秋篠宮殿下、「ナマズ池」で眞子さまの心を「小室圭」から取り戻す!

ようやく落ち着きを見せ出した報道

母・佳代さんとその元婚約者との間で起きた金銭トラブルにより、総バッシング状態の小室圭さん。

その小室圭さんは、秋篠宮殿下に促される形で、「解決済み」と認識しているという「文章」を発表しさらに物議を呼んでいました。

その後大きな進展がないため、過熱気味だった報道も落ち着きを取りもどしつつあり、より正確な情報が入りやすい状況になってきているのではないでしょうか。

女性週刊誌の「秋篠宮家サゲ⇔東宮家アゲ」が顕著に 小室圭問題の余波

2019年2月19日

秋篠宮家「夫婦仲に危機」も、小室圭さん「極秘帰国」で結婚に向けて王手

2019年2月19日

小室圭さん「文書」発表後の“三者会談”

『女性自身』(2019.3.5号)によれば、2月15日に天皇陛下・皇太子殿下・秋篠宮殿下による“三者会談”が行われた後に、

なんと天皇陛下・美智子さま・秋篠宮殿下による“三者会談”が一時間半にもわたって行われたそうです。

前出の皇室担当記者は深刻な表情を見せる。
今回は、1月22日に小室圭さんが金銭トラブルの“釈明文書”を公表してから、はじめての会議と思われます。小室さんをめぐる問題を話し合われたとみて、間違いないでしょう。
両陛下は眞子さまのご様子を非常に心配されているはずです。秋篠宮さまは、お代替わりの直前までこのトラブルを収束できなかったことを釈明されたことでしょう。しかし眞子さまの結婚の意思は変わっていないそうです。ご両親でも無理やり破談にすることはできません。結局、ご結婚延期状態のまま、眞子さまの心変わりを辛抱強く待つしかないのです。そのような実情をお聞きになり、両陛下も憂慮を深められたことでしょう」

『女性自身』(2019.3.5号)「眞子さま 新居に急造された「脱・小室さん“孤囚”の部屋」へ」

いつもならが記者たちの想像力には驚かされますが、めずらしく常識的な解釈。電話や手紙ではいつ誰が盗み見・盗み聞きしているか解りませんからね…。皇室の一員として過ごすことの大変さが忍ばれます。

にしてもこの書き方と、眞子さま以外すべての皇族が結婚に反対しているような印象を受けますね。高度なレトリックというやつでしょうか?

秋篠宮家の御仮寓所引っ越し

ここまでは前振りで、今回の『女性自身』のメインコンテンツは、秋篠宮邸改修工事に伴い、仮住まいとして建てられた御仮寓所です。

鉄筋コンクリート造り3階建て、延べ床面積は約1千378平方メートルで、建設費は約9億8千万円とのこと。もちろん週刊誌よろしく建築計画概説書を入手して建築士に評論させます

建築計画概要書を見て、ベテランの建築士はこう語る。
「建設費は坪単価に換算すると約235万円になります。ホテルでも内装費を含めて200万円前後なので割高に思えますが、皇族方のお住まいですし、内装にもお金がかかっているのかもしれません。
窓が極端に小さく、セキュリティを最優先した建物のようです。要塞のような外観で、あまりお住まいに適しているとは思えませんが……」

『女性自身』(2019.3.5号)「眞子さま 新居に急造された「脱・小室さん“孤囚”の部屋」へ」

いやほんとにこれはその通り。なんかヤクザの組事務所みたな作りなんですよね。以下にその写真。

こういう所で育つ悠仁さまの情操教育がちょっと心配。考え過ぎかもしれませんが、住む環境って結構重要だと思います。悠仁さまについては、帝王学を学ばせるために皇太子殿下の元で育てるという週刊誌報道もありましたね。ともかく最近、評判落としまくりの秋篠宮殿下……。

秋篠宮殿下のお住まい変遷

さらに『女性自身』には、秋篠宮殿下のお住まい変遷が、改修費・建設費とともに丁寧に掲載されています。

週刊誌のこういう細かい仕事はホントすごい(笑)

どんどんグレードアップしていますね。2022年に完成する33億円をかけた“新”秋篠宮邸が、御仮寓所のようなヤクザの組事務所にならないことを祈ります。

にしても旧御仮寓所の庶民感が好印象。上から俯瞰した別ショットもありました。

こんな質素な家を見て、三島由紀夫の次の言葉を思い出しました。

天皇というものはそれほど堂々たるブルジョアではないんだ。もし天皇がたらふく喰っているような堂々たるブルジョアであったら、革命というものはもっと容易であった。それでないからこそ、革命はむずかしいんじゃないか。そして、そのむずかしさの中でだね、諸君は戦い、ぼくだって戦っているんだ。それは日本の民衆の底辺にあるものなんだよ。それを天皇と呼んでいいかどうかわからない。たまたまぼくは天皇という名前をそこに与えるわけだ。

『三島由紀夫VS東大全共闘 美と共同体と東大闘争』新潮社(角川文庫)

引っ越しと眞子さまの心境

ところで眞子さまは本当ならば小室圭さんとすでに結婚していたはずです。よって当初の計画では、今回建てられた御仮寓所に眞子さまの部屋は想定されていなかったはずが、これについては関係者が次のように報道。

「御仮寓所の着工は’17年1月で、ご婚約内定報道があったのは同じ年の5月。宮内庁はこのころからお二人のご結婚後の新居として、都心の2LDKや3LDKのマンションを探していました。
そして当初の予定では昨年の11月4日、眞子さまは小室さんと結婚式を挙げるはずだったのです。
しかし、小室家の金銭トラブルが発覚し、ご結婚は延期されました。眞子さまがご家族と一緒に御仮寓所に住まわれることになったのは、まったくの想定外でした。御仮寓所には、ご一家5方それぞれのお部屋があるそうですが、眞子さまのお部屋は“急進”されたのでしょう」

『女性自身』(2019.3.5号)「眞子さま 新居に急造された「脱・小室さん“孤囚”の部屋」へ」

一応、眞子さまの部屋はあるとのこと。よかったです。

もちろん余計なお世話的な眞子さまの御心境を代弁することも忘れてはいません(笑)

皇室ジャーナリストは、眞子さまの複雑な胸中を慮る。
「お引っ越しの作業は秋篠宮ご夫妻のご指示で職員や引っ越し業者が行いました。もちろん眞子さまのお荷物もありますから、引っ越しの段取りについて紀子さまとお話しになることはあったそうです。ただ、秋篠宮ご夫妻と眞子さまの会話はそれ以上増えることはなく、ほとんど“無言の引っ越し”となったといいます。
400万円の金銭トラブルによって、小室さんとの結婚は延期となりましたが、御仮寓所の建設費は9.8億円。引っ越し費用や備品代も含めれば33億円を超えます。さらに秋篠宮邸の改修には、33億円もの予算が計上されています。もちろん、秋篠宮家が小室家の“借金”を肩代わりできるわけではありません。
それでも眞子さまは、ご自身が10億円の新居にお住まいになりながら、400万円をめぐるトラブルに苦慮する小室さんを助けられないことに、やるせないお気持ちを抱かれていることでしょう。緊張関係のままご家族と暮らす新居で、眞子さまは囚われているような孤独を感じられているに違いありません」

『女性自身』(2019.3.5号)「眞子さま 新居に急造された「脱・小室さん“孤囚”の部屋」へ」

ほんと何かにつけ小室圭さんに結びつける執念には感服せざるを得ませんね(笑)

「ナマズ池」で眞子さまの心を「小室圭」から取り戻す!

また『女性自身』に登場する、皇室ジャーナリストによれば、この「御仮寓所」には、秋篠宮ご夫妻による一つのもくろみがあるそうです。

「実は御仮寓所が建った場所には、もともと秋篠宮ご夫妻が新婚当初を過ごされた『旧御仮寓所』があったのです。
思い出の場所で過ごす3年間で、なんとしても眞子さまを「脱・小室圭さん」に導かなければならない――。秋篠宮さまには並々ならぬご決意がおありのようです

『女性自身』(2019.3.5号)「眞子さま 新居に急造された「脱・小室さん“孤囚”の部屋」へ」

いったいどこで秋篠宮殿下からそんな決意を聞いたんだよとツッコまざるを得ない名セリフ。皇室ジャーナリストの想像力は本当にすごい。

しかも次のように暴走。

当時、秋篠宮ご一家を取材していた記者が懐かしそうに語る。
「これは『ナマズ池』ですね。秋篠宮さまが研究対象のナマズを飼うために造られたのですが、眞子さまも餌やりをされていました。……
秋篠宮ご夫妻がナマズ池を残されたのも、『あのころを思い出して』という眞子さまへのメッセージかもしれませんね」

『女性自身』(2019.3.5号)「眞子さま 新居に急造された「脱・小室さん“孤囚”の部屋」へ」

「ナマズ池」で眞子さま心を小室圭さんから取り戻す――泣ける話じゃありませんか😢

って流石にこれは記者の考え過ぎでしょう(笑)というか、こんな簡単に娘の心が親元にもどって来るなら、とっくに破談になっているでしょうに。

週刊誌の報道によれば秋篠宮殿下は結婚に反対されているようですが、さすがに「ナマズ池」程度で破談になるとは考えていないでしょう。

なお、この「ナマズ池」は、以下の御仮寓所図面の右側にある三日月状の池のことのようです。

関連記事

朝日新聞「眞子さまと小室さんへのイチャモンは余計なお世話」

2019年2月18日

【眞子さま&小室圭さん】婚約スクープは「小室親子の策動」か? 身辺調査させず結婚を既成事実化

2019年2月18日

【小室圭問題】皇室ブログ「不思議な色の玉手箱」の閉鎖について

2019年2月17日

【眞子さま&小室圭さん】八幡和郎氏「婚約をいったん白紙にすべき」、小室親子のタカリ体質、秋篠宮殿下の対応を批判

2019年2月17日


14 件のコメント

  • 秋篠宮眞子に公務に来てもらって嬉しい国民がいるだろうか!?

    ダニヒモ彼氏に多額の警備かけたり、フォーダム大学にロイヤル入学斡旋したり、

    借金踏み倒し宣言の文書出すの許したり、

    小室親子の洗脳下にあるわがまま色ボケ大バカ秋篠宮眞子!!!

    こんなオウム真理教の信者のような色ボケ女に

    こんなバカに公務に来てもらっても迷惑だし、国民に対して失礼である!

    公務は眞子のリハビリのためにあるんじゃない!

    いい加減にしてほしい!

    ペルーの人に対しても失礼!

  • 秋篠宮家は建物だけで10億の仮住まい、33億の増改築など、やりたい放題!

    都内の一等地、土地代含むと100億は軽く超えている!

    被災地の方は家もない人も沢山いるというのに!

    国民の税金で贅沢ばかりして、全く尊敬できない!

    もっと自分を律した生き方をしてほしい!

  • 国民の税金をポケットマネーにした贅沢三昧の秋篠宮家!
    娘も国民の税金あてにして、
    小室に何億もの警備付けたり、フォーダム大学留学させたり、

    もうテレビも週刊誌も奇妙な秋篠宮家アゲや小室アゲやめてほしい!
    国民も秋篠宮や眞子が公務に来ても無視してほしい!
    自分達が高貴だと勘違いするのもほどほどにしろ!

  • 秋篠宮さまも、眞子さま&小室さん、結婚の問題で、心を、痛めて当たり前ですよね?残念ですねーもう少し早くに、調べて置くべしだったように思います。皇族の気持ちが、理解出来ないですねー

  • 公務に来てもらって
    嬉しい国民はいるのだろうか?

    とのご意見
    ごもっともです。

    百匹目の猿現象

    生物学的に
    ある行動、考えなどが
    一定数を越えると
    接触のない同類の仲間にも
    伝播する。

    猿でも伝播する。

    人間ですもの。

    あきしのみや家
    拒否してる感覚は伝播してますよね。

  • 今の時代に皇族?必用ですか?高額な税金を使うだけだと思っています。それを、全国民が理解する事だと思っています。そんなお金があるなら❗福祉の為に使って欲しいです。毎日の生活に困ってい人達がどれだけいる事か知って下さい。

  • 33億円を5人の幸せと安全のために使う?33億円でどれだけの国民を幸せにできるかこのご家族は考えた事がおありでしょうか。
    国民の税金で見栄とか優越とかあまり温かみのないものを感じてしまいました。

  • 兄の即位に関わる費用にイチャモンつけながら自分の住まいには大盤振る舞いとは恐れ入る
    兄の次は自分か息子なんだから即位費用ケチりたいならその時に好きなようにすればいいのに…
    嫁共々差し出がましく品のない人たち

  • 他のサイトに「車寄に壁が在るのは見られたくない人が出入りするからでしょうか?」と書き込みましたがハネられました。あぁ、やはりそうですか、と府に落ちました。

  • 問題は「女性宮家」でしょう?小室圭のようなのが皇室に入るということです。
    どうして「女性宮家」についてのコメントがないのかな?

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)