美智子さまが「讃美歌」を歌うのは「問題」なのか?

『女性自身』(2019.3.5号)の座談会

『女性自身』(2019.3.5号)に載せられた座談会「殿下は『深夜のお散歩』と『柏原芳恵』がお好き」という記事。

皇太子殿下の学友(乃万暢敏氏・竹内尚子氏・小山泰生氏)による座談会で、皇太子殿下のお人柄を忍ばせる面白いエピソードが紹介されています。

たとえば殿下はテニスがお得意とか、カラオケが上手で『氷雨』(佳山明生)が十八番とか云々。

*眞子さまと小室圭さんの結婚に「口を挟む」のは余計なお世話との声もあるが…

【小室圭問題】国民が「口を挟む」のは当然の権利だ

2019年2月24日

美智子さまが「賛美歌」を歌う

そんなカラオケのエピソードで次のような下りがあります。

乃万 そうやってワイワイやっていると、美智子妃殿下(現在は皇后陛下)がいらっしゃって「私もお仲間に入れていただけますか」とおっしゃることもありました。美智子妃殿下からは、フルーツや、オレンジジュースを差し入れていただいて。
竹内 手作りの笹巻きずしをいただいたこともありました。私、笹を持って帰りました(笑)。
乃万 カラオケの時間になったら「私もじゃあ、ちょっと1曲」とお歌いになったことがございます。
竹内 本当ですか! すごいことですね。——それはどんな曲ですか?
乃万 たしかキリスト教の賛美歌だったと思います。カラオケのセットの中にはない曲ですから、アカペラで歌ってくださいました。

『女性自身』(2019.3.5号)「殿下は『深夜のお散歩』と『柏原芳恵』がお好き」

この一文が一部界隈で問題視されています。つまり「賛美歌」を歌ったというとことが今回焦点であり、換言すれば「神道の頂点にある皇族が、異教の歌を口にしてもいいのか?」ということです。

「BBの覚醒日記」の攻撃

この「讃美歌」を疑問視する声は、具体的には「BBの覚醒日記」という有名な皇室ブログにあります。

美智子さまが「賛美歌」を歌っているとの一文を引用した後、次のように神道とキリスト教の対立性を主張します。

浮世では、ローマ法王の訪日もあり表向き友好関係は保っていますが、厳しい一神教のカトリック(異教徒を許さぬ排他性も持つ。数々の戦争の引き金にもなって来た)と、あらゆる事物と現象に神を見出す神道とは水と油です。

誰がいかなる宗教を奉じるのも自由ですが、こと皇室は神道の祭祀王を頂点に頂く「神道の家」です。それは嫁ぐ時に了承済みのはず。
分かりやすく言えば仮に出雲大社に嫁ぐ女性が、嫁ぎ先でバイブルを読み賛美歌を歌っているようなことです。

信仰を捨てる気がないのであれば、皇室にお入りになるべきではありませんでした。それは雅子妃にも言えます。


BBの覚醒記録「東宮御所で賛美歌を歌う皇后陛下」

「BBの覚醒日記」さんは、誇大妄想的な記述が多く大変面白いブログです。この後にも、雅子さまが創価学会の信仰を持っていて御本尊に勤行しているのだとか、GHQに端を発する勢力が日本を弱体化させるために美智子さまを皇室に送り込んだとか、香ばしい記述がいっぱい出てきます。

これを信じてしまっている人も多いようなので驚きですが(笑)

「賛美歌」を歌っても良いのではないか?

もともと美智子さまがクリスチャンであった事実はよく知られています。この点はマスコミなどからも執拗に叩かれました。

しかし皇族がキリスト教の歌をうたっても良いのではないでしょうか? さすがに「ミサに出られた」とかなら問題になるかと思いますが(笑)

現在の皇室はキリスト教に対して非常に融和的だと思います。事実、眞子さまも佳子様さまICU(国際基督教大学)に通われていますし、皇室とキリスト教の繫がりは、じつは仏教のとの繋がりよりも強くなっているように思います。しかしこれを非難する声を聞いたことはありません。

原理主義的に言えば、皇族は國學院大学か皇学館大学にしか行けなくなってしいまいます。むしろ、そういう了見の狭い進路こそが今の時代にあっておらず、逆に国民の理解を得られないのではないでしょうか?

確かに歴史を振り返ると、安土桃山・江戸時代ならびに明治期には、新勢力であったキリスト教に対する旧勢力からの反発が強くありました。キリストと天皇の関係をどの様に理解するのかも議論になりました。しかし時代とともに、キリスト教も排他的方針を捨てエキュメニズム(融和)を基調とするようになり、戦後に至っては日本社会に完全に溶け込んでいます。

このようなキリスト教に融和的な態度は、昭和天皇の頃から既にあるようです。つぎのエピソードは有名です。

「ある皇族の一人がキリスト教に興味を持ったのは皇太子妃の影響」と聞いた昭和天皇が美智子さまに「皇室においてキリスト教の話はしないように」と叱責したというのだ。実はこれらは当時の雑誌が書き立てた噂話で、昭和天皇は「事実でないし、心に思ったことさえなかった」と伝えるよう側近に命じたと実録は記している。

週刊朝日(2014.11.7号)

歴史的に見ても習合は伝統的

ゆえに「賛美歌をうたっても良い」と私は思います。紛れもなく皇室自身がそれを認めているのですから。これは「習合」の伝統的文化からも裏付けられます。

神道と仏教が分離したのは、明治期の廃仏毀釈からです。それまで両者は習合(融合)しており、お寺の中に神社があるなどしていました。修験道もこの習合によって生まれたものの一つです。明治になる以前は、天皇の葬式は仏式で行われていました。

我々が知る「神道」とは実はかなり新しいものです。そして、現在も皇室は仏教教団の祖師らに対して「大師号」を与えるなど、仏教と密接な関係を持っています。よっていったん習合してしまったものを今更分離することなどできず、廃仏毀釈は失敗、仏教と神道は現在も習合した形で社会に残っています。

様々なものと習合することが伝統

仏教以外にも神道および皇室は様々なものと習合しています。特に中国文化との結びつきは大変強いものがあります。元号は中国の典籍を出典としますし、天皇の即位礼に使う高御座にも「鳳凰」が飾られています。

このように日本の歴史は習合をその伝統としてきましたし、その伝統のなかで神道もはぐくまれてきました。よって異宗教だからという理由だけで排除すること自体が、伝統的・神道的な立場にそぐわないでしょう。

よって美智子さまが「賛美歌」を歌うことは何ら問題ないと考えられます。ましてこれは非公式の私的なカラオケです。もちろん色々な考えがあって良いと思いますので、ぜひ皆さんの声を声を聴かせていただければと思います。

【小室圭問題】国民が「口を挟む」のは当然の権利だ

【小室圭問題】国民が「口を挟む」のは当然の権利だ

2019年2月24日

アンケート

美智子さまが「賛美歌」を歌うことに問題があると思いますか?
  • あなたの回答を追加する

関連記事

皇太子殿下、お誕生日会見「全文」

2019年2月23日

【小室圭問題】弁護士「母・佳代さんの脱税・不正受給は逃げ切れる!」と断言

2019年2月22日

【眞子さま&小室圭さん】毎日新聞「結婚のハードルは相当に高い」が「国民は皇室に期待値が高すぎる」

2019年2月22日

秋篠宮殿下、33億円建築費「水増し」で、小室圭さん「手切れ金」を捻出

2019年2月21日


22 件のコメント

  • 「讃美歌」を歌うと無意識がキリスト教に洗脳される事になるので、もう神道の世界には入っていけなくなります。 神道の信者は夢で天照大神を見るのですが、日本人でもキリスト教の信者の夢にはイエスしか出て来ないのは有名な事実です。

    無意識では習合は起きません。 日本の仏教は本物の仏教ではなく、無意識では神道に変わっています。

    そうすると、「讃美歌」を歌っている人が神道の儀式をやっても、何の意味も無い只の煩瑣な手続きになってしまいます。 だから今の皇族は全員古来の神道の儀式をやりたがらないのですね:

    無意識を自覚。自分が何に洗脳されているか一瞬で知る方法

    インドの女性は歌が好きだ。インド・コルコタにいたとき、ひとりの女性が口ずさむように、静かで優しい歌を歌ってくれたことがある。

    彼女は普段はどちらかと言えば粗野な喋り方をする女性で、感傷的な感情をほとんど持っていないようにも見えた。

    しかし、物憂げな部屋の中で暇を紛らわすように歌ったその歌は、とても感傷的なリズムで、抑制された美しい声に私は聞き惚れて涙がこぼれそうになった。

    声のトーンも彼女の普段の粗野なものが消えていて、まるで彼女が別人になったかのような不思議なものであった。

    「それは何の歌だい?」と尋ねると、彼女は部屋の神棚に飾っている私の知らない神の写真を指さして「昔の歌(Old Song)よ」と答えた。

    確かにそうだろうと思う。街の騒々しいボリウッドソングとはまったく違った趣(おもむき)の歌だった。そのとき、私は知らなかったのだが、のちにこのような歌は「マントラ」と呼ばれていることに気付いた。

    宗教ソングの美しい旋律の歌にある世界観に危機感

    彼女が歌っていたのは、こちらだ。「ガヤトリ・マントラ」という。ガヤトリ・マントラも同名で別曲がいくつもあるが、この曲が一番美しい。

    マントラという言葉は初めて聞く言葉ではない。それは呪文だか呪術だとか、そういうニュアンスで私は覚えていたので、歌までマントラという括りをすることに驚いた。

    今となっては彼女がアカペラで歌ったそのマントラがどんなものだったのか旋律が思い出せないのだが、その歌を聞いたときの感情は生々しく思い出すことができる。

    美しい歌を聞いたときの感動の震えがそこにあった。そして、ずいぶん後になって私は「これは危険だな」と意識したのだった。美しさに取り込まれてしまいそうなのが分かっていた。

    その歌がマントラなのであれば、その歌の先にヒンドゥー教が待っている。人は美しい歌を聞いて感動し、その歌の世界観に浸って自分の心を癒すことができる。

    宗教はそういった歌の効用をよく知っていて、それを巧みに使って心を操っていく。

    キリスト教徒は賛美歌やゴスペルに涙を流す。

    たとえば、「アメイジング・グレイス」や「What A Friend We Have In Jesus」などをじっくり聞いていると、キリスト教徒は涙がとまらなくなるという。

    人口に膾炙する美しい旋律(リズム)と、その詩の内容の優しさが加わって心に響くようだ。

    インドのマントラも美しい旋律のものがいくつかあって、ガヤトリ・マントラ(GAYATRI MANTRA)などはよく知られている。

    ただ、古い歌にはよくあることだが、ひとことでガヤトリ・マントラと言っても、膨大な種類のリズムと歌詞があって、同じ歌でもまったく違うように聞こえる。

    シヴァ神と、妻パールバティ。ヒンドゥー教お馴染みの世界観。

    美しさは無条件に人の心に染み入っていく

    ガヤトリ・マントラは様々な歌手が歌っている。たとえば、ドイツ出身の歌手、デヴァ・プレマールの歌うガヤトリ・マントラも私が聞いた上記のものと同一のものだ。

    Om bhur bhuvah svaha
    tat savitur varenyam
    bargo devasya dhimahi
    dhiyo yonah prachodayat

    彼女はドイツ人だ。なぜドイツ人女性がヒンドゥー語でガヤトリ・マントラを歌っているのか最初は戸惑った。

    調べてみると、彼女は子供の頃から父親にマントラを聞かされていたらしく、その影響が強かったようだ。こういった珍しい経歴の人もいる。彼女は歌を通してヒンドゥーに取り込まれていた。

    欧米でも、このようなヒーリング的なものを求める人たちにはよく売れているようだ。

    人は、このような歌から精神世界や宗教に取り込まれていく。その典型的な例がマントラの旋律にあった。

    美しさは無条件に人の心に染み入っていく。

    そして何度も何度もそれを繰り返すことによってその歌の世界が自分の感情と同化していく。

    そこに宗教的なメッセージがあれば、歌と同時に人はそれをも無意識に受け入れてしまう。歌が美しいゆえに拒絶反応すら起きることがない。

    これは一種の巧妙な洗脳とも言える。アメイジング・グレイスやガヤトリ・マントラのような美しい旋律の中に宗教を散りばめて人々を取り込んでいくのである。

    皆と一緒に歌い、感動を共有し、その宗教と一体化

    教会や寺院で人々は何をやっているのか。賛美歌を歌っているのではなかったか。

    賛美歌は神を讃える歌詞をリズムに載せたものである。それを皆と一緒に歌い、感動を共有し、その宗教と一体化する。

    日本が無神論者のような人が多いのは、仏教が美しい歌を「開発」しなかったからだと私は強く思っている。

    念仏は眠気を誘うが宗教心を芽生えさせない。そういう意味で仏教の親玉は他の宗教と比べると知恵が足りなかったのだろう。

    ヒンドゥー教もキリスト教も、歌だらけだ。

    インド人は幼い頃からマントラを聞いて、歌って、その世界観の中で生きていき、成人する頃には頭の中はその思考から離れられない。

    あの真っ青な荒唐無稽な神は私にとっては単なる滑稽なフィクションだが、彼らにはそうではない。それが自分の血肉に染み付いた大切な精神世界なのだ。

    同じことがキリスト教にも言える。あの十字架にぶら下がっている死体は、やはり私にとっては滑稽なフィクションだが、彼らはそれを「なんという友、私たちのジーザスよ」と感極まっている。

    子供の頃からくり返しくり返しそれを聞いて、それを歌い、それが思考の基盤になっていている。

    父親も母親も、そして兄弟も地域社会も、自分のまわりがすべてそのひとつの宗教に染まっている。

    そこまで行くと、その宗教を否定することは両親や地域社会や文化をすべて裏切ることになる。

    美しい歌があり、心地良い思い出がすでに蓄積されている。だから、いくら荒唐無稽だとしても、その宗教を否定することなどできなくなってしまっている。否定する意味もない。

    そして、村ぐるみで、町ぐるみで、国ぐるみで宗教を擁護し、それを認めない者を「自分を否定した」と憎むようになる。たったひとつの美しい旋律の歌が、そのような篤い宗教心の人間を生み出しているのは間違いない。

    自分の気に入った歌の世界観が、あなたの世界観

    私が感銘を受けたガヤトリ・マントラは、その一曲で私をヒンドゥー教に向かわせる可能性も威力もあった。

    美しい旋律の曲が人生を変えるというのは本当だ。自分の気に入った歌を思い出して欲しい。

    あなたは無意識にその歌の世界をなぞって生きているはずだ。

    それに気がつかなかった人もいるかもしれない。そして、それに気がつくと、恐ろしくなる人もいるかもしれない。

    あなたが子供の頃から知っている好きな歌が、あなたを洗脳した歌だ。そして、その歌の世界が、あなたの世界観である。

    あなたの自分の世界観は、実はあなたが考えた世界観ではなく、歌で洗脳された世界観だ。

    あなたが何に洗脳されたか知る方法は、あなたがどんな歌が好きなのかを思い出すだけでいい。

    自分の愛する歌は、それ自体が自分の感情に対する訴えかけを失ってからもずっと後まで、意思決定や性格形成に影響を与え続ける。

    私がガヤトリ・マントラでヒンドゥーに染まらなかったのは、理由はひとつだ。

    私は、タイでタイの美しい歌に聞き惚れ、カンボジアでカンボジアの美しい歌にしっとりとし、インドネシアでやはり美しい歌に心を奪われた。

    多くの国の美しい曲が、私をひとつの思考や哲学や宗教や国にとどまらせるのを許さなかった。
    http://www.bllackz.net/blackasia/content/20150205T0253220900.html

      • @正しいとは何かさんへ
        お下衆の勘繰りに励む前に、自分が何者かは自得なさっておいででしょうか?
        リアルで思想信条を隠蔽してノンポリを偽装するご卑屈なまでの小市民的生活と、ウェブで道聴塗説を振り翳し明日なきレスバトルに勤しむ、自称「真のユダヤたる愛国左派」のギャップに、日夜呻吟なさっていないと良いのですが…

  • 賛美歌くらい歌ってもいいが
    眞子と小室さっさと破談にしてください!
    陛下に裁可取り消しお願いします!

  • お好きな歌を
    歌われたら良いのでは。

    それより

    皇室の公金流用が
    堂々とされ放置されてますけど。

    パレードに秋篠宮家 不要!
    コメントが、真面目に
    すごいです。
    他のサイトで。

    税金返してください!

  • 皇太子(つまりは次の天皇)はバッハのミサ曲を演奏してCDにもなっているのもあるとか。こんなのどうなるんだろうな。

  • ??「聖職者たる教師の娘が堕天使でも良い様に、お寺の住職の孫娘が聖歌隊に入ったって、個人の自由ずら。
    アニメ版では図書委員なだけで、そんな設定はない?なんのこったよ(すっとぼけずら)」。

    • @正しいとは何かさんへ
      国家神道を背景にした、帝国政府によるキリスト教諸派への弾圧行為、及び諸派によるある意味Godをも恐れぬ対応は、本サイトが皇室ウォッチャーサイトと化す前に度々言及されていました。
      とは言え、国家神道が国策としては排除される一方で、真の信教の自由が確率された事により、神道とキリスト教諸派との関係も有耶無耶、もとい融和的な物となりました。
      鶴岡八幡宮での、各宗教団体代表者を招聘しての催事にも、常連として参加しています…
      『こういうネタコメにマジレスなさる様な物は破廉恥と言うのですわ!(生徒会長並の激怒)』。
      「真のユダヤたる愛国左派」に相応しいレスを拝読して、危うく今回はネタコメだったという事を忘れる所でした。
      最後に慌てて、辻褄を合わせた次第です。

      • いち愛読者さんへ
        保守と称する人達は、「国家神道、教育勅語は大和心ではない」というのが分かっていないです。
        教育勅語の父母に何とかは中国の思想です。大和心とは「おおらかさ」です。
        日本は仏教、神道、キリスト教が共存できる国なのです。神道はキリスト教と神が同じです。そして、
        日本の仏教はキリスト教ですが、イエスは仏教徒です。つまりキリスト教は仏教から生まれたのです。
        自由に布教できるのにキリスト教徒が増えないのは、本物のキリスト教である仏教と神道があるのにどうして洗礼を受けなければならないのかとなります。
        劣っている方に変えることはないです。

  • 宗教でも儀式でも天皇家でも神社仏閣でも旅館の老舗でもみんな同じだけど

    古来伝わって来たものを一切変えないで後代に伝えるのが一番大事な任務なんですね。

    改革とか改良は伝統を壊すだけでプラスになる事は何もない

    変わらない事自体に価値が有るというものが有るのです。

    天皇一族はそういう基本が全く理解できていない。

    だから新嘗祭は金を掛けないでやった方がいいとかいうアホ発言を平気でする知恵遅れまで出て来たのです。

    新嘗祭の儀式で少しでも手を抜いたら、それで今迄伝えられてきた伝統が永遠に失われてしまうという事がわからないんですね。

    讃美歌を歌いたかったらキリスト教関係の家に嫁げばいいので、わざわざ神の家系に入って来て、神霊を滅ぼそうというのが逝かれているんだ。

    • 新嘗祭を知っているのだね。いつ勉強したの?
      アジアのバカ大将という人がいなくなったよ。
      どこに行ったか知らない?

  • 1900年代初頭から皇室とキリスト教は深い関係にあります。
    神輿やら儀式やらでユダヤ教の影響を色濃く受けていると思われる神道の頂点である天皇とその皇室が、
    ユダヤ教の子孫とも言えるキリスト教と深い関係にあるのはとても興味が湧きますね。

    皇后の信仰は自由です。きっとクリスチャンなのでしょうが、
    それが今の天皇制の文化を壊すことには繋がらないと思います。
    何より今の天皇皇后両陛下のあの優しさに溢れた、国民に愛される夫婦となったのは、少なからず皇后様の信仰も関係しているのでしょう。

    • 日本の神道にはユダヤの習慣が入っていますが、神道はユダヤ教ではないです。
      ユダヤ人には二通りの意味があります。ユダヤ教の人と古代イスラエル人の子孫です。
      ユダヤ人が嫌われるのは、旧約聖書ではなく「タルムード」を信じているからと言われています。
      「タルムード」にはユダヤ人以外は畜生(ゴイム)だと書かれていると言われています。
      だから、原爆をつくり日本に投下しました。彼らは偽ユダヤです。
      本物のユダヤは日本です。本物のユダヤ人は京都にエルサレムをつくりました。
      平安京をヘブライ語になおすと「エル・シャローム」、聖地エルサレムです。

      君が代はヘブライ語で解釈できます。
      https://youtu.be/esNHTnMlO5g

  • >何より今の天皇皇后両陛下のあの優しさに溢れた、国民に愛される夫婦となったのは、少なからず皇后様の信仰も関係しているのでしょう。

    それは一般大衆向けの演技だよ
    美智子の本当の姿は

    昭和天皇が崩御されると、
    すぐに、
    “災害のあった時には、国民がテントを張れるように..。”
    と天皇が丹精込めた昭和の森を伐採。

    更地にして、56億円で宮殿を建てる。

    バレて非難されると、
    “失語症”になったと嘘ついて引きこもり。

    香淳皇太后への復讐。
    御所にPC70台配備。
    秋篠宮家に10年間の産児制限。
    悠仁様誕生祝に、暗殺示唆するベビーシューズ片方。
    朝鮮飾りの皿帽子。
    法王に見立てたマント服。
    祭祀の簡素化、廃止。
    天皇と並んで歩く。或いは前を。
    マスゴミ使っての、アテクシ上げ。

    夫が天皇になって、真っ先にしたこと

    1 皇太后への苛め

    香淳皇太后つきの信頼あつい女官長を解雇したこと。さらに、皇太后が寂しくて、外部に電話をかけていたら、入江に電話を取り上げさせ、孤立させたこと。皇太后が、骨折したのにも関わらず放置。それが原因で、歩行不能になり、認知症が進んだこと。

    明仁天皇、美智子皇后、ともに、見舞いにもいかず吹上御所に放置したこと。

    さらに、認知症のすすんだお姿のお写真を、マスコミに掲載させたこと。

    美智子さんが、入内いらい、美智子さんからの、数多くの暴言、暴走、無礼に耐え続けた皇太后にたいするしうちは、まさに鬼ですね。

    無題 Name 名無し 17/06/08(木)23:43 id:sl3pxlSw No.2028474
    >「皇太后は十分なお世話をされていないのではないかって声に反論してみせなきゃならなかったんですもの」

    実際世話なんて全部女官任せだし、その女官だって熱心にお世話した人はミテコの逆鱗にふれて首よ。
    良子様が下で失敗するとみんなで手を叩いて笑いものにしたそうじゃないの。
    そんな人間だけを周囲に就けて、風呂にもろくにいれずおむつもろくに変えず、
    冷暖房も効いていない部屋に一人でほうりだしていたのよ。
    美智子はそんな女だよ、悪魔なんだよ。

    … 無題 Name 名無し 17/06/08(木)23:47 id:FUlSzL5Q No.2028483
    >良子様が下で失敗するとみんなで手を叩いて笑いものにしたそうじゃないの

    それどこの情報なんですか?

    … 無題 Name 名無し 17/06/08(木)23:51 id:sl3pxlSw No.2028504
    ネットです。

    トイレットペーパーをお尻に挟んだまま2メートルぐらい引きずって歩いていたのを
    女官らが取り囲んで指さして大笑いした、と。
    あまりにも具体的だったので嘘ではないとおもいました。

    同じところだったと思うけど、豆におむつを替えていた看護師かだれかが「そんなに変える必要はない」と言われていたので首になったとか
    あと、ミテコが日当たりの強い部屋に車いすで連れて行って冷蔵を入れずに放置していたとか。

    … 無題 Name 名無し 17/06/08(木)23:55 id:MXIe1Tfg No.2028512
    それが本当なら
    もはや人間じゃないね…
    悪魔だ
    ひどすぎる

    … 無題 Name 名無し 17/06/08(木)23:55 id:sl3pxlSw No.2028514
    私は全部信じます。内容が具体的なので。

    皇族からいじめられたとミテコが騒ぎまくったことには具体性が全くない。
    1・飛行場で無視された

    2・割烹着としらずエプロンだった

    3・手袋が短かった

    具体的虐めの内容はたったこれだけです。
    これだけを延々と繰り返している。
    比較してミテコの良子様いじめの噂はバリエーションに富んでいてリアルです。

    … 無題 Name 名無し 17/06/08(木)23:59 id:EABGt.RY No.2028522
    酷い。
    美智子は悪魔だ。
    地獄の業火で美智子そっくりの鬼に焼かれるんだ。何万年もね。
    神様はずっと観ている。
    絶対に逃げられない。

    … 無題 Name 名無し 17/06/08(木)23:59 id:XErIixrE No.2028523
    虐待やん…

    … 無題 Name 名無し 17/06/09(金)00:01 id:mIA.Q1bo No.2028530
    93年の時点で、明仁がいくら慰問しても母親への冷たさで、
    心打たれないと週刊誌の読者の声があった

    当時からみんな気づいていたのに、美智子の演技で批判を封じたんだ

    … 無題 Name 名無し 17/06/09(金)00:04 id:hSpV7MVI No.2028545
    あの猫なで声も演技?
    そういえば、この前の園遊会では地声で喋ってたよね

    … 無題 Name 名無し 17/06/09(金)00:08 id:bhs.vgbc No.2028551
    美智子さんの偽善は自意識過剰の写真で分かりますよね。
    昔から多くの人が気が付いていたと思いますよ。

    • 3歳児の人へ
      論壇netは「日本国紀」について剽窃だとか言っていたよ。
      引用元を書こうね。
      私は引用元を書かなくても気にしないけどね。
      ろだん様がうるさいよ。

    • 皇后陛下が香淳皇后にイジメをしたとのことについてですが、確かな証拠はありませんでしょうか?

      内容がいくら具体的だとしても、2ch等の情報は証拠が示されていないので信頼性が欠如しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)