小室圭さん「コネ入学」「コネ合格」「コネ就職」へのビクトリーロード! 「大金持ちセレブ」確定へ

小室圭さんの結婚への道

眞子さまとの婚約延期が続いている小室圭さん。

マスコミからは総バッシング状態ですが、まだお二人とも結婚の意志は揺らいでいないと報道されています。

週刊誌の報道によれば、秋篠宮殿下は小室圭さんに、❶金銭トラブルの解決と、❷経済的安定という二つを結婚の条件として提示していたそうです。

一つは、小室家の金銭トラブルを全面的に解決すること。もう1つが、転職先を見つけ、経済的に安定することだった。

『女性セブン』(2019.3.7号)「小室圭さん「NY弁護士合格率89%」駆け落ち婚賭けた運命の7月」

【眞子さま&小室圭さん】毎日新聞「結婚のハードルは相当に高い」が「国民は皇室に期待値が高すぎる」

2019年2月22日

近日中に両問題が解決か

この内の❶金銭トラブルについては、現在元婚約者と協議中とのことですから、近日中に解決する可能性があります。そして❷経済的安定についても、今週発売の『女性セブン』(2019.3.7号)によれば、近日中にこの両問題が一気に解決して、縁談が進む可能性があると報じています。

「当時、小室さんはメガバンクを退職し、一橋大学大学院に通って国際経営について学びながら、法律事務所で事務員(パラリーガル)として働いていました。年収は250万円ほどとされ、その給与水準では、元皇族としてセキュリティーの整った場所で暮らすには心許ないと、秋篠宮さまは憂慮されたのでしょう」(皇室ジャーナリスト)
ただし現在、「佳代さんの金銭トラブルはそんなに複雑な問題ではなく、早期の解決が予想される」(前出・皇室記者)ので、小室さんにとって残された課題は「就職と経済面での安定」だけとなった。

『女性セブン』(2019.3.7号)「小室圭さん「NY弁護士合格率89%」駆け落ち婚賭けた運命の7月」

「NY州の司法試験は年に2回、2月と7月の最後の火曜日・水曜日に、2日間かけて行われます。2月は26、27日ですから、受験生はまさに今、追い込みの勉強にいそしんでいることでしょう」(在米ジャーナリスト)

『女性セブン』(2019.3.7号)「小室圭さん「NY弁護士合格率89%」駆け落ち婚賭けた運命の7月」

「小室さんは次回の試験、つまり、今年7月の司法試験に照準を合わせているそうです。もし合格すれば、一気に縁談が進む可能性が高い」(前出・皇窒記者)

『女性セブン』(2019.3.7号)「小室圭さん「NY弁護士合格率89%」駆け落ち婚賭けた運命の7月」

確かに、❶金銭トラブルは金額の折り合いがつけば解決します。加えて❷経済的安定についても、司法試験に合格すれば何とかなる可能性は高いです。

しかしこの両問題が突然解決したからといって、お二人の結婚を祝う声が増えるかどうかは未知数ですが。なにせ小室圭さんのフォーダム大学入学はあからさまな「皇室」の御威光ですし。

今上陛下の「御裁可」は譲位後も有効か?

たしかに週刊誌が報じているように、次の7月に小室圭さんがNY州司法試験に合格すれば、危惧されていた経済的問題が解決する可能性が高いため、結婚に一歩近づくことは間違いないでしょう。

ただし眞子さまと小室圭さんの結婚を裁可されたのは今上陛下であり、今年4月末をもって御代替わりがあります。皇太子が新天皇となられた後も、この御裁可が有効であるのかどうかは議論があるでしょう。

『女性セブン』で宮内庁関係者も次のように証言しています。

「陛下の退位までおよそ2か月。今回の会談では、差し迫った退位関係行事や皇太子さまの即位、大嘗祭までの流れなど、重要事項を確認されたとみられています。
秋篠宮家は私的なこととはいえ、眞子さまのご結婚にも“引き継ぎ”が欠かせません。眞子さまと小室さんの結婚は陛下が『裁可』を与えられました。しかし、御代替わりの後、皇太子さまが新天皇となられると、陛下の裁可が有効なのか、それとも新天皇が改めて裁可を与える必要があるのか、曖昧な部分がある。秋篠宮さまは結婚行事の現状について、陛下や皇太子さまに報告されているはずです」(宮内庁関係者)

『女性セブン』(2019.3.7号)「小室圭さん「NY弁護士合格率89%」駆け落ち婚賭けた運命の7月」

しかしこれを取り消すとなると何らかの根拠が必要ですし、どうなるのかは全く解りません。

なにしろ「御裁可」自体が、皇室の「慣習」にすぎないのであって、それがなくても両性の合意に基づいて結婚を強行してしまうことは可能なわけですし。

代理人弁護士は余裕たっぷり

一方で小室親子の代理人弁護士はこの問題に余裕たっぷりのようです。

代理人によると、一般の人から「親に借金があると、なんで結婚できないんだ」という連絡が相次いだという。「つまり、そういうことです。親に借金トラブルがあると何が問題なんですか」(代理人)
そして、小室さんが「解決すべき問題」と考えていることについて、こう続けた。「圭さんの収入や、本当に生活できるのか、結婚生活は大丈夫かとみんなに言われているわけで、そういう心配をしていただくのは当たり前のこと。それについても彼は一生懸命応えようとしている」

『女性セブン』(2019.3.7号)「小室圭さん「NY弁護士合格率89%」駆け落ち婚賭けた運命の7月」

各種週刊誌のアンケート調査や、当ブログに頂いている多くのコメントとは真逆の方々がこの弁護士の方の周りには多いようです(笑)

たしかに親の借金トラブルの責任は、直接的には小室圭さんと無関係ですが、道義的には問題があるのは言を俟ちません。こういう社会常識が無いから、金銭トラブルの解決にぐずついているのではないでしょうか?

アメリカで弁護士になるのは容易い

また小室圭さんのフォーダム大学留学は、秋篠宮ご夫婦にとって寝耳に水だったそうです。

「秋篠宮さまと紀子さまは、小室さんの突然の留学に驚かれたそうです。もともと昨年3月に納采の儀、11月に結婚式を挙げる予定で、その後は日本で暮らすはずだったと思います」(前出・皇室ジャーナリスト)

『女性セブン』(2019.3.7号)「小室圭さん「NY弁護士合格率89%」駆け落ち婚賭けた運命の7月」

突然アメリカに渡った理由は「合格しやすいから」の一言に尽きるようです。小室圭さんの経歴で日本で弁護士になるのは困難ですが、英語に堪能な彼にとってアメリカで弁護士資格を取ることは容易との関係各位の指摘。

「司法試験は、日本で最難闘の国家資格試験です。受験生は法学部やロースクールの学生、卒業生がほとんどで、合格率は20%ちょっと。大学時代は教養学部で、ロースクールにも通っておらず、法律を専門的に学んだことののない小室さんにとっては合格するのは現実的にはかなり難しい」(法曹関係者)

「英語が堪能で、語学のハードルが低い人にとってみれば、実擦のところ、日本の司法試験よりもはるかにハードルが低い。むしろ日本とアメリカでは、司法試験のレベルはまったく別次元と考えていい」

「ABA(米国法曹協会)が認定するロースクールの卒業生の受験者に限れば、83%が合格しました。さらに、小室さんが通うフオーダム大学ロースクールの卒業生に絞れば、89.1%でした。端的に言ってしまえば、“落ちる受験生はほとんどいない”という試験なんです」(前出・在米ジャーナリスト)

『女性セブン』(2019.3.7号)「小室圭さん「NY弁護士合格率89%」駆け落ち婚賭けた運命の7月」

この合格率はネイティブメインの数字であることは留意しなければなりません。ただしノンネイティブの外国人の合格率はこれより低いものの、5割以上は合格できる水準なのだそうです。

確かに日本ではなくアメリカで弁護士資格を取るというのは、小室圭さんらしいウルトラCですね。

入学も履修コースもコネ全開

また既に多くの指摘があるように、入学も履修コースもコネ全開。

日本の弁護士資格を持たない小室さんがアメリカで弁護士になりたいなら、本来、3年間の「JDコース(基礎コース)」を受講し、アメリカ全州の司法試験の受験資格を得なければならなかった。「しかし、フオーダム大学は小室さんを特別待遇し、本来ならば日本の弁護士資格取得者や法学部出身者が対象の『LLMコース(上級コース)』の受請を認めました。しかも、年間およそ700万円とされる授業料も免除された。それは、小室さんが“自分は天皇の孫のフィアンセである”というレポートを提出し、大学側がVIP扱いしたからとしか考えられない。さらに言えば、卒業までに3年かかるJDコースに比べ、LLMコースはたったの10か月で修了する。その上、ニューヨーク州など限定で、司法試験を受ける資格を得られるのです」(大使館関係者)

『女性セブン』(2019.3.7号)「小室圭さん「NY弁護士合格率89%」駆け落ち婚賭けた運命の7月」

ところで、小室さんが履修しているのは「Banking, Corporate, and Finance Law(銀行・会社・金融法)」という過程らしく、これは一番儲かる花形だとか。「どこまでお金が好きなのか?」と呆れ果てたコメントすら頂きました。

【小室圭&皇室記事】今週の週刊誌まとめ一気読み【2/11~17】

2019年2月17日

弁護士試験までコネ合格か

また司法試験そのものにすらコネ合格の可能性が指摘されています。

「公平な試験のはずなのに、著名人の親族だったり、資産家の子息などは、なぜか“NY州司法試験に落ちることはない”といわれています」(前出・大使館関係者)
今のところ、小室さんに不合格の理由は見つからない。

『女性セブン』(2019.3.7号)「小室圭さん「NY弁護士合格率89%」駆け落ち婚賭けた運命の7月」

これが事実ならば、今年7月に小室さんは一発合格ということになるのでしょうか。注視していきたいと思います。

就職先までコネが必要か

ただし先ほども言ったように、NYでの司法試験合格はハードルが低いため、すでに弁護士が飽和状態であるとか。

「合格率が高いこともあり、NYでは弁護士は飽和状態で、仕事や働き口が確約されるわけではないそうです。名門のハーバード大学やスタンフォード大学を出ていれば大手法律事務所で職を得ることもそう難しくはありませんが、フォーダム大学となると、その可能性は低くなる。それに、日本では弁護士の活動はできないので、主にNYで暮らすほかないでしょう」(前出・法曹関係者)

『女性セブン』(2019.3.7号)「小室圭さん「NY弁護士合格率89%」駆け落ち婚賭けた運命の7月」

この事情は日本でも同じですね。 しかし私は小室圭さんは一流の大手弁護士事務所に就職できると思っています。

なぜなら日本の皇室と関係のある弁護士なんて、他にはないステータスです。宮内庁からの直接的ごり押しがなくても、普通、雇いたいと思うのではないでしょうか?

また小室圭さんが大手弁護士事務所に就職したならば、初年度で1800万円の年収だそうです…。

ニューヨークの大手事務所の弁護士の平均年収は初年度でも十六万ドル(約千八百万円)。さらに、ゴールドマンなどを顧客に国際的に活躍する渉外弁護士となれば数千万、さらには億円単位の年収も珍しくない。年収三百万円程度と見られ、眞子さまとの新生活を不安視する向きもあった日本でのパラリーガル生活から大躍進を狙って日々勉強に励んでいるのだろう。

「小室圭さん黒縁メガネで猛ダッシュ 〈NY緊急報告〉髪は伸び、装いを変え」『週刊文春』(2019.2.21号)

「皇室利用」ここに極まれり、と言ったところでしょうか?

駆け落ち婚が噂されるが…

ところで、現在、国民の理解を全く得られていないお二人の結婚ですが、「一時金」を辞退すればよいとの声もあります。

「眞子さまの個人の意思で皇籍離脱され、満額1億5000万円超の一時金を辞退するなど、“小室さんと生きる覚悟”を示せば、結婚に厳しい世間の目も打って変わって、祝福ムードになるでしょう。眞子さまが、身ひとつでNY に旅立つ“駆け落ち婚”が、ふたりにとって1つの手になります」(皇室関係者)

『女性セブン』(2019.3.7号)「小室圭さん「NY弁護士合格率89%」駆け落ち婚賭けた運命の7月」

しかし小室圭さんがこれまで歩んできた、これからも歩むであろう、カネ・カネ・カネでできたビクトリーロードを前にしては「一時金」の辞退くらいで国民は納得しないのではないでしょうか?

アンケート

小室圭さんの「コネ」をどう思いますか?
  • あなたの回答を追加する

関連記事

「コムロコイン」で明らかになる「小室リスク」 関わるだけで危険

2019年2月20日

【眞子さま&小室圭さん】元婚約者の品性にも疑問の声

2019年2月20日

小室圭さんは、どうやってお金を返すのか? Youtuber、草むしり、有料記者会見…

2019年2月20日

秋篠宮殿下、10億円「仮住まい」、33億円「大豪邸」に批判の声 「大嘗祭を質素に」とのダブスタ

2019年2月19日



16 件のコメント

  • 論壇netは「御裁可」と言っていますが、「御裁可」にどういう意味があるのでしょうか?
    パヨクのブログには
    ”憲法違反の「天皇の裁可」が堂々と行われているのはなぜでしょうか。
     それは「裁可」が「皇室の伝統」(3日朝のNHKニュース)だからです。「皇室の伝統」とは皇室神道の伝統に他なりません。事実、皇族の婚約・結婚は「裁可」に始まって、一貫して皇室神道にのっとった儀式て行われます。”
    と書かれていました。
    https://blog.goo.ne.jp/satoru-kihara/e/1c3c1c04ba2f5f5301139045c20a846f

  • 色々な問題記事を、拝見してどの記事が、本当なのか?国民は、東大でも裏口入学試験で何人か?取り消しされる事が、話題に上がった事が?皇族の方は?小室コネで弁護士に、次は、仕事迄コネで出来ないのでは?皇族の方は、此処まで出来るのかしら?酷すぎ?皇族は、別世界なの?小室親子凄いなぁ!国民は、何でしよう?小室親子以下?きついなぁ!国民は、奴隷以下?

  • これだけ、小室親子の詐欺的行為、不誠実さ、品の無さ、コネ乱用が報じられても小室は皇室に守られ
    着々と結婚に向かっていると言うことですね。
    確かに今日まで破談になっていませんからね。

    その好き勝手は国民の血税が使われていることをお忘れ無く。

    もし小室が結婚できたとして、今の国民感情が沈静化するのでしょうか?
    小室のことは語り継がれるし、皇室の信頼も落ちていくことでしょう。
    そして、皇室存続が危ぶまれる時が来ると思います。

  • 本当に結婚できるのしょうか??信じがたいです。
    こんな皇室になんでもあり、ハードルが低下しすぎて
    情けない皇室になってしまいましたね。

    • 年金不正受給は完全な
      詐欺行為。
      逮捕されてもおかしくない。
      一般家庭でもこんなペテンの輩と
      結婚させないですよ。
      とても気分が悪いです。

  • なんか、天災といい、皇室バッシングといい平成は大変な時代でした。
    平成を引きずらないで、きっぱり破談にしてください。
    品のない親子は皇室には不釣り合いです。因果応報と言う言葉があるので
    いつか、自分の身に帰ってくるかも。それは早い方がいいな。

  • 裏口ばかり
    何年も繰り返して
    脅迫されるネタが増えて
    反社会的勢力に税金が流れたりしないでしょうね!?

  • 秋篠宮家の側も、よくわからない学位をいつの間にか取得していたり、ドサクサ紛れにスルッと入学したりと、変幻自在の立ち回りでは決して負けておられないので、ある意味お似合い。目の寄る所に玉も寄るというだけのお話。

  • 今、SNSの炎上や叩き過ぎることが問題になっていますね。
    でも、小室に関しては100%それとは異なります。

    小室母の男にたかる卑しさ、脱法スレスレの金銭授受、小室の品性の無さ(学生時代の卑猥写真、元カノとの
    関係)、フォーダム大裏口入学など書き切れません・・・最近では小室自身が発表した文書。
    もらった金は返さなくていいでしょ発言。

    お下劣すぎて、胸が悪くなります。
    よくこんな男を未だ破談にせず、もしかしたら結婚させると?

    考えられません。
    皇室が汚され、日本が汚された気持ちがします。

  • 小室氏が書いて発表したあの稚拙な文章を読んだらアメリカの司法試験に今すぐ合格するとは思えないね。
    問題分析や論理的思考、事実評価が出来ていない。

    小室氏の長所は英語が出来る事だけ。
    日本にいればそれなりの特技と成り得るが、アメリカの大手弁護士事務所が求めるのは英語が出来る日本人ではなく、国籍はなんでもいいから思考能力の高い法エンジニアだから。

    ビジネスの本場ニューヨークに、コネでやっていける一流企業や一流法律事務所はありません。
    日本の感覚で舐めたらいけませんよ。

  • 国民を失望させる皇室は存在する価値がない。崇高さも気高さも無く、象徴的な存在ではないから。虚像に莫大な税金かけても無駄、廃止すれば小室もただの平民。皇室が特権を以て社会秩序を乱すなら、皇室は不要。秩序のない世の中は破滅する。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)