天皇陛下在位30年記念式典にみる「愛」の姿 原稿の順番間違いをフォローされる皇后陛下

天皇陛下即位30周年式典

本日(2019年2月24日)に、沖縄で天皇陛下の即位30周年式典が開かれました。

最大の見どころは、式典の後半、天皇陛下が原稿を読み上げるときに、順番を間違えてしまったところ、皇后陛下がそれをフォローされた時です。

美しいお姿

何気ない動作一つ一つに、お二人の結び付けの強さを感じずにはいられません。心動かされた人も多いのではないでしょうか?

即位して30年、平成は激動の時代でした。その最後に見せらえたお二人の美しい姿を国民はいつまでも忘れないでしょう。

御譲位された後には赤坂御所でゆっくりしていただきたいと願っています。

朝日新聞、皇太子殿下と雅子さまを絶賛 小室圭問題の裏で

2019年2月25日

お言葉全文

【天皇陛下おことば】
在位三十年に当たり、政府並びに国の内外から寄せられた祝意に対し、深く感謝いたします。

即位から三十年、こと多く過ぎた日々を振り返り、今日こうして国の内外の祝意に包まれ、このような日を迎えることを誠に感慨深く思います。

平成の三十年間、日本は国民の平和を希求する強い意志に支えられ、近現代において初めて戦争を経験せぬ時代を持ちましたが、それはまた、決して平坦な時代ではなく、多くの予想せぬ困難に直面した時代でもありました。

世界は気候変動の周期に入り、我が国も多くの自然災害に襲われ、また高齢化、少子化による人口構造の変化から、過去に経験のない多くの社会現象にも直面しました。

島国として比較的恵まれた形で独自の文化を育ててきた我が国も、今、グローバル化する世界の中で、更に外に向かって開かれ、その中で叡智を持って自らの立場を確立し、誠意を持って他国との関係を構築していくことが求められているのではないかと思います。

天皇として即位して以来今日まで、日々国の安寧と人々の幸せを祈り、象徴としていかにあるべきかを考えつつ過ごしてきました。しかし憲法で定められた象徴としての天皇像を模索する道は果てしなく遠く、これから先、私を継いでいく人たちが、次の時代、更に次の時代と象徴のあるべき姿を求め、先立つこの時代の象徴像を補い続けていってくれることを願っています。

天皇としてのこれまでの務めを、人々の助けを得て行うことができたことは幸せなことでした。これまでの私の全ての仕事は、国の組織の同意と支持のもと、初めて行い得たものであり、私がこれまで果たすべき務めを果たしてこられたのは、その統合の象徴であることに、誇りと喜びを持つことのできるこの国の人々の存在と、過去から今に至る長い年月に、日本人がつくり上げてきた、この国の持つ民度のお陰でした。災害の相次いだこの三十年を通し、不幸にも被災の地で多くの悲しみに遭遇しながらも、健気に耐え抜いてきた人々、そして被災地の哀しみを我が事とし、様々な形で寄り添い続けてきた全国の人々の姿は、私の在位中の忘れ難い記憶の一つです。

今日この機会に、日本が苦しみと悲しみのさ中にあった時、少なからぬ関心を寄せられた諸外国の方々にも、お礼の気持ちを述べたく思います。数知れぬ多くの国や国際機関、また地域が、心のこもった援助を与えてくださいました。心より深く感謝いたします。

平成が始まって間もなく、皇后は感慨のこもった一首の歌を記しています。

ともどもに平らけき代を築かむと諸人のことば国うちに充つ

平成は昭和天皇の崩御と共に、深い悲しみに沈む諒闇の中に歩みを始めました。そのような時でしたから、この歌にある「言葉」は、決して声高に語られたものではありませんでした。

しかしこの頃、全国各地より寄せられた「私たちも皇室と共に平和な日本をつくっていく」
という静かな中にも決意に満ちた言葉を、私どもは今も大切に心にとどめています。

在位三十年に当たり、今日このような式典を催してくださった皆様に厚く感謝の意を表し、ここに改めて、我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。

朝日新聞も東宮家を積極的に記事に

朝日新聞、皇太子殿下と雅子さまを絶賛 小室圭問題の裏で

2019年2月25日


13 件のコメント

  • 東京を囲むように米軍基地がある。
    横須賀に海軍もある。
    東京に敵は攻めて来るか?
    なら、東京周辺は、何のために?
    天皇家を守るために、又ク-デタ-を心配して駐屯しているのだそうだ。

    平成を通して GDP は全く増えず、日本人の実質賃金は下がり続け、日本は二等国家になった。

    こんな事になったのも、天皇が日本の官僚の上司を日本の政治家ではなくアメリカ軍人にして、日本の国益ではなくアメリカの国益だけを考えて行動させたからだ。

    革命に恐れおののいていた今上天皇

    梨本宮伊都子妃の日記

    梨本宮伊都子妃の日記が死後発表された。梨本宮伊都子妃は昭和51年まで生き、死後、この日記は発表された。よく発表したもんだと思う。プライベートに書き綴ったものを遺族が発表したのだ。ここまで書いていたら普通なら発表しない。あるいは、この部分は省略するか、あるいは発表する前に破り捨ててしまうか。それをしなかったのは大変な勇気だと思う。

    伊都子妃が、「日本ももうだめだ」と考えたのが昭和33年11月27日だ。その4ヶ月前、その皇太子さまも、絶望的な気持ちになっていた。「おことば」はこうだ。

     『昭和33年7月14日。
     きみ、きっと、これが僕の運命だね。
     明仁皇太子』

     どんな運命かというと、「暗殺される運命」だ。島田の「解説」には、こうある。

     『この日、イラク国王ファイサル二世は、軍部のクーデターと民衆の蜂起により暗殺された。ご学友の橋本明氏がたまたま御所に招かれていて、一緒にお茶を飲んでいると、侍従から報告があったという。

     「皇太子はその瞬間、蒼白になり、手にしていた紅茶が入った茶碗を膝の上に落として、数秒だったが、口をおききになれなかった」が、自分を取り戻してこう発言されたそうだ。まだ美智子妃の実家、正田家が婚約を固辞していた頃だ。二十二才で暗殺された国王の不幸を他人事とは思えなかったのだろう』

    (3)「浩宮の代で最後になるのだろうか」と悲しいおことばを

     昭和33年というのは、1958年だ。60年安保闘争の直前だ。左翼の力が強かった時だ。「天皇制打倒!」を叫ぶ人々も多くいた。そうした日本の風潮も知っていたのだ。そこにイラク国王の暗殺の報だ。

     しかし、ご学友が遊びに来てる時にわざわざ、こんな事を報告するなんて、侍従もおかしい。島田はさらにこう続けている。

     『のちに、戦後初の国賓として来日し、鴨猟で接待したエチオピア皇帝ハイレ・セラシェも亡くなり、イランのホメイニ革命によりパーレビ王朝も打倒され、アジアからは続々、王制が消えてゆく。

     長男浩宮が生まれると、明仁皇太子は学友たちに「浩宮の代で最後になるのだろうか」といったという』

    • 東京を囲むように米軍基地があるのですね。
      雅子妃殿下を「バカ女」というのだから英語でコメントを書いてね。

  • どこかの夫婦の様に、公人だか私人だか訳の分からない嫁が、ゴッドマザー(和製英語)の掣肘に呻吟した憂さ晴らしに羽目を外す度に、旦那が閣議決定を私物化して、保身も兼ねた庇い建てに走る醜態とは大違いです。
    憲法に規定された国民の象徴と、憲法を蹂躙する自称森羅万象担当大臣とで、これ程差があろうとは…(比較したら不敬罪モノかも)。

    • 申しそびれていましたが、いつの間にか『民度』はウェブスラングではなくなったのですね。
      私も、不敬罪(ウェブスラング的な用法)で訴追される事のない様に、民度に配慮しつつ民度に言及したいと思います(広義のトートロジー)。

      • いち愛読者 さんへ
        「トートロジー」とはどういう意味?
        「民度」については中国人と韓国人に対して良く使いますね。

  • 天皇殿下、皇后殿下、即位30周年、平成最後感動しました。又常に、国民に寄り添い、お二人の事、忘れる事、何でしよう。御譲位された後、ゆっくり、されますように、国民の一人と、して感謝の気持ちで、いっぱいです

  • 論壇netは皇室のことがほとんどですね。私は飽きてきました。
    虎ノ門ニュースに対抗したニュースサイトにすれば良いと思う。
    そうすれば、私は論壇netに反論を書き込みます。コメント欄を利用して議論の場とすれば良いと思う。
    虎ノ門ニュースは良いのですが、反論がないです。

    • @正しいとは何か
      そんなあなたに朗報です。
      先程、「虎ノ門ニュース系論者×朝日新聞系論者による、本サイトを交えたレスバトル」に関する記事を作成して頂ける様、コメ欄からろだんさんに要望を差し上げて置きました。
      最近、あなたと違って?碌に論評も加えないままバイト単位で計量したくなるレベルの長文を引用する、ご仁が出現しております。
      ご指摘の状況に飽き飽きして、我々の様な生温~い代物ではなくデンジャラスなレスバトルを演出しつつ、ろだんさんに嫌がらせを仕掛ける事で、原点回帰を促しておいでなのでしょうか…

  • 愛に満ちた皇后さまのやった事 まとめ

    夫が天皇になって、真っ先にしたこと

    1 皇太后への苛め

    香淳皇太后つきの信頼あつい女官長を解雇したこと。さらに、皇太后が寂しくて、外部に電話をかけていたら、入江に電話を取り上げさせ、孤立させたこと。皇太后が、骨折したのにも関わらず放置。それが原因で、歩行不能になり、認知症が進んだこと。

    明仁天皇、美智子皇后、ともに、見舞いにもいかず吹上御所に放置したこと。

    さらに、認知症のすすんだお姿のお写真を、マスコミに掲載させたこと。

    美智子さんが、入内いらい、美智子さんからの、数多くの暴言、暴走、無礼に耐え続けた皇太后にたいするしうちは、まさに鬼ですね。

    無題 Name 名無し 17/06/08(木)23:43 id:sl3pxlSw No.2028474
    >「皇太后は十分なお世話をされていないのではないかって声に反論してみせなきゃならなかったんですもの」

    実際世話なんて全部女官任せだし、その女官だって熱心にお世話した人はミテコの逆鱗にふれて首よ。
    良子様が下で失敗するとみんなで手を叩いて笑いものにしたそうじゃないの。
    そんな人間だけを周囲に就けて、風呂にもろくにいれずおむつもろくに変えず、
    冷暖房も効いていない部屋に一人でほうりだしていたのよ。
    美智子はそんな女だよ、悪魔なんだよ。

    … 無題 Name 名無し 17/06/08(木)23:47 id:FUlSzL5Q No.2028483
    >良子様が下で失敗するとみんなで手を叩いて笑いものにしたそうじゃないの

    それどこの情報なんですか?

    … 無題 Name 名無し 17/06/08(木)23:51 id:sl3pxlSw No.2028504
    ネットです。

    トイレットペーパーをお尻に挟んだまま2メートルぐらい引きずって歩いていたのを
    女官らが取り囲んで指さして大笑いした、と。
    あまりにも具体的だったので嘘ではないとおもいました。

    同じところだったと思うけど、豆におむつを替えていた看護師かだれかが「そんなに変える必要はない」と言われていたので首になったとか
    あと、ミテコが日当たりの強い部屋に車いすで連れて行って冷蔵を入れずに放置していたとか。

    … 無題 Name 名無し 17/06/08(木)23:55 id:MXIe1Tfg No.2028512
    それが本当なら
    もはや人間じゃないね…
    悪魔だ
    ひどすぎる

    … 無題 Name 名無し 17/06/08(木)23:55 id:sl3pxlSw No.2028514
    私は全部信じます。内容が具体的なので。

    皇族からいじめられたとミテコが騒ぎまくったことには具体性が全くない。
    1・飛行場で無視された

    2・割烹着としらずエプロンだった

    3・手袋が短かった

    具体的虐めの内容はたったこれだけです。
    これだけを延々と繰り返している。
    比較してミテコの良子様いじめの噂はバリエーションに富んでいてリアルです。

    … 無題 Name 名無し 17/06/08(木)23:59 id:EABGt.RY No.2028522
    酷い。
    美智子は悪魔だ。
    地獄の業火で美智子そっくりの鬼に焼かれるんだ。何万年もね。
    神様はずっと観ている。
    絶対に逃げられない。

    … 無題 Name 名無し 17/06/08(木)23:59 id:XErIixrE No.2028523
    虐待やん…

    … 無題 Name 名無し 17/06/09(金)00:01 id:mIA.Q1bo No.2028530
    93年の時点で、明仁がいくら慰問しても母親への冷たさで、
    心打たれないと週刊誌の読者の声があった

    当時からみんな気づいていたのに、美智子の演技で批判を封じたんだ

    … 無題 Name 名無し 17/06/09(金)00:04 id:hSpV7MVI No.2028545
    あの猫なで声も演技?
    そういえば、この前の園遊会では地声で喋ってたよね

    … 無題 Name 名無し 17/06/09(金)00:08 id:bhs.vgbc No.2028551
    美智子さんの偽善は自意識過剰の写真で分かりますよね。
    昔から多くの人が気が付いていたと思いますよ。

  • 詳しいことはわからないけれど、平成時代になって良子様の認知症を患われた後のお姿写真が公に出てきたことに驚きと、不信感を感じたそのときの感情を思い出しました。

  • 皇后陛下はいつも天皇陛下に寄り添い二人の深い絆を感じます。皇后陛下はとても聡明な方で、一所懸命に天皇を支えられたと思います。皇后さまを選んだ陛下は本当にお目が高かったと思います。両陛下、退位後はごゆっくりお体にきをつけてお過ごしください。

  • 皇后さまはいつも陛下に寄り添い二人の深い絆を感じます。皇后さまは聡明で、陛下を一生懸命に支えていらっしゃると思っております。。皇后を選んだ陛下は本当にお目が高かったと思います。ご退位後はお身体にお気を付けて、ごゆっくりお過ごしくださいませ。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)