    なんとしても、朝鮮人、部落民の血を引く愛子さまを即位させるのが、部落解放同盟、および朝鮮人たちの宿願なのでしょう。

    しかし、神の采配により、秋篠宮紀子妃殿下の第三子ご懐妊、そして悠仁親王ご出産により、その企ては頓挫しました。

    まだ油断がなりませんが。愛子さま天皇実現運動は、部落民&朝鮮人のクーデターなのです。

    大日本帝国時代の朝鮮

    小和田家の祖とおもわれる人物が新潟に住み着き、背乗りしたころといえば、大日本帝国時代でしょう。

    併合後のピクニック?の様子。いい雰囲気ですね。

    このころは、朝鮮半島は普通に日本領であり、朝鮮人は朝鮮系日本人でした。すべての国民に対して戸籍もできましたし、選挙権もあり、出世して大臣になったり将軍になった人物もいます。スター的存在になり財をなした妓生もいます。戦後までは、半島と日本列島との間の行き来は普通にできていました。にもかかわらず、わざわざ、密入国して背乗りする必要があったとなると、

    ・半島で犯罪をおかして逃げてきた人物。あるいは一家離散などの憂き目にあった。

    ・半島でも身分の低い階級(例えば、白丁)に属しており、日本列島の北の果ての新潟に住み着きロンタリングする必要があるくらい、絶望的な階級だった。

    ・もともと目的があって日本に住み着いた「草」、すなわち工作員である。

    ・新潟の朝鮮部落にすんでいた朝鮮系の人間が、小和田家に背乗りした。

    などが考えられます。

    故中川昭一議員が、小和田恒の書斎にレーニン像があったと証言してますね。小和田恒が、ロシア大使だったころ、ロシアのハニトラにかかってダブルスパイをしていたことが、ソ連崩壊後の情報の公開によりわかっています。

    小和田家は、不法入国する必要があったくらい社会階級の低い位置にあった朝鮮系であるだけではなく、思想的にも旧東側の人間の立ち位置を置く人物であり、代々、工作員の家系である可能性があります。

    母方の江頭家もまた、部落の出身の可能性が高いですね。

    雅子の母方の親族であり本家になるタレントが、「自分は部落だ」とカミングアウトしていたそうです。

    さらには、祖父の江頭豊は、水俣病を引き起こし放置したばかりではなく、「腐った魚を喰った貧乏人がわるい」等の暴言、被害者の方々へのヤクザを使っての暴行と弾圧、ジャーナリストでカメラマンであったユージンスミスへの暴行などをヤクザとつるんで行った大量殺人犯でした。

    つまり、雅子さんは父方、母方、ともに、日本、朝鮮それぞれの社会の、最下層の階級の出身でかつ犯罪性が高い家系ということになります。
    https://blog.goo.ne.jp/bb-danwa/e/a672698e97b9e288783b63bf979afce1

    ______

    官僚と皇族に自虐史観を植え付ければ、皇族大好きな日本の一般庶民も全員自虐史観を持つ様になるのですね。

    アメリカの支配層は賢いです。

  • このブログの管理人さん、皇室に関しては勉強不足だと思いますね。
    ちょっと我慢できなかったので訂正させてください。

    >誕生日会見に雅子さまは同席されませんでした。秋篠宮殿下の誕生日会見には夫婦そろって出席されていたのとは対照的です。

    あのね、皇太子殿下と皇太子妃殿下は内廷皇族だから、それぞれ単独でお誕生日会見するのです。
    雅子様はご病気になる前は単独で会見に臨んでいらっしゃいましたよ?今だってご自分のお誕生日には文章を国民に向けて発表しているではありませんか。あれは正に「会見の代わり」なのですよ。
    もしかしたら天皇陛下のお誕生日会見に美智子様が同席していないこともおかしいとか思っているわけ?美智子様だって会見の代わりに単独で文章を出されていますよ。
    美智子様だって会見を止めて文章発表にしているのに、雅子様だけ文句を言われるのはおかしいです。

    一方で秋篠宮はただの一宮家当主であり、内廷皇族ではありません。宮家当主の妃(紀子様など)にはそもそも単独で会見する慣例はありません。それが皇太子妃と宮妃の大きな違いですよ。
    本来なら秋篠宮が単独で会見に臨めばよいことであって、紀子様の同席はいらないものなのです。しかしお二人はなぜか義務でもないのに毎年同席の形をとっています。

    こういう皇室の慣例や「内廷皇族とそれ以外の皇族」の区別すら付いていない程度の知識で適当なことを書かないでいただきたい。

    それと関連して、雅子様の体調が安定しないのは香山リカのようなおかしな精神科医とか自己中なマスコミにずっと追いかけられていい加減な報道をされ続けていることも大きな原因ですよね。そういう連中の責任を追及することなく、一方的に「雅子様の治療うまくいってないんじゃないの~?」のような目線で監視することはどうなのでしょうか?
    それと雅子様がご病気になった最大の原因については、ここの管理人さんはまだお分かりになっていないようですね。長年の皇室ウォッチャーたちはもうとっくにその「最大の原因」については理解しておりますが、あなたも頑張って自力でその「最大の原因」にたどり着いてくださいな。それが分からないうちは、雅子様に偏見や誤解を与えるようなブログは書かないでほしいです。

    あと敬宮愛子様に対してもあなたはまだ偏見があるのではないですか?体調を崩して学校を休むことってそんなに悪いことですか?周りに迷惑をかけるよりは全然いいですよね?こうやって「学校や仕事を休むこと」に対して厳しい目線があるから日本全体が総ブラック化するんですよ。そう思いませんか?
    そして管理人さんは、愛子様のことをストーカーのように追いかけて「今日は登校してる!今日は休んでる!」と監視しているマスコミについてはどう感じますか?

    雅子様も愛子様も我々庶民とは違うやんごとなき方々です。体調が悪ければ大事をとるのが当たり前です。なぜ庶民と同じように考えるのでしょうか。
    逆に今の両陛下が義務でもない公務をやりすぎておかしなことになっているのです。高齢の体に鞭打ってまで、あるいは体調不良をおしてまで公務に出て欲しいなんて誰も思いませんよ。

    不思議な色の玉手箱さんブログの一件で私もあなたのこのブログにたどり着きましたが、まだ知識不足や偏見が多いように感じます。皇室についてブログを書くならそれなりに基礎知識を頭に入れてもらわないと困ります。

    • @ 新時代を心待ちにする者さんへ
      『内廷にある皇族の皇太子と皇太子妃は、各々単独で誕生日会見』という慣例であれば、ろだんさんがその点に言及していないのは落ち度となります。
      しかし、主権者たる国民の感情としては「どちらでも構わない」でもおかしくありません。
      尤も、日頃から天皇夫妻や秋篠宮夫妻の如何にも仲睦まじい有様に接していれば、「皇太子夫妻も、可能なら同様であるべきだ」という認識をも抱き得るでしょう。
      『宮内記者会は再三「雅子様の同席」を要望したが不実現』という旨の記事の引用部分も、そんな感情を背景にしている物と思われます。
      延いては、「夫は会見するが妻は文書で済ませる慣例は時代錯誤」といった、男女同権的な観点からの批判は、象徴天皇制に対する主権者からの意見として判断した場合に、一層の重きを成します。
      そういった意見を、紹介者兼発言者による疎漏を盾に取り、『適当なこと』扱いして忠勤気取り等せず、あなたも宮内庁延いては安倍政権共々、真摯に受け止めるべきでしょう。
      文書による国民への意思表示は、雅子さんに取っては顔出しせずに済むので救いであり、ろだんさんも皇太子の配慮を例示しつつ、そういった声を容認した事になります(『国民が安堵出来る様に、誕生日の書面に添えてであれ、具体的な動向を提示して欲しい』というお立場にせよ)。

      『香山リカさんのようなおかしな精神科医や、自己中心的なマスメディアが、雅子さんの体調不良の大きな原因』ともご指摘ですが、香山先生のご指摘はろだんさんもご尊重なさるのみならず、「体調不良者に対する専門的な知見」として、社会通念上ごく妥当な物です。
      方や、『自己中なマスメディア』は思想信条に関わらず存在し、「(宮内記者会にも参加し得る)永年の皇室ウォッチャー」を含めて具体的に提示し得る筈ですが、省略する辺りは大雑把にも程があります。
      それだけなら未だしも、「おかしな精神科医」のみを実名でそうする辺りに、ある種の偏狭な思想信条が垣間見えます。
      「最大の原因」に関しては、一個に絞るという観点が精神医学を蔑ろにする物に他なりませんので、ドヤ顔で指摘しつつろだんさんの更新を否定する前に、寧ろ雅子さんの為にこそ猛省を促したいです。
      ろだんさんが、『雅子さんも愛子さんも快復基調だがまだ予断を許さないという、不穏な情報』の旨を引用した際のニュアンスからは、体調不良に陥った学生に対する『偏見』は見出せません。
      『女性自身誌は、東宮家の不安材料を提示しながらも批判に結び付けず、逆に希望的な材料を提示して結ぶ』という、客観的なご論旨ですから尚更です。
      とは言え、『高齢や体調不良を押してまで公務に出て欲しい等とは誰も思わない』という箇所に関しては、「(回復可能な活動困難状態なら)いつの間にか回復していた」という状況が、明るみに出るに任せれば良いと思う点で、あなたのご意見に同感です。
      ろだんさんも、「雅子さんによる、トランプ大統領を迎えた宮中晩餐会での同時通訳」という仮定には、好意的ながら願望を交えずに扱う事で、客観性を担保しておいでです(個人的には、実現しても安倍総理の人気取りに利用されるだけだ、と思いますが)。
      『まとめ』で確認しても、雅子さんや愛子さんへの好意性という点ではあなたと同様ですが、雅子さんの公務に関しては意見を異にする様です。
      とは言え、言論の自由の範囲内であり、あなたの慎重な意見にせよ、結局は雅子さんの耳に入れば「大きなお世話兼雑音」扱いされるかも知れません。
      個人的には、「主権者として、国民統合の象徴たる天皇以下皇族を殊更に注視すべきでない」と考えます。
      皇室に対しては、国民が個人個人の生活の合間に、ふと全体としての統合の何たるかに想いを馳せた時、確かにその存在が認識出来る、そういう存在であって欲しいと思います。
      「憲法の定める国事行為を逸脱し、主権者時代の権威付けや権限の行使に回帰していないか」「時の内閣によりそれを強要されていないか」「政治的言動に及ぶにせよ、政治的利用を排除する為の自衛的な内容に留まっているか」と、いった観点は重要です。
      とは言え、マスメディアやジャーナリストを交えて、憲法との整合性に配慮せずに無闇に信仰や愛玩じみた扱いの対象にすると、同じくそれらを交えて、根本的な論議さえ無視して敵視や侮蔑の対象にする場合とは逆ながら、結果的に何れも当事者に心身の負担を及ぼす自体に至るでしょう。
      嘗ては、そういった状況が当事者の苦悩という形で明るみになる事はありませんでしたが、それだけ国民の知る権利や言論の自由が定着したという事でしょう。
      政権としては、皇室がそういった権利の行使の対象を引き受けてくれてこそ、その存在意義が感じられるかはさて置き。

    • コメントありがとうございます。
      当方に誤解がございましたら大変申し訳ございませんでした。

      ときにお聞きしたいのですが、「最大の原因」とは何でしょうか?
      ご教示いただければ幸甚に存じます。

  • 777の方、いつも美智子さまや雅子さまの悪口ばかり長過ぎると思います。
    そんなに長々と悪口書いても誰も読む気も起きないと思います。
    何も美智子さまや雅子さまを無理に尊敬しなくてもいいと思いますが、
    ちょっと度を越え過ぎていると思います。

    • 3歳児の人には、悪口を出来るだけ長文で書かなければならない理由があると思います。
      常識的に見れば何故なのかは分かります。
      私は論壇netに関わって長いので、理由は知っています。
      しかし、それにしても腹の立つ内容です。思想が一貫していなくて支離滅裂です。
      「日本人は こうやって自虐史観・反日思想を持つ様に洗脳された」と言いながら、
      一方で慰安婦捏造などの反日プロパガンダを行っています。
      パヨク特有のダブルスタンダードです。

      https://youtu.be/t-R-QqSYxiY

      • @正しいとは何かさんへ
        777氏のご高説は、「言うべき事を全て言う中で矛盾を来す」狭義のダブルスタンダードにして、「国家権力による掣肘排除や、権力者による自己正当化とは無縁な」可愛いダブスタでしょう…
        ともあれ、全部目を通して内容までご理解の上で、「真のユダヤたる愛国左派」としては、広義のダブスタが窺える論理にせよ、一応ご反論なさるとは…
        余程お暇、ではなかったご熱心なんですね(感嘆)。

        • いち愛読者さんへ
          3歳児の人のコメントは全部は読めないです。最初の部分だけです。
          一部だけコピペして、詳しくはとしてリンクを示すのが正常な人の書き方です。
          スクロールするのが大変なので、本当に迷惑です。

    • 端的に書いた方が私もよろしいと思いますが…このような書き方にプライドをお持ちの様なので…。

      • @ろだんさんへ
        敢えて申し上げますが、現状でのご態度は、コピペによる無断転載及び不適切引用行為を野放しになさっているに過ぎません。
        物理的手段であれ、妥当かつ実効的なご処置をお勧めします。
        私はさて置き、「真のユダヤたる愛国左派」の皆さん(現在確認されている方は1名)に、ご叱責を被っても庇い立て出来ませんよ(笑)。

        • とは思うのですが、著作権侵害は基本親告罪なので、なかなか難しいところで…。アクロバティックではありますが、777さんが転載元から許諾を得ている可能性も0ではありません。また掲示板からの引用は部分引用なので、削除対象にはならないでしょう。

          もちろん著作者から申告があれば削除します。

          • 著作権侵害ではなく、名誉棄損と長文です。
            天皇、皇太子を知恵遅れと言ったり、雅子妃殿下に対する誹謗中傷です。
            批判するのは良いです。私も、天皇の生前退位や、秋篠宮殿下の言動を批判しています。
            しかし「天皇、皇太子が知恵遅れ」は批判ではなく名誉棄損です。

          • @ろだんさんへ
            百田氏以下、日本国紀系文化人のご歴々にお友達認定されても知りませんよ。
            個人ウェブサイトの運営に関する、慣習上の妥当な理由(独断と偏見)に基づく、管理者権限によるご削除も止むなしと考えます。
            転載元の管理者様に、事情を説明して許可を得て置かれれば、ろだんさんもご納得の大義名分が得られるでしょうか…

  • 『666の獣』という概念は『孔雀王』無印で初めて知りました。
    「777ののけもの」は、ジャパリパークにはいなかった筈ですが…

  • 要約するには時間と手間がかかりますからね
    コピペだけなら10秒で終了

    わざわざ時間掛けてまで書く程の事じゃないです
    単に備忘録として書いてるだけで、他人に読んで貰う必要もないですから

    • 仰りたいことは解りますが、日本は法治国家なので、その文章の制作者の「知的財産権」に配慮ください。

  • 雅子様は英語も日本語も全然通じなくて、他人とコミュニケーションが全く取れないから鬱病になったみたいですね。

    早く、英語と日本語が上達して健康になって欲しいものです:

    雅子様④@学歴 日本語も英語も話せない釣書詐欺
    http://hiromihiromi.sakura.ne.jp/01/?p=4764

    「日本で一番優秀な女性」という触れ込みで皇太子の妻になった小和田雅子さんですが、実際はどうだったんでしょうか。

    学歴がすべてを決めるわけではありませんが、実は高学歴とは程遠い方。学歴ロンタリングのの見本のような方です。

    学歴が高低がもんだいなのではなく、嘘をつくとろに問題があると思います。ざっと見てみましょう

    語学力 日本語が不自由

    帰国子女やバイリンガルの場合、日本語がおかしいことは、よくあることですが、高校2年まで日本で育った雅子さまは、帰国子女とは言いません。にもかわらず、「天照大神」を、てんてるだいじん、とよむ知能のレベルでした

    音読すると、変さが、いっそう解ります。支離滅裂です。

    クワガタ、けれども、クワガタ、けれども、クワガタ、クワガタ、、、

    言語は思考の土台だと思うのですが、言語能力が低いということは、知能が高くないということではないのかしら。

    テレビ朝日 スーパーモーニング

    工藤雪枝氏(雅子様の友人)の発言、小和田優美子さんの代弁として
    「英語でのカウンセリングを希望」
    「日本語では敬語や皇室用語が負担」

    しかしながら、雅子さん、その英語が話せないようです。

    Sponsored Link

    語学力 英語が不自由

    雅子様の英語のスピーチって、おおまっぴらに公表されてないけど、人前で話せるレベルではないんでしょうね。

    本当に堪能なら、「英語が堪能な優秀な雅子様」として、スピーチの動画をマスコミを通じて拡散に励むはず。実際は、日常会話の、英検1級がやっとのレベルらしいですね。一般人なら問題ないけど、外務省勤務で将来の女性大使候補。名門ハーバート大卒、英国名門大学留学、という経歴には無理がある実力です。

    ご成婚後、海外の音楽家に「サインして」とねだったらしいですね。それだけでも、ちょっと問題があるとおもうのですが、雅子はsignしてくれと頼んだそうです。

    日本では署名も、色紙のサインも同じくサインといいますが、

    英語では、Autographs。

    signとは、書類に署名するサインのこと。それぞれ違うものです。

    音楽家は「sign??はあ??」ってなったらしい。雅子さんの英語力は、その程度のレベル。

    2015年のトンガ王の即位式に参列した折、雅子に通訳が付いていたところをみると、本当に話せないらしいらしいですね。

    ※以下、ドス子wiki様よりお借りしてます。

    http://ja.dosuko.wikia.com/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B5%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5

    マサグリッシュとは、

    雅子夫人が口にするトンデモ英語のこと。2008年10月9日、とある奥様により『English Journal』2008年11月号掲載のHayley Westenraさんインタビューで、2005年6月4日サントリーホールにてコンサート鑑賞した東宮夫妻が

    “Oh, no, oh, wait, we want you to sign something for us!”

    と超上流階級にあるまじき品のない表現でサインを求めたことが発見され、ヘイリーサインおねだり祭り・ウォンチュー祭りとなった。

    『English Journal』2008年11月号

    Hayley Westenraさんがインタビュー中で証言した雅子の台詞“Oh, no, oh, wait, we want you to sign something for us!”

    Part1342-802 可愛い奥様 sage 2008/10/09(木) 12:20:51 ID:mG+LOOXnO
    そんなにたいした記事ではありませんが
    English Journal 2008,11号でちょっとだけ盆丼について書いてあったのでレポします。
    Haylay Westenra へのロングインタビューの中に、
    「A Royal Stir」という記事があり
    2005年6月4日にのコンサートに盆丼が来て、その後歓談したと書いてあります。
    ・来ると言う予告はあったが、始まるまで来るか来ないかわからなかった。
    ・二人とも「lovely」だった。(かわいい?)
    ・警備がすごかった
    ・ヘンリーが「protocol」に従って歓談を終わらせようとしたら

    「Oh,no,oh,wait,we want you to sign something for us」

    と言われて、ちょっと時間が長引いてしまったら、ドアの向こうの警備がパニックになってしまった。
    という話でした。

    804 可愛い奥様 sage 2008/10/09(木) 12:23:18 ID:mG+LOOXnO
    続き、、、
    上の英語を話したのは丼かな~と思います。
    英語は勉強中なので詳しくはわかりませんが、上品な英語ではありませんよね。
    ヘンリーはフジテレビドラマの白い巨塔の主題歌を歌っていたので
    ミーハーな気持ちで見に行ったのかと思いましたが、
    なんとユニセフ史上の最年少の大使でした。
    あと、ニュージーランド出身だそうです。

    804 可愛い奥様 sage 2008/10/09(木) 12:37:21 ID:mG+LOOXnO
    EJは48ページです。

    『English Journal』2008年11月号(ヘイリーさんの大きな顔写真が表紙)
    http://www.yuko2ch.net/mako/mako/src/1225897331546.jpg

    Hayley Westenraロングインタビューpp.48-49より

    A Royal Stir(やんごとなき珍事)

    2005年6月4日のコンサートを皇太子夫妻が鑑賞して、その後歓談したことについて:
    ・来ると言う予告はあったが、始まるまで来るか来ないかわからなかった(いつものことながら迷惑)
    ・二人とも「lovely」だった(とりあえず褒めておく時の無難で典型的な言葉)
    ・警備がすごかった
    ・ヘイリーが「protocol」に従って歓談を終わらせようとしたら

    But on the second knock, I was like“Oh”, you know, “Thank you very much. Um, I’d better, better be going. I’d better let you go.”
    And they’re like,“Oh, no, oh, wait, we want you to sign something for us!”
    And so, I thought, “OK, well, I’ll, I’ll hang around then, and, um, better sign,”you know,
    “Better do as they say.”And, um, not knowing that I was, you know, creating quite a stir outside.

    アルク編集部がサインねだりにつけた対訳「いえいえ、ちょっと待って、何かにサインをしてちょうだい!」

    マスコミ記事にて外務省で美しく正確な英語を話す、と散々宣伝されていた小和田雅子だが、
    人にものを頼むときに「May I…」や「Would you…」を使うという初歩の初歩ができない
    「sign」は書類に署名する場合に使い、有名人の所謂サインなら「autograph」を使うという、超初級英単語を知らなかった

    …という、帰国子女(小中学校義務教育時期のほとんどを日本で過ごしている小和田雅子は厳密にはこの定義に当てはまらないが)ではありえない英語のレベルの低さが判明することになった。

    転載以上

    雅子「Oh,no,oh,wait,we want you to sign something for us」

    ・signサイン 書類にする署名

    ・autograph 署名、(有名人の)サイン

    ハーバート大卒業したはずの雅子さんは、この違いが判らなかったということ。

    語学力 ロシア語・フランス語は問題外

    釣書にあったはずの、ロシア語、フランス語は、全くダメ。

    ドイツ語が堪能野のは、紀子様のほう。ドイツ語圏の人が、紀子妃はドイツ語を流ちょうに話すと書かれていたのだから、間違いなさそう。

    雅子の場合、子供の障害や同和の出自や婚前の堕胎経験など自分の恥は紀子様にスライドして流布させ、紀子様のお手柄は自分のものにしているみたいですね。何語なら、まっとうに話せるのかしら。朝鮮語??

    雅子様の「華麗な」学歴も経歴も全部無試験、親のコネ

    ・学習院初等部をうけるも落ちた。双葉には、なんども落ちた。

    ・双子の妹がうかったとき、お情けで入学を許された。

    ・高校2年生のとき、親とともに渡米。

    この渡米も退学も意味が不明だとか。

    大学受験もあるのに、中途半端な時期に日本の高校を退学して、わざわざレベルの低い米国の公立高校へ編入というのも不思議な話です。

    アメリカの公立高校はレベルが低く、ちょっと勉強したらAが取れるそうですが、それでも雅子の成績は悪かったそうです。勉強ができない子のクラスに移動させようとすると、父親が乗り込んできて文句をいったそうで、、、どっかで聞いた話ですね。

    紀子様はご成婚前になんども堕胎した。怒った川嶋教授が御所に乗り込み、「なんども堕胎さえやがって」「うちの娘を殺すきか」と天皇に詰めよった、という創価学会が流している流説に似てます。

    アメリカの学校への転校の理由としては、雅子が学業がついていけない、あるいは、堕胎する必要ができるなどの不祥事をおこした、、、、など、理由があったとみなしたほうがよさそうです。

    双子の妹は日本に残してますので、雅子だけ連れてというのもおかしな話です。雅子は、英語ができない子のクラスから上がれないままのレベルのままでした。

    ハーバート大卒

    実際に入学したのはラドグリフ女子大。14年後にハーバートに吸収されたので、小和田家は「ハーバート大卒」といいはっているだけ。

    しかも、ハーバート大付属の女子大に父のコネで入学。試験なし。

    卒論は、父のコネの大物のインタビューをまとめたもの。雅子さんが書いたかどうか不明。おそらくは代筆では??それでも優を取れなかった雅子さん。

    東大

    面接のみでの編入。ひとつも単位をとれず、ろくに授業も受けず、父のコネで職員の子弟枠をつかって外務省に入省。

    外務省入省

    父のコネで、子弟枠(今は廃止)をつかっての面接のみので入省。

    省内では、仕事ができない人で有名だった。遅刻の常習犯。けじめがなく、小和田外務次官を「お父様」とよび、通勤手当をもらいながら車で通勤。通訳に呼ぶと、通訳が出来なくて泣く。できる仕事はコピーだけ。ついたあだ名がコピー番長。

    当時、不倫をしていたのは省内でも有名な話らしい。すくなくとも、2人の不倫相手がいたらしい。

    ひとりは、奥参事官。赴任先のイラクで「流れ弾にあったって」亡くなった方。しかし状況的に流れ弾がとんでくるなど、状況的に見てありえないという。

    レベルの低いアメリカの公立高校の成績も、学力が低いクラスから抜け出せなかった雅子さん。

    2015年のトンガ王国の戴冠式に参列した時は、通訳が付いてましたので、ハーバート大學どころか、付属の女子大も実力ではは無理でしょう。

    オックスフォード大

    外務省から国費留学させてもらうも、一人だけ学士がとれず帰国。

    毎週洗濯物を抱えて、親がいるフランスへ渡ってたそうな。

    この間、福田元首相の甥と恋愛関係にあり婚約まで発展。ほかにも付き合っていた彼氏がいたうえに、浩宮徳仁親王とはコルマールのホテルに同宿したことが確認されてます。「運命の出会い」とされているスペイン王女のパーティーでの出会いよりも数年前の話です。

    もともと、「留学」の意味が解ってなかったのかもしれません。

  • 頭が良ければ良いほど皇室という檻の中での人生に適応出来ないでしょう。
    雅子さんに同情します。

  • 本当に自分が事実を知っているわけではないのに、他の人が言ったとか書いた事に基づいてこのように人の人生にケチをつけている人はどのような方でしょうか。みなさん、ご自身、大学時代本当に勉強しましたか? ハーバード大学はそれ程甘いところではないと思いますよ。雅子さまのコネなんて大した事なかったとも思います。米国、そして世界中から優秀な人が集まるところで、とんでもないお金持ちや政治家一家の人も来るところですよ。ここまでの事を言われて精神的に参るのも当然だと思います。

    • >ハーバード大学はそれ程甘いところではないと思いますよ

      ハーバード大学はアメリカのスパイを養成する為にアジアの留学生を受け入れて洗脳している所だよ。
      竹中平蔵もハーバード大学で洗脳されて売国奴になったしね:

      アメリカの有名大学では金で合格を買える

      太子党子弟は無試験でアメリカ名門校に入学し、4年間遊びまわって卒業している

      金で入学枠を売る名門校

      日本の医学部入試で男子を優遇し女子を厳しくしていたニュースで、不思議なことに欧米から批判されませんでした。

      いつもの”日本たたき”のパターンでは埋めてあった骨を見つけたシェパードのように吠えまくるのに、沈黙したままだった。

      それもその筈でアメリカを始め「一流大学」とされる大学ほどコネ入学や裏口入学が横行しています。

      アメリカの最高峰はハーバード、イギリスはケンブリッジ大だがどちらも試験より人物本位で入学者を選考している。

      人物本位というと聞こえは良いが教授や学長の推薦や、有力者のコネが効くのです。

      特に悪質なのがアメリカのハーバード大学で、一般の受験生とは別に「金を払えば入学できる」枠が存在している。

      数年前中国で太子党事件というのがあり、共産党幹部の子弟たちが無試験でアメリカの超名門校に入学しました。

      彼らは入学してからも勉強せず、毎日パーティや豪遊に明け暮れて高級車を乗り回し、その様子をSNSで自慢しました。

      中国からは欧米のSNSを見れないが、さすがに本国でも話題になり批判が強まった。

      太子党は江沢民や毛沢東や習近平など有力者の子弟や縁者で、帰国すれば共産党幹部になるのが決まっている。

      噂では大学に莫大な寄付をしていて、アメリカの名門校は金で入学枠を販売している。

      金のない一般の受験者は彼らの枠の分だけ合格者が減るので、なおさら狭き門となっている。

      富裕層の子供は受験せず入学できる

      同じハーバード大学卒と言っても、掛け算すらできない人間も居れば本当の天才もいる。

      大富豪が大学に寄付する金額は数億円から数百億円にも達し、高額寄付者の縁者は推薦入学できる。

      ナイキの創業者はオレゴン大学に5億ドル(約560億円)を寄付したが、もし彼の息子や孫が受験したら大学は不合格にできるだろうか?

      驚くのはアメリカではこれが合法なことで、みんな知っているし堂々とやっている。

      英誌「エコノミスト」米経済紙「フォーブス」などでもコネで入学できると指摘されているが、悪びれもせず続けている。

      アメリカには共通一次試験がなく、入学試験そのものも必ずやる義務はない。

      ハーバード大学は約4兆円もの資産を持っているが、こうした入学枠の販売は美味しいビジネスになっている。

      さらに美味しいのは大学への寄付金が非課税になる点で、寄付した金額の最大50%が富裕層の所得から控除される。

      例えばハーバードに10億円を寄付すると、バカ息子をエリート大学に入学できるうえに、所得から5億円を控除され節税になる。

      アメリカにはこうした裏口(合法なので表口だが)仲介業者もあり、巨大ビジネスになっている。

      有名な例では映画監督のスティーブン・スピルバーグの娘を入学させたデューク大で、願書の締め切りを過ぎていたのに入学させた。

      もちろん無試験のうえに大学理事がスピルバーグの自宅まで出向いて「面接」をしている。

      こうした例は枚挙にいとまがないほどあるので、日本の大学で男子を優遇したくらいでは「なんで問題になるのか?」という認識でしかない。
      http://www.thutmosev.com/archives/78373072.html  

      ▲△▽▼

      中国共産党の幹部の子弟がみんなアメリカ、カナダに留学する理由

      2018.12.13
      ソフトバンク通信障害③ アリババ=江沢民=ゴールドマン・サックス
      https://golden-tamatama.com/blog-entry-softbank-alibaba3.html

      さて、昨日スパイ会社ファーウェイの幹部が釈放されたそうです。
      保釈金は8億だったとか。
      保釈と言っても足首にGPS信号をつけさせられての保釈のようです。
      そりゃスパイされまくったら困りますからね。

      中国の報復の以下、カナダ元外交官を拘束が効いたのでしょうか。

      中国というのはやることがエゲツない。

      ちなみにこのファーウェイの幹部、孟晩舟さんがカナダで捕まった場所はバンクーバーです。

      バンクーバーと言えば中国共産党の子弟が大挙して留学してる場所です。
      他に、中国人留学生が多いのはアメリカのカリフォルニア州です。

      知らないかもしれませんが、中国共産党の幹部の子弟達は大挙してアメリカ、カナダに留学してるのですね。
      その数約100万人。

      だいたい習近平の娘ですらハーバードに留学してるのですから。

      それで10月に、トランプさんは中国の留学生はほとんどスパイだ!
      と言ったのですたね。

      中国、米国留学禁止を通達…米中貿易摩擦で米国による人質化を懸念、機密情報が中国に流出か

      「Gettyimages」より
      中国共産党指導部はこのほど、トランプ米大統領が「米国に来るほとんどすべての学生はスパイだ」との内容の発言を行ったことを受けて、北京や地方の党・政府組織に対して、「幹部子弟の米国留学の禁止および留学中の幹部子弟の年内帰国に関する通達」と題する内部文書を伝えたことが明らかになった。

      米中貿易摩擦が激化し、両国関係が日増しに悪化するなか、党政府幹部子弟が「人質」化することや、 スパイの嫌疑をかけられて拘留されることなどを危惧するとともに、留学費用などで米国を経済的に利することを嫌ったためとみられる。

      ●留学生による機密情報の国外流出を懸念

      米国国務省教育文化局などの調査によると、昨年6月末現在、米国の中国人留学生は前年比6.8%増の約35万人で、11年連続で増加中だ。

      2016-2017年度における米国の大学の留学生数は前年比3.4%増の107万8800人だが、そのうち中国大陸部からの留学生の比率は32.5%を占めており、大半は中国における特権階級である党幹部の子弟とみられる。

      同筋は「習近平国家主席の一人娘の習明沢さんがハーバード大学に留学していたのは有名だ。

      で、昨日のジャック・マーさんの続きですが。

      ジャック・マーさんは英語教師ですから、通訳としてアメリカに渡ってたのですね。

      1995年。ジャック・マーさんはアメリカでヒントを得て、中国初の中国版イエローページを開設した。
      それがアリババの始まりです。

      で、ジャック・マーさんは留学中のあの江沢民のお孫さん江志成(こうしせい)さんと仲良しだったのですた。

      以下が江志成(こうしせい)さんです。

      確かに江沢民に似てる。

      江志成さんは、2010年にハーバード大を卒業後、ゴールドマン・サックスで勤務していました。
      ちなみに、父親の江綿恒さんもゴールドマン・サックスの幹部です。

      で、その後、江志成さんは、香港で博裕キャピタルを設立しました。
      ここには香港最大の金持ちの李嘉誠(リー・カシン)も出資した。

      アリババにはこの江志成さんの博裕キャピタルが出資したのですた。

      ちなみに共産党の常任委員劉雲山の子の国開キャピタルも出資しました。

      つまり、ソフトバンクの孫さんがどこの馬の骨とも分からない英語教師の熱意にほだされて20億をポンと出資した。
      という訳は全然なく。

      ゴールドマン・サックス一派=江沢民が裏にいる。
      同じ仲間だから20億をポンと出したのですた。

      それにしても、なぜ中国共産党幹部の子弟がこんなにもアメリカに留学してるのでしょうか。
      その理由が以下です。


      中国高官たちはアメリカ移住がお好き 経済界

      さて、中国高官(党・政府・国有企業で高位の人たち)や中国人大富豪は住みにくい中国大陸を捨て、移住先として、北米、特に、アメリカを目指す。 前者は、他の国・地域へ逃亡した人数を含め、計約1万8000人も及ぶという。

      後者は、しばしば中国高官と関係が深い。
      アリババ(阿里巴巴)のジャック・マー(馬雲)はその好例で、江沢民の孫、江志成、温家宝前首相の子、温雲松らに近いと言われる。

      中国では政権が交代したら、その途端、今までの政策が一挙に変わることがある。
      だから、中国高官らの地位・財産はもろくて危うい。また、大気・水・土壌・食品等の環境問題も深刻である。

      そこで、中国高官や中国人大富豪は巨額のカネを入手した暁には、真っ先にアメリカへの移住を考える。

      そのやり方は、

      ①弟を当地へ留学させる。

      ②愛人を当地の「愛人村」に住まわせる。

      ③妻が妊娠したら、当地の「出産センター」(「妊婦村」ともいう)へ送り、当地で子供を産ませる、などが考えられる。将来、自分と家族・親戚一同が移住するためである。

      第1に、もし子供が米国籍を取得すれば、その両親は米国へ移住しやすい。

      例えば、習近平は、彭麗媛との間の娘、習明沢を米ハーバード大学へ留学させている(2012年秋、習近平が総書記になる直前、明沢は帰国したと伝えられたが、実際は、大学卒業まで米国に滞在したようである)。また、李克強首相も娘を米国へ留学させていた。このように、党最高幹部子弟の大半が米留学している。

      第2に、「愛人村」で有名なのは、米カリフォルニア州ロサンジェルス郊外のローランドハイツだろう(カナダではバンクーバー郊外にも同じような「愛人村」が存在する)。

      中国高官らは、米国の永住権取得目的で豪邸を購入する。そして、愛人に財産管理をさせ、いざという時には、そこへ逃亡する算段である。 近年、中国では、愛人生活を送る若い中国人女性の暮らしぶりを描いた、薛曉?監督、湯唯主演の「北京遇上西雅図(Finding Mr.Right)」(邦題「北京ロマンinシアトル」)が人気を博した。

      第3に、中国高官や中国人大富豪は、妻が妊娠して臨月間近になったら、旅行と見せかけて米国へ送り込む。そして、ロサンジェルスやニューヨークなどの大都市にある、中国人医師・看護師の待つ「出産センター」で子供を産ませる。出生地主義の米国では、その子供は必ず米国籍が取得できる。当然、その親も将来、米国籍を取得する権利が生じる。

      中国共産党は、少なくても表向きは、アメリカを“敵視”している。同時に、共産党は、西側の価値観(自由や民主主義等)を明確に否定している。だが一方では、自分や家族・親戚が米国移住するための準備を着々と整えている。日本人には、この中国人の“現実主義的な考え方”がよく理解できないかもしれない。

      ただ、習近平政権が誕生してから、「キツネ狩り」と称し、捜査官を米国へ派遣し、汚職高官を摘発、逮捕するよう努めている。しかし、現時点では、米中間に犯人引き渡し条約がない。中国共産党はオバマ政権に汚職高官の「ブラックリスト」を渡しているというが、その引き渡しに関しては、米国の高度な政治的判断がまたれる。

      これも酷い。
      日本で例えるなら自民党の幹部の子息、子女がみーんな米国留学してるってことです。

      共産党の中央政治局の常務委員9人のうち、少なくとも5人の子や孫が米国留学とあります。


      同紙は中国の特権階級が米国へ押し寄せる現象を「中国人の米国教育への憧れ」と指摘した。米国留学する中国人学生は過去15年で4倍に急増。中でも共産党高級幹部の子供たちは州立大など公立校へは行かず、ハーバード大など学費の高い有名私立大を目指すのが一般的。党の最高意思決定期間である中央政治局の常務委員9人のうち、少なくとも5人の子や孫が米国留学しているという。

      過去の党最高指導者のうち、趙紫陽元総書記、江沢民前国家主席の孫がハーバード大に留学。留学費用の出所について唯一公開しているのは、先日失脚した薄煕来(ボー・シーライ)前重慶市党委員会書記の息子。薄前書記の正式年収は2万ドル(約160万円)足らずなのに対し、ハーバード大の学費は年約7万ドル(約560万円)だが、「奨学金と母親の貯蓄でまかなっている」と説明している。

      さらに、次期最高指導者に決まっている習近平(シー・ジンピン)国家副主席の娘もハーバード大に留学中。中には仏パリで社交界デビューした高級幹部の娘もおり、世間からは「口では米国をののしりながら、子供は米国の奴隷になっている」と痛烈な批判も出ている。(翻訳・編集/AA)

      まぁ、とにかくファーウェイ幹部がタイーホされ、ソフトバンクが通信障害になる。
      同時期にフランスでデモが激化する。

      それは中国子弟の留学組が作ったIT企業=アジアのロスチャイルド別動隊がやられてる。
      経緯を知ればぜーんぶつながってると分かるというものでしょう。

      書いてるうちにまた長くなってしまいますた。
      次回に続きます。
      https://golden-tamatama.com/blog-entry-softbank-alibaba3.html

      • 3歳児君へ
        ハーバード大学のことを言うのなら英語でコメントを書きなよ。
        在日の者が韓国に行くと、日本語しか話せないので苛められるようです。
        日本でしか生活できないのに、日本になじもうとしないで日本の悪口ばかり言います。
        https://youtu.be/gSAaNnWqGSU

  • 本当に皆さんのおっしゃる通りです。
    若い頃の雅子さまはとっても素敵なキャリアウーマンで憧れてました。
    これから少しずつでも公務に来ていただけると私達も嬉しいです。

  • 知性はどこそこの大学卒であるとか英語が堪能であるとかで決められるものではない。
    雅子さんはイロイロ大学卒の後は世界を股にの社会経験の持ち主です、社会見分に富んだ女性だからこそ突然の檻の中の人生は精神的苦痛そのものだったと思います、発狂しない方が不自然です。
    机上の空論者のあちこちからのfake newsのかき集め批判は井の中の蛙の戯言と取る方が宜しいかと!

    • どうして設問に
      どうして
      雅子さんは療養に専念して
      皇后は辞退すべきがないのですか?

      全て肯定する設問ばかりでアホらしいです。

      そして、皇太子のお顔にはまったく「知」というものが感じられません。
      暗澹たる気持ちで5月を迎えます。

      「知」の無い天皇と
      サボり皇后

  • 血統からいうと竹田恒泰さんは正真正銘の高貴な血統を受け継いでいます。
    皇族復帰を強く望みます。

  • 雅子様妃殿下の病気は気の毒だと思います。しかし、これだけ皇太子妃として公務しなくて皇后が
    つとまりますか?

    私は特例を作って雅子様には、無理のない公務をして、紀子妃殿下に皇后としてのつとめを果たしていただきたいです。皇后様が、公務がある度に前日に体調が優れないから出られないですむとは思えないんですが。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください